かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

11/16 草刈り済んだ後の何もないデジブラは〜拍子抜けでしたから
急遽ウォーキングに切り替えて…せっせと歩きましょう☆
天候は、風もなくとても穏やかでウォーキングにお誂え向きです。

一番最後の散策コースだけは、草刈りもなく何時もの道でしたからホッ
木の実がチラホラ・・・この日写した少ない画像です。
--------------------------------------------------------------------------

野鳥が好む撮り言う 真っ赤なピラカンサ
でも、この実に野鳥が来ている所を未だ見た事がありません!
@ピラカンサ-0372

@ピラカンサ-0373

:調べて見ると、ピラカンサの実には青酸系の毒(青酸配糖体)があって
野鳥もそれを学習していて、実が熟す翌年1-2月になるとその毒は消えるのだ
そうです。野鳥たちは毒が消えて美味しくなるのを待っているのだとか☆彡
成程、恐れ入りました〜野鳥も賢い知恵を持っているんですね。

【ピラカンサ】
バラ科・トキワサンザシ属


--------------------------------------------------------------------------

その隣の黒い果実も鈴生りでした〜〜トウネズミモチ
@トウネズミモチ-0371

陽に透かして見ると、葉脈(側脈)が透けて見えるのが決め手です。
(ネズミモチの葉は、主脈は見えるが側脈は透けて見えないので区別が出来る)
この沢山の実も、この後はどうなるんでしょう! 野鳥は食べるのかしら?
@トウネズミモチ-03710

黒くて楕円形をした在来のネズミモチの果実がネズミの糞に似ているという事と、
葉がモチノキ科の樹木の葉に似て事が名前の由来だそうです。
毎年冬に
果実が熟すと、ヒヨドリやツグミ、ムクドリなどが盛んに食べている様です。
いつか、そんな野鳥を写せないかしら~☆彡 ('∇^d) ☆

【トウネズミモチ】(唐鼠黐)モクセイ科・イボタノキ属
--------------------------------------------------------------------------

未だ咲いていたのは クコの花〜です。
@クコ-03660

@クコ-0367

@クコ-0369

【クコ】(枸杞)ナス科・クコ属
--------------------------------------------------------------------------

そして、土手の草の中に名も知れないキノコが 発生していましたよ。
(草の中のキノコなので、真剣に同定しようと言う気が起きないわぁ。
@キノコ-0383

@キノコ-0381

@キノコ-0380

念の為、傘の裏がわ〜!
@キノコ-0384

:かなり以前、東北・北陸に住んでキノコに魅せられ、季節を待ち望んでいた
愉しかった体験があります。何しろ大収穫だったので〜忘れられません。
--------------------------------------------------------------------------

11/16 昼前の一時間・・・自宅周辺のグランド周りを散策しました〜!
川の中に水鳥や、日向ぼっこの蝶たちや、色々野草が楽しめる場所なんです。
所が、辺り一面〜綺麗さっぱり草刈りの後・・・拭き取った様に何にもなし。

@散策路-0385

@散策路-0387

折角出て来たのだからと、気を取り直して・・・一番奥の散策路まで行ってから 
Uターンする事にしましょう。川辺の土手下は風を避ける場所なので、
小さなヤマトシジミだけが何頭も、花が何もないのに舞っていました〜♪
----------------------------------------------------------------------------

時折、空を渡る野鳥の声〜〜ピィーヨ、ピィーヨはヒヨドリさん☆彡
ん? チィー、チッは 誰かしら〜? 散々目を凝らして見つけたのは
おっ〜逢いたかった ジョウビタキの ジョビ子ちゃん〜でした。
最初は飛ばれて 逆光のシルエット〜〜♪
@ジョウビタキ-0378

それでも、あのスタイルは〜ジョビ子ちゃん。シルエットでも嬉しい出逢い。
やっと冬鳥さんに逢えました〜〜♪ ヽ(´▽`)/ 
@ジョウビタキ-0379

枝の中に入りました〜ピンが合ったのは 2枚だけ〜〜!
それでも、お顔が見えただけで〜OKです。
@ジョウビタキ-03750

@ジョウビタキ-03760

:諦めて引き返さずに良かったわぁ・・・これからは出逢いが多くありそうです。
 可愛い眼差しのジョビ子ちゃん〜又遊んでね! d(´▽`*))))⌒☆ 

【ジョウビタキスズメ目・ツグミ科/L=15cm、W=22cm。
--------------------------------------------------------------------------

11/13 幼稚園バスを待つ間に、家の外壁にいたお客様(2種)を発見〜☆彡
おっ、こちらは大きさがあったので目に付きました。
そして、昨夜どうにか同定が出来たかなぁ〜と、思います。

素人ながら・・・シャクガ科ではと見当を付けて アチコチ検索〜♪
初見初撮りのチャエダシャク(雄)〜〜の様です。@@チャエダシャク-0344

@@チャエダシャク-0348

顔を見たいのですが、垂直なので難しいです。
櫛型の触角が見えていますから・・・の様です。(雌の体長は少し小さ目)
@@チャエダシャク-0346

@@チャエダシャク-0345

:平地、低山地に分布し、晩秋に出現。灯火にも来る。
幼虫の餌(チャ、ミカン、サクラ、コナラ、クワ等の葉)【昆虫エクスプローラ】

【チャエダシャク】チョウ目・シャクガ科(エダシャク亜科)
大きさ:(開帳)39-45弌浸期:11月/分布:本州・四国・九州・沖縄(?)。

--------------------------------------------------------------------------

序に未だいないかしら〜と辺りを探すと・・・高い所にもう一種発見〜♪
白緑色で、中くらいの大きさの蛾〜こちらも初見です。

ツクシアオリンガ〜の様です。
@@ツクシアオリンガ-0349

かなり高いので下からしか撮れず・・・触覚も撮れていません
翅の色と、葉脈の様な筋があって 特徴的です。
@@ツクシアオリンガ-0350

@@ツクシアオリンガ-0352

@@ツクシアオリンガ-0353

【NET検索】本来は南方系の蛾で、暖地に生息する種だそうですが、
近年は分布域が北上していて、関東でも確認されているそうです。
リンガ独特の綺麗な翅色の蛾です。
(:後翅が黄色が雄、白色が雌だそうですが・・・残念ながら後翅は見えません。)

:NETで探すと、リンガの仲間には沢山の綺麗処が出て来ました。
名前の「ツクシ」は九州の生息地から付いた名前なんですね〜!

【ツクシアオリンガ】(筑紫青りん蛾)チョウ目・コブガ科(リンガ亜科)/
大きさ:(開帳)33-36弌浸期:6‐7月、9-10月/
分布:本州(関東以西)・四国・九州・中国・台湾/幼虫の餌:マテバシィ。

--------------------------------------------------------------------------

11/12 自宅周辺の散歩道〜〜少しずつ黄葉して来ました♪


@-0324

ユリノキ
@-0325

@-0340


@-0326

どんぐり山の クヌギです〜♪
@-0328

--------------------------------------------------------------------------

【2018/11/12】16:14の夕日〜♪
@-0329

--------------------------------------------------------------------------

11/12 午後からのデジブラでした〜♪
紅葉・黄葉を探しながら・・・愈々もこもこになって来たお気に入り撮りました。

花粉症は濡れ衣ですよ〜セイタカアワダチソウ
@-0334

@-0333

@-0335

@-0336

@-0337

セイタカアワダチソウ (初遭遇の紅猿子)

【セイタカアワダチソウ】(背高泡立草)別名:セイタカアキノキリンソウ
 キク科・アキノキリンソウ属/多年草/花期10‐11月/北米原産。 
  

-------------------------------------------------------------------------

温かそうなもこもこ・・・ビワの花〜♪
@-0338

@-0339

【ビワ】(枇杷)バラ科・ビワ属/常緑高木/花期:11‐2月/果期:5-6月/
中国原産。

-------------------------------------------------------------------------

11/10 週末に自宅傍の小さな公園へ・・・5歳児と出掛けました。
2組の家族連れさんが遊んでおられて〜偶然にも皆さん孫のお友達ばかり☆彡
一年生・年少・年中・年長と〜6人の男女が揃ってみな仲良しこよし。
嬉々として遊びに加わって楽しんでいました。(^。^;)ほっ

桜の木が すっかり紅葉して綺麗です。
春にはここでご近所さんが、お花見もしましたっけ〜d(´▽`*))))⌒☆ 
@初冬の贈り物-0315


元気な声を聴きながら・・・ばぁばは、落ち葉を拾って楽しみまぁ〜す。
サクラの紅葉 初冬の贈り物です。
@初冬の贈り物-0316

-------------------------------------------------------------------------

公園の生垣には、何と未だこんな状態の可愛い〜花が咲いていましたよ
ヘクソカズラ
@ヘクソカズラ-0319

@ヘクソカズラ-0320

@ヘクソカズラ-0321

:痛みのない綺麗な姿です。もう果実になる時期なのに・・・一寸嬉しいです。

ヘクソカズラ(黄金の果実)  ヘクソカズラ(若い果実)

【ヘクソカズラ】(屁糞葛)アカネ科・ヤイトバナ属/多年草/
花期:8-9月/分布:日本全土。

-------------------------------------------------------------------------

皆で 「だるまさんが転んだ」 やってます。
@2018.11.10-00

@2018.11.10-01

-------------------------------------------------------------------------

11/08 水田付近へ、以前大繁茂していたイシミカワを・・・
ダメ元で 探しに行って見ました。
草刈りで一昨年から綺麗さっぱり姿を消してしまった イシミカワ〜〜!
うーん、今年も全く姿がありません。

必死で探すと・・・チャノキに絡んだ枯れ枯れの姿を 離れた場所に発見〜♪
この様な寂しい姿でも一寸嬉しい〜かえで☆なのです。
@イシミカワ-0295

うーん、高過ぎるし逆光だし・・・撮影は困難です。
@イシミカワ-0290

@イシミカワ-0291

@イシミカワ-0296

@イシミカワ-0297

@イシミカワ-0299

先日、blog友のとんちゃんから、イシミカワの葉の特徴を教えて頂きました!
葉を裏側にして葉柄と葉の付き方の位置を見ると・・・
イシミカワの葉の付き方は、葉の縁と「間」をおいてつく
・・・そうです!
今回その辺を、確り確認出来ました。とんちゃん〜有難う〜(´▽`*人)☆

イシミカワの葉の付き方
@イシミカワ(葉)-0295

イシミカワ(大群生・以前の同一場所)  イシミカワ(花)

【イシミカワ】
( 石実皮、石見川、 石膠 )
 タデ科・タデ属/1年草/花期8‐9月/分布:北海道〜沖縄
-------------------------------------------------------------------------

水田周りで、イヌガラシ〜の黄色花!
@イヌガラシ-0305

@イヌガラシ-0304

@イヌガラシ-0306

春〜夏にナズナに似た黄色花を総状につける。イヌガラシ(同一場所)

【イヌガラシ】(犬芥子)アブラナ科・イヌガラシ属/多年草/
花期:4-9月/分布:北海道〜沖縄。

-------------------------------------------------------------------------

たった一株見つけたヤナギタデ〜〜葉にV字の斑点あり♪
@ヤナギタデ-0232

ヤナギタデ(入間川)

:全体に苦みがある。アユの塩焼きのタデ酢に使用される。ヤナギタデの葉を
すり潰して酢でのばした物が・・・タデ酢。 タデ食う虫も好きずきの【タデ酢】

【ヤナギタデ】(柳蓼)タデ科・イヌタデ属/一年草/花期:7-10月/
分布:北海道〜沖縄。

-------------------------------------------------------------------------

ユウガギクも・・・イヌタデと一緒です!
@ユウガギク-0206

@ユウガギク-0207

:以前詳しい方に教えて頂きました⇒ ユウガギクは、花より葉を見れば比較的
簡単に識別できる。葉は薄くザラつき長い楕円形で、3、4対羽状に切れ込む。
切れ込みの浅い深いは個体差はあるが、他の野菊にない特徴で識別のポイント:

ユウガギク(同一場所)

【ユウガギク】(柚香菊)キク科・ヨメナ属/多年草/花期:8-10月/分布:本州。
-------------------------------------------------------------------------


@緑の森-0267

:水田には、お気に入りのタデ科〜ミゾソバ、ボントクタデ、ヤノネグサ…、
ヒヨドリジョウゴやスズメウリ等があったのに・・・全く姿が見えませんでした。
(昨年の11/02に、ここの水路にカメラ毎滑り落ちた想い出の場所です。

------------------------------------11/08  END-------------------------------------

このページのトップヘ