かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2011年10月


 33回亀っ子倶楽部写真展・ ご案内状   

恒例の秋の写真展が 明日から開催の運びとなりました。
 神代植物公園はこの10月に50周年を迎えました。秋も深まって、秋バラ・ダリアなど
華やかに咲いております。お近くの方、菊花香る園内の散策にお出掛けなさいませんか〜
そして、部員一同 皆様のお立ち寄りをお待ちしております。


神代植物公園への→ アクセス


Click⌒☆

33回・花詩綴り


今日は搬入・設営に行って参りました。いよいよ明日からです。

 **********************************************************************


期間中、会場にはメンバーが居ります。 ご来場頂けましたらお声を掛けて下さい。
 芳名帳に是非お名前を残して下さいね。(ハンドルネームだけでも頂けると嬉しいです)
   次回のご案内状を送付させて頂きます。
 かえで☆の出展作品→ 「W6切 × 6枚」、 「A3 × 1枚」です。
 かえで☆の在席日  → 決まり次第こちらに 載せておきます。
               現在確定日→ 11(金)・5(土)10(木)・13(日)
          その他の在席日は、ここに追加しますので宜しくお願いします。

 


 橋を潜って上流の畔を歩いてみると、コセンダングサチョウを発見〜
ウラナミシジミです〜〜 尾状突起が1つ捥ぎれてますね。
  Click ('∇^d)⌒☆

ウラナミシジミと コセンダングサ

 


こちらは間違わない アメリカセンダングサ〜〜  Click⌒☆

アメリカセンダングサ

 

そして…風に吹かれた コシロノセンダングサ〜〜
コセンダングサに白の舌状花が付いてます。暗くて揺れて暈けました。
Click⌒☆

コシロノセンダングサ

撮影【EOS40D + SIGMA105mmMACRO/F2.8】


10/28 一仕事の区切りを付けて、マクロを持って久し振りに対岸の川原へ行って見ました。
背高アワダチソウシャクチリソバが満開です!鳥撮り仲間が数名カワセミを写していました〜

 

ホオジロが留まってます〜105mmマクロでは小さい…でも久し振りです。
(ノートリ画像に拡大ホオジロを添付) Click ('∇^d)⌒☆

川辺で…ホオジロ 


 

久し振りの ホオジロ


【ホオジロ】
スズメ目・ホオジロ科/全長=(翼開長16.5cm)






おまけのカワセミです〜〜(ノートリミング  Click ('∇^d)⌒☆

遠くの カワセミ

 

続きを 宜しくね

続きを読む


東京で木枯らし一号が吹いた25日夕。秋の日はつるべ落とし…夕方はあっと言う間に暗くなります!
外から戻ると玄関先に緑のカメムシが居りました。先日のアオドウガネに続いてまた又緑色のお客様
ですよ〜〜この方も初見の様です。ヽ(´▽`)/ 


膝を突いて写していると ヨチヨチと逃げます。
追いかけましたが上手く撮れません。綺麗な緑色〜〜どうにか見えますか?
数枚とって調べたら…ツヤアオカメムシの様です。 Click⌒☆

緑色一色の カメムシ

 

確かに艶があります。側角は出っ張っていません。 
薄暗いので ストロボ使用で撮って見ました。  Click⌒☆

玄関の外壁にいた カメムシ

 

NETの図鑑では、触覚の特徴が書かれていたので、確認です。
ツヤアオカメムシの様ですね〜  Click ('∇^d)⌒☆

ツヤアオカメムシの 様です!

撮影【EOS40D + SIGMA105mmMACRO/F2.8】


【ツヤアオカメムシ】カメムシ目・カメムシ科
大きさ:14‐17mm/時期:4‐11月/分布:本・四・九・沖


全体が緑色。似た緑色の仲間に比べ強い光沢がある。側角は出っ張らない。キリ、クワ、スギなどの樹上で生活し、ミカン・モモ・ナシ・カキなどの果実の汁を吸う。 【福光村昆虫記】より

 


そうだ…そろそろ カラスノゴマも実になっている頃と思います。
105mmマクロを持って近くの自生地へ行って見ました。!−=≡ヘ(* - -)ノ


カラスノゴマの実〜〜です!  Click⌒☆

��������鴻����眼�����絎�



葉も紅葉を始めてます〜とっても良い感じだわ 緑色の実が茶色になった頃 
また種を写したいと思います。 草刈に遭わない様に…願って置きましょう。 Click⌒☆

��������鴻����眼�����絎�

 


カラスノ
ゴマの花
は 9月に写しました〜一緒に載せて置きましょう。
花後に実が出来始めている様子も見えますね。Click⌒☆

'11.09.24撮影【Lumix・FZ18 】  
��������鴻����眼��

 

��������鴻����眼��


【カラスノゴマ】(烏の胡麻)
 シナノキ科・カラスノゴマ属/1年草/花期8‐9月/本州・四国・九州



人間が食べる“胡麻の実”に似るが、小さくてカラス程度の大きさに相当するので命名された。
昔は、名前をつける際に身近な動物名を借用して付けられた。山渓図鑑【花の名前・秋】

このページのトップヘ