カテゴリ:
今年度も福井県の川村信治先生をお迎えして、生徒講評活動のワークショップ、実施いたしました。
まずは班に分かれてアイスブレイク
E55CE2CD-9E57-41A0-9BE6-B4C3AE5DC088_1_105_c















風船を足や頭を使ってトスします。
195C9AE6-739F-433A-AE77-40004D75CFD2_1_105_c















そこから体をほぐして、動かしていきます。
AC2D6692-7995-4CCE-BA2A-B73E020C2244_1_105_c7E80498F-A1D4-4C50-8D7C-FA4BCB4E61C7_1_105_c































次にパントマイムをやってみました。

最初は、広げた手の位置を動かさずに体を手に近付けます。
951BE195-74A8-44B4-9C09-B2D2BBDAC967_1_105_c















両手を壁に添わせるパントマイム。

手と膝を同時に動かしてはいけません。
C6CEC153-DC30-4B47-A075-92088B3225E1_1_105_c















その後、生徒講評に向けて、劇の受け止め方を学んでいきます。
集団づくりの大切さと難しさを学びました。
一人が話しすぎてもいけないし、きちんと相手を受け止める大切さ、相手をリスペクトする大切さを改めて再確認しました。
ABF76116-A0DE-41CF-9BA3-DDB773B78902_1_105_c



















FDA2EBFF-8595-4B9E-A652-CBE953C564F2_1_105_c















昼休みを挟んで、川村先生が作詞された歌の練習を行います。
119D8506-A5AA-4648-A12C-D7841D06C1DB_1_105_c















振り付け中
5893F71F-6278-4E0D-ACF8-B6F6A91C45BF_1_105_c















そしていよいよ作品を鑑賞します。

今年は富士高校さんが上演した、【紙屋悦子の青春】を鑑賞しました。
メモはとるけれど、メモに集中しすぎてはいけません。
20429784-CF95-48FB-BD7C-61884BA8F0D2_1_105_c















観劇後はまずは二人組で感想を述べ合います。
A2F76580-D796-4D90-8C2F-E7A71DF11D8C_1_105_c















いよいよ7,8人のグループで討論します。

その前に、『数字の投げ入れ』というゲームで、『受け止める』練習です。
962B2297-6A85-4B78-A8B1-24749B80912B_1_105_c















討論では、ついつい同じ人ばかりが話したり、意見に同調するばかりになったり、

表面的な技術の感想になりがちです。
作品から『自分が受け止めたこと』を話し、聞き手は『受け止める』ことができたでしょうか。
2D5764AF-D4D1-4B28-A2E1-17D734164196_1_105_c07BB15EA-B5A4-4FC7-9AD3-2262353B3C36_1_105_c































今日は討論だけで終わり、講評文の作成は宿題ということになりました。
自分が感じたこと、討論の中で話したことをしっかり自分の言葉で書き、明日提出です。明日のワークショップも頑張っていきましょう。