ビルマのカチン州・シャン州での出来事 written by 菅光晴

ビルマ旅行は、ヤンゴン、パガン、インレー湖、マンダレーあたりを巡って来られればそれでよし、という人が多いですが、マンダレーから北(カチン州)や東(シャン州)に進んでいくと、まるで別の世界が広がります。カチン州やシャン州で日々起きている事を、できる限り紹介していきたいと思います。

私が英語の聴解力アップのために見ている動画


「この英語、聞こえますか?」シリーズ

空腹に耐えかねた男、仲間を刺殺

 6月22日正午頃、ザガイン管区ティジャイン郡の竹林で男性数人が竹を伐採中、昼食準備担当の2人が作業を中断して全員分の食事を並べ終えたが、1人が先に食べ始めようとしたため、もう1人が「全員揃うまで待て」とたしなめた。激しい口論の末、たしなめられた男(38歳)が竹切り用の鉈で相手を刺し殺し、通報で駆けつけた警察官に逮捕された。

963
ティジャイン郡の位置

ラカイン州北部で戦闘

 ラカイン州北部のミンビャー郡サパター村では6月3日朝、ラカイン族の反政府武装組織「アラカン軍(AA)」と国軍部隊の戦闘があり、多くの住民が僧院へ避難した。ところが翌4日、その僧院に迫撃砲弾が着弾して7人が死亡、7人が重軽傷を負った。

323232
ミンビャー郡の位置

EUがミャンマーへの武器輸出禁止を1年間延長

 欧州連合(EU)は4月30日、ミャンマー西部でロヒンギャ族に対する迫害や強姦や殺人が続いているとして、同国への武器輸出禁止を1年間延長すると発表した。国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)によれば、4月上旬、ラカイン州ブティダウン郡内で竹を採取していた複数のロヒンギャ族が国軍のヘリコプターからの攻撃で死亡した。

202020
ブティダウン郡の位置

515151
ミャンマーからバングラデシュに避難してきたロヒンギャ族

シャン州の州都で強盗殺人事件

 4月28日未明、シャン州の州都タウンジー市内の民家に複数の男が押し入って生後7か月の赤ん坊を含む一家4人を次々と殺害し、現金400万チャット(約29万円)と金地金1億5000万チャット(約1100万円)相当を奪って逃走した。

404040
タウンジー市の位置

505050
事件現場周辺

HSK6級に合格

 3月31日(日)に受験した中国語の試験「HSK6級」に合格した。
 聴解、読解、作文が各100点の計300点満点の試験で、203点(得点率67.7%)を取ることができた。
 過去問を何度も解いたことが合格につながったと思う。

 ちなみに、HSK6級で180点以上取ると「通訳案内士試験(中国語)」で中国語の試験が免除される。

HSK6 

シャン州北部で戦闘

 421日から24日にかけてシャン州ムセ郡モンポー村一帯で反政府武装組織「カチン独立軍(KIA)」と国軍部隊の戦闘があり、KIAの哨所8か所が国軍部隊に占領された。

999
KIAの兵士たち

トラックが谷底に転落して40人死傷

 330日夜、バゴー管区オウットゥイン郡で、荷台に労働者や子供など計40人以上を乗せたトラックが山道を走行中に制御不能となって脱輪し、約60m下の谷底に転がり落ちた。この事故で少なくとも15人が死亡、25人が重軽傷を負った。

54045
オウットゥイン郡の位置

ワ州で火薬貯蔵庫が爆発、64人死傷

 323日午後5時頃、ミャンマー北東部のワ州にあるマンモー町で鉱業用火薬貯蔵庫が爆発炎上して16人が死亡、48人が重軽傷を負った。負傷者らは中国雲南省内の病院に搬送されて治療を受けている。

603
爆発炎上の様子

601
オレンジ色(濃・淡とも)が「ワ州」


602
ワ州は「ワ州連合軍(UWSA)」の支配下にある

古典の効用

 私は、「新しい情報をいち早く入手して活用することが求められているこの時代に古典なんて何の役に立つのだろう」と思っていたのだが、古典が意外な方面で役立っていることを今日知った。

5656

チン州でアラカン軍(AA)と国軍部隊の戦闘

 37日、チン州パレッワ郡でラカイン族の反政府武装組織「アラカン軍(AA)」と国軍部隊の戦闘があり、少なくとも国軍兵士15人が死亡した。AAはこの戦闘で殺害した国軍のアウンチャンモー大尉の身分証をウェブサイト上で公開するなどして戦果を強調している。

 

9008
パレッワ郡の位置

9009
アウンチャンモー大尉の身分証

木製の橋梁が崩落して9人死傷

 223日、エヤワディ管区ヒンタダー郡インガプー町にある木製の橋梁が、木材を満載したトラックが走行中に突然崩落して、トラックに乗っていた9人のうち6人が死亡、3人が負傷した。

9007
ヒンタダー郡の位置

9006
事故現場の様子

漢字検定準1級合格

 漢字検定の準1級に合格した。
 年末年始に努力した甲斐があった。

漢字検定準1級合格
クリックで拡大します

タンシュエ前SPDC議長、86歳に

 ミャンマーのタンシュエ前国家平和発展評議会(SPDC)議長は今日(2月2日)、満86歳の誕生日を迎えた。

0202

ラカイン州知事を狙った爆弾テロ

 1月1日午後、ラカイン州のニープー知事が同州チャウッピュー郡の視察を終えて州都シットウェー市へ車で戻る途中、道路に仕掛けられていた遠隔操作式爆弾3個がほぼ同時に爆発した。この爆発により、車の窓ガラスの一部が破損したものの、死傷者はなかった。

50507
ニープー知事

50505
爆発直後の様子

中緬越境マラソン

 2018年12月31日午前9時、中国雲南省徳宏傣族景頗族自治州瑞麗市姐告地区にある文化広場で、中緬越境マラソンがスタートした。このレースは、スタートして約300mでミャンマー側へ越境し、約6.5kmだけシャン州ムセ市内を走って再び中国側へ越境し、残りの距離を走ってゴールするというもので、10か国以上から約9,000人が参加して盛り上がりを見せた。

20504
シャン州ムセ市の位置

20505
コース概要(クリックで拡大します)

20503
激走するランナーたち

新形式の「大学入学試験」まであと2か月

 ミャンマーの10年生(高校の最終学年)たちは、2019年3月6日から15日にかけて「大学入学試験(テッカドー・ウィンダン・サーメーボェー)」を受験する。この試験の申込者数は、2015年3月の試験が632,314人、2016年3月の試験が671,431人、2017年3月の試験が767,422人、2018年3月の試験が844,358人、そして今回(2019年3月の試験)が896,012人と増加の一途をたどっている。さらに、今回から出題形式が記憶力重視から思考力重視へと大幅に変わるため、多くの受験生が苦戦を強いられそうだ。
 昨年の「大学入学試験」は実受験者789,845人のうち259,191人(32.8%)が合格したが、今年の合格率がどれくらいになるかは、申込者数の増加と出題形式の変更が重なるため予測不可能である。ミャンマーは地域による学力差が大きく、昨年の「大学入学試験」の州・管区ごとの合格率をみると、トップのマンダレー管区が38.2%だったのに対し、最下位のチン州は16.6%だった。 

6000
ミャンマーの高校生たち

救急車が交通事故、6人死傷

 12月24日、マンダレー管区ミッター町内を走行中の救急車がタイヤのパンクにより制御不能となり、そのまま道路脇の駐車車両に激突して大破した。この事故で4人が死亡し、2人が重軽傷を負った。

5000
事故を起こした救急車

5001
赤印がミッター町の位置

バス爆破予告

 12月19日午後8時30分頃、カレン州ミャワディ郡内のバス会社に電話をかけてきた男が、「指定した銀行口座にただちに現金30万チャット(約21,000円)を振り込まなければ午後8時にミャワディを出発したバスを爆破する」と脅迫した。バス会社から通報を受けた警察は走行中の当該バスを止め、乗員乗客ら計17人を避難させて捜索を行ったが、爆弾は見つからなかった。

1000
捜索の様子

カチン州ミッチーナ市で橋が崩落

 12月14日(金)、金属原料を満載した大型トラックがカチン州ミッチーナ市内の川に架かる橋を走行中、とつぜん橋が中央付近から2つに折れて崩落した。

8008
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ