かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2014年10月

2014.10.25 奥武蔵のお山で何度か写したボタンヅルが…
果実になって白髭を生やし始めて光っていました〜とても美しかったです。

ボタンヅルの果実〜出逢えて良かったです。 Click⌒★宜しくね。
ボタンヅルの果実

未だ若い果実です。 花も果実もセンニンソウと良く似ています。
葉は1回3出複葉で、小葉に鋸歯がある点が…センニンソウと異なります。
ボタンヅルの果実

ボタンヅルの果実

そう果は長さ約4mmの卵形で開出毛がある。熟すと暗褐色になる。
そう果の先には花の後1-1.2cm程に伸びて羽毛状になった花柱が残る。
ボタンヅルの果実

ボタンヅル

 センニンソウより、花も果実も小振りの様ですね。 センニンソウの花は真っ白ですが、
ボタンヅルの花はわずかにクリーム色を帯びます。この状態からもっと髭が伸びた画像も
NETに掲載されているので、この後も観察続けたいですが…ここ迄は一寸遠過ぎ〜です。
運良く近場で出逢えると良いのに…ツル性の植物は草刈の運命に遭うんですよ。

【ボタンヅル】(牡丹蔓)
キンピウゲ科・センニンソウ属/落葉蔓性の半低木/花期:8-9月/分布:本州〜九州

 
************************************************************************************************

紅葉は 透過光ですね〜〜・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
モミジの紅葉〜!

*** 続きます ***

2014.10.25 秋晴れの元、奥武蔵のいつものお山へ…!
所々の もみじの紅葉が眩しいです。

大き目にUPしました。 Click⌒d(´▽`*)宜しくね。
奥武蔵の紅葉〜!


奥武蔵の紅葉〜!


奥武蔵の紅葉〜!

撮影【EOS40D + SIGMA105mmMACRO/F2.8】

105mmマクロでは、少し無理があったかも…雰囲気だけで〜す。

続きを読む

2014.10.24 初めてのタデ科に〜対面出来ました。ヽ(´▽`)/ 
今迄にも、この時期に訪れて居た筈なのに…出逢いはお初で〜す。
ア イ(初)を撮りました。d(´▽`*))))⌒☆
アイ

アイ

アイ

アイ

薬草園に 「アイ」の名札がありました。 
NET検索…アイ(藍)とは、藍染の原料になるタデ科イヌタデ属の一年草。
日本には奈良時代に中国から染料植物として、染色技法と共に渡来した。
詳細は⇒ こちら【かぎけんWEB】をご紹介です。

【アイ】(藍)別名=タデ藍、藍タデ/タデ科・イヌタデ属/
1年草/花期:7-10月/インドネシア南部等東南アジア〜中国南部原産。

続きを読む

2014.10.24 T公園の続きです。
この日第一目的は、イイギリの木を確認に行きました〜♪
イイギリの場所は知っているのに赤い実は見てません〜雌雄異株のせいかと。
おぉ−、イイギリの赤い実(初)ありましたよ。d(´▽`*))))⌒☆
イイギリの実

イイギリの実

落葉した後に真っ赤な実が枝に残って…とても美しい光景を
他の方のblogで目にしていたのです〜私も確認出来て(^。^;)ほっ〜です。
落葉した頃にも、もう一度写して置きたいですね。
イイギリの実

イイギリの実

イイギリの実

山地に見られる高さ20m程の落葉高木。葉は互生し、長さ15cm程の心形。
春に開花し、秋にぶどうに似た実は赤く熟す。雌雄異株。公園樹として見掛ける。
別名=南天桐。昔、この大きな葉でおにぎりを包んだ事が「飯」の名の由来。

【イイギリ】(飯桐)ヤナギ科・イイギリ属/花期:5-6月/分布:本州〜沖縄。

続きを読む

2014.10.24 地元のT公園へ 久々に出掛けました〜!
銀杏の黄葉が始まって 美しかったで〜す
公園は イチョウの黄葉〜! 


この日のお目当ては幾つかあります。 最初は センニンソウのお髭〜〜〜
センニンソウの綿毛

センニンソウの綿毛

センニンソウの綿毛

センニンソウの綿毛

前日は小雨でした…乾燥前で幾分パッとしませんが…お髭になっていました〜〜。
取り敢えず花つきが最高に良かった今年のセンニンソウ〜白髭getです。
 
(2014.08.23)⇒ センニンソウの花     (2013.12.23)⇒ センニンソウの白髭

【センニンソウ】(仙人草)
キンポウゲ科・センニンソウ属/落葉つる性の多年草/花期:8‐9月/分布:道南〜沖縄。



続きを読む

このページのトップヘ