志賀高原で久し振りに出逢ったコミヤマカタバミの傍には 初めての山野草が…!
 (○'。'○)ん? これは…多分… “ツバメオモト” ではないかしら〜〜?
 この日持参していた 山渓図鑑「高山に咲く花」で確認しました〜♪(^◇^)b

07.06.06.tubameomoto01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


07.06.06.tubameomoto02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 低山帯〜亜高山帯の林に生えます。万年青の様なやや厚めの柔らかい葉です。
 高さは20‐30cm。花弁が6枚の清楚な白い花が1‐20個咲きます。
 1‐2cmの花柄があります。秋に青黒い実が出来るそうです。
 確認しに行くには…(● ̄ ~  ̄●;)ウーン 
 遠過ぎますね〜!07.06.06.tubameomoto03 

 




        

 

 

 

 

 

 


 名前の由来は…燕が飛び交う頃に咲くから。葉が展開する時刀の鍔に似るので
 “鍔芽”…など諸説あるようです。

 【ツバメオモト】(燕万年青、鍔芽万年青)
ユリ科・ツバメオモト属
多年草/花期5‐7月