かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪ アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜!

2016.07.28 梅雨が明けた日の撮影です。
大好きな野草のツユクサ〜です。自宅傍に群生中〜果実も出来ていました。
ツユクサ

ツユクサの苞の中に 楕円形の果実が一つ。この中にツユクサの種が入っています。
ツユクサの果実

ツユクサの種(2010.12.15.)から、再掲載して置きます。
採取した種子

【ツユクサ】(露草)ツユクサ科・ツユクサ属/1年草/花期:6‐9月/分布:日本全土。 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016.07.26 続きです。この日に出逢った昆虫〜です。
先日のウイキョウにいた、アカスジカメムシはどうなっているかしら〜?
花は終わって若い実になり…アカスジカメムシ幼虫が2頭だけ見つかりました。
検索すると、これは終齢幼虫の様です。
アカスジカメムシ(幼虫)

(2016.07.10)⇒ アカスジカメムシ(同じ場所)

【アカスジカメムシ】カメムシ目・カメムシ科/大きさ:10-12mm/
時期:6-8月/分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ニシキギの枝の キバラヘリカメムシはどうしているかしら〜?
おぉ、こちらも幼虫ばかりが見つかりました。
キバラヘリカメムシ(幼虫)

キバラヘリカメムシ(幼虫)

キバラヘリカメムシ(幼虫)

さまざまな齢の 幼虫。
キバラヘリカメムシ(幼虫)

(2016.07.06)⇒ キバラヘリカメムシ(同じ場所)

【キバラヘリカメムシ】
(黄腹縁亀虫)
カメムシ目・ヘリカメムシ科/大きさ:14−17mm/時期:4−11月/分布:本州・四国・九州。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イネ科の汁を吸う細い体のクモヘリカメムシ〜〜同化しています。
クモヘリカメムシ

(2015.07.06)⇒ モヘリカメムシ(初)

【クモヘリカメムシ】
カメムシ目・ヘリカメムシ科/
大きさ:15-17mm/時期:5-10月/分布:本州・四国・九州・沖縄。


------------------------------------------------- お ま け -------------------------------------------------

園内で拾った〜ハチの巣です。蛹の出た蓋が黄色味を帯びています。
検索したら…キボシアシナガバチの巣 ではないかと…??
落ちていた ハチの巣

: 梅雨明け前の急ぎ足のデジブラ〜〜でした。ヽ(´▽`)/ 
昨日7/28は、関東甲信地方の梅雨が明けました。 愈々厳しい暑さ到来です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016.07.26 午後は雨予報なので、急いで朝の内一時間だけデジブラしました。
カメラマンのいない〜静かな ひょうたん池
智光山公園・ひょうたん池

池の周りの ユウガギク
ユウガギク

真っ赤に燃える大輪の アメリカフヨウ
アメリカフヨウ

一寸恥らう様に頬染めた…スイフヨウ
スイフヨウ

水辺には ミソハギ
ミソハギ

小さな オトギリソウ
オトギリソウ

カシワバアジサイ
カシワバアジサイ

瑞々しい〜ベニバナボロギク
ベニバナボロギク
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016.07.23 この日、久し振りに カツオゾウムシに〜逢いました。
案の定、成虫が好むイタドリの葉の上にいましたよ〜♪ 身体の赤茶色の粉が
落ちている様ですが…粉はとれても又出て来るのだそうです。
カツオゾウムシ

カツオゾウムシ

【カツオゾウムシ】甲虫目・ゾウムシ科/体長:10-12mm/時期:6−8月/分布:北海道〜沖縄
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そして、こちらはクズの葉の上のコフキゾウムシ〜です。 たった一頭だけでした。
コフキゾウムシ

【コフキゾウムシ】(粉吹象虫)甲虫目・ゾウムシ科/
大きさ:5mm前後/時期:4-7月/分布:本州・四国・九州・沖縄
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

セミの仲間のベッコウハゴロモも、いました。
ベッコウハゴロモ

【ベッコウハゴロモ】カメムシ目・ハゴロモ科/
大きさ:10mm/時期:7-9月/分布:本州・四国・九州・沖縄。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

どうやら〜判明出来たかな? ヒゲナガヤチバエ(初)〜〜目が赤紫色(?)。
ヒゲナガヤチバエ

:このスマートなハエを調べていると…どうやら益虫なのだそうです。
葉に止まる時、頭を下にして止まる特徴があるそうですが、この時は上向きでした。
参考サイト⇒ http://colocasia.exblog.jp/16906476

ヒゲナガヤチバエ】(鬚長谷地蠅)ハエ目・ヤチバエ科/大きさ:8-10mm/
時期:(観察月7月)/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この形から、ヒシバッタの仲間…だと思います。 種類は不明です。m(_ _)m
ヒシバッタの仲間

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016.07.23 続きです。 夏の花の〜燃え立つ様な、オニユリ撮りました〜♪
オニユリ


オニユリの ムカゴを確認しました。
オニユリ(ムカゴ)

オニユリ(ムカゴ)

【オニユリ】(鬼百合)ユリ科・ユリ属/多年草/花期:7-8月/分布:北海道〜九州。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ヘクソカズラも〜〜咲き始めています。
ヘクソカズラ

ヘクソカズラ

【ヘクソカズラ】(屁糞葛)アカネ科・ヤイトバナ属/多年草/花期:8-9月/分布:日本全土。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

傍には…ツルウメモドキの若い果実です。
ツルウメモドキの果実

【ツルウメモドキ】
(蔓梅擬)ニシキギ科・ツルウメモドキ属/雌雄異株(両性花もある)
蔓性落葉木本/花期:5-6月(果期:10-11月)/分布:北海道〜沖縄
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

センダンの 若い果実もありました〜!
センダンの果実

【センダン】
(栴檀)センダン科・センダン属/
落葉高木/花期:4‐6月(果期:12月)/分布:四国・九州・沖縄。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016.07.23 短時間の駆け足デジブラでしたが、新しい種に出逢えました。ヽ(´▽`)/ 
たった一つでも新しい出逢いがあると…それだけで出掛けた甲斐があります。
クズの葉にいました。 こんな小さくて地味な昆虫は誰でしょう〜? 
カミキリの様です〜サビカミキリの仲間に見えます。帰宅後、昆虫図鑑で絵合わせすると 
トガリシロオビサビカミキリ(初見初撮り)では…と思います。
 トガリシロオビサビカミキリ

接近すると死んだ振りをして転げ落ちられるので…用心して撮りました。 同じ個体ですが、
地味な茶褐色の体色の中に、黒帯、白帯模様があります。この模様で検索しました。
トガリシロオビサビカミキリ

トガリシロオビサビカミキリ

トガリシロオビサビカミキリ

その他の特徴は…後ろから見るとハッキリしているのは、翅の先端が開いて、尖っています。
警戒するとこのように 触覚を下げてしまう様です。
トガリシロオビサビカミキリ

:翅の下の方に黒い帯、中央に白い帯、背中には黒色がかった突起が2個見えてます。
サビカミキリの仲間は、大体茶褐色で白や黒の筋や斑紋があって、体色には変異があるとか。
また、カミキリムシの仲間では大型の種で…触覚の長さはあまり長くはないそうです。
極普通に見られる種で、フジ、ヤマフジの枯れツル、枯れ木などに良く集まるそうです。
 同定が違っていましたら、ご指摘下さい。m(_ _)m

サビカミキリの仲間 (2015.06.08)⇒ ナカジロサビカミキリ

【トガリシロオビサビカミキリ】(尖白帯錆天牛)甲虫目・カミキリムシ科/
大きさ:13-17mm/時期:5-8月/分布:北海道・本州・四国・九州・対馬・沖縄。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016.07.23 当地では梅雨は明けませんが…来週末は、自治会の納涼祭です。
孫たちは夏休みです。両方を掛け持ちでチョッピリ多忙な毎日ですが…blog更新画像が
乏しくなって来たので、昨日の夕方は短時間のデジブラをして〜来ました。

アオドウガネが齧っていたのは、何の木でしょう。
アオドウガネ

2頭いました〜この爽やかな緑色は 私好みです。
アオドウガネ

【アオドウガネ】コガネムシ科
大きさ:18‐25mm/時期:6‐8月/分布:本州・四国・九州・沖縄。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

セマダラコガネも 2頭いました。触覚の形で雌雄を見分けられるとか。
こちらは 雌かしら?
セマダラコガネ

そして、こちらは…アンテナ形の オスの触角に見えますが??
セマダラコガネ

【セマダラコガネ】甲虫目・コガネムシ科・スジコガネ亜科/
大きさ:8-13.5mm/時期:6-8月/分布:北海道・本州・四国・九州。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

雨に濡れてしょぼんとしたサルスベリにいたのは…マメコガネです。
マメコガネ

【マメコガネ】甲虫目・コガネムシ科/大きさ:9-13mm/時期:5-10月/
分布:北海道・本州・四国・九州
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ