2014年08月03日

最近買ったもの

14070421379832
スェーデン飯盒 飯炊きに便利

14070421097301optimusの定番 123と8R ガソリンストーブ


kagetora0130 at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)趣味 

びび

びび 
調子悪い。
ご飯食べず。水も飲まず。
再検査
体重 2070g
補液処理
9200円

14070420284530

kagetora0130 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫の病気 

2014年07月19日

びび

超元気
エサ食べて、元気
たまに吐く。 以前の通り。

kagetora0130 at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫の病気 

2014年07月01日

びび

退院
輸血 点滴 検査 てんこ盛りで40000円

元気にご飯食べてるが予断は許されない
先週は水曜日で電池切れ状態だった
今週はいつまで持つか


kagetora0130 at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月29日

びび

再入院
ご飯食べず

白血球値上昇

点滴 輸血 で月曜日に内視鏡検査


kagetora0130 at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫の病気 

2014年06月25日

びび

20140624IMG_4490-2

ビビ、かなり回復。
ご飯も自分から食べる
でも、数値的にはまだまだ心配。
レントゲン、超音波エコーの結果、胃に何か腫瘍らしきものがあることが判明。
けれど、全身麻酔・手術ということになれば、体がもたないような気がする。
人間用の友人の医師も同様なことを。
病院に通いながら、しばらく様子を見る。
37000

kagetora0130 at 05:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫の病気 

2014年06月23日

びび

今日退院予定
白血球値回復
赤血球かわらず
ごはんはもりもりたべる
いずみさんと同時期発病なので関連性があるかも知れない。

kagetora0130 at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月21日

びび

びび調子悪い。入院した。かなり調子悪い 検査 治療で28000円
治療方針相談
IMG_20140621_115718

と思ったらエサを大盛でパクパク食べる。
まったく駄猫である。

もう一晩泊まって様子見
手術はしない方針

kagetora0130 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫の病気 

2013年02月03日

ままの誕生日◆46回目

◆ままの誕生日
IMG_6178

いわてさん、拍手コメントありがとうございました。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

クロリンが回復したのはうれしいけれど、
看病で疲れたのか、ままの方が不調を。
嘔吐した時に血が混じり、ビックリ!(゚ロ゚;)エェッ!?

実は秋にもそういうことがあり、その時は少量だったので
喉が切れたとか、そういう原因だと思っていたけれど、
今度は少し多かったので、誕生日だった1月30日に検査を。続きを読む

kagetora0130 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)誕生日 

2013年02月02日

クロリン元気に

◆クロリン元気に
IMG_6100

はっと気がつけばもう2月。
いつまでも謹賀新年じゃまずいな…゜(´Д`)゜。

一時、危篤のような状態になったクロリン。
奇跡的に回復。
体重が最も具合の悪かった時の1.5kgから2.3kgまで戻る。
ご飯もよく食べるようになりました。

IMG_6103
写真は1月13日時点のもの。パパと病院で。

IMG_6119
ペットクリニック看護師のお姉さんに押さえてもらって点滴。

中津川市にあるヒロ・ペットクリニックさん。
少し離れたところにある動物病院だけれど、
近隣で年末年始、開業していたのがここだけだったので連れて行くことに。

IMG_6117

初めての所だけど丁寧に診てくださって
おかげでクロリン、回復を。
多分、こちらの病院がやっていなかったら、
クロリンはダメだったんじゃないかな…と、よくぱぱと話す。

IMG_6116

多分とても猫好きな先生。
受付の奥には、病院猫のトトちゃん(シャム猫のような感じの猫)の絵が。
ご自分で拾われて長く病院猫として愛されてきたけれど、4年前に他界。
その絵をああやって飾られていること、
それにクロリンに接する時にさりげなく撫でてくださったりするのを見ていると、
本当に猫や動物がお好きなのだな…と。
でなければ、暮れは31日まで、正月は2日からなんて診療はされないだろうな…と。
クロリンが助かったのは、ホント、先生のおかげです。

クロリン、元気で長生きしてね。

kagetora0130 at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫の病気 
にゃんこ・ザ・プロジェクト
ぽちっとひと押し お願いします
ペットブログランキング 
Recent Comments