かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2015年07月

2015.07.31 今夜は満月を仰ぎましたか〜☆
今宵の満月は、Blue moonと言われているのですって…謂れは⇒ こちら
国立天文台によると、午後7時43分頃に、最も丸い満月になったのだそうです。

撮影【2015.07.31/21’15”】
2015.07.31-blue moon-9

2015.07.31-blue moon-9

: 3年に1度しか見ることができない 珍しい満月でした。
次回は3年後の1月だそうです。d(´▽`*))))⌒☆

**********************************************************************************************

2015.07.30 暑いけれど汗も拭わず...意を決してデジブラしました。
いつもの散策路でジャコウアゲハの雌と出逢って、目の前に留まりました。

久々の ジャコウアゲハ(雌)を〜撮影出来ました。 
ジャコウアゲハ(雌)

ジャコウアゲハ(雌)

ジャコウアゲハ(雌)

ジャコウアゲハ(雌)

:ここは、ジャコウアゲハの雌雄が沢山舞っているポイントなんです。
今迄に、雄は何度も写せたのですが、雌は飛翔するばかりで撮れなかったです。
この翅の色味は ジャコウアゲハ(雌)の独特の色ですね。

【ジャコウアゲハ】(麝香揚羽)チョウ目・アゲハチョウ科・アゲハチョウ亜科
 大きさ:前翅長42-60mm/時期:4-10月/分布:本州・四国・九州・沖縄

********************************************************************************************

昨日の、ボタンクサギの続きです。 2015.07.30
花が終わって、チリチリの茶色になったボタンクサギの花後を収穫しました。
左は、一本引き抜いた状態で、花びらが落ちて、小さな萼と長い花柱(多分)です。 
右は、萼だけ残って 纏まっている状態です。
ボタンクサギの花後

その萼を拡大して覗いて見ると…萼の真ん中に何か黒い粒々が見えます。
これが果実?? 肉眼では見えない程の小ささです。
ボタンクサギの花後

蛍光灯の下では暗いし、フラッシュだと影が出るので、LEDライトで照らしながら 
再び撮影開始で〜〜す。
ボタンクサギの花後

クサギの瑠璃色の果実(核果)の、核は4個で合着して球形になってます。
この、ボタンクサギの貧弱な萼の中にも、黒い芥子粒の様に小さな物が数個見えます。
これが、もしかして果実? もし果実だとしても…これでは結実出来そうもないですね。

山渓図鑑【樹に咲く花】のボタンクサギには…その辺は載っていません。
どうにか、萼の中 見えるでしょうか〜?

ボタンクサギ

クサギの瑠璃色の果実(核果)と、ボタンクサギの果実は全く違う様です。
ボタンクサギの増やし方は、株分けや、挿し木だそうでした。
以上素人かえで☆の考えです〜ご助言を頂けたら嬉しいです。

**********************************************************************************************

そして今日、川辺に咲いていた クサギの花も写して来ました。('∇^d)
クサギの花

こちらのピンク色の萼はおおきくて、紅紫色の花筒に合着しています。
雄しべ4個、雌しべ1個、どちらも花冠から長く突き出ています。
クサギの花

(2012.11.13)⇒ クサギの果実 

【クサギ】(臭木)クマツヅラ科・クサギ属/落葉小低木/花期:8‐9月/分布:北海道〜沖縄

***************************************************************************************************

2015.07.28 猛暑続きでデジブラを躊躇ったり、諸々の用事もあったりで
全く写真を撮らず…昨日の午後、やっとカメラの出番となりました〜
blog友のとんちゃんのblogで、ボタンクサギが取り上げられていたから
自宅傍のボタンクサギを見に行ったのです。しかし、そとは36℃目が眩みそうです。
とても歩いて行きたくない距離なので…結局、車で行きました。

良かった〜未だ花が残っていました〜  ボタンクサギ です。
川辺の土手の下、草の中で咲いています。
ボタンクサギ

ボタンクサギ

何年か前、全部草刈されましたが…最近は態々この花を残して置いて下さる、
鳥撮りおじ様方のお陰で 薄暗い場所にポッと明かりが灯ったようです。
ボタンクサギ

これは未だ、蕾ですね。
ボタンクサギ

何枚か撮りましたが、もう既に花が終わって枯れてしまっている株が沢山です。
とんちゃんに『ボタンクサギの果実が出来たら見てね〜!』と、お頼みされたのですが…
  暗くて蚊に刺されそうで、ゆっくりカメラを構えていられませんでした。
花後は今、こんな具合です。 
ボタンクサギ

NETで、ボタンクサギの果実を検索しても、中々それらしき物はなく…クサギとは違う様ですね。 
それでも⇒『果実といえるかどうか…萼の中を開いて見ると米粒程の小さな実が出来ていた』
との記述を見掛けました。 果実は出来難い? 地下茎でどんどんと増えるんだそうです。
この後、ここに残っていたら又見に行ってみます。花が終わっても刈らないで欲しいと
おじ様たちにお願いして置きましょう。 (2013.07.19)⇒ ボタンクサギ

  なかなかさんのblog ボタンクサギの花粉 
美しい宝石をご紹介します。どうぞご覧ください。(^◇^)b
 
【ボタンクサギ】(牡丹臭木)別名= ベニバナクサギ、タマクサギ
クマツヅラ科・クサギ属/落葉低木/花期:7‐8月/分布:中国原産。

**********************************************************************************************

汗ダクになりながらも、折角だから辺りをぐるっと歩きましたが…
鳥も昆虫も暑過ぎて、出て来なかったです。(;゜▽゜A``

7月は気温が高過ぎて…中旬以降は殆どデジブラはしていません。
そこで例の如く、画像フォルダ内を整理をして載せています。

最初は…一月前に我が家にやって来たお客様〜です。
地味な衣装の フシキキシタバ(初)〜〜です。
フシキキシタバ

一寸だけツンツンすると…鮮やかなアンダードレスを見せてくれました。
フシキキシタバ

:下の翅が黄色なのでキシタバの仲間で…表翅の模様からフシキキシタバ(フシキシタバ)と
判明です。富山県高岡市伏木で採れたのが名前の由来とか。ホスト:クヌギ、アベマキ等。

【フシキキシタバ】チョウ目・ヤガ科・シタバガ亜科/大きさ:(開張)55澄浸期:6‐9月
分布:本州、対馬、朝鮮

*************************************************************************************************

キアゲハの幼虫〜黄緑色と黒の縞々模様でコロンとしています。
キアゲハ(幼虫)

*************************************************************************************************

アオクサカメムシ
の幼虫
アオクサカメムシ(幼虫)

*************************************************************************************************

シマサシガメ  名前のとおりに白黒の縞模様〜♪
シマサシガメ

*************************************************************************************************

トウキョウヒメハンミョウ〜良く動きます。
トウキョウヒメハンミョウ


******************************* ここからは〜クモ・2種です。 *******************************

大好きなハエトリグモの仲間で…アオオビハエトリ(雌)〜です。
アオオビハエトリ


そして…アリグモ(雌)〜です。
アリグモ(♀)

:未だ名前の判明しない昆虫も居ます。同定出来たら登場させます。

*************************************************************************************************

このページのトップヘ