ビルマのカチン州・シャン州での出来事 written by 菅光晴

ビルマ旅行は、ヤンゴン、パガン、インレー湖、マンダレーあたりを巡って来られればそれでよし、という人が多いですが、マンダレーから北(カチン州)や東(シャン州)に進んでいくと、まるで別の世界が広がります。カチン州やシャン州で日々起きている事を、できる限り紹介していきたいと思います。

シャン州北部でバス横転、7人死亡

 8月27日、シャン州ティボー郡内を豪雨の中走行していたバスがスリップして横転し、乗客7人が死亡、14人が重軽傷を負った。運転士は駆けつけた警察にその場で逮捕された。ある乗客は「運転士は終始スピードを出していて何台もの車を追い越した」と証言している。

6363636363

ミャンマー中部で地震、少なくとも3人死亡

 8月24日午後5時5分頃、マグェー管区チャウッ町の西方25kmを震源とするマグニチュード6.8のかなり強い地震が発生した。

 ミャンマー中部では各地で建物の損壊が相次ぎ、マグェー管区パコック市では崩れたタバコ加工工場の下敷きになった22歳の男性が死亡した。

 また、マグェー管区イェナンジャウン町では河川の堤防が崩れ、少女2人(15歳と7歳)が死亡した。

 一方、震源の北方30kmに位置する観光地パガンでも数十か所の仏教遺跡に被害が出た。

3210210
マグェー管区チャウッ町の位置

321021099
損壊した建物(1)

3210210992
損壊した建物(2)

321021023
損壊した建物(3)

32102102
損壊した建物(4)

32102109965
損壊した建物(5)

3210210992110
損壊した建物(6)

32102109952
損壊した建物(7)

シャン州タウンジー郡で一家3人が惨殺される

 819日深夜、シャン州タウンジー郡タウンニー村の民家に何者かが侵入し、中で寝ていた女性(食料品店経営)と2人の子供を殺害して逃走した。事件当時、外は大雨で、近隣住民は誰も異変に気づかなかった。

デング熱による死者23人に

 ミャンマー保健省によると、同国では、今年1月1日から8月10日までに5,404人がデング熱(蚊が媒介するデングウイルスによる感染症で発熱や発疹を伴う)に感染し、そのうち23人が死亡した。地域別の感染者数は以下のとおりである。

0123000


 また、地域別の死者数は以下のとおりである。

0123001
 

 ミャンマーでは、デングウイルスの突然変異(新種の発生)や地球温暖化などによってデング熱の感染者が増えており、雨季(5月~10月)には特に多くなる。

迫撃砲弾が中学校に着弾、2人けが

 8月15日昼頃、カチン州カマイン郡で反政府武装組織「カチン独立軍(KIA)」と国軍部隊の戦闘があり、国軍側の発射した迫撃砲弾が中学校に着弾して炸裂し、教師1人と生徒1人がけがをした。


07185
カマイン郡の位置


3006009
戦闘勃発により一時待機中の旅行者たち

ミャンマー選手たちのリオ五輪

 現在開催中のリオ五輪にミャンマーからは7人の選手が参加しており(2012年のロンドン五輪には6人参加)、各選手の成績は以下のとおりである。


003
(1)
イェートゥンナウン選手

 男子10mエアピストル:予選33位 → 決勝進出ならず

 男子
50mピストル:予選17位 → 決勝進出ならず



004
(2)
ヤンナインソー選手(開会式で旗手)

 柔道(男子100kg級):ベスト16でドイツの選手に「払い腰」を決められ一本負け




002
(3)
ティンミャッ選手(14歳)

 男子100mバタフライ:予選1組に出場して1分02秒54で敗退(優勝タイムは51秒41)



0001
(4)
エーエーテッ選手(23歳)

 女子50m自由形:予選1組に出場して30秒25で敗退(優勝タイムは24秒07)



005
(5)
トェーサンユー選手(29歳)

 女子アーチェリー:608点で51位(優勝得点は669点)



007
(6)
サンナイン選手

 陸上男子5000m:予選第2組に出場し、先頭集団に2周(800m)差をつけられて最下位 → 決勝進出ならず


006
(7)
スェーリーミン選手(23歳)

 陸上女子800m:予選第5組に出場し、スタートから出遅れてそのまま最下位 → 決勝進出ならず



008
2020年の東京五輪ではメダルを期待したい。
がんばれミャンマー!

カチン州で警察車両7台が急襲され9人負傷

 8月初め、警察車両7台がカチン州モーガウン郡からパッカン郡へレド公路を走行中、武装集団に急襲され、車に乗っていた警察官ら9人が重軽傷を負った。これについて、同州で活動中の反政府武装組織「カチン独立軍(KIA)」第6大隊のタンサン大佐は8月9日、「私は襲撃事件について今朝聞いたばかりで細かいことは知らない」と語った。

カレン州コーカレイ郡で戦闘、5人負傷

 8月4日、カレン州コーカレイ郡タンタクー村で、国軍傘下の国境警備隊の兵士らが民家を訪問中、反政府武装組織「民主カレン仏教徒軍(DKBA)」の兵士らに急襲され、ただちに反撃に出て約45分間にわたる戦闘となった。この戦闘で、民家にいた子供1人を含む5人が重軽傷を負った。

 コーカレイ郡では5月11日以降、両軍の武力衝突が散発しており、7月7日には高校の校舎の屋根に迫撃砲弾が着弾し爆発した。

32135963
コーカレイ郡の位置

654029
急襲された民家

「東京マラソン2017」にエントリー

 私は今日、「東京マラソン2017」の申込みをした。
 昨年の今頃は5km走ると「よく走った」と思ったものだが、最近は10km走っても何ともない(筋肉痛にもならない)。
 ぜひ来年(2017年2月26日(日))も走りたいものである。

100020003

ヤンゴン市南東部でバスがトラックに激突

 7月26日午後8時頃、ヤンゴン市ドーボン地区を走行中のバスで、運転士がブレーキの故障に気づき、中央分離帯ブロックに故意に衝突して停車を試みたものの止まりきれず、交差点で信号待ちしていたトラックに衝突した。

65465465430

ヤンゴンの米国大使館前で爆弾騒ぎ

 7月24日夜、ヤンゴンにある米国大使館の敷地内で催涙弾の発射訓練が行われた際、白煙が大使館前の道路にまで流れてきたため、館内で爆弾事件があったものと判断した通行人が警察に通報し、救急車や消防車が駆けつける騒ぎとなった。

65465465432

バゴー管区ピー郡で感染性胃腸炎が流行

 バゴー管区ピー郡で感染性胃腸炎が流行していて、郡内の罹患者数は7月22日に96人、23日に104人、24日に107人と増えている。これに対して、ピー郡の衛生当局は、郡内のすべてのモーヒンガー(魚出汁のスープにビーフンを入れた伝統的ミャンマー料理)レストランに、食品衛生法に基づく営業停止命令を出した。

3213219
ピー郡の位置

969857421
モーヒンガー

トレーラーの荷台から掘削機が落下

 7月23日、シャン州チャウッメー郡ゴウットゥイン村で、山道を走行中の22輪トレーラーの荷台から掘削機が落下し、クレーン車2台が出動して掘削機を元に戻すまでの約2時間半、道路が通行不能となった。

 シャン州北部では大型トレーラーの事故が多く、7月20日にもティボー郡で22輪トレーラーが走行中にスリップして脱輪し、道路が一時通行不能となったばかりである。

5898714

チャウッメー郡の位置

殉教者の日、ボージョー・アウンサン博物館に多くの来館者

 アウンサン将軍が暗殺されてから69年となる7月19日(殉教者の日)、ヤンゴン市バハン地区のボージョー・アウンサン博物館には、社会科見学の中高生をはじめ非常に多くの市民が訪れた。午前6時には既に入口前に約100人の列ができていて、博物館側は普段より1時間早い午前7時に開館し、その後も午後5時の閉館まで人が途絶えることはなかった。
 

6541000

ヤンゴン発の長距離バスが横転、女性2人死亡 

 7月15日午後10時頃、ヤンゴン発マンダレー行のバスがバゴー管区チャウッタダー郡ミョーチャウン村を走行中に横転し、乗客の女性2人が死亡、25人が重軽傷を負った。運転手と車掌は事故直後に現場から逃走した。

785522221
ヤンゴン~マンダレー間の幹線道路


ミャンマー語の基本挨拶

シャン州北部で無辜の住民7人が拷問死

 6月25日午後、シャン州ラショー郡ロンモン村で反政府武装組織と国軍部隊の戦闘があり、その後、同村内のトウモロコシ畑などで作業をしていたパラウン族の男性3人とシャン族の男女11人が国軍部隊に逮捕され、基地へ連行された。そこで彼らは反政府武装勢力の潜伏先などについて尋問され、14人のうち7人は後刻釈放されたが、残りの7人は6月30日にロンモン村内の数か所で遺体で発見された。これに対して遺族らは地元警察に「殺人事件として捜査してほしい」と願い出たが、「国軍が関係している事は調べられない」と却下された。

 こうした事態に抗議するため、7月16日、シャン州ラショー市内で市民ら約1,000人が「無辜の一般市民を殺すな」と叫びながらデモ行進した。

60012

相次ぐモスク放火、高まる反イスラムの気運

 623日、バゴー管区ウォー郡タイェータメイン村にあるモスク(イスラム教の礼拝所)に仏教徒の集団が押し入り、壁や備品などを破壊したうえで放火した。さらに71日には、カチン州パッカン郡ロンキン村で、キリスト教を信仰する地元住民ら約500人がモスクに放火した。

6985235
タイェータメイン村のモスクの被害状況

識字率の最下位はシャン州

 ミャンマーの教育省が「わが国には15歳以上の文盲が約350万人いる」と発表した。この背景には、毎年5~16歳の子供のうち約270万人がドロップアウトしているという現状があるが、これに対して教育省は「ドロップアウトした子供たちのために生涯学習の観点から再学習プログラムを整備している」と述べた。

 2012年の白書によると、識字率の全国平均は95.1%で、識字率が最も高かったのはエヤワディー管区(99.8%)、最も低かったのはシャン州(55.9%)であった。

国連英検(特A級)の1次試験に合格

 国連英検(特A級)の1次試験に合格した。とても嬉しい。

120001

ヤンゴンで反ロヒンギャのデモ行進

 710日、ヤンゴン市バハン地区からタムェ地区にかけての道路を、ロヒンギャ族のミャンマー定住を認めない市民ら約500人が、赤地に白文字のプラカードや横断幕を掲げ、「ロヒンギャ族はベンガルの不法移民だ」、「政府は“ラカイン州のイスラム・コミュニティ”という表現を使うべきではない」などと叫びながらデモ行進した。

63214
 
  • ライブドアブログ