かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2014年04月

2014.04.15 木々の芽吹きと違い、足元の野草は余り発見出来ません。
未だ少し先の様です…折角来たのだからと地面に顔を擦り付ける様にして歩きました。 
お目当ては全く探せなかったけれど…やっと顔を上げたスミレ発見〜。

エイザンスミレ〜〜今季初です。
小さな株が枯葉の中から顔を見せました〜アチコチ枯葉を除いたら十数個発見です。 
どれも高さがありません〜でも とても嬉しいエイザンスミレ

エイザンスミレ

エイザンスミレ

エイザンスミレ

エイザンスミレはこんなお顔 です。

続きを読む

2014.04.15 奥武蔵の春です〜桜も美しく咲いています

お地蔵様とサクラ花〜大好きな場所です 
Click ('∇^d)⌒☆
桜花と、お地蔵様


大雪の融けた春のお山は 一斉に新芽が芽吹き始めていました〜!
山路の両側には…キブシの花が空を覆っています。
キブシが 花盛りです〜!

車を停める場所を探して、手の届く場所のキブシを撮りました〜
これは 穂状花序が短か目でした。
キブシ

キブシ

図鑑には、キブシは雌雄異株と書かれています。雄しべは8個、雌しべは1個。
花の中を覗いて見ました。 雄しべ雌しべが両方見えます。 
では…雌雄異株と言われますが…両性花もあるのですね〜?
キブシを覗いて見ると…!

【山渓図鑑・樹に咲く花】に寄れば…、
雄しべ・雌しべが両方見えても、雄しべの方が雌しべより長いのでこれは雄花だそうです。
またNET検索では…両性花は見つかるが、数は少ないとの事でした。
かえで☆は両性花に見えたのですが…図鑑にそえば雄花と言う事になりますね。
(ー"ー )ウーン 難しい。

【キブシ】(木五倍子)キブシ科・キブシ属/落葉低木/花期:3‐4月/分布:北海道〜九州。

続きを読む

2014.04.19 狭山丘陵の昆虫の続きです〜
初見初撮りのジョウカイボンの仲間2種を 撮りました〜

最初は…ヤトセスジジョウカイ(?)
★小盾板のあたりに上翅の色よりやや暗い三角形の斑紋がある。
ヤトセスジジョウカイ


次は、ハヤトニンフジョウカイ(?)〜
春から初夏にかけて現れる半艶の黒い小さなジョウカイボン。個体数は多いハヤトニンフジョウカイ

ジョウカイボンの仲間は、早春から動き出すのですね。
ジョウカイボン⇒ こちらを参照しました。違ってましたらご指摘下さい。m(_ _)m

**************************************************************************

そして…こちらは、アカハネムシ(雄)の様に思います。
★翅の赤い昆虫は良く似た種類が色々あります。違いましたらご指摘下さい。
アカハネムシ(雄)

【アカハネムシ】甲虫目・アカハネムシ科/大きさ:12−17mm/時期:春、夏/
分布:北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島,南西諸島(奄美大島)/在来種。

***********************************************************************************

最後は…サカハチトガリバ。 4/01の同じフィールドで撮影していましたが、
この日にやっと同定出来たので 一緒に載せます。
サカハチトガリバ

芽吹き前のアワブキの木の枝に、2頭見つけました。

【サカハチトガリバ】
カギバガ科・トガリバガ亜科/
時期:4月/大きさ:(開張)34−44mm/分布:北海道・本州・四国・九州。
早春に現れる蛾。名前は翅を展翅した状態で模様が漢字の逆さ八の字に見える事から。

*************************************************************************************

ナミテントウ(黒地に紅二紋型)
ナミテントウ

【ナミテントウ】甲虫目・テントウムシ科/大きさ:4.7-8.2mm/
時期:3-11月/分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄。

模様には色々バリエーションがあるテントウ虫。ナナホシテントウとほぼ同じ。住宅地から
山地まで普通に見られる。成虫も幼虫も植物に付くアブラムシを食べる肉食性。人家の庭など
では、ナナホシテントウより多く、定着してくれれば農薬の変わりになる益虫。成虫で冬を越す。

***********************

2014.04.19 最盛期を過ぎたと思いつつ…タカオスミレを見に行きました。

前日が一日雨だったせいで…スミレの花がぐったりしていました。(;^_^A
ここは、大好きなタカオスミレが咲く場所です。今まで、ヒカゲスミレと記述していました。
ヒカゲスミレ、ハグロスミレ、タカオスミレ等…細かい呼び方があるようですが
緑の森博物館発行の図鑑にならって、タカオスミレとします。

タカオスミレ〜〜遅くなってゴメンね。
タカオスミレ

タカオスミレ

タカオスミレ

タカオスミレ

自生地も以前のようには咲いていません。雨の後で、一層寂しい姿でした〜
ここ数年、この好きなスミレを写していませんでした。 久し振りの撮影です。
ヒカゲスミレ(2009.04.20)/ヒカゲスミレ(2008.04.24)
タカオスミレ(2008.04.08)/タカオスミレ(2007.04.13)

側弁は有毛、かまきりの頭型、距は白く太くて長い。花は1.5cm程。
花期の高さは5-12cm、葉は長卵形〜三角形で4‐7cm。

【タカオスミレ】
(高尾董)スミレ科・スミレ属/多年草/花期:4‐5月/分布:高尾山周辺。

続きを読む

2014.04.19 続きです。 
やっと本格的に昆虫に逢えました〜初めは、蝶3種です〜

ムラサキハナナの中を飛翔する ツマキチョウ(雄)〜! 
素早いので連写中に…どうにかピントが合ったのは数枚でした。
ツマキチョウ

ツマキチョウ

ツマキチョウ

(2011.04.20)ツマキチョウ  (2011.04.18)ツマキチョウ(初)
3年振りの出逢いがとっても嬉しいです。ヽ(´▽`)/good〜♪

【ツマキチョウ】(
褄黄蝶)シロチョウ科
大きさ(前翅長)20‐30mm/時期3‐5月/分布=北海道・本州・四国・九州。

******************************************************* 

日向ぼっこしていたのは…早春にだけ見られる…ミヤマセセリ(雄)〜
ミヤマセセリ

ミヤマセセリ

(2013.04.16)⇒ ミヤマセセリ(雌)  (2012.05.24)⇒ ミヤマセセリ(雄)

【ミヤマセセリ】
(深山セセリ)セセリチョウ科・チャマダラセセリ亜科
大きさ(前翅長:14−22澄法浸季:3−4月/分布:北海道・本州・四国・九州

**********************************************************************

じっとして動かない ナミアゲハ
ナミアゲハ

ズームしてデカ撮り〜〜♪
ナミアゲハ

(2010.08.17)⇒ ナミアゲハ

*** 続きます ***

このページのトップヘ