"かぎろひ" 「山・歴史・旅」のページ

山紀行を中心とした、歴史、旅のページです。

002. 「関西百名山:登頂リスト」

「関西百名山:登頂リスト」 標高順
   「日本百名山:登頂リスト」こちらをクリックして下さい
   現在49峰  あと51峰

   山名(標高) : 初登頂日
1 八経ヶ岳(1,915m) : 07/05/02 [日本百名山][近畿最高峰]
八経3






2 大普賢岳(1,780m) : 07/05/03
国見岳から大普賢






3 稲村ヶ岳(1,726m) : 07/09/22
稲村が岳、大日山






4 大台ヶ原(日出ヶ岳)(1,695m) : 05/10/22 [日本百名山]
大蛇ぐら






5 山上ヶ岳(1,685m) : 07/05/03
稲村ヶ岳山 hspace=






6 行者還岳(1,546m) : 07/05/03
行者還岳






7 氷ノ山(1,510m) : 10/07/24 [日本二百名山][兵庫県最高峰] 
氷ノ山アップ






8 伊吹山(1,377m) : 06/05/06 2回 [日本百名山]
伊吹山全景






9 護摩壇山(1,372m) : 11/05/03 [和歌山県元最高峰]
護摩壇2






10 高見山(1,249m) : 05/02/13 2回 [日本三百名山]
高見山:霧氷






11 三峰山(1,236m) : 06/02/04 [日本三百名山]
三峰山山頂2






12 鉢伏山(1,221m) : 10/07/24 
鉢伏山山頂2






13 武奈ヶ岳(1,214m) : 05/06/26 3回 [日本二百名山]
武奈ヶ岳3conv0003conv0018






14 御在所岳(1,212m) : 03/10/17 2回 [日本二百名山]
御在所岳ロープウエイから2






15 蓬莱山(1,174m) 3回 : 09/05/02 [日本三百名山] 
小女郎峠から蓬莱山1110ca03






16 金剛山(1,125m) : 04/07/03 4回 [日本二百名山][大阪府最高峰]
鳥居冬kon9






17 倶留尊山(1,038m) : 07/11/03 [日本三百名山]
倶留尊山から二本ボソ






18 高野山(揚柳山)(1,009m) : 06/07/08
金剛峯寺伽藍






19 皆子山(972m) : 10/12/19 [京都府最高峰]
皆子山1






20 大和葛城山(959m) : 04/05/08 4回 [日本三百名山]
ツツジと金剛山






21 六甲山(931m) : 03/10/05 20回 [日本三百名山]
071111六甲山ススキ1IMG_0046






22 愛宕山(924m) : 05/09/24 [日本三百名山]
愛宕山山頂






23 兜岳(920m)・鎧岳(894m) : 07/03/31
兜岳から鎧岳






24 雲取山(911m) : 10/12/19
雲取山2






25 音羽三山(熊ヶ岳)(904m) : 09/03/29
経ヶ塚から熊ヶ岳






26 蛇谷ヶ峰(902m) : 15/08/22 1回
00conv0006






27 岩湧山(898m) : 05/07/23 2回
岩湧山山頂1






28 吉野山(青根が峰)(858m) : 05/04/15 2回
吉野桜1






29 和泉葛城山(858m) : 06/11/18
ブナ林






30 比叡山(大比叡)(848m) : 07/06/30 2回 [日本三百名山]
大比叡山頂conv0003conv0005






31 大江山(千丈ヶ岳)(833m) : 16/06/19 
conv0019conv0016






32 額井岳(813m) : 08/01/05
戒長寺から額井岳






33 剣尾山(784m) : 06/06/24
剣尾山山頂1






34 龍門山(756m) : 09/10/24 
龍門山山頂2






35 摩耶山(697m) : 03/08/15 13回
摩耶山上2






36 七々頭ヶ岳(693m) : 15/05/05  
conv0015conv0010






37 ポンポン山(加茂勢山)(678m) : 06/05/01 2回
ポンポン山山頂






38 弥仙山(664m) : 16/06/18 
IMG_0233conv0004






39 能勢妙見山(660m) : 08/05/03 2回
能勢妙見山鳥居






40 生駒山(642m) : 04/04/24 4回
枚岡から生駒山ikoma2






41 諭鶴羽山(608m) : 09/03/07 [淡路島最高峰]
諭鶴羽山1






42 太神山(600m) : 14/10/11   
conv0004







43 帝釈山(586m) : 09/12/22  
帝釈山山頂






44 二上山(雄岳)(517m) : 04/08/09 10/04/24 3回
daitore3池と二上山






45 三輪山(467m) : 06/08/20
三輪山






46 三上山(432m) : 07/05/26 22回
三上山






47 賤ヶ岳(421m) : 14/09/21 2回
conv0019conv0011






48 横尾山(312m) : 03/11/30 3回
横尾山須磨アルプス1






49 高御位山(304m) : 09/04/24
鷹ノ巣山から高御位山

581. 「大江山・鬼伝説」 〜酒呑童子物語〜

「大江山・鬼伝説」 〜酒呑童子物語〜

◆紀行

 京都・丹波の大江山は、鬼伝説で有名です。

 鬼退治伝説は、3つあり、古い順に、

 ・「陸耳御笠」−日子坐王伝説―
 ・「英胡・軽足・土熊」―麻呂子親王伝説―
 ・「酒呑童子」―源頼光の鬼退治―

 があります。

 最も古いものが、「丹後風土記残欠」に記された陸耳御笠
伝説で、青葉山中にすむ陸耳御笠が、日子坐王の軍勢とは
げしく戦い、最後、大江山へ逃げこんだというもの。

 二番目が、用明天皇の時代、河守荘三上ヶ嶽に、英胡・
軽足・土熊に率いられた悪鬼があつまり、人々を苦しめた
ので、勅命をうけた麻呂子親王が、神仏の加護をうけ悪鬼
を討ち、世は平穏にもどったというもの。

 そして、三番目が有名な酒呑童子物語として、謡曲「大
江山」の主人公として、「御伽草子」記載されているもの
です。

 酒呑童子は、足利将軍家の意向をうけた頼光に、欺し殺
されます。

 このとき酒呑童子は「鬼に横道はない」と頼光を激しく
ののしりました。

 酒呑童子は都の人々にとっては悪者でしたが、酒呑童子
にとってみれば、自分たちが昔からすんでいた土地を奪っ
た武将や陰陽師たちこそが極悪人でした。

 「鬼に横道はない」という酒呑童子の最後の叫びは、土着
の神や人々の、更には自然そのものが征服されていくこと
への哀しい叫び声だったのかもしれません。

conv0021conv0022

580. 「元伊勢三社」 〜丹波のパワースポット〜

「元伊勢三社」 〜丹波のパワースポット〜

◆紀行

 京都・丹波の元伊勢三社を訪れました。

 天照大神が、伊勢に鎮座されまでの約90年間、候補地探し
が行われていました。

 その候補の一つが、京都府福知山市の元伊勢で、伊勢神宮
と符号する、「元伊勢外宮・豊受大神社」「元伊勢内宮・皇
大神社」「天岩戸神社」の三社をお詣りしてきました。

 まずは、外宮の元宮とされる「元伊勢外宮・豊受大神社」。

 石段を上っていくと鳥居が見えてきますが、これが、皮が
ついたままの杉の木で出来ている黒木鳥居です。

 御祭神は豊受大御神で、丹波地方に天下った農耕の神様です。

 かつて夢からの御神託により、伊勢神宮・外宮の御祭神でも
ある豊受大御神は、こちらから遷座して創建されたと伝えられ
ています。

 次に、2000年以上もの歴史がある「元伊勢内宮・皇大神社」。

 御祭神は天照大御神で、一時、天照大御神の神鏡が4年間祀ら
れていましたが、その54年後に、伊勢神宮が三重県伊勢市へと
落ち着くこととなります。

 境内には、推定樹齢2000年といわれる御神木・龍灯の杉が佇
んでいて、その悠久の年月を感じることができます。

 御神体は、背後にそびえる日室ヶ嶽(岩戸山)です。

 「天岩戸神社」へ行く途中に、願いが一つ叶うという、一願
成就の遥拝所がありました。

 天岩戸神社の拝殿は、岩壁の上に建っており、鎖を握って岩
の斜面を上ってお詣りするようになっています。

 この溪谷は奇岩の多いところでもあり、拝殿裏手の川の流れ
を塞き止めるようにある巨石は、神が舞い降りたという御坐石
です。

 拝殿横には神楽岩、岩のくぼみで神が湯浴みしたという、産
だらいがあります。

 五十鈴川、宇治橋等、伊勢と同じ名前があり、繋がりを感じ
ました。パワースポットですね。

conv0007conv0008conv0009





conv0010conv0011conv0012





conv0013conv0015conv0014

579. 「大江山(千丈ヶ岳)」(833m) 〜鬼伝説の山〜

「大江山(千丈ヶ岳)」(833m) 〜鬼伝説の山〜 [関西百名山]

◆紀行

 京都・丹波の大江山を訪れました。

 大江山は、千丈ヶ岳(833m)を主峰とする連峰で、鬼伝説の
山として有名です。

 麓には、元伊勢三社(内宮、外宮、天岩戸神社)が鎮座され
ており、神々が住む神秘な地域です。

 特に、農業の神様である豊受大神は、ここ丹後地方に天下
ったとされており、伊勢神宮の元祖となっています。

 まさに、パワースポットですね。

 今回は、鬼嶽稲荷神社まで車で行きました。

 鬼嶽稲荷神社からは、整備された登山道を約40分で、最高
峰、千丈ヶ岳に着きます。

 千丈ヶ岳は、なだらかな柔和な山頂で、見晴らしがよく、
気持ちがいいです。

 次回は、連峰を縦走してみたいですね。

conv0019conv0018conv0020






conv0017conv0016

578. 「弥仙山」(664m) 〜霊山・丹波富士〜

「弥仙山」(664m) 〜霊山・丹波富士〜 [関西百名山]

◆紀行

 京都・丹波の弥仙山を訪れました。

 弥仙山は、関西百名山で、槍ヶ岳を思わせる三角形の突起した
秀峰は、丹波富士と呼ばれています。

 京都縦貫道路の、綾部安国寺ICから、府道74号を経て、登山口ま
で、約20分。登山口には、駐車場があります。

 登山口からすぐに水分神社があります。水分神社は 子授けの神
として有名だそうです。
 
 祭神は 天からの雨水の神・天之水分大神と 地から湧き出す水
の神・国之水分神。

 大本開祖・修業の滝を超えて、苔むした石段を登りきると 左が
赤い鳥居の於成神社です。

 ここから山頂を大きく北へ巻いて、杉林を抜けると、改心の道と
の分岐点があり、そこから約5分で、弥仙山の金峰神社に到着。

 金峰神社は、行基が開山した神社で、修験場の行場で 釈迦、文
殊、普賢菩薩の三尊が祀られています。

 帰路は、改心の道ではなく、同じ道を。

conv0006conv0001conv0005






conv0004conv0003conv0002

577. 「貴船神社」 〜水の神様のパワースポット〜

「貴船神社」 〜水の神様のパワースポット〜

◆紀行

 鞍馬から、貴船神社に訪れました。

 「貴船」という名前は、神武天皇の母親が、黄色い
舟に乗り、貴船川をさかのぼり、この地へ上陸し、水
神を祀ったという伝説が由来となっています。

 奥宮境内には、黄色い船が小石に覆われた「御船型
石」も見られます。

 貴船神社の名物となるのが、水占いです。

 200円で販売されている水占いの紙は、 購入時では、
何も書かれていない真っ白な紙ですが、境内の水に浸す
文字が浮き上がってきます。

 当日は、若いカップルの方々でごった返しており、静
寂な雰囲気が無かったのは残念でした。

conv0014conv0013conv0012

576. 「比叡山(大比叡)」(848m) 〜延暦寺を擁する世界遺産〜

「比叡山(大比叡)」(848m) 〜延暦寺を擁する世界遺産〜 [関西百名山]

◆紀行

 比叡ドライブウエイ経由で、延暦寺、大比叡を訪れました。
 
 延暦寺は、比叡山全域を境内とする寺院で、最澄(767年 - 822年)
により開かれた日本天台宗の本山寺院です。

 密教による加持祈祷は、平安貴族の支持を集め、真言宗の東寺の密
教(東密)に対して延暦寺の密教は「台密」と呼ばれ覇を競いました。

 「延暦寺」とは比叡山の山上から東麓にかけた境内に点在する東塔、
西塔、横川など、三塔十六谷の堂塔の総称です。

 延暦寺は数々の名僧を輩出し、浄土宗の開祖法然、浄土真宗の開祖
親鸞、臨済宗の開祖栄西、曹洞宗の開祖道元、日蓮宗の開祖日蓮など、
日本仏教史上著名な僧の多くが若い日に比叡山で修行しています。

 比叡山の最高峰は、「大比叡」と言い、ここは観光客もほとんど訪
れない、寂れたところにあります。ただ、最高峰と言っても、眺望は
まったくありません。

conv0003conv0002conv0001







conv0004conv0005conv0006

575. 「鞍馬山」(584m) 〜牛若丸と天狗のパワースポット〜

「鞍馬山」(584m) 〜牛若丸と天狗のパワースポット〜

◆紀行

 牛若丸が武術や兵法を学んだとされる天狗の総本山、
鞍馬山を訪れました。

 鞍馬山は、金星から来たとされている護法魔王尊が祀
られている等、不思議な伝説が多いパワースポットです。

 鞍馬寺は、770年に鑑真和上の高弟である鑑禎上人によっ
て、毘沙門天が、その後、796年に藤原伊勢人が千手観世音
が併せて祀られるようになりました。

 一方、1947年に住職・信楽香雲が、新宗教である鞍馬弘教
を開宗。現在では独立して鞍馬弘教総本山として、毘沙門天、
千手観音、護法魔王尊の三位一体の「尊天」を本尊として祀
られています。

 鞍馬寺の説明によると「尊天」は、

 愛を月の精霊、千手観音菩薩、
 光を太陽の精霊、毘沙門天王、
 力を大地の精霊、護法魔王尊

 の三位一体としており、すべての生命の生かし存在させる
宇宙エネルギーであるとのこと。

 今回は、鞍馬仁王門から、貴船まで散策致しました。

conv0015conv0007P1050798






conv0010conv0009conv0011

574. 「武奈ヶ岳」(1,214m) 〜比良山系の最高峰〜

「武奈ヶ岳」(1,214m) 〜比良山系の最高峰〜 [日本二百名山]
                             
◆紀行

 昨年の8月以来、10ヶ月ぶりに武奈ヶ岳を訪れました。

 今回も、坊村に車を停めて、地主神社から、御殿山コー
スを登りました。

 御殿山は、展望の無い中、ひたすら九十九折りの急坂を
登る必要があり、体力と耐力が要求されます。

 そして、約1時間30分の修行の後は、360度の展望が拡が
るはずの尾根道に出ますが、今回はガスがでていて展望は
ききませんでした。

 ただ、尾根道は空気が涼しく、清々しい山歩きができま
す。
 
 御殿山(1,097m)山頂も、ガスの中で、武奈ヶ岳は見えま
せんでした。

 御殿山から、ワサビ平を超えて、武奈ヶ岳まで、約30分
です。

 武奈ヶ岳山頂もガスの中でしたが、道中、山ツツジが満
開で、気持ちのいい山登りを楽しめました。

conv0020conv0021conv0019






conv0016conv0017conv0018

573. 「朝の皇居」

「朝の皇居」

◆紀行

 今日は、東京に来ています。
朝、皇居外周を一周してきました。

 ランニングされておられる方が非常に多いですね。

 さて、皇居外周は、約5kmですが、100m毎に、都道府県の
「花タイル」が埋め込まれています。

 都道府県は47ですが、「花タイル」は50枚で、距離の目安
にもなります。

 写真は、兵庫県です。

 その他、国会図書館、国会議事堂、二重橋等、みどころ満
載ですね。
 
IMG_0632IMG_0640






IMG_0636IMG_0637






ちなみに50枚は、
1,2桜、3はまなす北海道、4りんごの花青森県、5桐の岩手県、6萩は宮城県、7ふきのとお秋田県、8べにばな山形県、9ネモトシャクナゲ福島県、10バラ茨城県、11やしおつつじ栃木県、12れんげつつじ群馬県、13さくら草埼玉県、14菜の花千葉県、15そめいよしの東京都、16やまゆり神奈川県、17チューリップ新潟県、18何故か千代田区の区花さくら、19チューリップ(新潟とかぶって)富山県、20黒百合石川県、21越前水仙福井県、22富士桜山梨県、23りんどう長野県、24蓮華草岐阜県、25つつじ静岡県、26カキツバタ愛知県、27花菖蒲三重県、28しゃくなげ滋賀県、29しだれ桜京都府、30梅桜草大阪府、31のじぎく兵庫県、32奈良八重桜奈良県、33梅和歌山県、34二十世紀なし鳥取県、35牡丹島根県、36桃岡山県、37紅葉広島県、38夏みかん山口県、39すだち徳島県、40オリーブ香川県、41みかんの花愛媛県、42ヤマモモ高知県、43梅は(大阪とかぶって)福岡県、44くすのはな佐賀県、45雲仙つつじ長崎県、46りんどう(長野と同じ)熊本県、47豊後梅大分県、48はまゆう宮崎県、49ミヤマキリシマ鹿児島県、50デイゴ沖縄県
です

572. 「観音山(526m)からゴロゴロ岳(565m)」 〜東六甲の尾根道〜

「観音山(526m)からゴロゴロ岳(565m)」 〜東六甲の尾根道〜

■紀行■

 観音山からゴロゴロ岳という、六甲の枝尾根を歩いてきました。

 鷲林寺バス停から、鷲林寺を経て、観音山までは、一気に登り
ます。

 甲山から大阪平野に至る素晴らしい眺望を眺めながら、新芽の
芽吹きの中、登っていきます。

 観音山山頂からは、甲山を眼下に、大阪平野から大阪湾が一望でき
ます。バス停から、わずか50分で来られる手軽さがいいですね。

 観音山から、ゴロゴロ岳までは、快適な尾根道です。

 ときおり、眺望がひらけて、大阪湾も眺めることができます。

 ゴロゴロ岳の名前の由来は、標高が565.6mだったからのようです。

 なお、ゴロゴロ岳は、六甲山系で唯一「岳」の名がつく山ですが、
山頂は薄暗い場所で、眺望はまったくありません。

 ゴロゴロ岳からは、苦楽園方面にのびる尾根道を下りました。

 ほとんど人に会うこともなく、静かな山歩きを愉しむことができ
ました。

 苦楽園までの登山道が終わると、そこは高級住宅街の真ん中です。
苦楽園バス停までは約15分の道のりです。

IMG_0621IMG_0622IMG_0623






IMG_0624IMG_0625IMG_0626

005. 「六甲山系:登頂リスト」

「六甲山系:登頂リスト」 標高順
        「日本百名山:登頂リスト」こちらをクリックして下さい
        「関西百名山:登頂リスト」こちらをクリックして下さい

   山名(標高) : 初登頂日(登頂回数)
1 六甲山(931m) : 03/10/05(21回) 紀行(07/11/11) [日本三百名山][関西百名山]
ro6ro1六甲ススキ2






2 西お多福山(867m) : 04/04/17(2回) 紀行(11/03/26)
西お多福1東おたふく2







3 蛇谷北山(836m) : 06/03/25(9回) 紀行(10/11/06)
IMG_0044ro4IMG_0043







4 摩耶山(697m) : 03/08/15(14回) 紀行(08/10/17) 夜景(08/12/20) [関西百名山]
摩耶山上2摩耶山2010







5 東お多福山(687m) : 03/10/05(17回) 紀行(10/04/10)
東おたふく1ro3IMG_0042







6 長峰山(687m) : 04/06/13(8回) 紀行(10/05/05)
長峰山山頂1conv0002







7 ゴロゴロ岳(565m) : 06/01/03(4回) 紀行(11/04/30)
IMG_0626ゴロゴロ1



8 荒地山(549m) : 04/03/13(10回) 紀行(10/04/10)
荒地山岩梯子conv0004







9 観音山(526m) : 06/01/03(6回) 紀行(11/04/30)
観音山1



10 鍋蓋山(486m) : 03/12/27(4回) 紀行(11/01/03)
鍋蓋1kiku11







11 中山(467m) : 04/01/10(5回) 紀行(15/02/21)
IMG_1289







12 七兵衛山(462m) : 04/03/28(2回) 紀行(11/03/26)
七兵衛山







13 菊水山(459m) : 03/12/27(4回) 紀行(11/01/03)
kiku7kiku6







14 風吹岩(447m) : 03/08/16(11回) 紀行(11/10/09)
風吹岩







15 黒五山(417m) : 11/03/26(1回) 紀行(11/03/26)
黒五1







16 満願寺西山(362m) : 16/03/19(1回) 紀行(16/03/19)
IMG_0564







17 高取山(328m) : 03/12/20(3回) 紀行(03/12/20)
須磨アルプスから高取山kata5







18 横尾山(312m) : 03/11/30(4回) 紀行(10/05/29) [関西百名山]
須磨アルプス2IMG_0425







19 甲山(309m) : 03/07/24(13回) 紀行(06/10/24) 紀行(10/04/25)
甲山遠景11930058_931342023617584_5439036850937844746_n






20 栂尾山(274m) : 03/11/30(4回) 紀行(10/05/29)
おらがから栂尾山IMG_0417







21 鷹尾山(261m) : 04/03/13(10回) 紀行(11/09/24)
荒れ地1






22 東山(253m) : 03/11/30(4回) 紀行(10/05/29)
須磨アルプス3IMG_0439







23 旗振山(253m) : 03/11/30(4回) 紀行(10/05/29)
IMG_0404







24 鉢伏山(248m) : 03/11/30(4回) 紀行(10/05/29)
鉢伏山秋IMG_0405







25 鉄拐山(234m) : 03/11/30(4回) 紀行(10/05/29)
IMG_0410








[六甲登山コース]
◆5時間コース
 ◆「西お多福山〜六甲最高峰〜有馬」
   ・阪急岡本駅〜(25分)〜保久良梅林〜(50分)〜七兵衛山(462m)〜
    (25分)〜黒五山(417m)〜(30分)〜住吉道別れ〜(60分)〜西お多福山(867m)
    〜(20分)〜六甲最高峰(931m)〜(70分)〜有馬簡保の宿

 ◆「荒地山〜東お多福山〜蛇谷北山〜六甲最高峰〜有馬」
  ・阪急芦屋川駅〜(70分)〜岩梯子〜(20分)〜荒地山(549m)〜(40分)〜雨ヶ峠〜
    (25分)〜東お多福山(687m)〜(30分)〜蛇谷北山(836m)〜(20分)〜鳥居茶屋跡
   〜(25分)〜六甲最高峰(931m)〜(70分)〜有馬簡保の宿

◆4.5時間コース
 ◆「菊水山〜摩耶山」
   ・神鉄鵯越駅〜(70分)〜菊水山(459m)〜(15分)〜天王吊橋〜(30分)〜
    鍋蓋山(486m)〜(20分)〜大龍寺山門〜(15分)〜市ヶ原〜(45分)〜
    学校林道分岐〜(45分)〜摩耶山(697m) ロープウエイで下山

◆4時間コース
 ◆「長峰山〜摩耶山」
   ・阪急六甲駅〜(30分)〜長峰山登山口〜(50分)〜長峰山(687m)〜(25分)〜
    杣谷峠〜(20分)〜摩耶山天上寺〜(15分)〜摩耶山(697m)〜(60分)〜
    阪急王子公園駅

 ◆「菊水山〜鍋蓋山」
   ・神鉄鵯越駅〜(70分)〜菊水山(459m)〜(20分)〜天王吊橋〜(30分)〜
    鍋蓋山(486m)〜(20分)〜大龍寺山門〜(15分)〜市ヶ原〜(30分)〜
    布引の滝〜(10分)〜新神戸駅〜(10分)〜神戸クアハウス

◆3時間コース
 ◆「荒地山〜東お多福山」
   ・阪急芦屋川駅〜(80分)〜岩梯子〜(20分)〜荒地山(549m)〜(40分)〜雨ヶ峠
    〜(25分)〜東お多福山(687m)〜(30分)〜東お多福山登山口バス停

 ◆「須磨アルプス」
   ・山陽須磨浦公園駅〜(20分)〜鉢伏山(248m)〜(10分)〜旗振山(253m)〜(10分)〜
    鉄拐山(234m)〜(15分)〜おらが茶屋〜(25分)〜栂尾山(274m)〜(15分)〜
    横尾山(312m)〜(30分)〜東山(253m)〜(40分)〜山陽板宿駅

 ◆「東お多福山〜蛇谷北山〜六甲最高峰〜有馬」
   ・東お多福山登山口バス停〜(30分)〜東お多福山(687m)〜(30分)〜蛇谷北山
    (836m)〜(15分)〜鳥居茶屋跡〜(10分)〜一軒茶屋〜(5分)〜六甲最高峰(931m)
    〜(60分)〜有馬温泉

◆2.5時間コース
 ◆「観音山〜ゴロゴロ岳」
  ・阪急夙川駅〜(20分:バス)〜鷲林寺バス停〜(15分)〜鷲林寺〜(35分)〜観音山
   (526m)〜(35分)〜ゴロゴロ岳(565m)〜(50分)〜苦楽園一番町バス停

 ◆「荒地山〜芦有ゲート」
  ・阪急芦屋川駅〜(80分)〜岩梯子〜(20分)〜荒地山(549m)〜(30分)〜芦有ゲートバス停

 ◆「中山連山」
  ・阪急中山観音駅〜(60分)〜中山最高峰〜(30分)〜展望台〜(20分)〜満願寺西山(362m)
   〜(40分)〜阪急山本

◆2時間コース
 ◆「芦屋ロックガーデン〜風吹岩〜保久良神社」
  ・阪急芦屋川駅〜(30分)〜高座の滝〜(30分)〜風吹岩〜(45分)〜保久良神社〜(25分)
   〜阪急岡本駅

 ◆「高取山」
  ・地下鉄妙法寺駅〜(40分)〜高取登山口〜(40分)〜高取山山頂〜(40分)〜高取団地前
   バス停(11系統で新開地まで)

 ◆「中山」
  ・阪急中山観音駅〜(40分)〜中山奥の院〜(20分)〜中山最高峰〜(60分)〜阪急中山

◆1.5時間コース
 ◆「甲山森林公園〜甲山」
  ・阪急門戸厄神駅〜(40分)〜甲山森林公園〜(20分)〜甲山(309m)〜(10分)〜
   神呪寺〜(20分)〜阪急甲陽園駅

571. 「シリコンバレー」

「シリコンバレー」

◆紀行
 
 米国のサンノゼを訪れました。

 羽田空港を、木曜の未明に出発して、機内で一泊したら、
また木曜の夕方に、サンフランシスコに着きました。

 日付変更線の関係ですが、タイムマシンで時間が戻ったよ
うな感覚です。

 日本とカリフォルニア州との時差は、-16時間。サマータ
イムで、20時頃まで陽が高いので、時間感覚が変になります。

 気温は18度で、カリフォルニアブルーの快晴の天気で、ハ
ノイの蒸し蒸しとした気候に比べ、天国のようです。

 San Joseはスペイン語で「聖ヨセフ」を意味し、半導体や
コンピュータ関連の産業が集積するシリコンバレーの中心都
市です。

 歴史的には、1777年にスペイン軍の軍事補給基地として集
落を創設され、カリフォルニア州の最初の州都となって発展
しました。

 San Joseの木々も、新緑で美しく、活気がありながら、風
情のある街です。

 そして、シリコンバレーは、バレー(Valley)と言うよりは、
周りをなだらかな山に囲まれている、広大な盆地と言う感じ
です。

 ちなみに、北東側は、 Diablo Range(ディアブロ山脈)、
南西側は、Santa Cruz Mountains(サンタクルス山脈)とい
う丘のような山脈があります。

 シリコンバレーの気候は、全米で最も理想的と言われてお
り、年間を通し300日近くが晴れるそうで、今回も快晴の天気
でした。

 朝、散歩しましたが、気温は11度で、快適を超えて寒いくら
いでした。

7943009be8a81e32bf3da29d

570. 「豊川稲荷東京別院」

「豊川稲荷東京別院」

 赤坂の豊川稲荷東京別院を訪れました。

 豐川稲荷は、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。

 一般的に「稲荷」と呼ばれる場合は、「狐を祀った神社」ですが、
お寺なのですね。

 豊川稲荷の本院は愛知県にありますが、本別院は江戸時代、大岡越
前守忠相公が日常信仰されていたご分霊をお祀りしています。

 明治20年に赤坂一ツ木の大岡邸から現在地に移転遷座し、愛知県豊
川閣の直轄の別院となり今日に至っています。

13315574_132092530531560_185188905882730997_n

569. 「勝部神社」

「勝部神社」

 単身赴任先の近所に、勝部神社があります。

 主祭神は、物部布津神で、「火祭り」で有名です。

 豊かな鎮守の森と風格ある社殿が厳かな雰囲気を漂わせる勝部神社
は、古くは古代の豪族・物部氏と関連し、中世には南近江の守護大名
佐々木氏に厚い信仰を受けた由緒ある神社です。

 特に約800年もの伝統をもつ「火祭り」が知られていて、燃える松明
に囲まれながら無病息災を祈る舞を踊る様子は、守山の風物詩であると
ともに、滋賀県三大火祭りのひとつにも数えられています。

 境内のクスノキの巨木は、雌雄二本が寄り添いあうような形をして
いることから、多くの方が縁結びの願掛けに訪れられます。

IMG_0067IMG_0070

568. 「守山のホタル」

「守山のホタル」

 滋賀県守山市は、ホタルの街です。
守山駅から、徒歩5分で、ホタルが飛び交う疎水に行くことが
できます。

 中山道、守山宿の土橋近辺です。

img_0512e0dd765d688d1b4d26c243a3e2e6bIMG_0072

567. 「火炎樹」

「火炎樹」

 ハノイで赤く咲き誇る花は、火炎樹といいます。

 「鳳凰/Phuong」の「花/Hoa」の名をもつ火炎樹。花の形
が鳳凰が翼を広げた姿に似ていることから名づけられたそう。

 ベトナムでは終業式シーズンにあたるため、満開の火炎樹を
見ると別れの寂しさを連想する人も多いと言われています。

 マダガスカル原産の熱帯地方に咲く花で、熱帯地域では普通
に見られるようです。

 ハノイでは、日本の桜並木のように、街路樹として植えられ
ており、目に鮮やかでした。

 いい季節に訪れることができました。

IMG_0066IMG_0062

566. 「ハノイの花」

「ハノイの花」

 ベトナム・ハノイを訪れました。
ハノイでは、5月から10月は夏であり、気温30度を超え、蒸し暑い
季節に入りつつあります。

 また、5月はベトナムでは学校の卒業を控えた時期で、紫色のバ
ンランや、赤色のエンジュの花が満開でした。

 バンランは学生の花と呼ばれ、また友情の花とも言われるそう
で、サルスベリに似て花弁は縮れ、枝元から枝先に向かって順に
咲いていきます。

 ホテル近くの公園も満開で、いい時間を持つことができました。

IMG_061513241407_130176684056478_4161670643989188374_n13254624_130176670723146_5805638152842440487_n
 

565. 「六甲五山縦走」 〜荒地山から六甲最高峰〜

「六甲五山縦走」 〜荒地山から六甲最高峰〜

■紀行■

 久しぶりに、芦屋川から、有馬温泉まで歩いてきました。

 今回のルートは、鷹尾山(261m)、荒地山(549m)、東おたふ
く山(697m)、蛇谷北山(836m)、六甲最高峰(931m)と、五つの
ピークを縦走する、ちょっとハードなものです。

 芦屋川駅から、芦屋川添いに、住宅街を登っていき、城山、
鷹尾山、荒地山コースに入ります。

 最初のピーク、鷹尾山(261m)は、絶好のビューポイント。
大阪湾を一望できますが、今日は、霞がかかっていました。

 ここから、荒地山に向かいますが、荒地山は、風化した花
崗岩でできた山のため、岩場も多く、登りこたえがあります。

 岩梯子や、岩トンネル等、三点支持できっちり登らないと
いけない箇所もあり、愉しめます。

 荒地山の山頂(549m)は、眺望がありませんが、途中の岩場
からは、対面の風吹岩や、六甲連山、大阪湾が一望できます。

 荒地山から、北西に下りて魚屋道に出ます。このメイン道は、
荒地山と違い、多くの登山客で賑わっています。

 ゴルフ場、雨ヶ峠を経て、東おたふく山方面に向かいます。

 雨ヶ峠から、東おたふく山への道は草原の展望がいい気持ち
道が続きます。左に西おたふく山を眺めながら、草原の道を20
分も歩けば、東おたふく山山頂です。

 ここからは、奥池からゴロゴロ岳方面が間近に臨めます。

 東おたふく山から、土樋割峠を経て、蛇谷北山へ。

 蛇谷北山への道は、急登のところもあり、ゆっくりと進み
ます。ピークからは、大阪平野の眺望が開けていました。

 蛇谷北山から、石の宝殿、鳥居茶屋跡までは、20分。

 ここから、車道と併行して、一軒茶屋には約15分で着きます。

 一軒茶屋から六甲最高峰までは、約5分。西おたふく山から
六甲ガーデンテラス方面が美しかったです。

 一軒茶屋で、久しぶりにきつねうどんを食べて、魚屋道を経
て、有馬まで約1時間。

 かんぽの宿で、金泉に浸かって、いい汗を流してきました。

IMG_0035IMG_0036IMG_0038







IMG_0039IMG_0042IMG_0050






IMG_0043IMG_0044IMG_0045






IMG_0046IMG_0047IMG_0052

564. 「八幡山」(272m) 〜豊臣秀次居城跡〜

「八幡山」(272m) 〜豊臣秀次居城跡〜 

◆紀行

 滋賀県の近江八幡、八幡山を訪れました。

 近江八幡は、豊臣秀次(秀吉の甥)が築いた城下町で、
八幡山には、1585年に築城された八幡山城がありました
が、現在は石垣を残すのみです。

 現在の本丸跡には瑞龍寺が建っています。

 村雲御所、瑞龍寺は、秀次の菩提を弔うため、京都
にて創建されたお寺ですが、1961年に京都より、この
八幡山へ移築されました。

 秀次は、秀吉の養子となり、関白にまでなりました
が、淀君の子、秀頼が誕生したため、1595年に、秀吉
後継争いにより、自害させられた悲運の将です。

 八幡山へは、ロープウエイがありますが、登山道で
も、40分で登ることができます。

 山頂からは、琵琶湖、近江八幡の町並み、安土城址、
伊吹山まで臨むことができます。

IMG_0571IMG_0572IMG_0574






IMG_0576IMG_0580IMG_0581

563. 「中山連山」

「中山連山」 〜聖徳太子創建の観音霊場〜 

◆紀行

 北摂の中山観音のある中山最高峰から、満願寺西山経由する
中山連山を訪れました。

 中山寺は、聖徳太子創建と言われる我が国最初の観音霊場で、
子授祈願、安産祈願で有名なお寺です。

 中山最高峰までは、阪急中山観音駅から60分。

 そこから、両サイドにゴルフ場が広がる尾根道を、満願寺西
山に向けて歩みます

 満願寺西山からは、花崗岩の急な下りがあり、谷筋を経て、
阪急山本駅まで。

 ポカポカ陽気で、気持ちいい汗を流すことができました。

 山本駅から、無料送迎バスで、宝乃湯でゆっくりと温泉に浸
かってきました。

 2時間半の充実した山歩きでした。

 IMG_0559IMG_0562IMG_0561






IMG_0564IMG_0563IMG_0560

562. 「新虹橋花園」

「新虹橋花園」 〜上海の梅〜

◆紀行

 上海に降り立つと、雨で、気温は6度と肌寒かったです。

 ただ、雨だと、PM2.5が流れ落ちて、気持ち、空気が新鮮
のように感じました。

 今朝は、ホテルの近所の新虹橋公園を散歩しました。

 上海でも、梅が満開で、蝋梅から、紅白梅まで、美しく
咲き誇っていました。

 朝の気持ちのいい散歩でした。
ありがとうございます。

IMG_0543IMG_0541





IMG_0542IMG_0540

561. 「岡本梅林」

「岡本梅林」

◆紀行

 岡本梅林を訪れました。

 岡本は、昔から「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」
と唄われるほど、日本でも有名な梅の名所だったそうです。

 しかし、残念ながら1938年の阪神大水害、そして、神戸大空襲で
焼失してしまいました。

 現在の岡本梅林は、神戸市と地元市民により昭和40年代から50年
代にかけて、かつての岡本梅林の一部を復活整備したものです。

 岡本梅林には、色々な種類の梅が植えられており、それぞれ、可
憐な花を咲かせていました。

 ちなみに、昨日の上海の公園にも、梅の花が咲いており、ほんの
りとした香りが漂い、しばし時を忘れてしまいました。

 桜の花ほど豪華さはありませんが、可憐な梅の花も大好きです。

「梅の花 咲きて散りなば 桜花 継ぎて咲くべく なりにてあらずや」(万葉集)

IMG_0010IMG_0008






IMG_0003IMG_0004

560. 「菊水山(459m)・鍋蓋山(486m)」 〜新春の六甲縦走〜

「菊水山(459m)・鍋蓋山(486m)」 〜新春の六甲縦走〜

◆紀行◆

 55回目の誕生日は、菊水山〜鍋蓋山の六甲縦走を楽しんできました。

 今年のお正月は、例年に比べても暖かく、天候にも恵まれ、いい汗
をかくことができました。

 神鉄鵯越駅で降りた客は、私一人。川沿いのなだらかな道を菊水
山方面へ。現在閉鎖されている神鉄菊水山駅付近から、本格的な登
山道になります。

 菊水山は、展望が良く、明石大橋から淡路島、須磨アルプスから
高取山の六甲縦走路、ポートアイランド、神戸空港等がきれいに見
えます。

 ここから、天王吊橋までは、急な下り道。そして、一旦下りてし
まってから、再び鍋蓋山まで、急な上りです。

 後方に菊水山や高取山が見えてきます。

 鍋蓋山は、南側が展望が開けており、須磨方面からポートアイラ
ンドまでの眺望が素敵です。

 鍋蓋山からは、比較的平坦な道で、大龍寺、市ヶ原を経て、布引
貯水池から布引の滝へ。

 新春の滝は厳かでした。

 布引の滝から新神戸駅までは、約10分。そこから、神戸クアハウ
スに寄って、温泉で汗を流してきました。

 明日が仕事始め。連休最後のリフレッシュをすることができまし
た。
 IMG_0463IMG_046812400780_931864533565333_1539210931955670993_n






486910_931872730231180_1450368274426560354_n946797_931890760229377_7954389015490209978_n535348_931892346895885_302739071238661969_n

559. 「甲山」(309m) 〜初詣〜

「甲山」(309m) 〜初詣〜

◆紀行◆

 今年の初詣は、東光寺(門戸厄神)から甲山、そして神呪寺
(甲山大師)です。

 阪急門戸厄神駅から、東光寺までは、初詣に訪れる方で
いっぱい。

 門戸厄神でお参りして、関西学院大学キャンパス横を抜け
て、甲山森林公園へ。

 甲山森林公園は、軽登山道もあり、自然が一杯です。

 甲山自然の家から、甲山登山道へ。約15分で、山頂に着きます。

 ここから、麓の神呪寺までは、約10分。
神呪寺では、鐘を自由につくことができますが、今日は長蛇の
列ができていました。

 神呪寺から、阪急甲陽園駅までは、住宅街の中を約20分。
新春のお気に入りの散歩コースでした。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

3043_931328583618928_8286291150092610149_n1930058_931342023617584_5439036850937844746_n






10606107_931372743614512_3485054428366254042_n944956_931377876947332_214178198805535733_n

558. 「須磨アルプス」 〜六甲縦走起点〜

「須磨アルプス」 〜六甲縦走起点〜

◆紀行◆

 久しぶりに、須磨アルプスに行ってきました。

 須磨アルプスは、六甲連山の西端にあり、全山縦走路の最初の山場に
なります。須磨アルプスを抱える横尾山は、標高312mながら、関西百名
山に名を連ねています。

 六甲全山縦走路の元々の起点は、塩屋駅でしたが、住宅地を通るため
大人数の大会では、須磨浦公園が起点となっており、今回は、須磨浦公
園駅から出発しました。

 須磨浦公園には、一の谷の戦いで熊谷直実に一騎打ちの末、討たれた
平敦盛の塚があります。

 鉢伏山は、ロープウエイでも登れるファミリーな山で、山上遊園地が
広がっており、明石大橋や淡路島が目の前に見えます。

 鉢伏山から、旗振茶屋を超えると、ようやく登山道らしくなってきま
す。一ノ谷の戦いの義経の逆落としの山と言われている、旗振山、鉄拐
山から、おらが茶屋までは、歩きやすい平坦な登山道です。

 おらが茶屋からは、一旦、高倉台団地を抜けると、標高差140m(400段)
の長いコンクリート階段があり、それを登り切ると栂尾山です。

 栂尾山には、展望台があり、旗振山や明石大橋が綺麗に見えます。

 栂尾山から横尾山までも、歩きやすい登山道で、ここからが須磨アル
プスと呼ばれる風化した岩稜地帯に入ります。

 鞍部から登り返して、馬の背を通ります。上り詰めると東山。
ここからは、須磨アルプス全貌を見渡すことができます。

 東山から、板宿八幡神社を経て、山陽板宿駅へ。

IMG_0402IMG_0405IMG_0400






IMG_0404IMG_0410IMG_0414






IMG_0420IMG_0421IMG_0417







IMG_0422IMG_0425IMG_0432







IMG_0433IMG_0439IMG_0436






◆行程◆
 2015-12-30
   9:33 阪急西宮北口駅
  10:30 山陽須磨浦公園駅出発
  10:50 鉢伏山(248m)
  11:00 旗振茶屋(253m)
  11:15 鉄拐山(234m)
  11:40 おらが茶屋
  12:10 栂尾山(274m)
  12:20 横尾山(312m) 昼食
  12:55 東山(253m)
  13:50 山陽板宿駅
 

557. 「三上山と十二坊山」

「三上山と十二坊山」

◆紀行◆

 年末に、三上山と十二坊山を訪れました。

 三上山は、今年9回目です。

 十二坊山は、岩根山とも呼ばれる山です。
ふもとに、十二坊温泉「ゆらら」があり、ハイキング
の後、温泉に入れるのがいいですね。

 十二坊山山頂からは、ダイハツ竜王工場が一望でき
ます。

 今年一年、ありがとうございました。
IMG_0392IMG_0390IMG_0388






IMG_0397IMG_0396

556. 「冬の富士」

「冬の富士」

◆紀行◆

 八ヶ岳から見る、冬の富士は荘厳です。

 今回、3日間とも、富士山と対面できました。

 朝日を浴びる富士、夕暮れに佇む富士。

 いずれの富士も、魅力的です。

6ff3c88cIMG_0308IMG_0380






IMG_0359IMG_0381IMG_0330

555. 「諏訪大社」

「諏訪大社」

◆紀行◆

 諏訪大社の、下社春宮を訪れました。

 来年は、7年に一度の御柱祭です。

 樹齢150年を超えるモミの大木。
山の中から、選ばれた16本のモミだけが御柱となり、里に曳き
出され、7年毎の寅と申の年に新築される諏訪大社の社殿の四隅
に建てられます。

 この宝殿の造り替え、御柱を選び、山から曳き、境内に建てる
一連の行事を「御柱祭」と呼びます。

 諏訪大社は、諏訪湖周辺に4箇所の境内地を持っています。

 まず上社と下社に分かれ、諏訪市に上社本宮、茅野市に上社前
宮があり、下諏訪町に下社春宮と下社秋宮があります。

 御柱そのものは、長さ約17m、直径1m余り、重さ約10トンの
巨木です。

 柱を山から里へ曳き出す「山出し」が4月、神社までの道中を
曳き、御柱を各社殿四隅に建てる「里曳き」が5月。

 上社・下社それぞれで行われます。

 楽しみですね。

IMG_0371IMG_0375IMG_0377

554. 「冬の蓼科」

「冬の蓼科」

◆紀行◆

 冬のビーナスラインに来ています。

 雪で閉鎖かと思っていましたが、暖冬のせいか、路面に
は、雪がほとんどありませんでした。

 茅野から、車山まで、快適なドライブです。

 車山からの、富士山、八ヶ岳、蓼科山、女神湖からの
蓼科山と、素晴らしい眺望でした。

 「凜」とした雰囲気がいいですね。

7b848d604776da6cIMG_0342






IMG_0344042e3cd2
Profile
最新記事
Archives
Recent Comments
訪問者数

Amazon検索
  • ライブドアブログ