かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2007年09月

岐阜県内の友人の野草観察フィールドの湿原を
何箇所か回って下さいましたが、何番目かの湿原のアプローチは…
    昼なお暗い こんな感じでしたよ〜!

07.09.30.situgen00
← クリック お願いします!

一人だったら躊躇してしまいますね。
((((((( ゜0゜;)/

 

 

最後の湿地で、流れの向こう側に自生する ジャコウソウと対面しました〜♪
今までは植栽のジャコウソウしか出逢っていませんので、とっても嬉しい〜!
奥まで進んで来て良かったわ〜〜♪ ヾ( ̄▽ ̄*

07.09.30.jyakousou01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




高さは60‐100cm、葉は対生し5‐12cmの短い柄がある。
上部の葉腋に短い柄をだして、1‐3個の紅紫色の唇形花をつけます。
花冠の長さは4cm程、筒部が長く、上唇は長く下唇は3裂します。
枝をゆすると麝香の様な芳香があるのが 名前の由来です♪
あっ…写すのに夢中で今回も揺するのを忘れました…``r(^ ^;)ポリポリ

07.09.30.jyakousou02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花冠が4cm弱で葉柄より花柄がずっと長く3‐4cmのものは、
仲間の タニジャコウソウだそうです。

【過去の日記】 '06.07.09 ジャコウソウ


【ジャコウソウ】(麝香草)
シソ科・ジャコウソウ属
多年草/花期8‐9月

朝から気温も上がって 汗だくで湿原のはしごをした訳ですから
カメラ・三脚もかなり重い上に、履き慣れない長靴では相当体力を消耗します。
軟弱者の私を気遣って、希望の野草に絞って下さる事になったんです!

そこへ至る途中で、初めてのイガホオズキ〜〜に出逢いました♪ヽ(´▽`)/ 

07.09.29.igahouzuki01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花は葉腋から下がって付き、花冠は淡黄白色で、直径は5mm程です。
 ガクは花の後先の開いた球形になり、液果を包むそうです!
液果は球形で直径1cmで、多数の種子が入っており白く熟すそうです〜♪ 

↓ 先端は開いていますネ〜〜見えますか? ヾ( ̄▽ ̄*

07.09.29.igahouzuki02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道幅の狭い藪の中にあり、引いた全体の姿は写せませんでした〜残念!


【イガホオズキ】(毬酸漿)
ナス科・イガホオズキ属
多年草/花期6‐8月

07.09.28.jyurounotaki00沢山の湿地を案内して頂いた途中には滝もあった。
かなり水量がある…“寿老の滝”と言います。
NET検索すると…恵那市三郷町にあり、
美しい渓流に簾の様にかかる滝です。
西濃の「養老」に対して「寿老」と名づけられた
落差10mの滝です。

滝の涼しいマイナスイオンを浴びながら
昼食・デジブラ〜そしてまた次へ移動〜!
狭い山道を
車はズンズンと進む…
私は専ら窓外へ目を凝らす…

そしてここでも 叫んでます〜★
(;゜〇゜)あッ!ちょっと止めて〜〜!!





そんな風にして…初めてのクサアジサイを見つけました〜♪ヽ(´▽`)/ 
凄く小さかったんです〜良く目に入ったものです。高さは20‐70cm。
クサアジサイの両性花は淡紫色を帯びて、直径は5‐7mm程度です。
葉は互生し鋸葉があり、長さは8‐20cm。

07.09.28.kusaajisai01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

07.09.28.kusaajisai02



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサアジサイは湿った林内に生えます。分布は宮城・福島県以南だそうです。
最近友人に見せて頂いたばかりで私も出逢いたかったのです〜♪
数株の内、僅かに装飾花を残した株が一つありました。
装飾花(中性花)はガク片3個が変形したものです!


【クサアジサイ】(草紫陽花)
ユキノシタ科・クサアジサイ属
多年草/花期7‐9月

07.09.27.mikawasiogama01

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

湿原の中で 背の高い花が目に付きました〜シオガマの形です〜♪
同行の友人がミカワシオガマと、教えて下さいました!勿論私は初めてです。

ミカワシオガマはシオガマギクの変種で、葉が小さく花も小さめで…上唇の先が
短くつまるのが特徴で、
東海地方近辺だけに咲く貴重な植物だそうです〜♪
名もない様な小さな湿原に、なんとまぁ〜貴重な花がありましたネ★(^◇^)b

07.09.27.mikawasiogama02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茎は日当りの良い所では直立、やや日影の所では斜上して、
長さは35〜120cmになるそうです。花は茎の上部に横向きにつき、
花冠は紅紫色で2cm程。葉には鋸歯があります。
↑ 茎の先端に蕾が見られます。これから沢山咲きそうです〜♪

【ミカワシオガマ】(三河塩竈)
ゴマノハグサ科・シオガマギク属
多年草/花期8‐9月

 

+++++++ この湿原で他に写した花 +++++++

ニホンイヌノヒゲ・ミズギク・イワショウブ・サワギキョウ・
ミカヅキグサ・ヘビノボラズ…etc

岐阜の湿原で…ミミカキグサ2種と 久々のご対面です!
小さくて屈み込んでも良く見えず…湿原では這い蹲る訳にも行きませんものね。
相変わらず撮影はとっても困難…です。( ̄∇ ̄;)
こんな時は、接写2cmのSuperMacroのコンデジ持って来れば良かったな♪


黄色の方は ミミカキグサ〜〜! 高さは5‐15cm、花径は5mm程。 
こんなに小さくて なんとこれでも食虫植物ですって〜〜。 (゜O゜;
花の後ガクが大きくなり、果実を包んだ姿が耳掻きに似るのが 由来だそう★

07.09.26.mimikakigusa01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ミミカキグサ】(耳掻き草)
タヌキモ科・タヌキモ属/多年草/花期8‐10月

 


そしてこちらは ホザキノミミカキグサ〜〜!
花柄がごく短く 花序が穂状に見えるのが名前の由来だそうです。
高さは10‐30cm、花は紅紫色で花径は4mm程度、同じく食虫植物です。

 

 

 

 

引いてみるとこんな感じです! 実際は低くてもっともっと小さいです。

07.09.26.hozakinomimikakigusa01

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


【ホザキノミミカキグサ】(穂咲きの耳掻き草)
タヌキモ科・タヌキモ属/多年草/花期6‐9月

07.09.26.hozakinomimikakigusa02

このページのトップヘ