記録力には自信があった。
学生時代から暗記は得意だったし、
仕事でもかなり鍛えられた。

でも、
そんな自信はとっくに捨てた。
まず、芸能人の名前が覚えられなくなったし、
思い出せなくなった。
まずは
自分の生活に関係のないものから忘れるのだろう、と
自分で自分を慰めた。
カラオケに行って、『あの歌を歌おう』と思っても
それが誰の曲か思い出せない。
もちろんタイトルも思い出せない。
仕方なく、友人に
「ねえ、この歌ってなんだっけ?」と
ふんふん鼻歌を歌って教えてもらう事もあった。

高校1年生の時、
担任の先生の趣味で
世界地図を覚えさせられた。
白地図上で国の名前と首都を暗記。
朝、毎日小テストを受けさせられ、
1年生の3学期はクラス全員が80点以上取るまで
やらされた。
だから、必死で全部覚えた。

はずだった。
だけど、全部忘れた。
海外の地名を聞いても
それがアフリカなのかヨーロッパなのか、
さっぱり分からなくなった。

そんな時、頼りになるのが我が夫。
「ねえ、これってどこ?」
「ねえ、これってどういう意味?」
分からない事は自分で調べず、
夫に聞けばたいてい教えてくれる。

はずだった。

昨夜、
ふと、夫に
「ねえ、四国って
 香川と愛媛と・・・あとなんだっけ?」
と聞いた。
夫は
「  香川、愛媛、高知と・・・。
 香川、愛媛、高知・・・・・・
 香川、愛媛、高知・・・・・・」
そう言ったきり、固まっている。

夫のピンチだ!!

「あ、分かった!
 島根じゃない?!」
そういう私に
「違う違う。ちょっとかえでちゃん、黙ってて
手で制する夫。
そう言われても夫のピンチ。
私だって役に立ちたい。

「あ、分かった! しじみが取れる所じゃない?!」
「うん、だからそれは宍道湖ね、島根ね」
「あ、そうか」

なかなか役に立てない。

「これは・・・最悪だ・・・」
夫は苦悶の表情を受かべたまま、
頭を抱えている。
私は頭をフル回転。
「あ、分かった! 阿波踊りやるところは??」

「徳島だっ!!!!」


夫はいつになく大きな声を出し、
そしてその後、
はあ・・・・・・・・と深く深くため息をついた。

徳島が分からない事ぐらい、
私にとっては何てことない、いつもの事だが
夫にとっては、ものすごくショックな事だったみたい。

早く元気が出るよう今夜は
晩御飯に美味しい物を作ってあげようと思う。

そして、夫に
しばらく何も聞かないようにしよう。

夫婦二人暮らし ブログランキングへ