かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

2019年08月

愈々8月の最終日〜! 昨日今日は天候が下り坂で凌ぎ易いです。
夏の疲れが出る頃ですよね〜皆さまご機嫌如何でしょう。
そんな週末はゆっくりとして、体調を整えたいと思います。
今日も、代り映えのないblog画像です。m(_ _"m)
------------------------------------------------------------

ママコノシリヌグイ〜が、チラホラと…!
@ママコノシリヌグイ-4130

@ママコノシリヌグイ-4131

------------------------------------------------------------

この角度では…ナミか、か、どちらでしょうか? 
取敢えず アゲハチョウ〜にして置きます! 
@-4112

------------------------------------------------------------

ベニシジミ
@-4136

------------------------------------------------------------

ヒメウラナミジャノメ
@-4138

------------------------------------------------------------

2頭で飛び交っていたのは…誰でしょう?? 黄色が濃いですね。
モンキチョウの雄同士??  それとも キタキチョウ??
@-4137

------------------------------------------------------------

いつもは、瑞々しいイタドリの新葉に良く見掛けるのですが…、
この時期に出逢えたのも久し振り カツオゾウムシ〜♪
@カツオゾウムシ-4118

【カツオゾウムシ】(鰹象虫)甲虫目・ゾウムシ科/
体長:10-12弌浸期:6-8月/分布:北海道〜沖縄。

------------------------------------------------------------

たった5-6个両さな〜〜スグリゾウムシも お久です。@スグリゾウムシ-4116

【スグリゾウムシ】(酸塊象虫)甲虫目・ゾウムシ科・クチブトゾウムシ亜科/
大きさ:5-6弌浸期:4-8月/分布:北海道・本州・四国・九州。


:---------------------------- 続きます ----------------------------:

8/29 続きです。川辺のデジブラです。
川の下流方面の茂みで、ミヤマアカネの雌雄に逢いました〜♪
雌雄とも、翅の縁紋から内側が褐色斑があるのが特徴的なトンボです〜♪

ミヤマアカネ(雄)未だ全身が真っ赤ではありません。
雄は成熟すると全身がもっと赤くなって、縁紋も赤くなります。
@ミヤマアカネ-4146

@ミヤマアカネ-4157

ミヤマアカネ(雌)
雌は成熟しても真っ赤にはならず薄茶色です。縁紋も白いです!
@ミヤマアカネ-4147

@ミヤマアカネ-4158

【ミヤマアカネ】トンボ目・トンボ科/
大きさ:約32-39mm/時期:6-12月/分布:北海道・本州・四国・九州。
------------------------------------------------------------

草叢で、誰かがカサッと飛びました〜♪
この黄緑色の個体は、この涙目模様で同定が出来ます。
ツチイナゴ幼虫〜です。
@ツチイナゴ(幼虫)-4139

あららっ、脱糞中〜でした。
@ツチイナゴ(幼虫)-4163

幼虫の時は黄緑色で、成虫は秋に褐色になります。
(褐色の幼虫もいるとの…記述も有ります) 幼虫も成虫もこの涙目模様で
同定が出来るのが嬉しいです。 ツチイナゴ(成虫)

【ツチイナゴ】(土稲子)バッタ科・ツチイナゴ亜科
大きさ:(雄)50-55mm、(雌)50-70mm /時期:3-7月、10-11月/
分布:本州・四国・九州・沖縄。
:-----------------------------------------------------------:

8/29 心配した通り…川辺に巡らされたフェンス際が丸坊主に…!
2日前に川辺の土手には草刈り機の音が響き…草刈りが始まる所でした。
今日歩いて見て吃驚〜  何と丸坊主になっていました〜

上流方向、右側が散策路…草を運ぶトラックが道を塞いでます。
@2019.08.29-4098

反対側の下流方向。 フェンス下はむき出しの土…緑は何にもありません!
@2019.08.29-4099

もっと下流に行くとフェンスは無くて…ここは元のまま草は伸び放題。
この両極端はどういう訳でしょう?? この後に草刈りされるかも??
@2019.08.29-4134

河川環境は管理されている以上、個人がとやかく言えませんが、フェンスが
突然できた時も吃驚でしたが〜こうも丸坊主になるとは予想出来なかった。
気を取り直して、草刈りのない場所をデジブラです。

ここでは、咲き始めのセンニンソウ〜!
@-4144

この優しい色合いに足が止まりました〜ムラサキツメクサ
ササグモがお供です。
@-4113

土手の反対側の茂みに、大好きなワレモコウ〜発見♪
上手く撮れず…残念。
@ワレモコウ-4121

@ワレモコウ-4122

@ワレモコウ-4124

キバナコスモスが チラホラ咲いてます。
オオスカシバが飛来していました〜証拠写真でしかなくて。
@-4165

@-4166

@-4167

:--------------------------------------------------------------------------:

8/27 キバナコスモスで、キアゲハも〜撮りました!
今季初でした★
@-4078

@-4080

そう言えば昨年・・・キアゲハの雌・雄の見分け方を覚えたのでした。
どうやら、キアゲハの の様に見えます〜♪
@-4082

@-4091

@-4093

キアゲハの雌雄の見分け方⇒ キアゲアハのペア(2018年9月)

【キアゲハ】(黄揚羽)アゲハチョウ科/大きさ:(前翅長)36-70弌
時期:3-11月/分布:北海道・本州・四国・九州。
:------------------------------------------------------------:

8/27 自宅周辺の、アオツヅラフジ(雌雄異株)撮りました。
アオツヅラフジ(雌花・果実)・・・今回は雌花です。
@4069

@-4070

果実が出来ているから気付きます。 雌花も未だあります!
@-4071

@-4072

雌花の部分をトリミング〜〜しました♪
@-4073

雌雄異株なのですが、雄株の花は大分前に咲いてしまうので
中々撮影が間に合いません〜今年も撮り損ないました。\(__ )反省〜です!!
@-4074

@-4075

アオツヅラフジの雄花(2017年7月)

【アオツヅラフジ】(青葛藤)ツヅラフジ科・アオツヅラフジ属/落葉つる性木本/
花期:6‐8月/果期:10‐11月/分布:本州〜沖縄/雌雄別株。
:------------------------------------------------------------:

このページのトップヘ