東北地方を襲った大地震のことは、昨日も夕方になってから知った。朝から出かけていて、テレビもラジオも聞かなかったから である。テレビは画像で被害の状況をありのままに伝えるので実に臨場感があって、地震の怖さがよく伝わってくる。正に「百聞は一見にしかず」である。大地 震を経験したことのない人でも、もし自分の住む地域で大地震が発生したらと、それなりに想像が出来る。
今日、仲間との会話で近くを通る有名な活断層の話が出た。それである人に大地震に備えての耐震工事の話をしたら、「歳も歳だから、その時は諦める」と仰った。まあ、あの映像を見ると、そう思うのも仕方がないと思った次第である。