心がけ災害プロジェクト 3・11東日本大地震ボランティア

小さな心がけを積み重ね、大きな支援となって被災地の皆さんに届きますように

2011年05月

企業・団体・個人の皆さんのご支援を直接被災地にお届けできるボランティアを行なってきました。現在独自ボランティア活動「企業再建支援プロジェクト」といいます。

5/31 乾電池

こちらも日本ユニバ様への支援物資
大量の乾電池です。

乾電池








被災地以外でも、震災時以降、手に入らなくて困った物の一つが『乾電池』
電気が止まってしまうと必要不可欠になるため
計画停電に備えて、
みんなが買い求めたため、品薄状態に陥ったわけですが

本当に必要としているのは、被災地であり
いまだ電気が通じていない地域では、切実に必要な物資です。

5/30 除菌スプレー

日本ユニバ様へ届いた支援物資の『除菌スプレー』

除菌スプレーケース単位で大量に。








震災直後は、水が使えないため手の除菌に重宝しました。

大分、水道が復旧してきた今現在は、感染病予防に使用されているようです。

長引く避難所での共同生活の中で、感染病などが深刻になりつつあります。
一日も早く、仮設住宅への入居が望まれます。

5/29 被災地の光と影5

現在被災地で求人が多い職種があります。
それは 警備業務 です。

道路、出入り口、工事箇所の誘導や治安の悪さでの警備が主なニーズ。
現地の派遣会社は活況だという情報が地元ラジオから流れていました。
研修制度も取り入れて、しっかりと教育されたのちに現地で活躍するのだそうです。

たしかにどこの道を走っても、誘導している人は必ずいる状態ですから、広域にわたる被災地の現状を考えればニーズが高まるのは当然かもしれませんね。これが地元雇用に繋がるのであればさらに良いことです。
無題

現在は仮設住宅の入口警備は欠かせない存在となっています。

5/28 被災地の光と影4

110515石巻市・笹かま1110515石巻市・笹かま2110515石巻市・笹かま3







main-visual石巻市内のかまぼこ屋さん。地元のみならず、
全国にも有名な 白兼かまぼこ

http://www.shiraken.co.jp/shop/corp/default.aspx

前回訪れた時は開店してませんでしたが、今回は1店舗だけ開いていました。
買い求める人の車でミニ渋滞。私達も車を停めて購入しました。

工場は津波の影響で大変だったそうですが、何とか再開ができたとのこと。商品は限定販売されていたものの、お客さんもどんどん来て飛ぶように売れていました。このような企業さんが増えてくることこそ、今の被災地にはとても大事なことですね。

5/26 東日本大震災被害状況

東日本大震災の被害状況

   死亡者     15234人
   行方不明者   8616人
   負傷者      5339人
   避難者    102484人
      
       *5/26付 警察庁調べ
プロフィール

心がけプロジェクト...

記事検索
livedoor 天気
livedoor 天気
livedoor 天気
  • ライブドアブログ