自分のプロフィルって作ってる?

ひとりで仕事をしていながら、自分が自分をPRしなければいけないフリーライターという仕事なのに、プロフィルというものをろくに考えもせず、オファーがあるたびに、本当にテキトーに自分の職歴を思い出しながら書いていた私。

「えー! 作ってないの? マジで?」

先日「ハピネス塾」に参加したとき、フォトグラファーでありながら人の魅力を見つけ出す達人の栗本恵里先生にびっくりされてしまった・・・。

奈良のママが仕事を作る会(愛称・ナラマーシカ)の代表であり、数々のメディアの取材を受けてきた井上京子代表も同様に作っていないということで、ホッとする。スゴイ人でありながら、「プロフィルに特技の後ろ二重跳びを入れたらダメ? 座右の銘は、8割の悩み事は寝たら忘れる」という半端ない抜け感がこの人に近づきやすくさせているのだなぁと、不思議な魅力にガッツリ巻き込まれてしまった自分に気づいてハッとする。

「ハピネス塾」、自分の仕事や将来を考えることも、もちろん役に立つのだけれど、こんな風に参加者同志が毒を吐けるような間柄になれるのが楽しいし、これからの自分を作っていくのだなぁと実感。自分自身の今までのキャリア、がんばってきたこと、自分そのもの以上に周囲の人とのつながり、人からの評価、3人の子供、オットとの関係性が自分の世界を作っている。

今までの自分だってそう。大好きな友人、同僚、上司、家族、色んな人のことを思うと、もっと過去の自分も肯定してもいいのかな、と思えてきた。

ワクワクすること、好きなことをこれからも仕事にしていけそう!そんな風に思えるし、今まで出会った人達のことを思い出して、ものすごく会いたくなるのも不思議なところ。広報にいた頃知り合った人達、小説クラスのみんな、半年契約で編集の仕事させてもらった出版社の人たち・・・。無性に人恋しい夏休み。我が家は子供たち3人が、いつもワチャワチャしておりますので、よろしければお越し下さい。ってほとんど誰もブログの存在を知らなかったりして。ワハハ・・・。


人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村