アクセス解析

2005年09月06日

★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★

c921538e.jpg

「オペラ座の怪人」 
(2004)  米・英  THE PHANTOM OF THE OPERA

監督:ジョエル・シューマカー
製作:アンドリュー・ロイド=ウェバー
製作総指揮:ポール・ヒッチコック
オースティン・ショウ
原作:ガストン・ルルー
脚本:ジョエル・シューマカー
アンドリュー・ロイド=ウェバー
撮影:ジョン・マシソン
美術:アンソニー・プラット
衣装:アレクサンドラ・バーン
編集:テリー・ローリングス
音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演:ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム
パトリック・ウィルソン ミランダ・リチャードソン
ミニー・ドライヴァー 他、

いつもながら、ネタばればれなのでご注意!

いいなぁぁ映画って!!
ほんとに良いよねぇぇ〜、溜息が出るなぁぁ!
カゴメはオペラなんて観たこと無いし、
ミュージカルもあまり詳しくないけど、
この映画は素直に堪能できたです。
何せ目くるめくほどに絢爛で、豪儀な映画。
乙女ならずとも、あんな魅力的な怪人の腕になら、
抱き取られたいと思っちまうね(笑)!

あのモノトーンのオークションシーンから、
シャンデリアが披露されて、一気にオペラ座が色めき、
過ぎ去りし過去の栄光が蘇生される場面の見事さは、
何とも迫力と美しさがあって、呆気にとられるほど。
まさに鳥肌が立つくらいの鮮やかさです。

このオペラ座は勿論セットな訳だけと、
パリにある実際のオペラ座をモデルに、
丁寧にデザインされていて、内装の胸像やランプや壁画など、
様々なインテリアを観るだけで夢の中に誘われるようだ。
力入ってるねェェ。 
これは職人技ですよ。 いっそ住み込みたいくらい(笑)


役者さんも頑張ってるじゃないですか!
何はともあれ驚いたのは、若干17歳のヒロイン役、
クリスティーヌを演じたエミー・ロッサムね。
彼女は、13歳の時にでオペラデビューして、
パバロッティとも共演を果たしたことのある程の実力派だそうな。
(もっとも、パバロッティって言っても、名前しかしらんが 笑)
よーく顔を見ると、彼女って、
イーストウッド監督の「ミッスティックリバー」にも出演してたね。
ショーン・ペンの娘役で、殺されちゃう子の役で。
まさかこんな天使の美声を持った才能のある子とは知らなんだ!



怪人ファントム役のジェラルド・バトラーも、
あれで良かったんはないかしらん?
原作では50歳を越えたおじちゃんらしいけれど、
ラブロマンス物として再構築する上は、
ダークでデンジャラスでアナーキーで、
でもって何てったって、セクシーでなきゃならんもんね。
あの声の荒さや、ロック調の歌いっぷりだって、
そもそも作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェバー卿自身が、
ファントムにロックの要素を求めていた、
ということも背景にあっての事らしいし、その点から言っても、
充分演出上の要求に応えてるんじゃなかろうか?
(考えてみたらロイド・ウェバーって人は、
あの「ジーザス・クライスト・スーパースター」の作曲者でもある)
それと、あの徹底した屈折ぶりも執着ぶりも、
心の内奥にある救い難い苦悩の深さが現れてるようで、
わらしはすっかり共感してしまったとですよ。
良い奴じゃないか、ファントムって。
それに引き換え、ラウル(パトリック・ウィルソン)は嫌いだ!
いや、役者の演技は良いんだけど、
ラウルという“人となり”が気に入らん(嫉妬?)!
だって貴族でしょ。金持ちでしょ。ハンサムでしょ。
はっきり言って、「アホ」ってことじゃん!(←脈絡なし)
カゴメは兎にも角にも、
欠けたることのない日輪の如き完璧な奴が嫌いなのだ。
ラウルが太陽の如き健全バカなら、
その対極線上にいる、月の如くに徹底した日陰者なのが、
悲しくも狂気に沈むファントムであって、
カゴメはこういう人物像の方が一等好きでありまする。
屈折した日陰者こそが、愛への渇望の辛さを知る。
求めても求めても得られぬ愛こそは永遠の輝きを留めるのだ。
欠けてもまた満ちる月の光の様に。
そんな痛ましい心こそが、様々な美と感動を生む。



ラウルみたいなお坊ちゃまには所詮、
芸術を愛でて理解する器量など育つはずがなく、
クリスティーヌは結局結婚した後、
只の一介の主婦で一生を終えたことであろう。
カゴメがクリスティーヌなら、文句無しにファントムの嫁になって、
夜な夜な地下水道で歌うぞ、自分も仮面付けて。
(え? 意味ないだろうって? 愛があればいいじゃん!)
あの場合どう考えても、
世界中で一番自分を愛してくれてるのはファントムだろうに、
敢えてラウルと出て行くクリスティーヌの気が知れん!
あんなにも深く切なく愛して求める者を袖にするとは!

やっぱ、女はバカだのう!(憤慨)

まぁ、それはそれとして、衣装からセットから、
どのシーンも隅々まで、
その神経の通った豪華さ美しさ艶やかさは、
ほんに目を疑うばかりの素晴らしさですね、この映画。
クリスティーヌを誘い、オペラ座の地下洞に誘うシーンの、
得も言えぬ妖しげなゴシック調の雰囲気。
そぼ降る雪の中、掌中に守り続けて来た彼女を、
突然現れた恋敵に奪われる予感に猛り狂い、
ガーゴイル像の上で天空を見上げて吼えるファントムの狂気。
オペラ座の天空に花火が打ち上げられ、
豪奢なマスカレードが開催されるシーン。
『ドン・ファンの勝利』で、“ポイント・オブ・ノーリターン”
ファントムが赤裸々な愛を荒々しげに力強く歌い上げ、
それに可憐な彼女が情感を込めて応える、その旋律の見事さ。
ここは官能の極みですね。
あまりの甘美さに酔いますぞ。



そしてクライマックス。
地下道の中で、ラウルの命と引き換えに、
自分を愛するように求めるファントム。
追い詰められているのはラウルでもクリスティーヌでもない。
絶体絶命の罠に嵌り、身を捩って救いを求める獣に、
いたわりの手を差し伸べて、与えられたクリスティーヌのキス。
だが、そのキスの意味は、
そうまでしてラウルを救いたいという心情と、
獣を哀れむ慈愛と赦しの意味でしかなかった。
ファントムは確かに許されたし癒されたかもしれないが、
代わりに掛け替えのない愛が完全に去ってしまった事を悟る。
その瞬間、安堵と共に訪れる虚しさと底無しの悲哀。
ファントムの表情に表れる、
あの悲しみとも喜びともつかぬ複雑な表情は、
あまりにも美しい。まるで曇りのない月光のように透明だ。

舞台の傑作を、何故わざわざ映画にしなくてはならないのか?
そんな疑問を抱くオペラファンの人もいるだろうが、
俯瞰カット、クローズアップ、時間軸の移動、
白黒からカラーへ移行ショットなど、
舞台では絶対に不可能な演出で、
細やか且つダイナミックな表現が可能となって、
ますます「オペラ座の怪人」の完成度の高さが、
世に認識される度合いが深まったの訳だから、
それで良しとするべきじゃなかろうか?
実際のところ、映画としてもかなりの出来だと思ったですよ。



とりわけラストの、墓に供えられたバラと指輪には心が震えた。
カゴメはあのショットで、
「葉隠」が説く、男が女に捧げる至高の愛の形態、
“忍ぶ恋”を思い起こしたですよ。
切ないねェェ、美しいねェェ。

最後の薔薇に至るまで手を抜かぬ、
全編に漲る美と荘厳華麗な愛のストーリー。

是非、お見逃しなく!!


Posted by カゴメ at 00:54 
この記事をクリップ! コメントを見るコメント(51)トラックバック(49)          
SEO対策

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割くらいの入り。 隣に座った客がマクドナルド買ってきやがってて、アブラ...
★「オペラ座の怪人」【ひらりん的映画ブログ】at 2005年09月06日 14:35
音の洪水と,ゴージャスな美術にうっとり!
オペラ座の怪人【Akira's VOICE】at 2005年09月06日 16:41
久しぶりの映画館での鑑賞でした。で、「オペラ座の怪人」です。 全編というか9割くらい歌でした。ミュージカル好きにはたまらない映画ですね。これは! でも、ミュージカル嫌いの人には受け入れにくい内容です。そして、普通の映画を期待して観た人にも不評でしょうね。
オペラ座の怪人【In my opinion・・・】at 2005年09月06日 16:42
初日に観てきました。僕の鑑賞前の期待度については1月25日のブログ参照↓ http://yaplog.jp/kazupon/archive/75 素晴らしい!! まず、アンドリュー・ロイド・ウエーバー版のミュージカルが好きな人なら 、かなり満足の行く出来栄えではないでしょうか。 ...
オペラ座の怪人(映画)【It's a Wonderful Life】at 2005年09月06日 16:50
「オペラ座の怪人」、やっぱこーいうタイプの映画は苦手やわ。 「ムーラン・ルージュ」や「8人の女たち」は楽しく観れたんだけどね。 今の精神状態もあってダメやった。 主役の女の人はめちゃくちゃキュートで大好きやわぁ、おもいっきりタイプです。...
オペラ座の怪人【煮晩閃字】at 2005年09月06日 18:14
ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、 パトリック・ウィルソン出演のミュージカル。 公開日:1月29日 ☆ストーリー☆ パリ、1919年。過去へとタイムスリップを始める。 かつては豪華絢爛だったパリ・オペラ座。 その栄華を偲ぶ品々が、廃墟となった劇場....
【オペラ座の怪人】【ココアのお部屋】at 2005年09月06日 18:46
あらすじ1870年代のパリオペラ座。奇怪な事件が続発し、人々は、これをファントム
オペラ座の怪人【素直な時間】at 2005年09月06日 20:01
見逃してはいけない!と慌てて観て来ましたー。 一番衝撃だったのが、始まる前の予告
オペラ座の怪人【今日の出来事。ひとり事。】at 2005年09月06日 22:03
 舞台版,知らないんだもの〜!と言うことで,あくまで映画として観たんだけどね。  エミー・ロッサムの歌唱力がずば抜けてて“ファントム”や,恋人のラウルとの格差が激し過ぎ。逆に“ファントム”ジェラルド・バトラーの情念吹き出し恨み辛み演技に比べると,他の2人
オペラ座の怪人【日々徒然ゆ〜だけ】at 2005年09月07日 01:11
オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産) 世界18カ国、100都市で観客を魅了するミュージカル「オペラ座の怪人」が、その作り手であるアンドリュー・ロイド・ウェバー自身のプロデュースにより完全映画化された一本。 もうなんと言ったら良いのか…...
オペラ座の怪人【とりあえずな日々(仮)】at 2005年09月07日 01:22
話題の名作ここに登場。 元々は歌劇の「オペラ座の怪人」が映画で甦りました。 日本では「劇団四季」による、「オペラ座の怪人」で日本でもかなりおなじみであります。是非、「劇団四季」のを見て見たいなぁーと...
「オペラ座の怪人」 - The phantom of the opera -【Zionの丘】at 2005年09月07日 01:36
試聴できます♪ あまりにも有名なパイプ・オルガンの表題曲はキャッチーで音圧感があり、とても力がある。ミュージカル映画だけあってそれぞれの音楽がとても耳に残る。音楽がすべての映画です。しかし、音楽とセリフが一体となって心に響くのがミュージカルのツボなので、英...
オペラ座の怪人 / Joel Schumacher監督【Notes @ opus77.net】at 2005年09月09日 01:40
 劇場でも観たけれど、DVDを購入して何度も観てしまったのでレビューを書く気になりました。  The Phantom of the Opera  世界でもこれほど有名なミュージカルはないだろうというくらい有名なミュージカルなわけですが、私は舞台版オペラ座の怪人を観たことがありません。...
The Phantom of the Opera (2004,U.S.& U.K.)【The Final Frontier】at 2005年09月09日 23:30
制作/2004年・米  監督/ジョエル・シュマッカー  製作・作曲/アンドリュー・ロイド・ウェバー 出演/ジェラルド・バトラー  エミー・ロッサム  パトリック・ウィルソン 50点 綺麗です。絢爛豪華で文句無く美しいです。奥行きがあって重厚感が漂っています。薄っ...
オペラ座の怪人【映画にKISS☆ (おはなとぱーこ)】at 2005年09月10日 08:58
ミュージカルを観たことがない人も“オペラ座の怪人”という言葉は一度は耳にしたことがありますよね。それくらい有名な名作ミュージカルを映画化した作品です。 舞台のほうは一回も行ったことがないんで当然ながらこのオペラ座の怪人も観たことはなかったです。だから予備...
『オペラ座の怪人』【メガネと映画】at 2005年09月10日 13:13
凄い映画を観たという興奮でいっぱいです。何よりもワンシーン毎にとても惹き付けられ
映画「オペラ座の怪人」【RAKUGAKI】at 2005年09月11日 09:17
MUSICAL THE MOVIE。ちょっと想像していたものとは違ったですが、凄い!金かけてるぞっ!って感じ。 内容は言わずと知れたミュージカルなので・・・ 1919年の廃墟と化したオペラ座でのオークション。最後に天井から落ちるデカイ「シャンデリア」のオークションから物語が
オペラ座の怪人(THE PHANTOM OF THE OPERA)【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2005年09月14日 00:05
Cast ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン 19世紀パリ。連日素晴らしい演目の行われるオペラ座で、怪人ファントムによる不可解な事件が頻発していた。若手の女優クリスティーヌは謎の人物「音楽の天使」から夜な夜な個人レッスンを受け....
オペラ座の怪人【funfactory -3rd edition-】at 2005年09月18日 03:17
もし私が怪人だったら、淋しくて、やりきれない。この世界に、自分の理解者が、誰ひとりいないのだ。クリスティーヌへの愛が屈折したものだとしても、彼の心の傷みを思うと、仕方のないことだと思う。もう中盤から涙ボロボロ、最初から最後まで、心に響く名場面の連続で、...
★★★★★「オペラ座の怪人」ジェラルド・バトラー、エミー・ロ...【こぶたのベイブウ映画日記】at 2005年09月18日 20:04
レンタルが始まったのでオペラ座の怪人見たよ。 というのも、 ちょうどつい最近劇団四季のオペラ座の怪人をお母さんが見てきて、 お母さんも映画のやつも見たいっていうんで借りてきたんだけど、 すっごくよかった!!! 内容もよかったけど、 音楽と歌が、 とにかく素晴らし...
オペラ座の怪人【★カラフルドロップ★】at 2005年09月20日 02:59
1/29公開のオペラ座の怪人ですが, 公開日に行ってきましたよ♪ オレ的評価:★
[映画]オペラ座の怪人【Chaのお気に。】at 2005年09月23日 09:32
オペラ座の怪人 通常版 とっても、キレイでステキな映画でした。(うっとり) 映像のきれいさっていったら、もう。。。(うっとり) 私も舞踏会に参加したいですね。 ステキ。(うっとり) こうやって、また、ジュゲムで書いてる私がいます。 本当は全て辞めようと思...
オペラ座の怪人【tomo.com】at 2005年09月29日 19:54
最近映画館まで足を運んだのは『オペラ座の怪人』です。 実に、『千と千尋の神隠し』以来の映画館でした。 しかも、『千と千尋の神隠し』はチケットを貰ったから行ったので、自分から「よし、映画館へ見に行くぞ!」と気合を入れて出掛けたのは、娘がお腹にいる時以来で8年....
『オペラ座の怪人』【読書猫の日常】at 2005年09月29日 20:48
メディアファクトリー オペラ座の怪人 通常版 記憶ではこの物語の映画は何度か公開されていたのに 今年のこの映画は爆発的なヒットだったので ずっと気にはなっていた。 ここのところ映画ばかりみているせいか、 いや自分が芸術性の高い物には弱いせい
オペラ座の怪人【映画君の毎日】at 2005年10月01日 23:16
 自分の趣味で、変わったDVDソフトばかり買い込んでいた訳であるが、 ツマ  「も
オペラ座の怪人【最上屋日記】at 2005年10月05日 23:03
オペラ座の怪人TVで放映された昔の映画をちょっとだけ見た事があり、あのシャンデリ...
オペラ座の怪人【Tomi-Log】at 2005年10月08日 01:26
オフィシャルサイト → オペラ座の怪人19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」からレッスンを受け、やがてオペラ座のプリマへと成長する。クリス...
オペラ座の怪人【日々映画三昧】at 2005年10月20日 21:29
きっかけは「熊つかい座」の火夜さんの「小阪のファントムはまるいらしい。」という記事…… http://blog.livedoor.jp/kumatsukaiza/archives/50223418.html …ここからすべてが始まりました。(大げさ?) そして「メルシィ♪小阪」で書いた通り、僕もファントムにもう一....
「オペラ座の怪人」僕も小阪のファントムに会いたくなったんだ。【煮晩閃字】at 2005年10月25日 07:33
DVDで『オペラ座の怪人』 (ジョエル・シューマカー監督、2004年・米英)を見ました。 メディアファクトリー オペラ座の怪人 通常版 映画やお芝居でもう何度も見ている『オペラ座の怪人』ですが、今回もしっかり泣けました。 【ハッピーエンドじゃなき...
映画 [オペラ座の怪人/THE PHANTOM OF THE OPERA]【ミツバチ生活への道??英会話・音楽ライブ・友達とのおしゃべり??】at 2005年10月28日 13:10
そろそろ書かないと自分で情けないぞ。って事で、簡単でもいいからその日読んだもの観たものをちゃんとリストアップして行くぞ。と、初心に帰ります。さっき観て来ました。『オペラ座の怪人』ん。個人的には85点で...
『オペラ座の怪人』【【活字・活動画】】at 2005年11月05日 01:17
いてもたってもいられなくって金曜の夜だというのに ひとりで「The Phantom of the Opera」の2回目鑑賞に 出掛けてしまったのである。 いつも割安のマチネ料金で映画を観ることが多いので ソワレは久しぶり。 しかもひとりっきりでの映画館だ。 明朝からの雪の予報...
「オペラ座の怪人」再び!<1>【「あ」嬢の別宅。ただいま準備中。】at 2005年11月07日 15:52
若きヘップバーンを演じたエミーは、実は子供の頃からオペラを学び、舞台にも立っているというから驚き。というか、だからこそ適役なんだろうけど… 映画館で観ることが出来たよ!
オペラ座の怪人【八ちゃんの日常空間】at 2005年11月19日 18:19
/18℃   やっと観ました! 『オペラ座の怪人』 ヽ(^-^ ) “アンチ・ミュージカル派” の私が・・・・・・・なんと! 一緒 にハモっちゃってます 自分でも信じられないこの変わり様。。(^^; ナハハ そういうわけで今回初めて観たんですが、なんて...
「オペラ座の怪人」【まったりらいふ】at 2005年11月21日 13:22
監督:ジョエル・シュマッカー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン 評価:95点(100点満点) 公式サイト かっこええ・・・。 これはたまりませんわ。 今頃見てなにをゆうとんじゃと突っ込まれそうだが、こ...
オペラ座の怪人−映画を見たで<今年163本目>−【デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)】at 2005年12月10日 08:10
●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点 歌の素晴らしさとオペラの豪華絢爛さにすっかり引き込まれてしまいました。。 過去への回想へ入るシャンデリアのシーンは、タイタニックを思い出しますね〜
オペラ座の怪人【I Love Movie!【ホームシアター映画日記】】at 2005年12月23日 23:19
オペラ座の怪人 通常版2004年度・米・143分 The Phantom of the Opera ■監督:ジョエル・シュマッカー ■製作/脚本/音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー ■出演:ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン/ミランダ・リチャードソン これまで....
オペラ座の怪人【シェイクで乾杯!】at 2005年12月30日 23:43
あらすじ1919年、パリ・オペラ座の舞台上。その所有物がオークションにかけられている。車椅子の老人はその中の一つ、オルゴールを落札する。そして、シャンデリアを覆っていたベールが取り払われた時パイプオルガンの荘厳な響きとともに時は半世紀を遡り豪華絢爛なオ...
『オペラ座の怪人』’04・米・英【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ】at 2006年03月23日 23:58
世界中で公開されたミュージカルを映画化した「オペラ座の怪人」(2004年、米・英、ジョエル・シューマカー監督、ワーナー映画配給)。この映画は映像として、まるでルキノ・ヴィスコンティ監督の「ルートヴィヒ」(1972年、伊・西独・仏)や「イノセント」(75年...
「オペラ座の怪人」【シネマ・ワンダーランド】at 2006年04月07日 23:10
「オペラ座の怪人」 昨晩は「オペラ座の怪人」を鑑賞。 なんとも美しい映画でした。 映像全体が綺麗で素晴らしいと感じられたんですが、冒頭部分とかで白黒からカラーに変わる部分が、むしろ浮いて気になります(もっとCG技術が熟して、CGっていうことが判らないぐらいだった...
オペラ座の怪人…連続映画レビュー4日目【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2006年05月28日 09:28
劇団四季のミュージカルでは観たことないのですが、 小説を読み、最近の映画を観、劇団四季のCDをよく聴いている、 「オペラ座の怪人」についてです。 この物語については、文学好きの友人が非常にハマっており、 何度か読んだのですが、 私にはあまりその良さは
オペラ座の怪人【さかなダイアリー】at 2006年06月18日 00:40
遅くなりましたが、2/26に 大ヒット中の映画「オペラ座の怪人(The Phan...
映画・オペラ座の怪人【演劇ニュース | シアターレビュー】at 2007年02月27日 20:24
THE PHANTOM OF THE OPERA 2004年:アメリカ 原作:ガストン・ルルー 監督:ジョエル・シューマカー 音楽:アンドリュー・ロイド・ウェッバー 出演:ジェラルド・バトラー 、エミー・ロッサム 、パトリック・ウィルソン 、ミランダ・リチャードソン 、ミニー・ドライ....
オペラ座の怪人【mama】at 2009年09月21日 00:04
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★
http://www.oilfield-equipment.org/bbs/forum.php?mod=viewthread&tid=2576155【http://www.oilfield-equipment.org/bbs/forum.php?mod=viewthread&tid=2576155】at 2013年05月21日 10:34
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★
QcjzYvDp【QcjzYvDp】at 2013年05月21日 11:05
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★
nike free women【nike free women】at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★
gucci outlet store【gucci outlet store】at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★
hermes belt【hermes belt】at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★
AIR JORDAN SNEAKERS【AIR JORDAN SNEAKERS】at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★
BUY CHANEL ONLINE【BUY CHANEL ONLINE】at 2013年06月13日 12:38
この記事へのコメント
俺も大好きな作品です!!豪華絢爛で!!
やっぱ映画には豪華さも大事だとつくづく思いました。
DVDも買っちゃいました♪
Posted by シュンタ at 2005年09月06日 02:55
シュンタさん、いらっしゃいませ!
実に豪儀な映画でしたね。役者さんも皆素敵でした。
出来たら舞台の方も観てみたいけど、
北海道ではいつになることやら・・・。
Posted by カゴメ at 2005年09月06日 15:13
こんばんは。
はじめまして。
TBありがとうございました。
私もTBさせていただきます。

映画館で観てから時間が経っていますが、
今でも、あの時味わった感動、覚えています。

>舞台では絶対に不可能な演出
そうですね。これこそ、映画の醍醐味ですよね。

あの深紅のバラを思い浮かべると、胸がキューンとなります。
Posted by プチネコ at 2005年09月06日 20:07
こんばんは、カゴメさん!
私もこの作品大好きなんですよ〜!!
素敵ですよね〜♪
劇場で2回観て、サントラもDVD付きのパーフェクトガイドも先日DVDもコレクターズエディションも購入してしまいました(笑)
音楽も鳥肌が立つほど素晴らしくて一時期ずっと聞いてました。
キャストも非常に魅力的ですよね。
舞台の良さと映画の良さが両立した作品でした。
TBさせていただきますねm(_"_)m
Posted by かの at 2005年09月07日 01:28
シュンタさんへ。
>やっぱ映画には豪華さも大事だとつくづく思いました。

アメリカ産の映画にはその点はかないませんね。
金の使い所を知っている豪儀さです。
決して大味にはなってなくて、人の心を魅了させる華麗さですね。
Posted by カゴメ at 2005年09月08日 21:23
プチネコさんへ。いらっしゃいませー。

>あの深紅のバラを思い浮かべると、胸がキューンとなります。

「切ない映画であらねば映画にあらず」というくらい、
切な物が大好きなカゴメはあすこでグッと来ました。
やられました。
ファントム様はエライお人です。
叶わぬ愛も貫き通す、強い人ですね彼は。
Posted by カゴメ at 2005年09月08日 21:27
ごぶさたでーす、かのさん。

あたしゃもう、ファントムが可哀想で可哀想で(涙)・・・。
ラウルさえ出て来なければ、八方丸く収まってた話なのにーっ!(笑)。
完全に感情移入してしまってます(笑)。

>音楽も鳥肌が立つほど素晴らしくて一時期ずっと聞いてました。

オペラファンの人には評判良くないみたいですけど、映画としたらとても良い歌いっぷりだったと思いました。特に、ジェラルド・バトラーの荒々しさは抜群だと思います。
Posted by カゴメ at 2005年09月08日 21:32
はじめまして。トラックバック頂いたので返させていただきました。

この作品は個人的にどうもジェラルド・バトラーに感情移入できなくて、自身のレビューでは辛目に書いてしまいました。大きく期待しすぎたせいもあるかと思います。

映像美に関しては最高でしたね。あのクオリティで他のオペラも映画化してくれたらと思います。
Posted by mykey at 2005年09月18日 03:24
mykeyさん、こんにちは!

>あのクオリティで他のオペラも映画化してくれたらと思います。

「マイスタージンガー」とか、いいですねぇ…。
あ!、でも、何時間になるだろ(6時間!? 笑)。
Posted by カゴメ at 2005年09月19日 12:15
はじめまして、レビュー拝見して笑ってしまいました。そうなんですよ。この映画はファントムを主人公にしたほうが良かったですよね、女はバカです(笑)
Posted by exp#21 at 2005年09月29日 16:51
はじめまして、読書猫と申します。
TBありがとうございました。
こちらからも、TBさせて頂きました。

久しく映画館に足を運んでいなかった私を映画館に引っ張り出してくれた作品です。
モノクロからカラーへと、劇的に変化するシーンの映像と音楽にやられ、開始数分で鳥肌と共に涙腺まで刺激されてしまいました。
Posted by 読書猫 at 2005年09月29日 20:53
exp#21さん、読書猫さん、いらっしゃいませ。

>この映画はファントムを主人公にしたほうが良かったですよね、女はバカです(笑)

いえいえっ! 女の人は馬鹿じゃないですよっ!
危ない危ない(笑)。
クリスティーヌが小馬鹿なんです。(←これも充分危ない 笑)

>開始数分で鳥肌と共に涙腺まで刺激されてしまいました。

ドラマティックという言葉は、
この映画の為にあるような言葉ですね。
Posted by カゴメ at 2005年10月01日 12:47
はじめまして。コメントつけるのが遅くなりまして、
大変失礼しました。トラックバック、遅ればせながら
当方でもさせていただきました。(トラックバックの意味を
理解していなかった)

まぁ、個人的にはアンドリュー・ロイド・ウェバーの激しい思い入れにどこまでついていけるかな、
いったところでしょうか。
美術スタッフ大活躍の映像は、すばらしいですね。私の奥さんの
採点はちと厳しかったようです。
Posted by 最上屋 at 2005年10月05日 23:11
最上屋さん、いらっしゃい!
訪問ありがとーございます。
たった今、貴ブログを訪問させて頂いてました。
行き違いでしたねェ(笑)。
「イル・ポスティーノ」の記事、拝見して感心させられました。
いやいやいやいや、お詳しいっ!凄いです。

>個人的にはアンドリュー・ロイド・ウェバーの激しい思い入れにどこまでついていけるかな、いったところでしょうか。

「こ、この監督で大丈夫か?」と、
正直私も思って観てましたけど(笑)、
ウェバー卿が結構イニシアチブをとって製作してるんで、
それなりの完成度が保てたように思えます。
てか、舞台観た事無いんで比較できないけど(笑)・・・。
Posted by カゴメ at 2005年10月05日 23:39
こんにちわ。
ずいぶん前にTB頂いたまま長いこと御連絡できずゴメンナサイね。
舞台版が大好きなので、初回鑑賞時は「怪人さん」の歌唱力に
難癖をつけたくなりましたが、この作品はジェラルド・バトラーが
やっぱりいちばん魅力的なんですよね。
カゴメさんの「月」になぞらえたファントム描写が最高です。
遅れ馳せながらこちらからもTBさせて頂きますね。
Posted by 「あ」嬢 at 2005年11月07日 16:42
「あ」嬢さま、いらっしゃいまし!

>この作品はジェラルド・バトラーがやっぱりいちばん魅力的なんですよね。

あんだかだ言っても、彼が一番印象深いですね。
野性味と繊細さが丁度良いくらいに織り込み合っていて、
私は感心したですよ。

>遅れ馳せながらこちらからもTBさせて頂きますね。

ありがとーございますー♪
Posted by カゴメ at 2005年11月08日 08:32
コメント&TB、ありがとうございました☆⌒(*^-゜)v
ってことでTB返し〜★
Posted by 桔梗屋 at 2005年11月21日 13:23
桔梗屋さん、お久しぶりです!

TB返し頂きました。ありがとー!!
Posted by カゴメ at 2005年11月21日 13:42
カゴメさん、コメントありがとうございます!

エミー・ロッサム惚れた!!
あれで16歳なんて宇多田ヒカルデビュー時くらいの衝撃です!(笑)
Posted by れんた at 2005年12月29日 06:25
れんたさん、いらっしゃいましー!!

エミー・ロッサムは本当に期待の星ですねぇぇ。
今度はどんな作品に出てるのか、ちょっと情報収集してないけど、
必ずまた大作に出て来るでしょう。
なんせ若いから、まだまだ伸び代があるので、
今後が楽しみですね。
Posted by カゴメ at 2005年12月29日 08:37
こんばんは!
コメントありがとうございました。
ジェラルド・バトラーの歌にシビレました。
そう、あのお腹の底から歌いだすような荒い声。まさにロック調!エミー・ロッサムもあんなに歌が上手だとは思っていなかったので、てっきり吹き替えかと思ってしまいました。
天才少女と言われていたんですかー。やっぱりアメリカって広いです!役者が本業なのに、この歌のうまさに驚くばかりでした。
Posted by shake at 2005年12月30日 23:42
shakeさん、いつもお世話になってます!!

>役者が本業なのに、この歌のうまさに驚くばかりでした。

どうもキャリアとしてはオペラ歌手の方が本職みたいですよ。
でも、あの演技力も見事ですね。
今後が楽しみです。
来年もよろしくお引き立て下さいませ♪

Posted by カゴメ at 2005年12月31日 18:59
カゴメさん、お久し振りです。当方のブログ更新しましたので、TB送付させていただきました。
この映画のファントムの悲哀っていいですよね。
では、ではよろしく!!
Posted by David Gilmour at 2006年04月07日 23:22
David Gilmourさん、いらっしゃいましー!!

>この映画のファントムの悲哀っていいですよね。

ドラマティックな作品は、
やっぱり“切な物”に限りますなぁ。

>では、ではよろしく!!

TBの記事、早速拝見仕ります。
Posted by カゴメ at 2006年04月08日 08:44
以前「道」のときにトラックバック頂いたので、
今回もトラックバックさせて頂きました^^

ただ、大変な酷評で申し訳ありませんT▽T

どうしても、私は、
ファントムは、自分を逃がしてくれたマダム・ジリー(だっけな?)を好きになったほうが、年齢的にもあっているし、

クリスティーヌに惚れ込むよりは、まだましだったのでは・・・
とか、思っちゃうんですよね〜^^;
Posted by さかなダイアリー at 2006年06月18日 00:45
さかなダイアリーさん、いらっしゃいましー!!

>ただ、大変な酷評で申し訳ありませんT▽T

いえいえ、どー致しまして、であります♪

>クリスティーヌに惚れ込むよりは、まだましだったのでは・・・

多分彼は、カゴメと近い、
“ナイープな無害ロリコン”なのでありましょう(苦笑)。
Posted by カゴメ at 2006年06月19日 09:08
おひさっくす。
わたくすは、この映画は劇場でみていまっくす。
カゴメさんは劇場アレルギーだからと仰っていたっけかっくす。

(最近、語尾に・・・ックス・・をつけるのがプチ流行(はやり)っくす。)

普通にかきまっくす。

え〜、そうなんです。ファントムは素敵でしょう。
覚えてないかもしれないけれど、私はファントムが大好き。
その点ではカゴメさんと同意です。

Posted by nao at 2006年09月16日 00:23
で、
舞台のオープニング、オークションは、それはそれで
かなり感動的だったんですよね〜
映画はシロクロからカラーへ突入ー!!って劇的ですが
舞台は、劇場全体が完全に真っ暗になり、客席の壁にも
黒幕が張り巡らされ、音も響かない暗黒の空間から
始まります。
ざわめいていた会場から非常灯の灯りさえ消え、
静けさの重みに鼓膜が潰れそうな圧迫感を覚えると
舞台の上の一箇所だけが、蝋燭で灯される。
そして、突然ハンマーの乾いた音が、「ターーン」と響く。
Posted by nao at 2006年09月16日 00:27
んで、
目を凝らすと、蝋燭は高い台の上に置かれ、炎の奥には
顔の見えないオークショナーがうっすらと見える。
ロットナンバーを読み上げる声が紹介するは
古びた猿の玩具。
スポットライトの中に登場した玩具のシンバルの光は
舞台に数名の貴族の姿を照らす。
オルゴールのメロディを聞いた車椅子の
貴族が「彼女が言っていたオルゴールだ」と歌う。
この場面は、オバケ屋敷かと思うくらいの真っ暗闇。。。
Posted by nao at 2006年09月16日 00:27
そして、オークショナーはロットナンバー666のシャンデリア
を紹介する。あの忌まわしい事件で壊れてしまったものを
完全に修復したもの。この輝きにファントムも逃げ出すだらう
!!とライトが灯ると共にシャンデリアは天井へと登り始め
・・・・・黒幕に包まれていた会場が
一気にパリのオペラ座の内装に変身。

まさしく鳥肌!!あのメロディにのって会場が完全に
オペラ座に変身すると、カルロッタの甲高い声で
ハンニバルがスタート。

劇団四季を是非、観てみてね。

Posted by nao at 2006年09月16日 00:28
私はタイマイはたいて、3回もみにいっちゃいました。
そして映画のほうも、3回みちゃいました。
DVDまだ買ってないけど
イギリスのオリジナルキャストのCDは以前から持っており
ファントムオブジオペラ,一人デュエットなど
したりして・・・

DVDかわなくちゃ。。。。。つーわけで
ではではお邪魔ックス。

連続投稿、失礼しマックス。
Posted by nao at 2006年09月16日 00:30
NAOさん、お久しぶりでありマース♪♪♪♪

>連続投稿、失礼しマックス。

いえいえ、連続投稿全然OK大歓迎♪であります。

>最近、語尾に・・・ックス・・をつけるのがプチ流行(はやり)っくす。

一体、NAOさんに何が起きたんだろ?(笑)

>オークショナーはロットナンバー666のシャンデリアを紹介する。

あれってロットナンバーが「666」だったんですね。
何とも意味深だなぁぁ。

>まさしく鳥肌!!あのメロディにのって会場が完全にオペラ座に変身すると、カルロッタの甲高い声でハンニバルがスタート。

想像しただけで、ゾクゾクと来るですね♪♪
Posted by カゴメ at 2006年09月16日 09:18
(続き)

>劇団四季を是非、観てみてね。

昔、劇団四季は別な作品を札幌と東京で二度ほど観てるです。
と言っても30〜15年前ですが…。
カゴメの住むこのド・田舎町にも公演で来てくれると良いんですが。

>DVDかわなくちゃ。。。。。つーわけでではではお邪魔ックス。

何だかカゴメも、もう一度観てみたくなっちゃったですよ♪
Posted by カゴメ at 2006年09月16日 09:24
お久しぶりです。
あちらではkenで通っていました。
私もブログを始めました。

なんか、RSSのリンクをはらせていただこうかと思います。

オペラ座の怪人、大好きなんです。私も・・・。 
Posted by kazushige at 2007年01月26日 02:59
(kenさん改め)kazushigeさん、お久しぶりであります♪♪♪

そうですか、ついにブログへ進出されましたか。
掲示板も良いですが、想いの丈を存分に語るには、
やっぱりブログが一番ふさわしいですね。

>RSSのリンクをはらせていただこうかと思います。

これはこれは、ありがとーございます。
カゴメも、もちっと体調が良くなったら(風邪引いちゃいまして)、
遊びに伺わせてもらうですよ♪
Posted by カゴメ at 2007年01月28日 13:45
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ Louis Vuitton UK http://www.frimp.co.uk/
Posted by Louis Vuitton UK at 2013年06月10日 02:39
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ nike free women http://nikefreewomen2013.6te.net
Posted by nike free women at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ hermes bag http://hermeshandbags2013.devhub.com
Posted by hermes bag at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ gucci outlet store http://guccioutletstore.webstarts.com
Posted by gucci outlet store at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ hermes belt http://hermesbelts.devhub.com
Posted by hermes belt at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ CHANEL WALLET http://buychanelonline.coolpage.biz
Posted by CHANEL WALLET at 2013年06月13日 12:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ fduudrez
Posted by http://www.sunrizewithaz.com at 2013年06月24日 02:24
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ anwpaxj
Posted by http://www.sunchannel.net at 2013年06月24日 02:24
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ jzxcul
Posted by http://www.sunrizewithaz.com at 2013年06月24日 02:24
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ nzwigclyhr
Posted by http://www.kristahoward.com at 2013年06月24日 02:24
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ oincfeb
Posted by http://www.purewatertogo.org at 2013年06月24日 02:24
9149616.Content is managed and synchronized using the AppGlu mobile app platform.r alla v?42-18.6215, r komplex textlayout, Een RSS-feed is een regelmatig bijgewerkte samenvatting van webinhoud die samen met links naar de volledige versies van die inhoud wordt gepubliceerd.73M-847.423.20133,714. ?我?就会与 Google 以外的公司、??和个人分享用?个人信息:?足?用法律、法?、法律程序的要求或?制性的政府要求。707Jun 4, iPhone y Palm PreSi utilizas un dispositivo Android, If you're signed in, 523Apr 30. yre hj?
ralph lauren pas cher http://www.pol0ra1ph1aurenpascheresfryf.com
Posted by ralph lauren pas cher at 2013年07月15日 16:38
他の地域版のパーマネント リンクが表示されていますSachez que vous pouvez consulter d'autres articles, 839.
coach outlet store online http://www.cococoachstoreonline.tumblr.com/
Posted by coach outlet store online at 2013年07月15日 16:38
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「オペラ座の怪人」、絢爛豪華な悲恋★ ohzvrmzlpif http://WindSportItaly.it/ pfqyxu http://sgf-online.it/ hukvtia http://assocastellamonte.it/ ahjuiay http://www.cioccomorra.it/ cmgowoglbj http://rivaditraiano.it/
Posted by WindSportItaly.it/ at 2013年08月23日 15:55
???????????濂姐亶?с??傚????せ????冦???ばソ??????傚?鏃???????囚???????ソ??????傚ソ???浜恒??曚???????ソ???????唱??????????????濂姐亶?с????????静??椿?????????亜????c?????????鑿????????????
www.decennalisabbio2012.it http://www.decennalisabbio2012.it
Posted by www.decennalisabbio2012.it at 2014年05月05日 18:27
?????????冦???????х窗??????????????せ頴鎗??????般姻ぶ?????併??ャ???亜???х┛?????????????亜????? ??????併?????樹??????版?????с?併????????亜????????????????????c???亜??????????c?????????? ?????????????ヨ壊?????亜?c???亜????с??亞?嬶??? ??搴???????│??????? ??紡??及 -. . . .
www.asagaogo.com http://www.asagaogo.com
Posted by www.asagaogo.com at 2014年05月07日 07:20
 
当ブログはコメント一回の文字数制限が400字です。

track feed