7/24・猿倉〜白馬尻花散策。大きな岩だらけの山道を花を撮りながら慎重に上ります。


 スイカズラそっくりの可愛い花…オオヒョウタンボク(初)〜です
やはり2個ペアで仲良く並んでいます。 高さは1‐2m程。 Click⌒☆

オオヒョウタンボク

 


花を見た後ではこちらが蕾だと分かります。ピースサインの様で愛らしいです〜 
秋には真っ赤な実がなります。花は2個ですが花の後の実は二つが合着して
瓢箪の様な形になるそうです。 わぁ〜瓢箪の実を一度見たいわ〜   Click⌒☆

オオヒョウタンボクの 蕾み



【オオヒョウタンボク】(大瓢箪木)スイカズラ科・スイカズラ属
亜高山に見られる落葉低木/花期:7‐8月/分布:中部・関東の山岳地帯/
実は有毒

 

続きも 宜しく


 オオバタケシマラン(初)…低くて下向きで今度も上手く撮れませんでした。
花は淡緑色。葉の下で直角に曲がった花柄に1個下がる。茎は基部を抱く。
(’07.06.07)に出逢った→ タケシマラン   Click⌒☆

オオバタケシマラン

 

【オオバタケシマラン】(大葉竹縞蘭)ユリ科・タケシマラン属/亜高山帯〜高山帯の
林床に生える多年草/花期:7‐8月/分布:北・本(中部地方以北)



 

こちらはツボスミレニョイスミレ)の高山型の ミヤマツボスミレ(初)〜です。 
高さは20cm程。 葉が丸いです。 Click⌒☆

ミヤマツボスミレミヤマツボスミレ

 

 

 



 

ミヤマツボスミレ











【ミヤマツボスミレ】(深山坪菫)スミレ科・スミレ属/ツボスミレの高山型/花期:6‐8月/
分布:本(中部地方以北)




カエデの仲間の オガラバナ〜〜です!
葉は対生し長さは15cm程で掌状。 5‐7に浅裂する。 Click⌒☆

オガラバナ

 

直径約4ミリの帯黄白色の穂状の花をつける。
同じ株に両性花と雄花を付けるそうです。 高さは10mにも成る。

オガラバナ


【オガラバナ】カエデ科・カエデ属/山地〜亜高山帯の林内に生える落葉樹/
花期:7月/分布:北・本(中部地方以北)・四




こちらは雌しべがほぼ真っ直ぐなので ホツツジ〜〜です。
 
('07.08.19)→ ミヤマホツツジ (←雌しべが反り上がる)  Click⌒☆

ホツツジ


【ホツツジ】(穂躑躅)ツツジ科・ホツツジ属/日当たりのよい山地や岩場に生育する落葉低木/
花期:8‐9月/分布:北海道〜九州/日本固有

 



テングクワガタ です〜
立ち上がった茎の先に、花が10‐20個付く。  Click⌒☆

テングクワガタ

テングクワガタ






















【テングクワガタ】(天狗鍬形)ゴマノハグサ科・クワガタソウ属/亜高山帯の湿った場所に
生える多年草/花期:6‐8月/分布:北・本(中部地方)

 

** 白馬尻・続く **