KADeLと富国ハウジングのブログ|関西で土地探しから建築家と共に注文住宅を建てる

大阪を中心に関西全域で注文住宅(パッシブデザイン住宅)を手掛けているKADeLと富国ハウジングの社員の日常なブログです。KADeLは光や風、熱や空気をデザインしている、受賞歴多数の大阪の一級建築士事務所。土地探しから設計施工、アフターサービスまで一貫対応いたします。

カテゴリ:現場レポート KADeLの家ができるまで > 松原市T様邸

先月上棟したT様邸では、補強金物・サッシの取付が終わり、JIO(日本住宅検査機構)の瑕疵担保責任保険の躯体検査が無事終わりました。 補強金物や筋交いなどの補強材を一つ一つ検査員さんが確認していきます。 KADeLでは、断熱性の向上のための、ウレタン吹付断熱を行 ...

先日上棟したT様邸では、筋交いや補強金物の取付を行っています。 間柱とサッシを取付する窓台とまぐさをいれ、構造用合板を順に張り付けます。 KADeLでは、制震性能の向上のために要所にWindamperを取り付けています。 Windamperは油圧式のダンパーで、地震の衝撃力を ...

先日から準備を進めてきましたT様邸では、本日、上棟を行いました。 早朝から大工さんが土台の上に、柱を立て、順番に桁や梁をかけていきます。 お昼頃には二階部分も大方組みあがりました。 3時過ぎには屋根にアスファルトルーフィングを敷き、外部もほとんどブルー ...

本日から、T様邸では上棟の準備に取り掛かりました。 早朝から大工さんが基礎の上に、建物の基準となる墨出しを行い、檜の土台を、基礎の上に配置し、床下換気用の基礎パッキンを間に敷いてから、基礎から出ているアンカーボルトと土台を固定していきます。 今日一日で、 ...

本日から、T様邸では外部の先行配管を行っています。 実は外部配管は、建物が仕上がった後でも可能ではありますが、あらかじめ建物の給水や排水管を埋設しておくことで、内部配管との接続もスムーズにでき、多数の業者が出入りする仕上げ工程の現場の負担を少なくすること ...

↑このページのトップヘ