かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2006年01月

06.01.31aosagi01 鳥が続きます〜!
 カワセミを写した公園の 別の場所を散策中に
 私の足音で、
10m程先に居たアオサギが
バタバタと飛び立ちました〜( ゜_゜;)びっくり!!

アオサギが佇んでいる姿は、結構しょぼいです。

ちょっと慌てましたが、カワセミとは比較にならない大きさなので ピントが合いました。
逆光で真っ黒に写っています〜トホホ。 取り込んで見ると片足の先が無いようです。
アオサギは同種だけでコロニーを作る場合が多く、高い樹上で営巣するそうですから、
大きな身体を支えるのに 片足の先が無くてはバランスが悪いでしょうねぇ……!?
一体どうして傷ついたんでしょう〜
思わず同情してしまいました。 元気でね〜♪

 【アオサギ】
 コウノトリ目・サギ科           

 明日から2月です〜〜2月は駆け抜けて行きそうです(★^ー゚)bネッ♪  
1月にご訪問下さった皆様 有難うございました〜2月も宜しくです♪  

 

06.01.30kasiwabahaguma01 ちょっと見ると花の様ですが…
←花後の綿毛が飛んでしまった ガクです。

ずっと名前が分らなかったのですが
カシワバハグマの花後と 教えて頂きました。
ここの里山では 花を見ていません。
今秋には
花の咲くのを確認しなくては〜!

カシワバハグマのカシワバは 柏ではなくて
アカメガシワ(赤芽柏)の葉のこと…だそうです。
ハグマとは中国奥地に生息する
ヤクの尾の毛で作った飾り“白熊”のこと。


06.01.30kasiwabahaguma02

    ―――ハグマの名前がつく植物―――
      * エンシュウハグマ   
      * モミジハグマ
      * オクモミジハグマ 
      * ナガバハグマ(琉球産)
      * ホソバハグマ(屋久島産)


 【カシワバハグマ】(柏葉白熊)
 キク科・コウヤボウキ属
 多年草/花期9‐10月

 

06.01.29kawasemi01一昨日の歯科医院の帰りに
寄り道した公園の池で
偶然に出逢った カワセミちゃん〜〜♪ 

ここを縄張りにしている様です!


06.01.29kawasemi02たった一人 おじ様が
カメラをSetして ベンチに座っていました〜!

お話を聞きながら
私も お付き合いを
させていただく事に…!
☆⌒(*^∇゜)vエヘッ♪

 小さくて動きの早いカワセミを マクロレンズで写すなんて…(★^ー゚)bネッ♪
 PCに落とすまで無理だと思っていました。 私の腕では上出来でしょう!!

  ( *手持ち・マニュアル・105mmMacro・トリミング画像です。 )

 

06.01.28minomusi01 最近、里山を歩いている時…ふと、
 『ミノムシを見掛けないなァ〜!』と 感じていました。

そうしたら何と…居るところには居るものです!
ミノムシ団地に遭遇しました〜♪( ゜_゜;)

 
06.01.28minomusi02何の木か分りません…
ちょうどアジサイの木の様に 基部で株になり
上部が末広がりに広がっている、
高さ2m程の 裸の木でした。 

ミノムシは ミノガの幼虫です。
分泌した糸で 木の葉や小枝を綴って袋状の巣を
作って住んでいます。
日本のミノムシの種類は 20種類ほどとか。
←この様に 葉を中心に蓑を作るのは
オオミノガ だそうです。
小枝を中心に蓑を作るのは チャミノガだそうです。


画像を拡大して良く見れば…高級ブランド志向の シックな蓑ではないですか♪
 検索したら面白い生態が分りました。雄には口がなく、雌は死ぬまで蓑の中で
過ごす 等々…!!  これ以上は敢えて書かない事にします〜(★^ー゚)bネッ♪

 【ミノムシ】(蓑虫)
 昆虫・ミノガ科

 

06.01.27ooinunohuguri_01 昨シーズンは、越冬してアチコチで咲いていた 
 ホシノヒトミ (オオイヌノフグリ) ちゃん〜♪

春一番の
小さな野草の代表選手です(★^ー゚)bネッ!

田んぼのあぜ道などで見掛けます。
茎の長さは10-30cm
ルリ色の花は 心和む春風の色〜〜♪

風が吹いたらポトリと落花…
間もなく絨毯の様に 咲き競うでしょう♪

 
 【オオイヌノフグリ】別名:星の瞳
 ゴマノハグサ科・クワガタソウ属
 越年草/花期3-5月

 

このページのトップヘ