只見を離れる日の朝、台所の戸のところで突然、リクのキャンキャン泣き叫ぶ声とフウコの激しい唸り声が聞こえた。急いで飛んでいくと、オシッコちびりながらリクが転がっている。フウコの怒りはなかな収まらず、「何やってるの!!!」と怒鳴ったお母ちゃんは声がガラガラになってしまった。
すぐ近くにいたのに何の前触れもなく始まったので、直接の原因はわからない。けど、フウコはリクを面白く思っていなかったのは確か。すっかりお父ちゃん子になったリクは、昼間はお父ちゃんの仕事部屋に入り浸り、ユキ(フウコの母犬)でさえ許されていない小屋裏のお父ちゃんのベッドの脇の座布団の上で寛いでいたりした。そこはフウコが寝る場所なんだけど…。
礼儀を知らない小僧をとっちめてやろう、とフウコは機会を伺っていたのだろう。

車に荷物を積み込むあいだ、玄関からずーっと離れないユキとフウコ。
「ダメだよ(外に出ちゃ)。」
いつもは、家に来る人は玄関まで出迎えて大歓迎するけど、帰る人に用はなくお見送りもしない2人。でもお母ちゃんのことはいつまでもお見送りしてくれる。また来るからね!

ユキ(12歳3ヶ月)はほとんど一日、2階のお父ちゃんの仕事部屋の窓辺か、お父ちゃんのデスク脇の椅子の上で過ごす。
DSC_2723_1251
フウコ(9歳8ヶ月)はお母ちゃんがいるあいだはよく台所にいる。
DSC_2716_1249
只見にて、ソラ。
DSC_2718_1250


喜多方に家に戻ると、一目散にソファベッドに駆け込むリクとソラ。只見は楽しいけど、やっぱりお家はいいね。
DSC_2735_1252

ケータを捜しています!クリックお願いします!!
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ