ビルマのカチン州・シャン州での出来事 written by 菅光晴

ビルマ旅行は、ヤンゴン、パガン、インレー湖、マンダレーあたりを巡って来られればそれでよし、という人が多いですが、マンダレーから北(カチン州)や東(シャン州)に進んでいくと、まるで別の世界が広がります。カチン州やシャン州で日々起きている事を、できる限り紹介していきたいと思います。

印緬国境地帯で2度にわたる爆発

 5月17日午後、インドとの国境に近いザガイン管区タムー郡のナンパーロウン市場付近で、仕掛けられていた爆弾が爆発した。現場はミャンマー領であるが、隣接する(インド北東部の)マニプール州チャンデール県モレ町をパトロール中のインド軍兵士らが先に現場に到着して捜査を開始した。タムー郡では5月16日早朝にも幹線道路上で同様の爆発があった。
 

258522214
タムー郡の位置

ミャンマー人によるエベレスト初登頂

 5月19日午前7時頃、ミャンマー人によるエベレスト初登頂が実現した。登頂に成功したのはピェーピョーアウン氏とウィンコーコー氏の2人で、2人はミャンマーを代表する大財閥「トゥー・トレーディング・カンパニー」が運営する慈善団体「トゥー・ファウンデーション」から資金援助を得て、3月26日にミャンマーを出発した。

 ウィンコーコー氏の妻のキントゥーザーチョーさんは、「義母は一晩じゅうお経を上げていましたし、私も昨晩は一睡もできませんでした。ベースキャンプから登頂成功の連絡が入った時は義母と抱き合って泣きました」と語った。

652365323

ヤンゴン市で酷暑、熱中症で2人死亡

 ヤンゴン市では5月に入って気温の高い日が続き、最高気温が40℃以上になった日が今日(5月15日)までに既に10日ある。こうした中、ヤンゴン総合病院には熱中症で計8人が搬送され、そのうち2人が死亡した。
 

654553
ヤンゴン総合病院

パッカンで連続爆弾テロ

 59日午前7時頃から午後9時頃にかけて、カチン州パッカン郡内の7か所で相次いで爆弾が爆発し、女性1人が重傷を負った。「オートバイに乗った男が爆弾を投げ込むところを見た」という住民の証言もあるが、犯人像や犯行の動機などは明らかになっていない。パッカン郡一帯では55日以降、国軍部隊と反政府武装組織「カチン独立軍(KIA)」が戦闘状態にある。

12131415
パッカン郡の位置

6565652
KIAの兵士

朝鮮労働党第7回大会について(5つの活動報告)













ヤンゴンの工場で火災

 5月5日午後11時過ぎ、ヤンゴン市タウンダゴン地区の木材加工工場で、警備員が焚いた蚊取線香がおがくずに引火したことから火災が発生した。この火災による死傷者はなかった。

6543210

政権交代後も内戦が続くミャンマー

 4月22日、カチン州モーニン郡のアウンテインリン鉱山付近にある反政府武装組織「カチン独立軍(KIA)」の哨所が国軍部隊に急襲され、KIA側がただちに反撃に出たことから約1時間にわたる戦闘となった。モーニン郡での両軍の衝突は昨年11月以来であり、双方の死傷者数は明らかにされていない。最近は、カチン州西部のフーコン渓谷やシャン州北東部などでも両軍の緊張が高まっている。

12300011
ミャンマーの国軍将兵は40万人

60009
その一方で僧侶も40万人

785444
バランスがよろしいようで・・・・・・

11000222
バランスこそミャンマーの生命線

20001
バランスさえ取れていれば安全だ

ナルギス上陸から8年

 さる5月2日で、ミャンマーにサイクロン「ナルギス」が上陸してから8年がたった。

 死者・行方不明者13万人超と多大な被害が出たが、家や農地や家畜を失った方々は生活の基盤を回復できただろうか・・・・・・。

23232323

暴風雨で3人死傷

 4月30日、マンダレー管区ヤメーティン郡一帯を暴風雨が襲い、道路わきの樹木や街灯が相次いで倒れたほか、民家が全壊したり建物の屋根が吹き飛んだりした。こうした中、飛来物に当たった通行人2人が死亡、1人が重傷を負った。

5898713
ヤメーティン郡の位置

ポパ山で火事

 4月20日、観光地として有名なマンダレー管区チャウッパダウン郡のポパ山で火災が発生し、国営放送局(MRTV)の施設の一部が焼失した。

000005
チャウッパダウン郡の位置

6540009
ポパ山

ティンジャンの中での死傷者数

 ミャンマーの警察発表によると、4月12日から15日にかけて同国各地で開催されたティンジャン(水かけ祭)の中で、殺人1件、強姦1件、スリ58件、交通事故34件、傷害37件、強制猥褻6件、銃器不法所持6件など、計189件の事件が発生し、32人が死亡、235人が負傷した。このうち交通事故は、件数が34件(昨年43件)、死者が14人(昨年9人)、負傷者が176人(昨年261人)で、昨年より重大事故が多かった。

4747

242424

117117

363636

ヤンゴンの診療所で火災

 4月24日午後6時15分頃、ヤンゴン市ミンガラータウンニュン地区の診療所で火災が発生し、火は近隣のレストランや集合住宅にも燃え広がったが、死傷者はなかった。

カチン州南東部で戦闘

 4月7日、カチン州ワインモー郡ナムサンヤン村(州都ミッチーナ市の南東約80km)で木材の密輸を取り締まっていた国軍部隊が反政府武装組織「カチン独立軍(KIA)」に奇襲され、少なくとも国軍兵士4人が死傷した。さらに4月17日にも同村で同様の戦闘があった。

63210
ナムサンヤン村の位置

ヤンゴンのショッピングモールで女性店員が襲われて重傷

 ヤンゴン市の大型ショピングモール「ダゴンセンター」のアクセサリーショップに、客を装った男(23歳)が押し入り、以前交際していた女性店員(22歳)にハサミで襲いかかって両目に重傷を負わせた。

5898713
ダゴンセンターの外観

パコックで陸軍大尉が貴金属を強奪

 4月4日午後、マグェー管区パコック市のミョーマ市場内にある貴金属店「ミン・ティッサー」に陸軍大尉が客を装って押し入り、金のネックレス5点を奪って逃走した。大尉は近隣の民家に隠れていたが、付近住民らに捕えられて警察に引き渡され、取調べに対して「金に困って犯行に及んだ」と自供した。
 
58145814338
パコック市の位置

ヤンゴン市のバスで「サービス向上」と「女性の社会進出」の一石二鳥

 ヤンゴン市に“車掌は全員女性”という画期的なバスが登場した。これは、市内在住の男性ビジネスマン、ターヨウッレー氏が経営する会社のバスで、ダニンゴン~スーレー間の路線で13台が運行中である。

 女性がヤンゴン市内でバスの車掌を務めることについては、「超満員の時きちんと運賃を徴収できるのか」と疑問を呈する向きもある。

 しかし、ターヨウッレー氏は、「男性より女性の方が接客が丁寧だから女性を採用した。旅客運輸業がサービス業だということを忘れてはいけない」と信念を語っている。

 ターヨウッレー氏のもとで働く女性車掌の日給は7,000~8,000チャット(650~743円)で、他社の男性車掌の待遇と同水準である。

115115115
バスの車掌を務めるニンケーカインさん

結核未治療者5万人

 世界保健機関(WHO)によると、ミャンマー(人口5148万人)には結核患者が20万人いて、そのうち5万人がまだ治療を受けられていない。同国の保健省は、結核治療のための移動医療チーム9つを編成して地方に派遣するなどしている。WHOによると、ミャンマーの結核罹患率は世界平均の約3倍で、結核撲滅は同国の喫緊の医療課題の1つである。

520000
ミャンマーの健康食「ラペットウ(お茶の葉サラダ)」

カチン州ミッチーナ郡一帯で雹が降る

 3月29日夕方、カチン州ミッチーナ郡一帯で暴風が吹いて雹が降り、アウンミンター村では数軒の民家で屋根が吹き飛ばされるなどの被害が出た。同地域で雹が降るのは今年に入って3回目である。

654654654

大学入学資格試験

 ミャンマーでは、3月14日から18日にかけて大学入学資格試験が実施され、多くの10年生(高校の最終学年)が受験した。

 受験生は英語や数学など6科目を受験し、各科目(100点満点)で40点以上取れば「合格」となり、75点以上取った科目は「優等(Distinction)」と評価される。

 「一流大学に入りたければ6科目とも“優等”で合計500点以上は取らないとダメ」といわれており、ミャンマーの大学入試は日本に劣らず熾烈である。

 こうした難関であるため、昨年の合格率は37.6%(受験者597,946人中224,847人が合格)にとどまった。受験生は、試験の総得点によって「あなたが入学できる大学はAとBとCです」と通知され、それらの大学の中から1つ選んで進学する。


 しかし、この制度に対しては、「いくら努力しても与えられる選択肢が少ないので行きたい大学に行けない」、「大学ごとに個別の入試を実施しないのはなぜか」など反発も多く、今年は、受験しなかった出願者が7万人に上った。

 高校生たちの間には、「暗記量を試す試験ではなく初見課題への対処能力を試す試験にしてほしい」という改革待望論がある一方、「私たちは仏教徒で、両親への報恩を一番に考えているので、とにかく大学入学資格試験で高得点を取って両親を喜ばせたい」という現状肯定論もある。

8888
大学入学資格試験の結果は6月上旬に高校の掲示板に発表される

56565656
1クラスの生徒数が多すぎることもミャンマーの教育の課題である

泰緬友好橋、強度に問題か?

 カレン州ミャワディ郡とタイのターク県メーソート郡を結ぶ「泰緬友好橋」の安全性が心配されている。

 入国審査を待つトラックが多い場合“橋の上で順番待ちするのは5台まで”というルールがあるものの、ほとんど守られておらず、荷物を満載したトラックが橋の上を埋め尽くしていることが多い。

 ドライバーからは「大型車で通ったときの橋の揺れ方が尋常ではない」とか「橋の一部が傾いている」といった証言が出ていて、橋の強度に問題が生じているのは確かなようである。

632211
ミャワディ郡の位置

581458145814
泰緬友好橋を埋め尽くすトラック

  • ライブドアブログ