さくらの花が咲く頃になると、もうすぐだなといつも思い出す。
 
   高松市の中央公園では毎年5月3日と4日にフラワーフエステバル&交通安全フエアが開催される。3日には、私たちも参加してリサイクル自転車の販売をする。
  
   自転車組合の関係で、高松市の放置自転車対策に協力して、組合員と協同でリサイクル自転車を整備して販売することになっているのだ。 高松市では毎年、 『 高松春の祭りフラワーフエステバル&交通安全フエア』として盛大なお祭りをする。

   3日のオープニングセレモニーの後には、市の吹奏楽団の演奏があり、交通安全替え歌パフォーマンス、フラワーパフォーマンスステージや、高松春のまつりウルトラクイズ、花のプレゼント抽選会、かがわスマイルキッズプロジェキトステージ、交通安全大声コンテスト、、PL香川MBAバトントワリング、高松北消防署救助活動訓練実演、など盛り沢山の催しがあり、一日中、結構楽しいですよ。 

  また、うどんやおでんなどの屋台もずらりと並んで、美しい交通安全母の会のお母さんたちが活躍しています。

  リサイクル自転車の販売は中央のテントのすぐ横にあります。数十台の色とりどりの子供用や大人用の自転車がずらりと並んで見るだけでも楽しくなります。フエアのはじまりのセレモニーの邪魔をしてはいけませんので、販売は午前11時からとなっていますが子供や大人が早くから来て自分が欲しい自転車の横に立って時間が来るのを待っているのです。
   リサイクル自転車なので値段が安くて、品物を厳選していますので大変人気が良いのです。大勢の人が我さきにと集まって来るのは見るだけでも楽しいものです。
  
  自転車の販売は3日だけですが、フエアは朝10時から夕方4時ごろまで、3日と4日の2日間あります。花と、交通安全ですから、県警の白バイにまたがってみたり、自動車の安全運転に関係する色々な展示物や教室なども、それぞれに分かれて行われています。また、県警の音楽隊のステージ演奏もにぎやかに行われます。
  
  幼稚園や保育所などからの出演も沢山あり、子供から大人まで一日中、楽しく遊べます。花のプレゼントの時間には会場を一周する長い行列が何回も出来ます。