かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2007年07月

07.07.31.azami01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 入笠湿原は標高が1900m近くあり、この日は良く晴れて木道を歩いていても
 爽やかでした。 背の高いアザミの花には、トンボや蝶のお客様が仲良く戯れて
 います♪ 
 ノハナショウブが見頃を迎えており、足元にはウツボグサやアカバナが
咲いています。
 ヤナギラン、サワギキョウは咲き始めで、クリンソウが種になっていました。
 

 爽やかな赤紫色の ノハナショウブ〜!
07.07.31.nohanasyoubu01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

07.07.31.nohanasyoubu02
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 野に咲くショウブに似ているので ノハナショウブと言うのは想像できますね〜!
 ハナショウブの原種と言われます。花は赤紫色、花びらは6枚外側の3枚が大きく
 基部に黄色斑があります。葉は剣状で、中脈が隆起筋になっています。


【ノハナショウブ】(野花菖蒲) 
アヤメ科・アヤメ属
多年草/花期6‐8月

 

07.07.31.tyou00 ← おまけの画像です〜clickしてね!

 コメント欄で、虫屋さんでもある
 ひろしさんのお目に留まった様です。
 私も気になっていたので元画像から
 trimmingして 貼って見ます〜♪ 


nekoppanaさんの記事→ http://nekoppana.exblog.jp/d2007-08-01

07.07.30.kobagiboushi02

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 湿原の木道脇で咲いている、鮮やかな紫色の花は コバギボウシ〜〜です。
 花はろうと形、内側に濃い紫色の筋が入ります。花は下から咲く一日花です。
 草に紛れて足元が…小葉と呼ばれる葉の様子が見えませんが、
葉は基部が細いくさび形。オオバギボウシに比べると小さいので“小葉”
蕾の形が ↓橋の欄干の飾り“擬宝珠”に似るので【小葉擬宝珠】だそうです。

07.07.30.kobagiboushi01 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 そう言えば蕾の真ん中が ↑橋の欄干の飾りに見える…かも知れない?(^^ゞ
 過去記事 06.07.07.→ オオバギボウシ



【コバギボウシ】
(小葉擬宝珠)
ユリ科・ギボウシュ属
多年草/花期7‐8月

 長野県・入笠山(1955m)の湿原にて、野草観察会があり参加して来ました〜!
 6月に圏央道が八王子へ繋がり、家から中央高速道までがたった25分です。
 大幅に短縮されましたので、入笠山まで片道3時間の快適日帰りドライブでした♪
 
朝から良く晴れました〜!諏訪南ICで高速を降りて入笠山を目指します。
カメラ好き野草好きの10名程が…三々五々、山頂付近の山荘へ集合しました。

 07.07.29.nyukasayama01 
 
湿原は…夏休みに入った小学生達の林間学校や、
 中高年のハイキンググループ、ご夫婦のカップル、
 若者のカップル散策で賑わいを見せておりました〜!

 ←クリックでご覧下さい〜入笠湿原はこんな感じです。



ノハナショウブ・バイケイソウが見頃でした。暫くは湿原の花を載せて行きます。
最初はバイケイソウです〜! 湿原で真っ先に目立った高さのある花です。 

07.07.29.baikeisou0107.07.29.baikeisou0207.07.29.baikeisou03

 

 

 

 

 

 

 

 高さは60‐150cmにもなり、広楕円形の葉は長さ20‐30cmで互生します。
緑白色の花を密集させます。わぁ〜私好みのシックなお花で気に入りました〜♪
花の直径約2cm。図鑑に寄れば…両性花と下部に
雄花をつけるそうです。 (○'。'○)ん? なんと有毒植物ですって!!

07.07.29.baikeisou04

 

 

 

 

 


 

 

 

 


【バイケイソウ】
(梅濮陝
ユリ科・シュロソウ属
多年草/花期7‐8月

初夏の虫さんが またまた登場で〜〜す♪ 
昆虫が苦手の方にはご免なさい。 
中々可愛い虫さんなのでお許し下さい〜♪ ( ゜゜)(。 。 )ペこっ!



ヤブミョウガの蜜は美味しいのでしょうか〜色々な昆虫がお食事してました♪
ひろしさんの昆虫図鑑で、“腹部の黄黒の縞模様がそれぞれの節に
(太い帯と細い帯の)各2本ずつあるアブ ”の、記述を拝見しました。如何でしょう!

【ホソヒラタアブ】
(ハエ目・ハナアブ科)
07.07.28.hirataabu01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



同じく、ヤブミョウガの花に 1cm未満の小さな虫さん発見〜〜♪
ちょっと黒いお目目が可愛いわ。それに身体もカラフルじゃないですかぁ〜★☆
長ーーい触角に横縞も見えてます。あなたは誰ですか〜〜?
NETの友に尋ねたり、NET検索や友人blogを渡り歩いてたら…遂に判明♪

【アシグロツユムシ・若齢幼虫
バッタ目・キリギリス科・ツユムシ亜科
07.07.28.asigurotuyumusi01

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 

こちらは別の場所、沢沿いの道に咲いていたキツリフネの花の雫で吸水中でした!
体調は1cm位で、黄緑色の体に黒や緑のステンドグラスの模様です〜♪
うーん…どこかで誰かのblogで画像を拝見したことがありましたね。
そだっ…! sakuraさんの所だ〜ダッシュ!−=≡ヘ(* - -)ノ 
 
【アカアシカスミカメ】
半翅目・カスミカメムシ科
07.07.28.akaasikasumikame01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この度も結局の所は最後には 虫屋さんでもあるひろしさんに辿り着きました。
本当に有難うございました。ヽ(´▽`)/これからも宜しくです★

アシグロツユムシの記事 
はもようさんhttp://happanomoyoudiary.seesaa.net/archives/20070722-1.html 
 
アカアシカスミカメの記事
sakuraさん http://nonohanai2.exblog.jp/4013416
 
 

 近隣の渓谷で咲くイワタバコの様子を 見に行って見ました。
 昨年は何度か足を運んだものですが…今年はどんな具合でしょうか〜?
 (● ̄ ~  ̄●;)ウーン 渓流は増水気味、それに山道には落石の跡がはっきり〜!
 近い観察場所で蕾がチラリと確認できたのは一株…この分では未だ早い様です。
 この日奥地まで確認に行くのは 止めて置く事にしました。

07.07.27.wasagiku01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そこで、ひっそりと沢沿いの日陰に咲く サワギクに逢いました〜!(*´ー`)ニコッ   
 小さな株でしたが、2年前に写した場所に咲いていましたよ〜! 
 過去記事 '05.07.15→ サワギク   

07.07.27.sawagiku02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


細かく切れ込んだ葉は涼やかに見えます。小さな黄色の菊花が枝分かれして
咲きます。花後に白い綿毛が出来、ボロをまとった様に見えるので
別名がボロギクだそうです。高さは40‐100cm程になります。
 

07.07.27.sawagiku03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【サワギク】(沢菊)
 キク科・キオン属
 多年草/花期7‐8月

このページのトップヘ