心がけ災害プロジェクト 3・11東日本大地震ボランティア

小さな心がけを積み重ね、大きな支援となって被災地の皆さんに届きますように

現地情報

企業・団体・個人の皆さんのご支援を直接被災地にお届けできるボランティアを行なってきました。現在独自ボランティア活動「企業再建支援プロジェクト」といいます。

気仙沼復興商店街 オープンしました!!

2011年12月24日(土) ついに気仙沼復興商店街がオープンを迎えました。
オープニングセレモニーの後、午前11時から営業を開始したそうです。
※詳しくはホームページ(下記リンク)をご覧下さい。

kesennumafs_logo_s


微力ではありますが、オープンに向けての活動に協力させて頂いたこの商店街がオープンを迎えられ、とてもうれしく思います。             コンビニ係長

第10弾 心がけ災害プロジェクト 支援物資搬送 ①

先週の11/9~11/10にかけて、支援物資の搬送に行って参りました。私自身は2度目の被災地入りです。今回は仙台空港周辺の視察を皮切りに、石巻市~女川町~雄勝町船越地区~南三陸町~登米市というコースでの、視察を兼ねての物資搬送でした。


【仙台空港周辺】
sendaiairport仙台空港周辺は震災当時、津波により全てが飲み込まれ、一面が瓦礫に覆いつくされていました。(写真は、震災当時の報道機関により撮影された、津波発生直後のものです)


あれから8ヶ月近くが経ち、空港の機能としては震災以前と変わらないまでに復旧していますが、周辺の町並みや農地などは瓦礫の撤去こそ進んでいるものの依然として更地のままで、所どころに破壊された民家や防風林がポツンと残されている状態でした。
仙台空港1DSC05547DSC05539DSC05540





次の目的地へ向かう為、空港周辺を後にしようと走っていると、私たちを見送ってくれるかのように1機のジャンボ機が離陸し、上空を旋回していました。仙台空港2





                    コンビニ係長

8/22 被災地の道路

SANY0031
土のうを積んだ箇所は港沿い、河川など、未だアチコチに見受けられます。



SANY1915
地盤沈下によって冠水箇所も多く、満潮時にはかなりの海水が入ってきます。このような看板も被災各地で見ることができます。

募金箱の盗難事件

全国で東日本大震災の被災者を支援する輪が広がっている中
義援金の募金箱を狙う盗難事件がコンビニ・スーパーなどの店舗や
役所など募金箱が置かれている様々な地域、場所で発生しているそうです。

温かい善意の気持ちを踏みにじる悪質な犯罪を防止するために
警視庁では、募金箱設置の注意事項を発表しています。

 1.多くの人の目に届く場所に置いて下さい。
   *店員がいるレジでも少しの隙をついて持ち去られることもあるようです。

 2.カギをかけるか、ワイヤーロック等を活用し、固定しましょう。

 3.中が見えないようにし、こまめに金庫等へ収納しましょう。

6/14東日本大震災 被害状況(道路他)

東日本大震災の被害状況(道路他)

    
   道路損壊    3559箇所
   橋梁被害      77箇所
   山崖崩れ     197箇所
   堤防決壊       4箇所
   鉄軌道        29箇所
     
       *6/14付 警察庁調べ
プロフィール

心がけプロジェクト...

記事検索
livedoor 天気
livedoor 天気
livedoor 天気
  • ライブドアブログ