誠実一路〜我、大分的生活日記〜

私の日常や愛するサッカー(特に大分トリ二ータ)を書いております。 メールは kadafi@mercury.livedoor.com あと最近ツイッター始めました https://twitter.com/kadafi7

移転のお知らせ

長期間更新せずすみません
諸事情によりブログ移転します
で最近はブログよりツイッターの方をよく利用しておりますので
筆者とコンタクト取りたいかたはフォローしていただけると助かります
(今まで使っていたメルアドも変更しましたので、変更して頂けると幸いです)

新ブログ
http://ameblo.jp/kadfafi/

ツイッター
https://twitter.com/kadafi7

新メールアドレス
hide-14trinita@uma.bbiq.jp

それではどうもありがとうございました

北川君の開幕戦と酉ユースセレクションと天皇杯県予選

無題

たまっていたネタを幾つか

先週の日曜日、日本から遠く離れたイスタンブールの地で北川君(現地名はAli Feyyaz Gungor)のスーパーTOTO 3部のMALTEPESPORでの開幕戦を迎えました
先発出場してスコアは2−2のドローとまずまずの出だしかなというところでしょうか
(http://www.haberdeimza.com/haberoku.php?id=445)
しかし、4部リーグだとネット検索したらかなり情報が出てきますね、去年まで検索してもなかなか情報が出てこなかった頃から比べると雲泥の差です(笑)



金曜日、平日休みでしたのでスポパに練習見学に行きました
トップの練習みると田坂監督が大きく声を出しながらフォーメーションの指示をする姿が印象的で某選手もはつらつとプレーして来年が楽しみだなと
でその横の人工芝では酉ユースのセレクション(中3対象)が行われ
前日の一次審査に合格した十数名の選手が来年酉ユース入団を目指し熱いプレーを見せていました。
(今年も西日本各地で有望な選手をスカウトしてきた強化部の哲平さんの姿も見受けました)
最初に酉ユース生とセレクション生のテストマッチが行われ、
その後セレクション生同士の試合
(個人的に思ったけど選手分けは上手い選手とボーダーラインの選手に分けられていましたね)をしていました
目に付いた選手を上げるとサンフレッチエびんご所属の選手と長崎のアシスト(為田君が中学時代所属していたチームね)の選手が特に目立ってましたね
まあ残念だったのが大分のクラブチームの選手が2.3人しかいなかったことかな

で最後に天皇杯県予選の話を
土曜日に小倉で飲み会があり、2日酔い状態でしたので現地の観戦はあきらめ
HOYO対文理大戦はTV観戦しておりました
文理大としては運動量を多くしてHOYOのスタミナを失わせる戦いで挑んできましたが
HOYOは運動量が落ちる前に2点リードしその後はうまいゲーム運びで試合終了
2−0で見事県代表の座を勝ち取りました
で今週末の天皇杯1回戦相手は清武・岸田兄弟擁する福岡大学
(NHK福岡で福大対福教大見てたんですけど清武功暉は7月からレギュラー外れてるようで岸田翔平しか出ていないのは残念でした)
もちろん今週末は博多の森へ向かう予定です




北川君の所属チーム判明

北川君のプロ決定というニュースを先週紹介しましたが、結構いろいろな反応がありましたね
(現ユースっ子の御両親やHOYOの関係者さんや某ライターさんなど)
その後所属チームなどこちらでも相当調べたのですがわからずじまいでほぼあきらめかけていたところ
前の記事のコメントに情報が寄せられ(感謝!)
正式に判明しました

Spor Toto 3.lig に所属している 「Istanbul Maltepespor」というチームです
トルコリーグを簡単に説明しますと、ガラサタライやフェバルティネなど日本でおなじみのチームがいるのが
トルコ・シュペルリガ(Turkcell Super Lig)でその下にTTF1ligからSpor Toto3ligまでのプロリーグ、
その下にセミアマアマチュアリーグ、地域リーグと続きます
で今回北川君が所属するようになったのは実質4部のSpor Toto 3.lig で
昨年まで所属していたCengelkoyが実質6部のSAL(イスタンブールスーパーアマチュアリーグ)
でしたので2部ステップアップした形になります

まあ4部とはいえどサッカー関係の施設などはHP見る限りJFL上位チーム並みの施設を持ち
やはりサッカー文化の違いというのは感じずにいられませんでした
シーズンインは今月下旬から5月までの長丁場ですがこの位置で満足せずもっと上のリーグ目指して
頑張ってほしいものです

(参考サイト)
http://www.haberdeimza.com/haberoku.php?id=407
にAli Feyyaz Gungor (Cengelkoy)と書いてあり
下のほうの写真に北川君の姿が写っています




(速報!!)北川アリフェイアス トルコ2部リーグとプロ契約

 とりあえず先ほど入ってきた情報を
元大分ユース→HOYOの北川アリフェイアス君がトルコ2部リーグ(TFF First League)のチームとプロ契約を結びました
これで大分下部組織から16人目のプロ契約となります
現在御家族がトルコに行っており、留守を預かる方からご連絡がこちらに回ってきましたので
チーム名などは不明ですがまずは速報まで


あと4月にご家族の方から頂いた写真掲載してませんでしたので
この機会にupしておきます

P1110178

P1110403

クラブユース予選リーグ対ロアッソ熊本ユース戦

まあ、最初の失点を喰らうまでは決勝リーグ進出もありえると思った展開だったんですよね
「きっかけ」があれば…
ただその「きっかけ」が掴めないのが今年の酉ユースな訳で

昨日の日曜日、車で3時間かけて鳥栖までクラブユース予選リーグ対ロアッソ熊本ユース戦を見に行ってきました
簡単にここまでの試合経過を書くと1勝1敗の成績で得失点差の関係上このロアッソ熊本ユースには3点差以上で
勝たねば決勝トーナメント進出は出来ません

で試合開始数分前に競技場に到着、いつものように弾幕を掲出して試合観戦
まあ当たり前ですけど3点差にならなければOKのロアッソユースは完全に守りに徹して、攻撃はカウンターのみという
シンプルな展開でその相手に対し大分ユースは序盤から攻め続けました
だけどこの攻撃がことごとくロアッソユースに防がれ得点にならず
(多分この時間ボール支配率60%以上はあったと思います)
うーんもう少しなんだけどなと思った瞬間にカウンターからサイドを崩されそのままゴールされ0-1に
ここで高山君投入して攻めて行くのですが一層守りを固めたロアッソユースの臥城を崩せず
時間だけが経過していき、前半終了そして後半へ

後半に入ってもガンガン攻めて行くのですがそれでもゴールには届かず
それどころかまたしてもカウンターからゴール奪われ0-2
ここで試合は終わりましたね
でそのあとはロアッソユースが余裕とも思える控え選手4人同時投入する余裕を見せつけられ
(それに対し、うちは2失点奪われたあと何のリアクションもとらず
こういう時こそ早めの選手交代で空気を変えて欲しかったんですけどね)
試合終盤にダメ押し点を奪われ0-3で試合終了

今年のチームはここ数年間ユースを見ている自分にとっても3年前のチーム(東【現大宮】、越智【現愛媛】、清武弟、岸田兄弟【現福岡大】)と同等の
チーム力持っていて全国でもいい成績狙えるチームかなと思っていたんですが
新チーム結成から一連の動きを見ているとどうも伸び悩んでいるというか、結果が出ていないんですよね
試合終了後選手たちがその場にうずくまり、その中でもキャプテンの萩原君がユニフォームで顔を隠しながら大泣きしていた光景をみると
ピッチ上で戦っている選手たちもそういう状況を悩み苦しんでいるんだなと感じずにいられませんでした

頑張れユースっ子!

「育成と勝利の間に」大分ユースVSガンバユース

110404_1441~01

一昨日は午前中健康診断で午後はフリーでしたので別府の実相寺にガンバユース春季キャンプの
締めくくりである酉ユースとの練習試合(45分x3本)を見に行ってきました
(現神戸の宮本恒靖がユースの時代から春休み中に別府キャンプをガンバユースは行っています)

 本題に入る前に最近の酉ユースに関する話を少し

○今年も為田君が2種登録になっていますが、トップチームがオフの時でもユースの試合に出場していないところを見ればほぼトップ昇格扱いでユースの一時的な合流は無いみたいですね

○情報規制の関係で書けなかったのですが今年のトップチーム始動日から練習試合の度にユースっ子が2.3人必ず呼ばれており
(呼ばれたことのあるメンバーは原・森・後藤・田中・萩原・米丸・吉丸・国分)
なかなかいい動きを見せております
今現在トップチームのフィールドプレーヤーは怪我人除くと19名しかいないので今後も使われるかと思います

閑話休題

ちょうど実相寺に着くと1本目が30分ほど終わったところで最初から観戦していた人に得点経過を聞くと
「0-3でガンバリード、全く大分はボール触らせてもらってない」との事
でそこから試合見たんですけど本当に一方的な試合、まずボールが奪えない、簡単にフリーにさせて決定的なシュートをガンガン打たれるし、こちらの攻め手が見えない八方ふさがりの展開でした
で何とか残り15分を0点に抑え2本目へ

 2本目もガンバペースで始まり両サイドガンガンにえぐられて何度も決定的なシュートを打たれましたがかろうじて大分が防ぐという展開それを凌ぐと大分ユースのチャンスが生まれガンバゴールに攻め込みますが最後の詰めが決まらずやがて一進一退の膠着状態になり、その後試合終盤は完全なガンバペース何度も何度も裏を抜かれて1対1の状況を作りましたがCBの2人が必死のDFでゴールを防ぎ
(ここで守っていなかったら4.5点は軽く点を取られていました)
45分過ぎロスタイム突入、「何とか防ぎきったかな」と思ったところで
DFがまさかのパスミスをしてしまいそこをガンバFWにかっさらわれ失点、その直後にもミスからの失点、結局0-2で2本目終了
終わった瞬間DF陣がその場に倒れこんだ光景が印象的でした…

 で最後の3本目、ゲーム当初にガンバにPKを与えたものの見事に防ぎその後スーパーミドルで得点したもののそこからガンバの怒涛の攻撃が始まりましたたちまち同点に追いつき、逆転を許すと酉ユースのメンバーは完全に足が止まり防戦一方の展開、30分過ぎに個人的な用事があるため早々に実相寺を後にするまでさらに2点追加されてしまいました

 まあここまで一方的にやられた試合を見るのは始めてでしたユースウオッチャーの人から今シーズンの仕上がり具合はトップ帯同の選手がなかなか練習試合に出れない関係もあって遅れているとは聞いていましたけど、それが完全に露呈した形になりました
ある程度のレベルの相手であれば個人の技術とフィジカルの強さで相手を圧倒できるのですが
チーム戦術が完成しているチームだとそれが完全に掻き消されかなり厳しいなというのが試合を見て感じた素直な印象です
例えばひとつ例を出しますと新人戦で対戦したロアッソ熊本ユース戦、ロアッソユースはチーム創立2年目の為、メンバー入れ替えが無くほぼ同じチームで1年間戦ってきました
その相手に新人戦で1敗1分けというのはやはりチーム戦術が浸透していないという事なんでしょうね
(この試合の詳しい内容はこちら参照でhttp://ameblo.jp/jujkko/theme-10032886224.html)


 今シーズン田坂監督はトップチームの試合の翌日にはサブ組の練習試合を組むというのはマスコミに公言しています、間違いなくその中にはユースっ子が数人参加するでしょうからユースの試合が同じ日にあれば戦力ダウンするのは間違いありません
(既にプリンス九州初戦の日にはトップは鳥栖とのTMが行われますし) 
トップチームに帯同して将来のトップ選手を「育成」する機会も重要ですし九州のJユースチームとしての「勝利」も重要ですこの相反する2つの課題をどうクリアーしていくか今シーズン22試合というプリンスの長丁場を戦う酉ユースをこれからも注意深く見守っていきたいと思います

北川君のTurkey便りその4「プロへの道」+急展開です!!!

21032011genelzemin

最近書いていなかったネタを
トルコに行っている北川君ですが所属していたイスタンブルブールスーパーアマチュアリーグの
CENGELKOY(最後までこのチーム名よめなかったなw)上位リーグに昇格するプレーオフに
進むことが出来ずにリーグ戦終了になってしまいその後チームを移籍しました

次のチームは ORGANİZASYON (またしても読めない)いうチームで
色々調べていくとプロを目指す選手を集めて色々なチームと対戦しながら
プロチームのスカウトを待つようなチームみたいです
(http://amatorfutbol.blogspot.com/2011/02/organizasyon-takm-ayazagaspor-u19a.html)

ここで簡単にトルコでプロ選手になるためのシステムを簡単に書いておきますと
各年齢ごとに細かくチーム分けをされており
トルコトップチームのガラタサライの例であげると14歳から各年齢ごとにチームがあり
1年毎にふるいにかけられ選ばれた選手のみが上のカテゴリーに進める厳しい世界で
Jで言うところのプロ予備軍に当たるのはA2(19歳から20歳までのチーム)という
カテゴリーで大部分の選手がこの段階で認められてプロになるそうです

で北川君が戦っているチームもこのA2というカテゴリーのチームとの対戦が多く
あくまで推測ですがこのカテゴリーのチームに入団するのが
今の目標ではないかと思われます
トルコのサイトに ORGANİZASYONがトルコスーパーリーグ所属カスムパシャSKのA2との
試合レポが掲載されてましたがORGANİZASYONの注目選手として北川君が紹介されていました
(http://amatorfutbol.blogspot.com/2011/03/organizasyon-takm-kasmpasa-a2ye-maglup.html)

まだまだ目指す先は長いですが
頑張って欲しいものですね
遠い異国の地から応援しています。






と昨日ここまで書いて今日アップしようと思いましたら
凄いニュースが飛び込んできました
トルコスーパーリーグ現在6位の強豪チーム「エスキシェヒールスポル」に北川君が練習参加したことが現地トルコのサイトに掲載れていました
(http://amatorfutbol.blogspot.com/2011/03/organizasyon-takm-calsmalarnn.html)

うーむ日本出国して1年でここまでのステージに上がれるとは
ただひたすらびっくりしています
もしかしたら今年のシーズン開幕にはいい吉報が舞い込んでくるかもしれませんね

2010−2011シーズン Aリーグ終了! Patrick Zwaanswijk日本へ?

00017085-Photo


およそ3週間ぶりの更新です

2010−2011シーズン オーストラリアのAリーグが昨日全日程が終了し、元大分のPatrick Zwaanswijkが所属するCentral Coast MarinersはAリーグレギュラーシーズン2位、
ファイナルシリーズは優勝したBrisbane Roar Football Clubに敗れ、惜しくも優勝を逃しました
(優勝を決めるシステムは複雑ですので詳細は 
http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0参照で)

今期のPatrickはカード累積で出場停止の1試合を除いた以外はほぼフル出場で3ゴール1アシストという成績でAリーグ移籍1年目としては上々の出来ではなかったのではないかと思われます
(http://www.ccmariners.com.au/default.aspx?s=aleague_playerstats&sortby=appearances&desc=true)

でもし来年もCentral Coast MarinersにPatrickが所属するのであれば
トリサポに取っては嬉しいニュースが一つあります
それは今期レギュラーシーズン2位だったのでACL出場権が決まりましたので
日本でプレーするPatrickが見れます!
(個人的には広島に頑張ってもらって来年ビッグアーチで西川周作と対戦しもらいたいですね)

うーむ楽しみ

それでは

大分ユース 新入団選手決定!! 今年度も有望選手がやってきた!!!

 えーと今日のU17新人戦の話を書こうと思ったのですが
先ほど今年から大分ユースに加入する選手が判明いたしましたので
(Mさんありがとうございます)
経歴含め掲載しておきます
名前の横が出身チームでその横がトレセン等の経験歴です


岩本一紘  大分U-15      JリーグU−14選出 県トレセン
       
本田一秀  大分U-15宇佐    GK 県トレセン

本末聖司郎 大分U-15宇佐    県トレセン

横山大樹  大分U-15宇佐    県トレセン

藤川陸   FCミネルバ     県トレセン

亀井雄太  ブルーウィングFC  U-12ナショトレ 県トレセン

中井虹希  長崎ドリームFC   U-12,U-14ナショトレ 

福田翔太  長崎レインボー   (http://www.kcysf.com/qkur.pdf)

西岡潤   観音寺市立三豊中学校 MF U-12、U-14ナショトレ

松竹雄貴  徳島ヴォルティスJY MF U-12ナショトレ

内藤拓実  岡山 サウーディ FC

池宗大志  岡山 サウーディ FC



数年前までの「J1のユース」というブランド力は無くなっても

こうやって有望な選手が入団してくれるのは柳田さんや哲平さん達の強化部の努力と

大分OBのネットワークなのかなとひしひしと感じています

あとはこの原石をうちのユースでどう伸ばしてくれるか今からワクワクしています


参考までに一昨年の新入団選手リスト

(http://blog.livedoor.jp/kadafi/archives/51636304.html)



ユース新人戦 対ギラヴァンツ北九州戦

dcd28c2f.jpg勝利!
これで決勝トーナメント進出

北川君のTurkey便りその3「イスタンプールスーパーアマチュアリーグ終盤!」

最近、ツイッターが面白くてこちらは更新してませんでしたね
という訳ですっかり忘れていたこの話を

トルコに行った北川くん以前にも書きましたが所属チームのÇENGELKÖYではすっかりレギュラーとして
定着して得点を重ねております
以前まで書いていた分をまとめて書きますと



 9月19日の試合で1得点(http://amatorfutbol.blogspot.com/2010/09/cengelkoye-nur-yagd.html)
10月31日の試合で1得点(http://www.istanbulamator.com/haber_detay.asp?haberID=627)
11月14日の試合で2得点(http://www.cengelkoyspor.com/icerik.asp?hid=10141)
11月20日の試合で2得点(http://www.cengelkoyspor.com/icerik.asp?hid=10142)
 1月2日の試合で1得点(http://amatorfutbol.blogspot.com/2011/01/cengelkoyspor-uzatmalarda-ykld.html)

もし抜けていたらすみません、なんせ公式ページが12月から更新がストップしてこちらもグーグル先生で検索してもなかなか結果が出てこないんで

チームはイスタンプールスーパーアマチュアリーグのプレーオフ進出条件である2位のチームにポイント差がかなりついてるので
プレーオフ進出は厳しくなりましたが最期まで諦めずに戦っております


で年賀状がわりにご両親へメールしたら色々と近況教えていただいて
ここではかけませんけど北川君もトルコの地で元気でしているみたいです
最後に彼の試合中の写真を何枚か掲載しておきます



IMG_2535h2DSC_0911DSC_0879DSC_0706

★2011年愛してるぜ!トリニータの会★開催のお知らせ

あけおめことよろです
熊猫さんからトリサポ新年会のお知らせです
私も参加予定ですが
こういう会は結構トリサポ同士のつながりも生まれるんで
参加して損することは無いと重いますよ
以下転載



★2011年愛してるぜ!トリニータの会★開催のお知らせ



早速ですが、毎年新春に開催しておりましたブロガー交流会ですが、

昨年は私を筆頭にブロガーの方々の更新頻度が極端に鈍ったことや、

トリニータへの関心が薄れつつあること、入場者数が激減している状況

を危惧して、今回は参加資格を撤廃し、トリニータを愛している方なら

誰でも参加できる会として開催することにしました。

トリニータを愛しているたくさんの方々のご参加をお待ちしております。



2011年 愛してるぜ!トリニータの会 開催概要

◇目的
  美味いものを飲み食べしながら来シーズンの展望を語り合いつつ、
  幅広いサポーター同士の交流や友好を深め、そしてこれからも
  トリニータをしっかり後押ししていこうというただの飲み会です。
◇主催
  どこのサポータークラブにも属していないトリニータ系ブロガーが
  これまで交流会として開催していましたが、今回より参加資格をなくし
  誰でも参加できるようにしたものです。

◇日時
  平成23年2月11日(金:祝日)
  18:30 受付開始
  19:00〜21:00

◇場所:未定
 
◇会費:未定(3,000円〜4,000円)
  
◇参加条件
  トリニータを愛している方なら誰でも参加できます。
  ぜひお友達をお誘いあわせのうえ、お越しください。
  単独でのご参加も、もちろん大歓迎です。

◇参加申込方法
  お名前(HNでも可)と連絡先(メールアドレス)を記入のうえ
  下記の方法でお申し込みください。

  1.Twitterアカウントをお持ちの方は@oitakumanekoのDMまで。
  2.電子メール: oitakumaneko@mail.goo.ne.jp
  3.mixiのメッセージ(大分熊猫で検索ください。)

  (注)皆さまからいただきました個人情報は本会のためだけに利用し、
     それ以外はご本人様の了承なく第三者に提供しませんのでご安心ください。

◇申込期限
  会場手配の関係により、平成23年1月15日(土)とさせていただきます。
  なお、参加したいが仕事等の都合がはっきりしない方は、その旨を記入
  の上ご連絡ください。改めて2次募集のご連絡をさせていただきます。

◇最終連絡
  場所等が決定次第、お申込みいただいたメールアドレスにご連絡します。

試合終了

a58cf637.jpg
c4031367.jpg
アビスパとの練習試合終了
1対6で勝利
いろいろ書きたい事あるけどのちほど

何故か雁の巣

c28eb9c7.jpg現在アビスパ練習場なう

冬の一日 

昨日の土曜日、今季の活動が残り僅かとなったHOYOの練習を見に2年ぶりに犬飼リバパークへ行ってきました
HOYOの選手たちを見るのは山口での全社以来ですか
丁度この日は冬の全国高校サッカー大会に出場する鶴崎高校との練習試合で
45分を3本という変則マッチ、個人的に2本目の途中に会場についたんですけど
知らない選手が数人にて先に着いていた知人に聞くと練習生が参加していたとのこと
(後で確かめたらJ2やJFL、某有名大学から来てたみたい)
ポジション的に見るとHOYOの補強すべき中盤の選手やSBの選手が多かったですね
(今週加入が発表されてた田上もボランチですか)

試合終了後にスタッフの人や関係者に来年のことについて色々と話しましたけど
○来年は相当魅力的なチームになる
○(地域決勝に進んだ影響かもしれないが)
この時点でかなりの数の入団テスト希望のオファーを受けている
○HOYOサポを増やすために以前から元大分の選手獲得を要望していたのですが
もしかしてもしかしてかもしれません
(あと今年の主要メンバーは残るみたいです)

ちょっと来年のHOYOから目が離せなくなりそうです


101211_1437~01

ポポビッチ

お昼休みにカキコ
今日の報知新聞に衝撃の記事が出ていましたね


J2大分の来季監督にセルビア出身のランコ・ポポヴィッチ氏(43)の就任が8日、濃厚になった。
複数の関係者が明らかにした。すでに韓国人の皇甫官監督(45)の退任が決定し、後任探しが
進んでいた。

ポポヴィッチ氏は09年に約5か月間、大分の指揮を執った。オフシーズンにはJ2降格で
大幅な年俸ダウンを受け入れてまで、続投を望んだが、チームの財政状況などもあり退任。
同氏は甲府の新監督にもリストアップされていたが、古巣の指揮を執ることになりそうだ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20101208-OHT1T00332.htm


横浜戦後複数の関係者から「新監督が決まるまでサインしない選手がいる」という話を聞いていて
何があったのかと思えば
全てはこの伏線だったんだなと
まあポポビッチが帰ってくるのであれば移籍確実といわれる
あの選手も残留する可能性も出てきたかなと
(まあこんな事書いていると相変わらずの激甘な考えだろうと思われてしまいますが…)


T-f-P20090721-ohita-ns





































































追加
今プロバイダーがアク禁喰らった状態なんだけど
こういう時の国内サカ板大分スレは関係者らしき書き込みが
増えていますね
特に300番代最初ぐらいの書き込みはどう見ても内情知らないと
書けないですよあの内容は

ファン感謝祭間近

92777870.jpgもうすぐ開催

横浜FC戦

前半終了後見事なまでにチームを立て直し
交代枠を的確に使うことにより三浦知良をフル出場させる采配をとった岸野と
逆転を許して以降ジョンハンを交代する以外20分以上何の策もしなかったファンボ
今年一年を象徴するような試合でした
以上

来年の布陣

とうとうファンボ辞任ですか
色々と裏側では動きがあるみたいですが
いい方に動いてるのではないかなと
ただ今のフロントの中ではファンボが群を抜いて営業力を持ってたので
早急に営業を出来る人間を採用する必要性はあるでしょうね…

で本題に入りますそろそろ各チームが戦力外選手の発表を行っており
うちも近日中に発表があると思いますが
とりあえず今現在における来季の布陣を予想したいかなと

まあ今年のメンバーからうちにレンタル移籍中の選手は全員返却
うちからレンタルしてる選手は全員帰ってくる(一部報道にある松橋優は除外)
韓国人選手は来年は契約しない
どう考えても移籍するであろう東・菊池・藤田も除外するとこんな感じか
システムは4−4−2

           高松      森島
          (前俊)    (住田)
          (西野)    (ユース)

    内田     井上      姜     小手川
   (為田)   (宮沢)    (ユース)  (梅田)

    池田     刀根      安川    松原
   (ユース)  (小林)    (村山)                        
               清水
              (下川)
              (石田)
    


(ユースは現在のユースチームの選手が入ると考えてください)
改めて見ても控えが薄いですね、これに今年の戦力外通告される選手が数名出てきたり
移籍のオファーがある選手もいるでしょうから若干変更があるでしょうね












地域決勝リーグ 試合終了

2−3でYSCCに破れ
予選リーグ敗退が決まりました

選手や監督、現地まで行かれたサポの皆さんお疲れ様でした


あーーもう今日は何もする気がおきねー
プロフィール
Kadafi
CERTO大分の副会長やっております
のほほんとした雑文をここでは書いております
後別にグルメブログ
(アウエーサポの為の大分グルメガイド
http://kenbokusapo.ameblo.jp/)
もやっておりますのでお暇な方は
そちらもよろしくお願いします
メールは
kadafi@mercury.livedoor.com
まで
https://bn.my-affiliate.com/partner/partner_img.php?fn=00101011/BANNER_S4.jpg
https://bn.my-affiliate.com/partner/partner_img.php?fn=00101011/BANNER_S4.jpg
  • ライブドアブログ