かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2009年03月

ウォーキング路 '09.03.26

長閑な昼下がり…久し振りのウォーキング 
グランド周りで どこから逃げ出したか〜水仙の花ひとつ…!

ラッパ水仙〜〜!

逃げ出した?水仙

 

裏の林で 何かが目の前を飛び去った…!
こんな時間に居るのは 誰かな?? 105mmマクロで追跡開始…

おっ、シメ男さん。 ノートリミングで小さ過ぎぃぃぃ…!

クリック⌒★

何かが飛んだ!! 

 

 

 

 

 

 

 

 



トリミングしてみました〜〜嘴の色が肌色から鉛色に変化していますネ。  
冬羽から夏羽に変わって来たんですね。もう直ぐ旅立ちでしょう♪

クリック⌒★

あっ、シメ男さんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  夏羽: 嘴は淡灰褐色で繁殖期の3月頃まで鉛色になる。
    冬羽: 嘴の色が肌色になる。     


【シメ】スズメ目アトリ科/冬鳥/全長=約18cm 

ウォーキング路 '09.03.26

久し振りのウォーキング路で 今年も出逢った…スミレちゃん♪

おぉ〜今年は 随分早く咲き出しましたね。
グランドのフェンスの傍に3株…5cm程の小さな丈のスミレです。
昨年ここで 初めて出逢ったのは '08.04.17で、その後直ぐ、
草刈されて姿が消えたのですが、今年も咲いて嬉しいです。d(´▽`*))))⌒☆

コスミレさん〜です! ヽ(´▽`)/ 

早々と発見〜コスミレ♪



花びらは切れ込みが深くて、ヨレヨレしているのも特徴ですネ。
いがりまさしさんの山渓図鑑【日本のすみれ】に寄れば…コスミレは、花の色や
形態に変化が多くて観察者を困らせるスミレの一つと、書かれています。


直ぐ傍に咲いていた花の色の濃い コスミレを2枚です〜!
花弁があまり反り返らずヨレヨレでもないですネ。

クリック⌒★

昨年も咲いていた場所で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 



【コスミレ】
(小菫)スミレ科・スミレ属(ミヤマスミレ類)
多年草/花期3月下旬‐5月



上の2種に比べて、花弁が丸くて短い様ですね。
昨年もここでコスミレが咲いていました。コスミレの変化と見て良いでしょうか?
違っていましたら、ご指摘下さい。m(_ _)m

************** 追 記 '09.04.04 ************

『こじんまりしして シャキットした感じから ヒメスミレでは!』…と、
なかなかさんより ご指摘を頂きました。 どうも有難うございました。ヽ(´▽`)/
今日は再度出掛けて、同じフィールドでヒメスミレを確認出来ましたので、
↓の画像は ヒメスミレと訂正致します。 なかなかさんに感謝です★ 

ヒメスミレ〜〜♪  クリック⌒
 
同じ場所の もう一株は??

 

 

 

 

 

 

 


'09.04.04→ 初・ヒメスミレ (こちらもご覧下さいませ♪)ヽ(´▽`)/ 

ウォーキング路 '09.03.26

午後を過ぎていましたが、グランド周遊路でぬくぬく咲いていた春の野草。
今日は久々にウォーキングタイムに一眼Macroを持って出ました☆


それぞれ クリック⌒★でネッ。   (^_-)---☆Wink

 ムラサキケマン                     シロヤブケマン
こちらは、ムラサキケマンですね〜♪これは、シロヤブケマンでしょう!

 

 

 

 

 

 キュウリグサ                       ホトケノザ
キュウリグサが咲いていた〜!満開のホトケノザ〜!

 

 

 

 



 花びらの形が、ムラサキサギゴケ!ヤナギの新芽!ムラサキサギゴケ                    ヤナギの芽

 

 

 

 

 

そして…かえで☆のblog 4年目にして初登場〜!

あちこちの草叢で目にする  スズメノヤリ〜♪

初登場〜スズメノヤリ!


花序(花の集合)が大名行列の時の“毛槍”に似ているが、
非常に小さいのでスズメ → スズメノヤリ。
↑ ↓ この画像は、雌期か?雄期か? 良く解りませ〜ん。(^_^")?


 
先に、黄色毛ばたきの様な雌花が他の葯と受粉してしなび、その後、雄花が黄色い
花粉を出す。先に雌花→次に雄花の時代があります。山渓図鑑【野草の名前・春】参照


【スズメノヤリ】(雀の槍)
イグサ科・スズメノヤリ属/多年草/花期4‐5月

ウォーキング路 '09.03.26

仕事が一段落した午後、カメラを持ってウォーキングに出ました。
ウグイスやシジュウカラの小鳥の声が、綺麗な囀りに代わっていました〜♪
ウグイスの姿だけは 見つけられませんでしたが…。(*^.^*)ウフフ


グランド周辺で見つけた、綺麗なハナニラ〜〜です!

クリック⌒★

ハナニラです〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


林の中のハナニラより 高さがなくて写すのに苦労しましたが…
ほんの〜りとブルーに色付いて…(^◇^)b グッドですね。 

クリック⌒★

薄っすらブルーの ハナニラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ハナニラは庭に植えられたものが、野生化した様です。
別名、セイヨウアマナと言うそうです。 アマナだから食せるんですね?
葉がニラに似ていて“綺麗な花を咲かせる”ので…ハナニラ♪


【ハナニラ】花韮)
アルゼンチン原産/ユリ科・ブロディア属/多年草/花期3‐4月

****************************

 

地面に張り付いている変わった色の葉を見つけて…しゃがみ込んで良く見ると
シロツメクサではないですか〜?  緑色と暗褐色が混じっています。
シロツメクサの花の咲かないこんな葉色は初めてです。 

クリック⌒★

変わった葉色のシロツメクサ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グランドを周った別の場所でも 同様な葉色を見つけ、ここでは
シロツメクサが2輪だけ咲いていたので…撮りました。  
シロツメクサが白くない。中心がかなり褐色です。(^_^?)
これは、別の種なんでしょうか? 別の名前があるのでしょうか〜?

クリック⌒★

離れた場所で 2輪だけの花…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この後、葉の色がどうなるか…又様子を見る事にしましょう!


【シロツメクサ】
(白詰草)
ヨーロッパ原産/マメ科・シャジクソウ属/多年草/花期4‐7月

入間川河川敷 '09.03.19

忙しなく飛び交う2頭の蝶が ランデブー〜♪
2頭一緒は中々撮れません。 やっとどうにか写ったのが1枚〜!

黄色の蝶はキチョウなのだとばかり思っていましたが…
ひろしさんの昆虫図鑑で、ごく最近ではキチョウは2種に分類されていて
本州のキタキチョウと、西南日本のキチョウに別れるそうです。
 ひろしさんいつも有難うございます。


そうするとこちらは…キタキチョウ?(訂正;モンキチョウ でしょうか〜?
不鮮明で良く見えませんが…黄色の蝶が嬉しくて載せてみます♪

その内リベンジしませんと…クリックでね⌒

∞〜ヾ(°°)〜ちょうちょ 待って〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


*訂正;
ひろしさんにモンキチョウと教えて頂きました。良く見ると裏翅に白紋の様な模様と、表翅に黒い縁取りが有るようですね。ご指摘有難うございます! ヾ( ̄▽ ̄*

【モンキチョウ】チョウ目・シロチョウ科
大きさ(前翅長)= 22-33mm /時 期= 3-11月/
分 布= 北海道・本州・四国・九州・沖縄
 



****************************


こちらも久々の 葉痕です〜♪
河川敷のは高い枝ばかりで、こちらもやっと写せた1枚です。ヾ( ̄▽ ̄*

可愛いひつじのお顔は…そう、オニグルミの葉痕ですね〜☆

オニグルミ


【オニグルミ】(鬼胡桃)
クルミ科・クルミ属/落葉高木/花期4‐5月/結実期・秋



****************************

ン? あそこにいるのは?? ホオジロさんの様ですが…!
お顔が優しいので ホオジロ嬢ではないかしら〜?

クリック⌒

ホオジロ姫ちゃんかしら?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【ホオジロ】スズメ目・ホオジロ科/全長=(翼開長16.5cm)

このページのトップヘ