KADeLと富国ハウジングのブログ|関西で土地探しから建築家と共に注文住宅を建てる

大阪を中心に関西全域で注文住宅(パッシブデザイン住宅)を手掛けているKADeLと富国ハウジングの社員の日常なブログです。KADeLは光や風、熱や空気をデザインしている、受賞歴多数の大阪の一級建築士事務所。土地探しから設計施工、アフターサービスまで一貫対応いたします。

カテゴリ:現場レポート KADeLの家ができるまで > 京田辺市T様邸

いユニットバスの設置が終わりました。まだ壁もできあがっていない段階でお風呂だけできているのは不思議な気がします。少し時間は戻りますが、吹付断熱の写真をアップしておきます。壁と2階の天井がきっちり断熱されました。 現場監督 下津 ...

内壁と2階天井の吹付断熱が無事終了しました。大工工事は床、天井、壁貼りに入っていきます。まずは床貼りからです。新品の床材を傷付けないよう、貼ったらすぐに養生していきますので、床をゆっくり見られる時間はほとんどありません。 現場監督 下津 ...

サッシが全て入りましたので、電気・水道・ガスの仕込みをしてもらいました。床暖房もこの段階で仕込みます。 外壁は黒い防水フェルトの施工が終わり、一部、ラス網というモルタルの下地貼りが始まっています。もう雨は心配ありません。 現場監督 下津 ...

標準仕様のサッシが入りました(特注品はもう少し後です)。サッシが入ると、一気に家らしくなってきます。ベランダ防水も早々に施工されました。だんだんと雨対策が整ってきて、内装を一気に進められる状態に近づきつつあります。 現場監督 下津 ...

ガルバリウムの屋根ができました。大屋根、下屋根、庇、すべてに屋根がつき、屋根からの雨漏りの心配がなくなりました。KADeLの養生幕も付き、現場に色を添えます。 現場監督 下津 ...

↑このページのトップヘ