July 23, 2018

近況報告



7月も終わりますねー。。

実は、ここ最近は、
忙しいです。。笑

と、いうことで近況報告させて下さい。
※長いよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【仕事関係】
1.6月末プロジェクト完了
2.研修担当着任
3.新プロジェクト

【私事関係】
1.入籍
2.転職
3.その他
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【仕事関係】
1.6月末プロジェクト完了
[概要]
・初めてのプロジェクトリーダー経験
・お客様のECサイト立ち上げプロジェクトの開発支援(PMO)プロジェクト
・途中から、販促・商品開発支援にスコープチェンジ
・17年12月から18年6月までの7ヶ月間
[所感]
・PMOみたいなコンサル的な動きは永井には合ってない。
↪︎具体的な「これをこう変える、その為に永井が戦う」みたいな動き方の方がやりやすい。
・だから、途中で販促・商品開発にスコープを変えて、具体的な活動に変更できたのはGJだった。
↪︎さらに、お客様側メンバーをがっつり巻き込んで進めたのはお客様からの評価も高かった。
・でももう、コンサルはいいや。

2.研修担当着任
・で、気がついたら、研修担当になってた。
・相手はグループ内からの出向者。
↪︎10年選手ばかりの4名
・出向は転職と変わらない、と3年目が伝えるのは大変だ。
↪︎意識変革が現状の課題
・7/27完了予定。。

3.新プロジェクト
[概要]
・7/24から2週間の超短期PRJ
・設計者のプレゼン力向上プロジェクト
↪︎目的:建設会社の設計者が、施主や官公庁のコンペで勝てるようにすること、関係者とのコミュニケーションコストを減らすこと
[所感]
・また特殊プロジェクトのアサイン
↪︎毎回社内でも事例のないプロジェクトをアサインされるが、これ結構ツラいし身を削られる
・プレゼン力向上という、ある意味「付け焼刃」の提案をするのは会社としての価値が下がるのでやめた方がいい。
↪︎今回で言えば、設計者ではなく、営業段階での仕様決定プロセスを変えるとか、できないものか。。

【私事関係】
1.入籍
・7/1入籍しました。
・11月に式を挙げます。
↪︎入籍しても生活は変わってないです。
↪︎が、結婚式準備はバチバチやり合ってますね。。

2.転職
・今の会社に辞めることを伝えました。
↪︎が、引き留められている状態
↪︎永井が居なくなるのは会社としてヤバい、との部署会議結論
↪︎辞めると言ってからバタバタしても仕方ないとは思うものの、今の会社が嫌いで辞めるわけではないので、後ろ髪を引かれる思い。
・とはいえ、グダグダしたくないので、7月中には決着をつける。

3.その他
最近、酒を飲んでも、すぐ眠くなります。
23時が限界です。
が、飲むことは相変わらず好きなので、
ぜひ行きましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、いう今日この頃。

もう少し人間らしくしたいな。

ながい



kagakunoturuta at 01:52|PermalinkComments(0)

May 06, 2018

後悔先に立たず


僕の中で、

将来、本気で後悔することは絶対にしない。

だから、やりたいことはやるし、

やらなくても何ら後悔のないものはやらない。


だからこそ、最近は、

だんだん自分という殻に閉じこもり、

何をしても、何をしなくても、

後悔しない人生を過ごしているのではないかと思っている。


そして、最後に気づくのだと思う。

自分の小ささと寂しさを。


一つくらい、

人生を狂わせるくらいの後悔を抱えて生きていた方が、

生きた証を残していける気がする。

人に優しくできる気がする。



kagakunoturuta at 23:50|PermalinkComments(0)

March 17, 2018

若手のエース!



今年から社内で「先輩社員が語る」的な役回りを引き受けている。

自分から「若手のエース!」なんてプレゼンしてる程には、まだ自分を見失っていないと思っている。

ただ、やはり自分を見失い出した自分がいるのではないかと危惧している。


正直、仕事は順調だ。

今年から社内グレードも昇進し、
リーダーとして初のプロジェクトでは、
「いま永井に抜けられると困る」と言われ、
契約継続の方向で進んでいる。

4月に年度の谷間を迎える弊社において、
なかなか嬉しい誤算だったと思う。


が、

オレってそもそも何がしたいんだっけ。

そんなシンプルな思いを問いかけない自分がいる気がしている。


目の前の契約とって、

この世界がどうなるんだ。

アジア全体の底上げになるのか。

日本に新しい夢を見させられるのか。

東京で働くオジサンが仕事も悪くないと思うようになるのか。


目の前の人が、

僕には見えない世界の人と、

僕が死んだ後に、

喜んでもらえるような仕事をしたい。


そんな仕事をしなきゃいけないと思っている。



kagakunoturuta at 10:38|PermalinkComments(0)