37・写真展

自宅裏の川沿いの林で、キヅタの花が終盤を迎えた後は…
今は、シロダモの花が満開です。シロダモは雌雄異株ですが、
雌株には花と同時に、赤く熟した実がなっています。 今朝写して来ました!

シロダモの黄色のと、赤い実  
シロダモ


良く見ると、枝先に花がつき、その下のほうに実が生っています。
シロダモ

秋11月頃に、花と実が同時に見られる不思議な木です。
 この赤い実は前年の花のものでその実が1年遅れで次の花と同じ季節に見られるのです

葉はクスノキ科の植物でよく見られる様に3行脈が目立ちます。大型で楕円形、長さ8〜18cm。
裏面は灰白色で、名前の由来になっています。高さは15mにも成るそうです。
シロダモ
 

 そして、直ぐ隣には全く赤い実のないシロダモが…どうやら雄株のようです。
シロダモ


接写してみると…小さな花がなにやら複雑そう。 
図鑑には…花被片は4個、雄花の雄しべは6個。雄花にも雌しべはあるが結実しない。
雌花には、雌しべが1個と仮雄しべが6個ある。白く目立つのは柱頭…だそうです。 
 シロダモ


【シロダモ】クスノキ科・シロダモ属/常緑高木/雌雄異株/
花期:10−11月/果期:翌年の10−11月/用途:昔は種子からとれる油でロウソクを作った。