バイアグラの効果を調べてみました。

普通の人間にとって、性欲は必ずありますが、最近はストレスなども多くなりEDで悩む方も多くなっています。ED治療薬のバイアグラがありますがそのバイアグラの効果を調べてみました。

妻の勘違いから旦那にプレッシャーが重くのしかかりEDになり改善策が見つからないまま妻はさらなる勘違いをする。

旦那のプレッシャーも倍増し、 EDの症状が進んでしまうという負のスパイラルから抜け出せない夫婦や恋人同士も多くいます。


例として旦那が仕事でのストレスや肉体疲労からたまたまその日の性行為が上手くいかなかったとします。


 ここで奥様が私に魅力が無くなったのでは?という勘違いからそれを口に出してしまうと旦那にプレッシャーが重くのしかかります。


そして数日後に性行為リベンジ。


ここで旦那は「またダメだったらどうしよう?」
「他に女でも出来たのか?と思われるのは嫌だ。」

 「妻に魅力が無くなったと勘違いさせてしまっては可愛そう」
という様々な不安からプレッシャーを感じ、またしても不発。


 ここでさらに妻は「もしかして浮気しているのでは?」「風俗でも行ってきたのでは?」
なんてあらぬ疑いを持ってしまうものならもう完全に負のスパイラルから抜け出せなくなります。


本来は旦那が妻に対して愛があるからこその悩みであるのに妻は全く正反対の考えが生まれてしまうケースが多いのです。


男性も自分のペニスが元気がないのはどうすることも出来ないことも多いのですが、その考えは女性はわかってくれません。


 世の中の女性に一言二言。もし旦那がED気味になったらプレッシャーを与えず、よき理解者に徹してください。


旦那もまだ若ければ仕事の疲れやストレスが原因ですので勘違いはしないでください。


EDは代表的な生活習慣病である高血圧症や糖尿病が原因の場合もよくあります
世の奥様方は、ご主人の EDの症状をみたら、まず、生活習慣病の前駆症状ではないかと思っていただきたいです。


 妻がが万一、自分に魅力がなくなった為ではないか、または、浮気をしているのではないかと誤解をする前に、旦那の健康を心配してみてください。


>>元気が出てくるバイアグラ

EDの人とそうではない人の違いについて考えてみます。

生活習慣病やストレス、年齢的な体力の減退などの要因を考慮しないで、単純にSEXの回数だけを比較、考慮します。


『やらないから弱くなったのか?』 『弱くなったからやらなくなったのか?』

何か『卵と鶏はどちらが先か?』みたいですね。


単純に興味がありますね。


日本人は世界と比べると、SEXの回数は非常に少ない様です。

後進国や発展途上国、肉食の情熱系の国とは大きな違いがあるのをテレビでやっていました。


フィンランドの大学院の調査結果で興味のある結果が出ています。

フィンランドのタンペレ大学病院の泌尿器科が5年間をかけて55-75歳の989人を対象に行ったアンケートの結果、
1週間の平均セックス回数が1回未満の人がEDになるリスクは、1週間に平均1度以上セックスをする人の2.5倍との結果が出たのです。

 

より具体的には、1週間の平均セックス回数が1回未満の人は989人中79人がEDになったのに対して、1週間に平均1度以上セックスをする人は32人と2.5倍もの違いが出たのです。

 
さらに、3回以上の人は16人とさらに2倍リスクが小さくなるという結果でした。

 

この結果は55-75歳のみを対象にしたものなので、全年齢層を対象にしたものではありませんが、


『元気があるからSEXをする』 ⇒ 『SEXをするから元気である』


という方程式が当てはまるのではないかと考えられます。


年配の皆さんは覚えがあると思いますが、『若い時は毎日SEXしてたよ』という方がほとんどであろうと思います。

年を取るごとに少しずつ回数が減っていきます。

 
人間の体は使うことで鍛えられ、使わないことで衰えていきます。

 
身体の衰えやメタボで危機感が出てきた方の中には、足腰が弱くなったのでなるべく歩くようにした。軽いジョギングを始めた。

エレベーターではなく階段を使うようにしている。という方も増えています。


あそこも鍛えて人生をエンジョイしましょう。


>>バイアグラなどのED治療薬を使うのもいいですね!

浮気だと勃起しないという方も結構多いですね。


理由は以下のようなものが考えられます。
① 加齢、高血圧といったものが原因

② 浮気での性行為だと罪悪感にかられて萎えてしまう。

③ 久しぶりに、配偶者以外の女性との行為なので、緊張する。

④ 今回は浮気と割り切るが、その後配偶者にばれたらどうしようという精神的なプレッシャー。

⑤ 遊びや単なる浮気と思っているが、その後相手から付きまとわれないかという不安感。


肉体的なものより、精神的な原因が多いですね。

男性が元々持っている本能からすれば通常、浮気だと逆に性欲が高まり勃起力も高まると考えるのが普通だと思われますが実際は男性はいくつになっても精神的にデリケートな部分があります。


行為の前はいろいろと想像力を膨らませて簡単に勃起しますが、いざホテルに行きこれからというときは緊張感があり、今日はどういう風にやろうかな?とか下手だと思われないようにどういう風に攻めるかな?とか考えてると血液が下ではなく頭に多く流れるせいか、気が散って勃起不全に陥る時があります。


あまり遊んでいない方は『相手が変われば、いつでもOKだよ。』という方が多いですが
実際多くの方はプレッシャーを感じ、急なEDになる方も多いようです。


遊び(風俗など)と浮気は似ているようで違います。


やる事は同じですが、遊びは楽しみが先に立ちプレッシャーがかかりませんので、通常運転が出来ます。


浮気は多少の罪悪感がありますので、緊張感がでて勃起不全や不能に陥りやすくなります。



男はいつも元気が一番です。

人はそれぞれいろいろな事情を持っているものです。

こういう時でも、プレッシャーをはねのけるために、お守り代わりのED治療薬が役に立ちますね。


でも病院へ行きED治療薬を浮気に使用したいから処方してほしい、とは言えませんし、

いざというときに失敗したくはないし、困りますね。(笑い)


ここでは浮気を勧めているわけではわけではなく、好きな彼女でも疲れやいろいろなプレッシャーのため誰でもEDになる可能性が出てきますので、バイアグラを常備しておくのもいいですね。


≪バイアグラは常備するのが万全です。≫

このページのトップヘ