かえで☆のデジブラ日記〜♪

優しい野の花に癒されています! デジカメお供にぶらり散歩の日記です。   画像をクリックしてね〜♪  アウトドアで出逢ったものは全て被写体です。 お粗末な画像にお付き合い有難うございます〜! 素人の同定ですので、間違いがありましたらお知らせ下さい。

カテゴリ: 湿原・湿地

3/31 緑の森です。ヤマザクラが満開でした〜♪
@ヤマザクラ-08019

@ヤマザクラ-08020

@ヤマザクラ-08021

@ヤマザクラ-08022

【ヤマザクラ】(山桜)バラ科・サクラ属/落葉高木/花期:3-4月/
分布:本州〜九州。

-------------------------------------------------------------------------

葦の刈られた湿地では…メダカを見掛けました。
@メダカ-08024

@メダカ-08026

@メダカ-08027

@メダカー08028

@メダカー08025

【メダカ】(目高)ダツ目・メダカ科。
目が大きく飛び出していることによる命名。
---------------------------------------------------------------------------

10/30 湿地デジブラの〜続きです♪
秋の長雨で出掛けられずに過ぎゆく季節…湿地の周辺も寂しい
光景でした。タデ科も殆どの花の最盛期を逃しました〜!
証拠写真にも及びません。m(_ _")m

イヌタデ(タデ科)だけが群生して、彩りを見せていました。
@イヌタデ-0227

--------------------------------------------------------------------------

花が終わっていた…ミゾソバ(タデ科)
@ミゾソバ-0219

--------------------------------------------------------------------------

これも…終わりのアメリカセンダングサ(キク科)
@アメリカセンダングサ-0230

-------------------------------------------------------------------------

ゲンノショウコ(フウロソウ科)の 神輿屋根(果実)
@ゲンノショウコ-0205

@ゲンノショウコ-0204

--------------------------------------------------------------------------

果実になった チョウジタデ(アカバナ科)
@チョウジタデ-0206

下部では、果実が裂けて種子が落ちた後の 
になってます!
@チョウジタデ-0228

-------------------------------------------------------------------------

アオミズ(イラクサ科)緑の中に、茶色の果実が見えます。
@アオミズ-0223

@アオミズ-0225

--------------------------------------------------------------------------

キンミズヒキ(バラ科)も…引っ付き虫のトゲトゲ果実です。
@キンミズヒキ-0208

@キンミズヒキ-0209

--------------------------------------------------------------------------

最後は…ユウガギク(キク科)
@ユウガギク-0231

****************************************************************
湿地の帰り際に、アメリカイヌホオズキの小さな可愛い紫色の花の群生を見つけたので…色気のなかった今日の最後にと身を乗り出して撮影していて、もう一歩前へと踏み出したら、草に載ったまま狭い水路に…カメラごと滑り落ちました。またもやドジ子振り発揮です。
****************************************************************

雨ばかりで印象の薄かった10月が終わり、アッと言う間に…
11月になってしまいました! 皆様〜お元気ですか!

木枯らし一号の吹いた…2017.10.30 湿地のデジブラで〜す。
@ススキ-0221

@ススキ-0220

ポツンと一つの…カラスウリ〜♪
@カラスウリ-0197

 カラスウリ(実)  カラスウリ(花)  カラスウリ(虫こぶ)

【カラスウリ】(烏瓜)ウリ科・カラスウリ属/多年草/花期:8‐9月/
分布:本州〜九州。

---------------------------------------------------------------------


植え込みの中に、やっと見つけた…スズメウリ!!
数は多くても、光線の具合が良くありませーん。(;>_<;)
@スズメウリ-0237

@スズメウリ-0238

@スズメウリ-0233

@スズメウリ-0240

@スズメウリ-0235

@スズメウリ-0236

@スズメウリ-0239

@スズメウリ-0243

@スズメウリ-0242

スズメウリ(果実)  スズメウリ(花)

【スズメウリ】(雀瓜)ウリ科・スズメウリ属/1年草/花期:8-9月/
分布:本州〜九州。

-------------------------------------------------------------------------

 8/10 池の平湿原〜続きです。
その周辺で出逢った昆虫達〜同定が難しくて中々纏まりません。

湿原の中の【鏡池】です!
@池の平湿原-0581

やっと判明した シロテンキヨトウ(初)
@シロテンキヨトウ-0633

【シロテンキヨトウ】チョウ目・ヤガ科/大きさ:32-38mm/時期:7-8月
分布:北海道・本州(中部地方以北の 山地)/在来種。

-------------------------------------------------------------------------

オオチャバネセセリ イチモンジセセリに似るが、
後翅の白紋が一直線でなく少し凸凹することで見分けられる。

@オオチャバネセセリ-0617

--------------------------------------------------------------------------

次に、未同定の昆虫ですが、宿題として載せて置きます。

 実に特徴的なのに、あれこれ調べてもお手上げで〜す!
あなたは誰〜? あたまの形が面白いので誰だか知りたい。
翅がシャープで 緑の色合いがお気に入り。 ツトガ科

@-0627

-------------------------------------------------------------------------

ノアザミにいた2種〜同定出来ません。

光の具合が悪いです…ハナカミキリの仲間ではと…見当を。
うーん…この触角がポイント? それだけでも間違い易いとか!
ニンフホソハナカミキリ タテジマホソカミキリ〜?
昆虫カメラマンのumajinさんより、今回も教えて頂きました。
触角の8-10節が白いので ニンフホソハナカミキリで良いそうです。
いつもご指導頂き感謝です。☆⌒(*^▽^)vThanks!! 

ニンフホソハナカミキリ
(初)
@ハナカミキリの仲間-0676

普通種で山地の花に集まる。上翅の斑紋は変異が多い。特徴は触角の
第8節後半、9、10節が白い。花の蜜を食する。


ニンフホソハナカミキリ】甲虫目・カミキリムシ科/大きさ:10-13mm/
時期:5-8月/分布:北海道・本州・四国・九州/在来種。

--------------------------------------------------------------------------

こちらも細くはないですが…ハナカミキリの仲間かと。
脚と触角がポイントかな〜? 
体色がはっきりしませんが、キバネニセハムシハナカミキリ〜

こちらも umajinさんが…カラカネハナカミキリではと教えて下さいました。
こちらは逆光で体色が不鮮明ですが、NET検索すると同じ画像がありました。
同定して頂き有難うございます。これからもご指導宜しくお願い致します!

カラカネハナカミキリ(初)
@ハナカミキリの仲間( )-0507

カラカネは「韓金」と書いて青銅を言うそう。基本色は青銅でも、
体色には変異がある。やや幅広のカミキリで肩部が発達している。
脚節の黒紋が黄色とのバランスで目立つ。脚全体が黒い個体もいる。
日中は山地の花の上で見られ、午後は材の上を歩く。


【カラカネハナカミキリ】甲虫目・カミキリ科/大きさ:約8-15mm/
時期:5-8月/分布:日本各地。

-------------------------------------------------------------------------

最後はトンボです。 同定が出来ませんが、載せて置きます。
@トンボ-0486

@トンボ-0520

@トンボ-0628

 -------------- 8/10 池の平湿原・終ります!--------------

8/10 池の平湿原の花の 続きです。
ウツボグサ【シソ科】
@ウツボグサ-0537

--------------------------------------------------------------------------

ほんの数輪〜遠くに真ん丸な蕾と、花が見えました〜♪
茎を抱いた丸い葉が一枚、花も一輪だけの 
ウメバチソウ【ニシキギ科】 白飛びして撮れず…

@ウメバチソウ-0545

花弁は5個、雄しべ5個。花粉を出さない仮雄しべが5個あって、先が
糸状に12-22裂し、先端に小さい球状の黄色い腺体がついた独特の形状。
雄しべが一つ立ち上がって 花粉を出していますね。

@ウメバチソウ-7202

--------------------------------------------------------------------------

イワアカバナ【アカバナ科】(柱頭が丸い事を確認!)
@イワアカバナ-0509

-------------------------------------------------------------------------

シモツケソウ【バラ科】 ん? 花は終わった後の様ですネ?
@シモツケソウ-0550

-------------------------------------------------------------------------

ミヤマホツツジ【ツツジ科】落葉小低木
@ミヤマホツツジ-0677

(2007.08.19)⇒ ミヤマホツツジ
--------------------------------------------------------------------------

シュロソウ【ユリ科】
@シュロソウ-0523

(シュロソウに似た花)⇒ タカネアオヤギソウ
--------------------------------------------------------------------------

ウスユキソウ【キク科】
@ウスユキソウ-0673

@ウスユキソウ-0675

ウスユキソウの仲間は多いですね〜過去の出逢いを載せてみます♪
ハッポウウスユキソウ  ミネウスユキソウ  ウスユキソウ   
チシマウスユキソウ  

--------------------------------------------------------------------------

オオヤマフスマ【ナデシコ科】
( 2007年に、麦草峠の野草園で出逢っていました!)

@オオヤマフスマ-0568

------------------------------------------------------------------------------

シロバナノヘビイチゴ【バラ科】
2012.07.10の富士山・須走口五合目(標高2000m)で沢山出逢いました!
@シロバナヘビイチゴ-0625

@シロバナヘビイチゴ-0624

シロバナノヘビイチゴは、ヘビイチゴと言っても果物の苺(オランダイチゴ)
同じ仲間でとても美味しいそうですが、今回も写真だけでした〜 

--------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ