かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2017年07月

未だ 7/27の続きで〜す。m(_ _"m)
湿地周りには、ヌマトラノオが咲いています。
花序がスッと直立しています。

@ヌマトラノオ-0178

@ヌマトラノオ-0182

@ヌマトラノオ-0181

@ヌマトラノオ-0179

【ヌマトラノオ】(沼虎尾)サクラソウ科・オカトラノオ属/多年草/
花期:6-8月/分布:本州〜九州。

--------------------------------------------------------------------------

ミゾソバもポツリポツリ咲き出して…!
10月頃にはアチコチで、ミゾソバの大群生になります。

@ミゾソバ-0231

【ミゾソバ】(溝蕎麦)タデ科・イヌタデ属/一年草/時期:8-10月/
分布:北海道〜九州。

-------------------------------------------------------------------------

薄暗い場所のヤブミョウガです! 同じ株に雄花と両性花が
交じって付きます。花後に5 mmの青藍色の実がなります。
少し離れた別の場所では、大群生の所もあります。  

@ヤブミョウガ-0145

もう丸い果実に成っているのが見えます。詰りこれは両性花です。
花後が丸くならず3分しているのは、雄花だったのです。

@ヤブミョウガ-0143

ヤブミョウガの両性花------茎の先に白花が輪生状に数段つき、同じ株に
両性花と雄花がある。両性花では、花柱が雄しべより長い。花弁とガク片は
白色で、形も大きさも同じだが、花弁は一日で萎んでしまう。-------


【ヤブミョウガ】(薮茗荷)ツユクサ科・ヤブミョウガ属/多年草/
花期:8‐9月/分布:
本州(関東以西)〜沖縄
--------------------------------------------------------------------------

可愛い花のミズヒキ〜〜撮影は難しい。
@ミズヒキ-0228

@ミズヒキ-0230

@ミズヒキ-0229

(2007.10.11)⇒ ミズヒキ(紅白)

【ミズヒキ】(水引)タデ科・タデ属/多年草/花期:8-10月/
分布:北海道〜沖縄。

--------------------------------------------------------------------------

コナスビ〜〜発見!!
@コナスビ-0226

小さなナスビの意味で、コナスビ。小さな緑色の実が成り、熟すと
 茶色になる。
野菜のナスビが大きく育つ前の実と、コナスビの実が
 少し似るところが和名の由来です。


【コナスビ】ゴマノハグサ科・クワガタソウ属/多年草/花期:5‐7月/
分布:北海道〜沖縄

--------------------------------------------------------------------------

 7月の終り 
:7/29は、当自治会恒例の夏祭り(16:00ー20:30)でした。午後から降り出した雨は止まず…生憎の中でも、決行されました。傘を差した老若男女、参加者は多かったですね〜良かった。子ども神輿、住民の盆踊り、太鼓の実演、子ども達のダンス等、楽しみだった恒例のプログラムの幾つかが止む無く中止でしたが…沢山の名物のゲームや、評判の飲べ物、飲み物、おつまみ系のお店には行列の時間が出来ました。終始雨降りではありましたが、伝統行事が取り止めにならず無事に終了して良かった事。数か月前から準備された役員・関係者の皆様に感謝です。
--------------------------------------------------------------------------

2017.07.27 続きです!
これは、カラスウリの蔓ですよね〜? どうなんでしょう?
幾つも下がっていたのです。面白いので撮りました。

------- 追 記 -------
コメント欄で blog友とんちゃんが「カラスウリの虫こぶ」では?と
教えて下さいましたので…−=≡ヘ(* - -)ノ 早速検索しました。
成程、ウリウロコタマバエによって作られた
カラスウリクキフクレフシと言う 虫こぶと判明しました〜♪
こんなにも長くて大きな形の虫こぶも、あったんですね。( ˘ω˘ )
とんちゃん〜ご指導有難うございました。タイトル変更しました。
いつもご覧頂き感謝です。これからも宜しくお願い致します。
@カラスウリ-0169

@カラスウリ-0170

@カラスウリ-0174

前日の花と、クロウリハムシ〜!
@カラスウリ-0194

@カラスウリ-0165

:最後の画像では、脂肪が膨らんでウリに成り始めています!

渋色のカラスウリ  黄カラスウリ  カラスウリの花  カラスウリの種

【カラスウリ】(烏瓜)ウリ科・カラスウリ属/
雌雄異株/多年草/花期:8‐9月/果期:10-11月/分布:本州〜九州。
--------------------------------------------------------------------------

サルトリイバラ〜若い果実です。
@サルトリイバラ-0160


【サルトリイバラ】(猿捕り茨)雌雄異株/ユリ科・シオデ属/
蔓性落葉低木/花期:4‐5月/果期:10‐12月/分布:北海道〜九州。

--------------------------------------------------------------------------

2017.07.27 丘陵の散策の続きです。
散策の最後で、長年の念願だったスミナガシを初撮り出来たので
先に掲載しましたが…ここからは順に載せていきます。m(_ _"m)


たった一頭でしたが…出逢えました。
目的の一つの、ブドウの葉が食草のアカガネサルハムシ〜です!

@アカガネサルハムシ-02180

@アカガネサルハムシ-0212

@アカガネサルハムシ-0204

@アカガネサルハムシ-0201

@アカガネサルハムシ-0202

七色の虹色に輝く体色は美しいです〜今年も逢えて嬉しいです。
暫く、撮影させて呉れました。☆⌒(*^▽^)vThanks!! 

@アカガネサルハムシ-0206

@アカガネサルハムシ-0210

:例年は5、6月頃に撮っているので逢えないかな〜と思いましたが
上手く見つかりました。しかし他のハムシ類はさっぱりでした。

(2016.05.25)⇒アカガネサルハムシ (2014.05.27)⇒アカガネサルハムシ
(2013.06.18)⇒アカガネサルハムシ(交尾) (2011.05.07)⇒アカガネサルハムシ(初)

【アカガネサルハムシ】(赤銅猿花虫)
甲虫目・ハムシ科/大きさ:7mm/時期:5-8月/分布:日本全土。
--------------------------------------------------------------------------

2017.07.27 気温が下がり、久々に風もあるので…イザ!!
昼前に、久し振りのフィールドへ行って見ました。−=≡ヘ(* - -)ノ
振り向くと、湿地の木道に地味目な蝶が 飛んでます。
何と嬉しい事に、散策の最後で出逢ったのは
藍染の様に日本的で美しい蝶〜念願だったスミナガシでした。

@スミナガシ-0239

その後、飛んで木道の遠くの方へ…
@スミナガシ-02430

そっと近づいてズームすると、
スミナガシは 昨日の雨を含んだ木柵から吸水している様です!

@スミナガシ-0244

@スミナガシ-0247

@スミナガシ-0252

ブルーの眼と真っ赤なストロー状の口吻…インパクトがあります〜♪
@スミナガシ-0257

:このフィールドでスミナガシの幼虫は何度も撮影していたのですが
成虫には出逢えていなかったのです。「墨流し」という和名の通り、
この地味目な体色はインプットされていて、一目で分かりました。
初見初撮り〜嬉しい散策になりました。

(
2012.09.28)⇒スミナガシ(5齢幼虫)  (2012.07.17)⇒スミナガシ(幼虫) 
(2011.07.11)⇒スミナガシ(幼虫)  (2011.06.21)⇒スミナガシ(幼虫・初撮り)

【スミナガシ】(墨流し)タテハチョウ科・タテハチョウ亜科/
大きさ:(前翅長)31‐44mm/時期:5-8月/分布:本州・四国・九州・沖縄

--------------------------------------------------------------------------

2017.07.26 昨日の午前中は小雨でした。
雨の中カメラをお供に、ポストへ投函しに出ました。


 色付き始めた〜コブシの若い果実を 撮りました。
@コブシ-0097

@コブシ-0098

@コブシ-0108

@コブシ-0099

:小雨のお陰で気温も下がり、呼吸も楽です。
濡れた樹木が生き生き見えました〜こんな日が嬉しいこの頃です。

コブシの花   コブシの(果実と種)

【コブシ】(辛夷)モクレン科・モクレン属/落葉高木/花期:3‐5月/分布:北海道〜九州。
--------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ