こんにちは!研修委員会です。
7月20日(水)の定例会において、第3回目の研修タイム(3分間スピーチ)を行いました。

ちょうど折り返しの研修タイムとなり、残りわずか9月と10月の2回となりました。
今回は昨年度入会者である、当委員会の福村委員、地域活性化委員会の岡田副委員長、会員交流委員会の大橋副委員長が発表者となりました。

まず1人目の発表者、福村委員です。
3プン7
福村委員の発表は紹介者である辻委員のことをよく調べたインパクトのある内容で興味深い内容でした!またしっかりと練習してきたことが伝わる発表で福村委員の人柄がよく分かる素晴らしいスピーチでした。

続いて2人目の発表者、岡田副委員長です。
3分4
 岡田副委員長は地域活性化の庄田委員長の紹介をし、身振り手振りを使い、内容でも庄田イズムを受け継ぐように感じ取れました。
緊張からか感情が前面に出ていましたが岡田副委員長の気持ちのこもったスピーチでした。

続きまして3人目の発表者は大橋副委員長です。 
3分2
 大橋副委員長は同期の北村委員を紹介しました。北村委員のまじめな話や裏話をきかせていただきました。
途中、話す内容を忘れるハプニングもありましたが、それでも臨機応変に対処して時間通りにしっかりまとめてくれました。

 この3名の発表に対して今回は曽根副理事長、喜多監事、菅本理事に寸評の発表をして頂きました。

みなさん3分間スピーチの経験者で前回と違ったアドバイスや発表者にあったポイントをおさえていただきありがとうございました。

3分間スピーチ未経験者にとってJCの修練を味わえるよう委員会メンバー一同身を引き締めて研修タイムに挑みます。

研修委員会 青木 和成