心がけ災害プロジェクト 3・11東日本大地震ボランティア

小さな心がけを積み重ね、大きな支援となって被災地の皆さんに届きますように

企業・団体・個人の皆さんのご支援を直接被災地にお届けできるボランティアを行なってきました。現在独自ボランティア活動「企業再建支援プロジェクト」といいます。

3/26 現在の募集物資(日本ユニバ)

現在ユニバさんで募集しているのは下記の物資です。(一部抜粋)
日々募集物資が変わっているのでHPでご確認ください。
http://www.npo-uniken.org/shinsai_busshi.html

画像 015画像 009







画像 010画像 011







画像 013画像 014








3/26 救援物資受付看板(日本ユニバ)

当社の看板を作成する時にユニバさんの受付看板も作りました。
「日本ユニバ震災対策チーム 東日本大震災 物資受付窓口はコチラです」
と書いてあります。入口にあるこの看板が目印です。
画像 026

3/26 救援物資(ベンチ)

このベンチのご支援は 
ジャパンビバレッジ株式会社・船橋主管支店 様  です。

 これも大切な救援物資のひとつ。避難所の憩いの場で利用して頂けるのではないでしょうか。 画像 004 ご協力有難うございました。

3/26 救援物資受付看板(心がけP)

入口にこんな看板を設置しました。(小さいですが) 「東日本大震災 救援物資受付はコチラです」と書いてあります。 心がけプロジェクト事務局 画像 002

3/24 radiko(ラジコ)

無題http://radiko.jp/ 株式会社radiko ラジコとはインターネットラジオのこと。これまでも同様なラジオはありましたが、多くの民法ラジオ局が参加していて充実した内容となっています。 今回被災地やそれ以外の地域では、情報収集ツールとしてラジオが大活躍。 テレビ媒体では映像では伝えきれない情報をラジオでは伝えています。 最近ではPCのみならずスマートフォンからも聞くことができます。 アプリをダウンロードして直ぐに聞けます。 ad_pagetitleip_pagetitle ラジオは何かをしながら聞くことができます。被災地の情報もリアルタイムに発信していますのでご利用してみてはいかがでしょうか。

3/22 救援物資の受入れ

画像 011画像 020 昨日から日本ユニバ震災対策チームさんへ当社関係会社の倉庫を提供しました。早速救援物資が届き、ボランティアの皆さんが頑張って仕分けをしています。ボランティアの輪が広がっていくことは素晴らしいことです。 持込みの皆さんからの救援物資も少しづつ集まっているようです。

3/20 心がけ災害プロジェクトの始動

kokorogake ○「心がけ災害プロジェクト」の始動です。 NPO日本ユニバーサルデザイン研究機構さんによる「日本ユニバ震災対策チーム」 http://www.ud-web.com/oshirase3.htm とのタイアップにより、被災地へ必要な物資を送るためのプロジェクトを開始します。皆さんの善意を現地に届けるために情報と物流を結びつけて、両社で発信できる最大限の努力をして参ります。 報道には出てこない被災難民の方々へ、支援が行き届いていない現状をフォローすべくユニバさんが立ち上がっています。本当に必要な物資とは何か・・・ 「親切がお節介」にならぬよう、私達が一生懸命考えて支援することこそが何よりも重要であるように思います。皆さんの心がけが大きな支援となりますよう頑張って参ります。 「日本ユニバ震災対策チーム」とのタイアップは、より現地の方への支援となると確信しております。「心がけ震災プロジェクト」と同時に、より良き支援となりますよう皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。
プロフィール

心がけプロジェクト...

記事検索
livedoor 天気
livedoor 天気
livedoor 天気
  • ライブドアブログ