こんにちは!
浴室クリーニングの川竹です。

皆様、お風呂を綺麗に維持できていますか?
80d4f907057aaa4fdc72209feab83b34_s



お風呂のパッキンやシャワーホース、浴室の入り口の扉、壁、など
ちょっとだけでもカビが生えてきませんか?

綺麗に浴室を使用しているつもりでも
念入りに掃除する時しか触らない部分は、
やはりだんだんカビが生えてきますね。

明るく元気になるような色ならまだしも、

どんより臭うし、、、

黒いし、、、

とかなり気分を害してきます。
毎日使うお風呂。最もリラックスして1日の疲れを癒したいのに
浴室内の黒いカビが目に入るが、見ないようにしてごまかしていませんか?

私も昔は結構、見て見ぬふりをしてましたが(汗)

でもこれでは本来のお風呂での癒しや回復の効果が半減してしまいそうですね。
このちょっとした汚れも深く考える事が重要です。

例えば
美味しい物を食べる時は、当たり前ですが綺麗なテーブルで
綺麗に洗ってあるお皿やスプーンで食べます。
自然に笑顔になったり、「美味しい~」と呟けたり
普通に美味しいはずです。

「綺麗なテーブルで綺麗なお皿やスプーンで食べたから美味しい」と
いちいち考えたり声にだしたり考えたりもしないですが、
心の中が自然にリラックスできていて、食べ物に集中して
美味しい味を堪能できますよね。
fcdc09bd6d05a520af00a3cd424a702f_s


ところが
美味しい物を食べる時に
見た目が汚れているテーブルやお皿やスプーンだった場合はどうでしょう?

「テーブルふいてあるの?」「このお皿やスプーンで食べてもお腹痛くならないかな?」
「,,,,,まあいっか」

などと心の中で色々な考えがフラフラ歩いたりしてます。でもほんのちょっとの汚れであれば、
ほとんどの方は、そのままそれを使用して美味しい物を食べるかもしれません。
しかし心のどこかで先ほどの考えが浮かんでいるはずなので、
やはり美味しい物を100%堪能はできてないですよね。

美味しい物を食べて、心から自然に

美味しい!

と言えるのと同じように

お風呂に入って疲れを癒しに来て、心から自然に

気持ちい~!

と言えるようなお風呂にしたいですね。

気持ちよく入浴していたつもりでも
お風呂のどこかがちょっと汚れてたりカビが生えていたりすれば

「少しカビが生えてるな」「なんかちょっと臭うな」「シャワーホースにカビがあるけど病気にならないかな」

などと余計なことがちょっとでも頭に浮かんで来るかと思います。
そうなるとやっぱりお風呂に入って100%の心のこもった

気持ちい~!

という言葉は出てこないでしょう。


では、お風呂を常にピカピカの状態を維持することができれば、
毎日、当たり前の100%の癒しと気持ちよさを体感できますね。


どうすればピカピカのお風呂を維持できるのか?


①浴室には極力何も置かない

自分自身実感してますが、これはかなり効果あります!
浴室のハウスクリーニングで伺った時、汚れがスゴイ時は
物が浴室にたくさんある傾向に感じます。
物が何もないと掃除もすぐ終わるのでお風呂クリーニングのやる気自体もあがります。
そこがいいんです。
cb7a3c053369bedeff8ec9effeb7fee9_s


②天井の見た目が綺麗でも掃除をする

天井にはカビの胞子をまき散らすコロニーがあります。
冬など温度の低い時期は一見きれいにみえてる天井にもシッカリ
コロニーが存在するようです。天井を定期的に掃除しておくことによって
浴室内のカビが生えるスピードも遅くなります。
4d4b75ab0b7c5026c5f1b8bb1311d91c_s


③換気扇を可能であれば常時使用する

当たり前ですが最も湿気の溜まる部屋といえばバスルームですね。湿気が多いと悪臭やカビも発生しやすくなります。それを防ぐ為に入浴後は換気扇を使用してください。ドアを開け、隣接する部屋の窓を開けたり扇風機やサーキュレーターを使用して空気の流れを作ってあげるのが効果的です。
CIMG0347

④スクイジーで水をきる

浴室のつるつるしていて平らな部分にすべて使用できますが、例えば鏡やガラスについた入浴後の水滴や石鹸泡などはしっかりと水やお湯などシャワーで流し、スクイジーで水気をきることをおススメします。石鹸カスや人の皮脂や垢、水のカルキなどがミルフィーユのように重なりあって強固に落ちにくい水垢が出来上がってしまいます。年季が入れば入る程それらを除去するのは容易ではないので、日常で入浴後にシャワーで洗い流した後にスクイジーで水気をきることが最適です。
スクイジー


⑤水分吸着シートで拭きとる

蛇口や水栓部分、浴槽の上面、淵などは水分がついたまま乾燥していくと強固な水垢へと発展していきやすい場所です。そういった部分は使用済みのバスタオルや水分吸着シートでしっかりと拭き取っておくことによって強固な水垢を防止することができます。
378b67c616a0b214b401a3e00d378938_s

⑥排水口の髪の毛やゴミは毎日捨てる

最終的に流れていく排水口が詰まってしまうと、あっという間に浴室中に臭いやばい菌などが増殖します。スムーズに流れる排水口であれば、入浴中にへばりつきそうな汚れも勢いでどんどん流れていってくれます。最近では排水口がぬめりにくくなるスプレーなども販売されるようになってきましたので、それらを毎日活用していくき綺麗を維持したいですね。
63740c648140468b7388032c49ff0637_s

まとめ


毎日または定期的にお掃除するのが一番ではありますが、そもそもお掃除しやすい環境を作っておくことが重要かと思います。
浴室内にはいつでも掃除がしやすいように、やる気がでやすいようにスッキリとなるべく物を置いておかない。

天井は見た目に騙されないように定期的に拭いたり洗浄したりする。

入浴後は水分を残さないようにスクイジーや水分吸着シートなどを利用して換気扇も常時まわし、乾燥につとめる。

排水口は一番汚れるスピードが速いので、毎日掃除、ヌメリ防止スプレーを活用する。
毎日掃除してる分には見た目も凄い事にならないので、慣れてしまえば、そこまで苦にならないと思います。毎日サッと5秒でいいので排水口の掃除をするのがおススメです。

これで、綺麗な浴室を維持できれば
疲れた体もゆっくりお風呂で癒すことができるかと思います。
そもそも汚れのことなどまったく見えないので、考えもせず
楽しい思い出にひたりながら最高の入浴で心からの

「気持ちい~~~」

という言葉が生まれるはずです。

綺麗なお風呂で気持ちよさそうな女性