7/24。白馬尻・大雪渓花散策。いよいよ大詰めに近づいて来ましたよ。ヾ(^▽^* 


ゆっくりと写したのは初めての…サンカヨウ(初)で〜す

大雪渓末端の白馬尻では、雪が融けるはじから次々とサンカヨウが咲く。
同時期に咲くのは、オオサクラソウキヌガサソウシラネアオイ等。
頑張って上った白馬尻小屋付近で 群生に出逢えて嬉しい。 Click⌒☆

サンカヨウ

 

フキの様な大きな葉を2枚、その上に直径2cm程の白い花を数個付ける。
高さは30〜60cm。  Click⌒☆

サンカヨウ

 

実は長さ1cmの液果。白い粉をかぶり食べられる。 1粒賞味しました
未だ青かったサンカヨウの実。 段々青紫色になる。 Click⌒☆

サンカヨウの 実

 

【サンカヨウ】(山荷葉)メギ科・サンカヨウ属/低山帯〜亜高山帯の湿った林内や
林縁に生える大型の多年草/花期:5‐7月/分布:北海道・本州。




続きも 宜しく


 チョウジギク(初)で〜す!

頭花には筒状花だけ。柄は白い縮れた毛に覆われている。
皆の後から急いで撮影の為ボケ画像。マシなのはこれ1枚。(;^_^A
Click⌒☆

チョウジギク

 

【チョウジギク】(丁子菊)キク科・ウサギギク属/低山帯〜亜高山帯の谷筋の
湿った斜面に群生する多年草/花期:8‐10月/分布:本(秋田・岩手県〜鳥取県の日本海側)、
四(剣山)/日本固有



 

ミヤマキスミレ(初)〜  (オオバキスミレの高山型。)
Click⌒☆

ミヤマキスミレ

 

ミヤマキスミレ

 

葉は先が細くのびる。薄くて無毛。3枚の葉が詰まって殆ど輪生状になる。
Click⌒☆

ミヤマキスミレ


【ミヤマキスミレ】(深山黄菫)スミレ科・スミレ属/亜高山〜高山の湿り気の多い草原や
礫地に生える多年草/花期:5‐6月/分布:北・本(中部地方以北の日本海側)

 



ツクバネソウを 撮りました〜

この 地味な黄緑色の部分が 花です。 
花には内花被片はなく、4枚の緑色の幅広い外花被片が垂れ下がる。
雄しべは8本。雌しべは1本で、先が4つに裂ける。輪生葉は4枚。
Click⌒☆

ツクバネソウ


ツクバネソウの謂れとなった黒い実→ こちら(衝羽根)です〜


【ツクバネソウ】(衝羽根)ユリ科・ツクバネソウ属/多年草/
花期:5‐8月/分布:北・本・四・九

 



クモキリソウ です。 
花茎は高さ10‐20cm。5〜15個の花をつける。花が昆虫の様に見える。
Click⌒☆

クモキリソウ

 

【クモキリソウ】(雲切草)ラン科・クモキリソウ属/多年草/花期:6‐8月/分布:日本全土




** 白馬尻‐大雪渓・続く **