カテゴリ

カテゴリ:WS

生徒講評活動ワークショップを実施しました

カテゴリ:
全国大会の生徒講評委員会のご指導もされている広島県の岡田隆一先生(清水ヶ丘高校)を講師にお迎えして、2日間生徒講評活動のワークショップを実施しました。
全国大会の生徒講評委員会の事前研修とほぼ同じ内容で行い、計3本の上演を観て、生徒講評の活動をしました。
来年度以降も継続して行っていければと考えています。

DSC_9604-2880x1620DSC_9599-2880x1620DSC_9619-2880x1620 

高校生のための夏の舞台技術ワークショップ4日目(音響)

カテゴリ:
WS4日目(最終日)は、音響デザイナーの児島塁さんによる音響の講習です。
午前中は、音とはそもそも何かという講義をしていただきました。

XSEV4825スピーカーに触って、音の振動を体感します。













OEBZ0389次に、紙、ストロー、紙コップ、割り箸を使って一人一人オリジナルの楽器を作りました。











STZM1217午後は、効果音や音を選曲するためのノウハウを教わります。











KZCE9445最後に児島さんから、「恥を恐れずに演劇に取り組んで欲しい」とメッセージをいただきました。 

高校生のための夏の舞台技術ワークショップ3日目(照明)

カテゴリ:

WS3日目は、舞台照明家の岩城保さんを講師にお迎えして、照明の講習を行いました。


DUXO5109午前中は照明の基本的な知識を得ます。
まずは、バトンに吊ってある灯体を試行錯誤してはずします。 










OOQK7678次に好きなカラーフィルターを選んで、実際に照らしてみました。











IKHQ3799午後は、午前中に得た知識をもとに、自分たちがイメージしている明かりをホールの方にどのように伝えるとよいかを教えていただきました。










NFOJ5487最後に、昨日の舞台美術講習で作った舞台装置を置いて、夕方の無人島の雰囲気を作ってみました。 

高校生のための夏の舞台技術ワークショップ2日目(舞台美術)

カテゴリ:

DSC_0634舞台美術講習2日目です。
無人島の、家でしょうか








DSC_0629


赤ずきんのおばあさんの家の、扉だそうです。





DSC_0628




発泡スチロールを削って石?か岩?を作っているようです。
削りかすは雪として使えるようですが、使うのでしょうか。


DSC_0632




手持ちぶさたな先生たちも作り始めました。
本棚、椅子、そして生徒が作っている扉の小さいスケールをなぜか先生が作っています。



DSC_0635


午前中に作っていた発泡スチロールが石になりました。 




DSC_0642




赤ずきんのおばあさんの家
完成!
カミイケさんからは「暖炉のレンガを木材で工夫したのが面白い」「お客さんからもっと見える角度を意識しよう」「赤ずきんちゃんが来るなら椅子があったほうがよいかも」とのこと。
なんと、明日の照明講習で、今日作った道具を照らしてもらえるのだそうです!
DSC_0639 

無人島の部屋
完成!
カミイケさんからは「見えている木材が古く見えるようにするともっと良かった」というアドバイス。



DSC_0644


最後に少し時間が余ったので、質問コーナーになっています。
初日より熱心に質問したり聞いたりしています。



DSC_0647



赤ずきんについて

4時間しかなかったけど、これだけのものがよく作れている。色を塗りたかった人もいるみたいだけど、色がないことはこれはこれでお客さんに想像してもらえるからいいと思う。

だそうです。

DSC_0648

2日間、お疲れさまでした! 

高校生のための夏の舞台技術ワークショップ1日目(舞台美術)

カテゴリ:
IMG_6240舞台美術講習の講師は、舞台美術家のカミイケタクヤさんです。
舞台美術は今日明日と2日連続の講座です。
午前中は、舞台美術全般に関する講義でした。






IMG_6245


午後からは、ノトススタジオから作業場に場所を移して、実際の道具を使っての講習です。
パネルへの人形立ての取り付け方を教えてもらっています。









IMG_6246ビスと釘の違いについて詳しく教えてもらっています。
明日は、実際に大道具を作ってみます。 

このページのトップヘ

見出し画像
×