お盆前までは夏バテもなく、体調もそこそこ良好で
お休みになったらあれをしよう、あそこへ行こうと、
夫と相談していたのです。
アクティブに夏らしい事、しちゃう??と
夫と二人で水着を新調したり♡
P1030419





























45歳。
誰にも求められていませんが水着はビキニです。
P1030418





















夫の海パン。
私が部屋着に欲しいくらい可愛い♡

なので、前半は実家の法事や諸々面倒な所要があったのですが、
「これさえ終われば」と
結構、しなやかにこなしていたのです。

ところが、
フリー初日。
なんか胃が痛い…
気のせい?
いや、気のせいじゃない…。

数年前にも経験した十二指腸潰瘍、
最悪のこのタイミングで再発してしまいました。・゚・(ノД`)

痛みは我慢できるんです。
どの程度痛いのか、もう分かってるから。
ただ、家で安静にしていたって治らないのも分かっているので
さっさと病院に行きたいな、と。
ところが、いつも行く病院はあいにくお盆休み。
仕方がないので初めての病院へ。
ホームページで診療時間を確認して、
ギリギリだけど間に合う時間だったので
夫に車を飛ばしてもらって駆け込みました。

入った瞬間、
受付の女がギロリと私をひとにらみ。
『まだ診察お願いできますか?』
そう尋ねると
『はあ?いいですけどぉっ(嫌味笑で)
 受付10分前までなんでぇ
 次からは10分前までに来てくださいねっっっ!!!(語尾強め)』

感じ悪いこと、このうえない。
医者も医者で血液検査もエコーも何もせず、
ただ触診しただけで
「じゃあこの薬飲んで、6日経っても治らなかったら
 また来てください」
と。

お前が出した薬、
6日飲んで治らなかったら、違う病院行くわーーヽ(#`Д´)ノ
と、言いたいところだったけれど
喧嘩する元気もないので
そのまま退散。

しかも、その薬を飲んだら、
ものすごく副作用が強い。
眼圧が上がって胃痛よりも頭痛のほうが辛い始末。
うう、苦しいよぉ…
夫に訴えるが訴えられても夫は
『可愛そう可愛そう(´;ω;`)』とオロオロするばかり。

ちなみに
薬は
これ。

ガストロゼビン
スルカイン、
アルジオキサ。

ネットで調べたら眼圧が上がるから
緑内障患者には使えない等規制のある薬だと判明。
私は緑内障ではないけれど、そんな事、聞かれもしなかった。
なんだこの病院。
ヤブ医者め。
元気になったら悪口、近所中に言いふらしてやるからなっ(`Д´) ムキー!

しかも、オロオロしすぎたせい(?)で
夫は膝をねんざし、歩けなくなり、
2日連続で、夫婦ともども病院に駆け込む事態に。

私たち、呪われてるんだね…
静かに毎日、生きているのにね…
なんで、こんな事になったんだろうね…
二人で手を取り合って、泣きました。(心で)
P1030416

























胃腸に痛みを伴う不調が出た時、
無理にでも何か食べて元気を出そうとするのは逆効果。
脱水症状を起こさないために
経口補水液を飲める時、飲めるだけ摂取。
P1030417


























これなら、食べられそう…と思う味の付いたものを
時々口に入れれば、死ぬことはありません。
私の場合はたまごボーロです。

4日程、そんなこんなで過ごしましたが、
パソコンに向かい合える程、調子を取り戻しました。
しばらく更新しなかったので、
「かえでちゃんたら、きっと、夏休みのバカンスで
 海外に行ってるのね♫」
なんて思われていた方、すみません。
ただ、ただ、寝込んでおりました。

くっそー。
出番のなかったビキニ、
家で風呂に入るときに着ちゃうんだからっ!!きいいーー!!!

夫婦二人暮らし ブログランキングへ