アクセス解析

2006年02月19日

★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★

40c51c4a.jpg

「チャーリーとチョコレート工場」 
(2005) 米/英
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

監督:ティム・バートン
製作:ブラッド・グレイ リチャード・D・ザナック
製作総指揮:マイケル・シーゲル[製作]
ブルース・バーマン グレアム・バーク
フェリシティ・ダール パトリック・マコーミック
原作:ロアルド・ダール 『チョコレート工場の秘密』
脚本:ジョン・オーガスト
撮影:フィリップ・ルースロ
美術:アレックス・マクダウェル
衣装:ガブリエラ・ペスクッチ
音楽:ダニー・エルフマン
ナレーション:ジェフリー・ホールダー
出演:ジョニー・デップ フレディ・ハイモア
デヴィッド・ケリー ヘレナ・ボナム=カーター
ノア・テイラー ミッシー・パイル 
ジェームズ・フォックス ディープ・ロイ
クリストファー・リー 他、

いつもながら、ネタばればれなのでご注意!

いいねぇぇ〜♪♪
こいつぁ、いいよっ!!
いかにもティム・バートンらしい。
カゴメにとっては、テリー・ギリアムと並んで、
「愛すべき奇人の双璧」でありますね。
そして、ジョニー・デップ。
もう、ゲップが出るほどにデップ(笑)!!
その艶やかで繊細で奇妙奇天烈で神経質で、
0コンマ5秒おきに変幻する顔の微細な表現力。
ちょっとした仕草にも意味合いが込められていて無駄がない。
台詞の“置き加減”とタイミングも絶妙。
嘲笑から不快、そして憎悪に至る、
際どいグラディエーションの掛かった眼差しの変化。
どれを取っても超Aクラスの演技力だね。
改めて、感嘆したよ!
奇人バートンの意を受けて、それを見事に具象化する。
アンタも充分に大奇(特)人でありますっ!!

これ、ほんとに、世界観が実にヨロシイ。
カゴメは原作は残念ながら読んでいないけど、
如何にも英国らしい風味と風刺が利いているのを感じる。
「マザーグース」のような残酷性、
キッツいブラックユーモアが端々に滲み出てるね。

でもって色彩が極上! キッチュでシュールでサイケで、
麻薬みたいな妖しさに満ちていて、ポォォとなって来る。


陰鬱な冬の街のど真ん中に、他を圧して聳え立つ工場。
フリッツ・ラング「メトロポリス」調よろしく、
ギリアム「未来世紀ブラジル」の情報剥奪省よろしく、
色彩を感じさせない陰鬱な構造物だけど、
一歩中に足を踏み込めば、そこは、
めくるめく甘やかな“お菓子の国”。
寂しい狂気と甘ったれた稚気が、
ホイップクリームやガナッシュクリームに包まれて、
ウンパ・ルンパの姿を借り、欣喜乱舞する異次元であります。



カゴメはかつて、菓子製造メーカーに勤め、
何度もチョコレート工場には赴いたことがあるですが、
(埼京線を利用している人は見た事あると思うですが、
武蔵浦和駅のホームから見える例の工場です)
こんな楽しい工場は残念ながら知りませんな(笑)。
ただ、この作品を観ている間、何度も何度も、
工場に立ち入った時に嗅いだ(というより溺れた)、
カカオのムッとする濃厚な香りが鼻腔に甦ったとです。
押し寄せる洪水のようにベルトの上を流れて来る、
焼き立てのチョコ菓子。
次から次へとモールドに流し込まれるチョコレートの帯。
林立するプレッツェルにインジェクションされるチョコレート。
もぅ見渡す限り、
あらゆる温度のあらゆる形のチョコレートのオンパレード。
そこかしこから立ち上る馥郁としたチョコの香りは忘れられませぬ。
んが、
このウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)のチョコレート工場には、
想像を絶するチョコレートの世界が展開してます。



なんと、全てがチョコレートで出来ている野っ原のど真ん中を、
滔々と「チョコの滝」と「チョコの河」が流れ、
生茂る草も木も木の実も全部チョコ(恍惚)。
カゴメのような甘党には夢のような情景が広がっておりますよ。
この「チョコレート尽くし」のジオラマセットを実現するのに、
使用されたチョコレートの量は、実に92万7千リットル!!
重量にすると約900トン(比重が良く解らんけど)。
100グラムのチョコで900万枚分。
カゴメは年間20キロ食べているので、それを「1カゴメ」とすると、
実に「45、000カゴメ」であるっ!!
45、000人のカゴメが一年間食べ続ける分に相当するのだ。

す、すげぇぇ・・・
(↑そこまでやらんでも気が付け!笑)



ただし、難点は、使われているのがネスレのチョコだという事。
どーもカゴメの口には合わないね。
レシチン臭くて、独特の塩っ気が後口を悪くしてる。
やっぱ、チョコレートはロッ●の「△ーナ」ですな(身内自慢)。

奇天烈工場内の天国or地獄巡りが何とも愉快であります。
サイケデリックでニギニギしくて堪りません。
出て来る連中もぶっ飛んでる。
特に、ウォンカが仕込んだ招待状をゲットした、
世界各地から選ばれた子供の子役がグンバツに良いね。
ステレオタイプというか、
見てるだけで胸糞悪くなるような腹タダシイ餓鬼ばかり(笑)。
もっとも、そんな五人の中の一人、
フレディ・ハイモア演じるチャーリーだけはとても良い子。
ちと、小腹の立つほどに良い子である。
(フレディ・ハイモアと言えば、
「ネバーランド」でピーター演ってた子だね)
右30度に傾いたコテコテに貧乏な家の欠食児童。
父母と両親のそれぞれの祖父母と五人で、暮らしてるんだけど、
貧しさにもめげず、
家族の愛を一身に受けて育った賢明で心優しい子供である。
とは言え、
どしても、あの工場に入りたくて、
路上に落ちてる紙幣をネコババし、買ったチョコレートに招待券が!
このシーン、「教育上、ヨロシクないのでは?」とか、
「チャーリーの倫理観が疑われる」とか、
なんとも無粋なコメントも出てるけど、
まぁ、いいじゃないの!
「未だクリーンじゃないから子供」、
なんだから。
そーまでしても、どしても工場に行きたかったんだから。
カゴメなんて、
「この子にもこんなところがあったか。やれやれ・・・(ホッ)」
と、大安堵したですよ。
(子供の心なんざ、邪心・欲心で溢れかえってるものである。 笑)
それに、一応、その招待券を換金して、
家計を助けようとする健気さも見せてくれるし…。
そうそう、その時の爺様の切り返しが良いんだ。
「お金は幾らでもこの世にある。
だが、そのチケットはこの世に5枚しかない。
そんなチケットをお金に替えるほど、お前はバカなのか?」

そうだよなぁぁ、この世にお金なんて捨てるほどあるんだよなぁぁ。
カゴメの懐には無いだけで(涙)。



とまぁ、チャーリーは出来の良い子なのだが、
残りの4人は、おぞましいくらい我侭で邪心に満ちている。
良いなぁ、この徹底ぶり。
付き添う親のダメっぷりも心地良い。
で、そんな手の施し様のないバカ餓鬼が、
工場内の行く先々で、
コテンコテンに“お仕置き”されてちゃうんだけど、
そのお仕置きが何とも過激でグロなのが笑える。
チョコレート吸い上げるチューヴに汲み取られるは、
パンパンに膨らんで、全身ブルーベリーフル充填になるは、
リス達に担ぎ上げられてダストシュートに投げ込まれるは、
瞬間転送装置でミニチュア化されちゃうは…。
更に、そんな時に決まってゾロゾロと出て来て、
モブ・ダンシングで謳い上げるウンパ・ルンパ!!!

うわっっ!! おもしろぇぇ〜♪♪
もうノリノリだね、ウキウキだね、止まりませんね〜♪♪
はっきり言って、このウンパ・ルンパ達こそは、
この作品の陰の主役でありましょう!
彼らを演じているのが、ディープ・ロイというケニア出身の俳優。



どっかで見た事ある顔だよなぁぁ、思ってたら、
「ビック・フィッシュ」で、サーカスの団長が狼に変身した時、
涙を流しながら拳銃を差し出した、あのピエロの人だね。
調べてみると、
他にも「スター・ウォーズ」や「ピンクパンサー」など、
結構あちこちに出てるんだねぇ。気が付かなかった…。
このウンパ・ルンパのモブシーンは、
一見、CG合成っぽいけど、実は50人踊るシーンでは、
50人分の踊りを一人で踊って、繋ぎ合わせているらしい。

どうりでよーーく見ると微妙にみんな違っている!!
(全部で165人分のウンパ・ルンパを演じてるそうな)
それと、あのナッツ選別リスたちも、
ところどころはCGだけど、ほぼ実写なんだね。
他にも、でっかい板チョコが、
モノリス(「2001年宇宙の旅」)になって転送されたり、
「サイコ」の包丁フリフリシーンなど、
他の映画のオマージュなんかも出て来て、
一瞬たりとて飽きさせない構成になっている。
やっぱりバートンは凝り性ですな(笑)。

さて、なぜ子供嫌いで、家族なんて念頭にないウォンカが、
わざわざ彼ら五人の家族を招待する気になったかというと、
散髪していて、ふと目に付いた一本の白髪にショックを受けて、
後継者探しをする気になったからだそうな。
うむ、分かるなぁぁ、その気持ち。
カゴメとデップは共に今年で43歳。
“下の方の毛”にまで白いのが混じるようになったカゴメには、
まっこと心に沁みるエピソードじゃ(涙)。
さぞかし、デップの下の毛にも1・2本はあるじゃろうて・・・。
と、まあ、“下の毛”は置いておいて(苦笑)。



この作品(原作)の良いところは、
単純な「異次元探訪」と「シンデレラボーイ物語」に留まらず、
後継者を求めていたウォンカが、チャーリーという存在を通して、
失われ、忘れ果ててた「家族」、
「父子の関係」を取り戻す、

という所だろう。
そういう意味では、
出だし「シザー・ハンズ」で中「ビートルジュース」、
後半「ビック・フィッシュ」という色合い
ですな。
両者の父親(チャーリーの場合、二人の祖父も)がまた味わい深い。
チャーリーの父親役は、
「シャイン」で青年期のデヴィットを演じたノア・テイラー。
彼、久しぶりに見たけど、
相変らず繊細でエキセントリックな感じで良いねぇぇ。
それと、ウォンカの父親役は、何と、
あのドラキュラ名優のクリストファー・リー。
これまた、頗る良いっ。

長身から押し出て来る威圧感。有無を言わさぬ強面。
まったく反論を受けつけなさそうな頑固な風貌。
物語のラスト近くで、ついにウォンカが再会する気になって、
両者が会うんだけど、このシーンも良いよねぇ。
雪原に一戸だけ立ってる父親の家。
周囲には一軒も他の家が建っていず、
息子に見捨てられた父親の侘しさが際立つ。
このカットだけで、
父親が息子を捨てて、家ごと姿をくらましたのではなく、
実はウォンカさえその気になれば(父親を求めれば)、
どこにも親は行かずに、いつまでも待っていてくれるのだ、
という事を“画”だけで、はっきり示している。
歯医者をしている父親は、最初、
訪ねて来た男を息子とは気が付かず、
診察台に座らせて、ウォンカの歯を覗き込み診察する。
その背後の壁にはびっしりと、
活躍する息子の記事の切り抜きが一面に貼られている。
置かれているアルバムにも、息子の記事と写真で一杯だ。
もうそのカットだけで、どれだけこの父親が、
息子を案じて生きて来たか一目瞭然である。
この雪原で一人、じいっと息子の帰りを待ちながら、
チコチコと息子の記事を切り抜き、
大事に大事に、一枚一枚、壁に貼っていたのだ・・・。

ここでカゴメはひっそりと泣けたね。
ようやく、その整然とした歯並びに、「息子だ!」と気付いた父。
抱き締めるその前に、
思いの丈を堪えるかのように手を握り締める。
医療用の白いゴム手袋がギュッと鳴る。
と、
息子のウォンカのハデハデしい紫手袋もギュッと鳴る。
余計な小賢しい台詞はいりませんな。
この“ギュッ”だけで充分、込み上げる思いが伝わります。
この時の父親の表情が堪りません。
暖かくて切なくて、どこか悲しげで柔らかい…。



ラスト、ウォンカの二度目の申し出を受けたチャーリーと彼の家族。
あの工場内の草原に移したあばら家で、
ウォンカと楽しげに食事してます。
生意気なガキに突っ込まれては、
マジキレで言い返していた、あの子供のようなウォンカも、
チャーリーの家族に迎え入れられ、
優しげに受け答えしてます。
まだちょっと、ぎこちないけど(笑)。
こういう穏やかな幕引きが、なかなか良い味わいだね。

ところで、本作でも、
芸達者で見飽きない演技を披露してくれたデップだけど、
一応、このウォンカ役には、
様々な役者の起用が検討されたらしい。
スティーブ・マーチン、ロビン・ウィリアムズ、
クリストファー・ウォーケン、ニコラス・ケイジ、ウィル・スミス、
ブラッド・ピット、マイケル・キートン、ジム・キャリー、
アダム・サンドラー、etc、etc…。
カゴメ的には、クリストファー・ウォーケンの若い時なら、
結構嵌るような気がしますね。
ブラッド・ピットも以外に面白いかも。
もっとも、“ヘタさ爆発!”
だったかも知れないけどね(←問題発言)
だけど、こうして観てみると、
やはり文句なしに「デップの世界」ですな、これは。
本人も相当、これには熱を入れて取り組んだのだろう。
ウォンカの声をどーするか、色々研究して、
色んな声音を試しては、幼い愛娘にダメだしされていたそうだ。
挙句に、撮影現場に訪れていた息子に、
「パパって、変っ!!」言われたそうな(笑)。
身内にまで奇人扱いされ捨て身で演じたデップは、
まっこと、俳優の鑑ですね。
でも、デップよ、安心したまえ!
いつも一緒にいながら、
今更君の奇人ぶりに気が付いた子供達も、
こりゃ相当、変わってるぞ!
血は争えんのぉぉ(笑)



にしても、
踊り狂うウンパ・ルンパたちの中に、
今度こそミニ・ミーが混じってるだろうと思ったに・・・。

いなかったよ。



≪チョコレート、一口トレビア≫
皆さん、アーモンドボールチョコって食べた事がござるか?
そうです。あのラグビーボールみたいな形の、
アーモンドが丸ごと入っているチョコレート。
あれ、表面がツルツルピカピカしとるでしょ?
(ハゲの人。ごめんね)
まるでラッカー塗ってるみたいに・・・。
さぁて、では一体どーして、
あんなにツルピカ(ハゲの人。ごめんね)に光ってるのかというと…。
実はアレ、あるものを塗ってるんですねぇぇ。
それは・・・。





(下に続く)





この



ラックカイガラ虫という虫さんの体液、

なのでありますよ。ヒッ、ヒヒヒヒ。
インド、タイなど南方のアジアに生息するラックカイガラ虫。
このラック虫は樹木に寄生して樹液を吸い、
そして自身の体を包んだり産卵の為に、木の枝に殻を作るです。
この殻を採集し、磨り潰して抽出したのが「シュラック」。
あのチョコボールの表面は、
実はこの可食性の天然光沢剤シュラックが、
まんべんなく塗布されているですよ。

さあ、今日から、
ツルピカしているチョコボールを食べる時は、
(ハゲの人、ほんにごめんなさい)
「ラックカイガラ虫さん♪ 体液頂きま〜す!」と、
一言、労わりの言葉をつぶやいてから食べましょうねっ

ふふ、ふふふふふ。


Posted by カゴメ at 23:19 
この記事をクリップ! コメントを見るコメント(48)トラックバック(31)          
SEO対策

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
いやぁ〜おもしろかった!! 【チャーリーとチョコレート工場】行ってまいりました。 本当は初日に行きたかったくらいなの。 みんなの感想を見ちゃうと先入観を持っちゃうから 一番《Vary
チャーリーとチョコレート工場【BLACK&WHITE】at 2006年02月20日 00:08
チャーリーとチョコレート工場 両親と両祖父母と一緒に傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。 彼の楽しみは年に一度誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレート。 世界一のチョコレート工場だというのに、実は誰も工場に人が出入りしているところ....
チャーリーとチョコレート工場【とりあえずな日々(仮)】at 2006年02月20日 01:56
初日に見てきました。 ジョニー・デップと聞けばもう見ないわけがないっ。ここのタイトルの下にもあるように、適当な感想なのでストーリーなどは省きます。調べてくれっ←誰も見てないと思うけど・・・ 相変わらずの変人な役どころで大満足でした。某番組のゴ○ーさんは「....
チャーリーとチョコレート工場【映画鑑賞★日記・・・】at 2006年02月20日 12:03
普段は見てない映画の感想は聞かない・読まないのだけれど、これに関しては否が応でも耳に入ってきていた。 みんな「ウンパルンパ最高!!」と云う。。。見てわかった........     ウンパルンパ最高!! (≧∇≦)b   もうオープニングからティム・バ...
チャーリーとチョコレート工場【色即是空日記+α】at 2006年02月20日 13:26
『チャーリーとチョコレート工場』 2005年アメリカ(115分) 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ    フレディ・ハイモア    デヴィッド・ケリー    ヘレナ・ボナム=カーター    ノア・テイラー ★ストーリー★ 家が傾...
チャーリーとチョコレート工場【WILD ROAD】at 2006年02月21日 00:09
オープニングのワクワクするような音楽とチョコレート工場。 映画開始とともに、不思議な世界へと入り込んでしまいました。
チャーリーとチョコレート工場【シェイクで乾杯!】at 2006年02月21日 17:42
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY ■監督 ◇ ティム・バートン ■音楽 ◇ ダニー・エルフマン ■出演 ◇ ジョニー・デップ ◇ フレディ・ハイモア貧しいチャーリーが住む町にある大きなチョコレート工場は、世界一のチョコレートを作る工場。だけど、ここ何年も人の出入り....
チャーリーとチョコレート工場(2005)【L'Eclair】at 2006年02月22日 10:29
チャーリーとチョコレート工場 特別版出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2006/02/03メディア: DVD チャーリーとチョコレート工場をレンタルで見ました。 私は原作つきの映画で原作がまだ未読の場合、原作読まないで見てから原作を読むタイプなんです...
チャーリーとチョコレート工場【もきゅもきゅ日和】at 2006年02月22日 13:09
あらすじ 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレート。世界中で爆癀://sр
チャーリーとチョコレート工場【Spare Time】at 2006年02月22日 17:17
原題 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 2005年 アメリカ 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ     フレディー・ハイモア     デビッド・ケリー     ヘレナ・ボナム・カーター     ノア・テイラー     クリストファー・リ...
チャーリーとチョコレート工場【映画のへや】at 2006年02月22日 22:10
チャーリーとチョコレート工場  http://wwws.warnerbros.co.jp/movies/chocolatefactory/ 2005年 上映時間 115分 監督 ティム・バートン 製作総指揮 マイケル・シーゲル[製作] 、ブルース・バーマン 、グレアム・バーク 、         フェリシティ・ダール 、パ...
チャーリーとチョコレート工場【如意宝珠】at 2006年02月22日 22:44
「チャーリーとチョコレート工場」やっとレンタル出来ました〜。 チャーリーが住む家の造形、チョコレート工場の鮮やかな色使い、ティム・バートンが描く想像世界はもう期待以上に美しかったです。ってかもう芸術ですね。 冒頭のチョコレートが出来るシーンなんてほんと...
「チャーリーとチョコレート工場」【メカpanda乗りのメディア観賞記】at 2006年02月23日 12:59
チャーリーとチョコレート工場出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2006/02/03メディア: DVD 監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート...
チャーリーとチョコレート工場【北の国から??1日48時間ほしい??】at 2006年02月25日 09:22
●映画の満足度・・・★★★★★★☆☆☆☆6.5点 ウィリウォンカ〜♪ウィリウォンカ〜♪ 最近、頭の中で鳴り響くんです(笑) ようやくこの作品を、レンタルして観ることができたのですが、少し期待を大きく持ちすぎてしまったようです。 久しぶりに「宝....
チャーリーとチョコレート工場【ホームシアター映画日記】at 2006年03月04日 22:59
 自己紹介にはやはり大仰なものを出したいのが人の常。 おそらく語られ尽くされてはいるものの、私がどんな映画EYEを持ってるのかを伝えるにはいい素材だと思いますので「チャーリーとチョコレート工場」のレビューを載せます。  あと、私のレビューは基本的にネタバレを...
チャーリーとチョコレート工場【映画・社会・人間】at 2006年04月04日 22:52
凄く分かり辛い&下手くそな写真で載せるのを迷ったんですが、折角なんでアップしときます(笑) 一応、線香花火の写真です・・・。 ・・・アハハ。 『チャーリーとチョコレート工場』 あらすじ 『ロアルド・ダールの世界的ロングセラー児童書『チョコ...
チャーリーとチョコレート工場【39☆SMASH】at 2006年04月05日 09:07
激務週間と言っておきながら、今日もお仕事定時でした{/usagi/} 今日の天気は{/kaeru_rain/} TSUTAYAさんがレンタル半額の日を廃止するらしい{/down/} 他にも半額の手段はあるらしいのですが、旧作クーポンだったりで、イマイチ感もあり{/down/} レンタル率は低下しちゃうで...
チャーリーとチョコレート工場鑑賞【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2006年05月28日 09:35
『チャーリーとチョコレート工場』のDVDを観た。 こないだ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の2作目を観て、 ついでに1作目のDVDも観て、ジョニー・デップの演技に惚れた。 そこで、デップ繋がりで『チョコ』を観た。 子供の頃に原作を本で読んでいて、 “読むか...
チョッコレートっ♪【陽なた日記】at 2006年09月04日 23:56
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 2005年:アメリカ 原作:ロアルド・ダール 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム・カーター、デヴィッド・ケリー、ジュリア・ウィンター、アンナソフィア・ロブ、ジョーダン・フライ...
チャーリーとチョコレート工場【mama】at 2008年03月30日 12:43
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
michael kors bags【michael kors bags】at 2013年05月11日 14:35
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
diablo 3 gold【diablo 3 gold】at 2013年05月11日 14:35
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
cheap oakley sunglasses【cheap oakley sunglasses】at 2013年05月11日 14:35
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
seo tools【seo tools】at 2013年05月12日 09:57
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
cheap jordans【cheap jordans】at 2013年05月12日 13:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
lacoste outlet【lacoste outlet】at 2013年05月12日 13:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
jeremy scott adidas【jeremy scott adidas】at 2013年05月12日 13:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
prada handbags【prada handbags】at 2013年05月12日 17:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
wow gold【wow gold】at 2013年05月12日 21:54
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
CELINE BAGS【CELINE BAGS】at 2013年05月13日 08:23
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
prada bags【prada bags】at 2013年05月13日 12:43
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
longchamp bags【longchamp bags】at 2013年05月14日 12:06
この記事へのコメント
す、すっばらしいですカゴメさん!
ジョニー・デップをこれほど褒めてくださるなんて
私このページをプリントアウトして仕事中こっそり読み返したい気分です。
窓口業務の為、お客様がみえたら慌てて隠さなくちゃいけないけれど
顔はこれ読んでニッコリスマイルになっているのでちょうどいいですね!(爆)

そして愕然・・・
チョコボールの真実を見て、うぐぐぅぅぅ
大好きな種類のチョコです。
ジョークだと言って欲しい(TmT)ウゥゥ・・・

限定販売のウォンカチョコは運良く何個も買えたので
今は毎日ちょびちょびと味わいつつ食べてます。
これには例の体液塗ってない・・・ですよね?
Posted by ジュン at 2006年02月20日 00:07
おじゃまします。
この記事にかかわらずトラバ送ろうといつも頑張るのですが、どうにも上手く行かないようです。

私も実はチョコレート工場には縁がありまして、某チョコレートメーカーにデザイナーとして就職試験受けに行って落ちたことがあります。
まぁ、それだけなんですが。

最後のロリビア…
結構怖い真実(?)他のチョコでもピカピカだったら同様なんでしょうか???

では、またきます。

Posted by ピロEK at 2006年02月20日 01:15

打鍵ミスでトリビア⇒ロリビアになっちゃいました。^^;
Posted by ピロEK at 2006年02月20日 01:16
どうも、カゴメさん♪
コメント&TBありがとうございました!
本作は見てて楽しいし、ウンパ・ルンパの音楽も大好きです♪
CD買ってしまいました(笑)
ジョニーはそれこそ愛娘や愛息子と見れる作品と言うことで自身も楽しんで演技していた雰囲気が伝わってきましたね。
過去は大変な暴れん坊だったようですが、リリーローズちゃんには形無しのパパさんですな(^m^)

それにしても最後のトリビアに驚き!
うふふ、でもワタクシ伊達に飲食業に携わってませんことよ?
ゴキ系チックはそれこそ敵ですから怖がってられませんわ〜♪
Posted by かの at 2006年02月20日 02:02
本当に、こいつぁ、いいよっですよね〜♪
何度見ても楽しめますっ。
でもでもブラッド・ピット(若い頃)とジム・キャリーのウォンカさんはちょっと見てみたいかも〜です(笑)
でもジョニさんがやっちゃったからこれ以上は無理そう…
Posted by ゆかりん at 2006年02月20日 12:09
こんにちわっ!
ウンパルンパダンス、マスターしたですよぉぉぉw
惚れ込みました♪
ラックカイガラ虫、、、もうツルピカチョコがまともに食えん。。(´Д⊂グスン
Posted by PINOKIO at 2006年02月20日 13:25
ジュンさん、ピロEKさん、かのさん、
ゆかりんさん、PINOKIOさん、いらっしゃいであります♪♪♪

やっぱりシュラックはあまり知られてなかったんですね?!
えー、チョコレート買ったら、
パッケージのイングレ(内容表示)をば見て下さい。
そこに「光沢剤」というのが表記されていれば、
大抵は、このシュラックであります。
輸入チョコには、
はっきりSHELLACと明記されている事もあります。

歴史ある天然原料の添加物で、
まあ、当然、人体には無害なので(笑)・・・。
Posted by カゴメ at 2006年02月20日 16:46
(続き)

>この記事にかかわらずトラバ送ろうといつも頑張るのですが、どうにも上手く行かないようです。

うーむ。どーしてでしょう?
悩ましいですなぁぁ。

>某チョコレートメーカーにデザイナーとして就職試験受けに行って落ちたことがあります。

そうでありましたか!
でも、人気の割りに菓子メーカーの給料は安いので、
考え様によっては良かったかも。
(もっとも、福祉の仕事よりは実入りが良いが。悲)

>過去は大変な暴れん坊だったようですが、

ええー、そーだったんですか!
ウンチ座りのヤンキー・デップだったんだ!(驚愕)
Posted by カゴメ at 2006年02月20日 16:51
(更に続き)

>ゴキ系チックはそれこそ敵ですから怖がってられませんわ〜♪

食品工場は一見、清潔に見えますが…。
ある日、工場の主任がカゴメを手招きし、
側の排水溝のマンホールを開けて見せてくれたです。
と、次から次と這い出して来る、
無数のゴキ系小動物がっ!!(卒倒寸前)
いや〜、北海道育ちのカゴメにはショックな光景でした…。

>ジム・キャリーのウォンカさんはちょっと見てみたいかも〜です(笑)

ジム・キャリーは良いかも、ですね。
でも、多分、
ウンパ・ルンパのダンスに黙ってられなくなって、
踊りの輪に混じって行ってしまいそう(笑)。
Posted by カゴメ at 2006年02月20日 16:56
(更に続き)

>ウンパルンパダンス、マスターしたですよぉぉぉw

おおー♪♪
ザ・マスター・オブ・ウンパルンパの称号と共に、
青虫・ラックカイガラ虫のセット一年分を贈呈するですよ(笑)
Posted by カゴメ at 2006年02月20日 16:58
カゴメさん、こんばんはとです(ヒロシ風w)

うげええええええ!!!
もうチョコボール食べられません(⊃Д`)
ジョニデも吐きそうになってましたし……(笑)

クリスファー・リーのシーンも好きっすね〜。

>雪原に一戸だけ立ってる父親の家。
周囲には一軒も他の家が建っていず、
息子に見捨てられた父親の侘しさが際立つ

↑そうそう、このシチュエーションにもウケますたw
スリーピー・ホロウでも共演していたので余計に笑えましたね。
Posted by 稲葉 at 2006年02月21日 00:21
稲葉さん、おはよーござりんこっ♪♪♪
(↑済みません。夜勤明けで、ちとハイなもんで…)

>うげええええええ!!!もうチョコボール食べられません(⊃Д`)

皆さん、意外にこういう話には弱いんですなぁぁ…。
カゴメなんか、この話を聞いても、
平気でポリカリ食べてましたよ〜(笑)。
もちろん心の中で「ラック虫さん、ありがと!」言いながら。

>スリーピー・ホロウでも共演していたので余計に笑えましたね。

うぐぅぅ、い、痛いっ!
実は、ここだけの秘密ですが、
まだ「スリーピー・ホロー」観てないんですよ〜。
(内緒、だぞ〜 笑)
Posted by カゴメ at 2006年02月21日 08:36
こんばんは♪
ジョニー様、バンザーイ!です。
ほかの候補の方々は、ぜんぜんイメージできませんでしたが、ブラピならちょっと観てみたいような。。。

ウォンカと父親のシーンは、私も泣けました。あの壁一面に張り巡らされている記事のスクラップ。そして、ゴム手袋の「ギュッ」って言う音。このシーンは、旧作の「夢のチョコレート工場」では描かれていなくて、本作で新たに書き加えたものなのだとか。ウォンカの生い立ちが描かれているぶん、こちらの作品のほうがずっとよくできているように感じました。

ところで、
>ラックカイガラ虫という虫さんの体液

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!知らなんだ!
姿かたちがゴキに似てるじゃないですか!
これ大好きだったのに。しばらく食べられないよー。
チョコ買うときは、パッケージをチェックしなくちゃだわ。。。
Posted by shake at 2006年02月21日 17:39
shakeさん、おはよーございまーす!!!

>ウォンカの生い立ちが描かれているぶん、こちらの作品のほうがずっとよくできているように感じました。

旧作の方が、レンタル置いてるのにまで観ていないのであります。
旧作の方も結構評判が良いようなので、観てみようかなぁぁ?

>姿かたちがゴキに似てるじゃないですか!

雄の方はもっと似てるですよ、ふふふ。
Posted by カゴメ at 2006年02月22日 08:43
TB&コメントありがとうございます。
楽しく拝見させてもらいました。
この作品の主役は、間違いなく、ウンパ・ルンパですね!
私的には、もう少しビターでもよろしいかなと思います。

今度からアーモンド・チョコ頂くときには
ラックカイガラ虫さんに感謝して頂くことにします(笑)
Posted by cafenoir at 2006年02月22日 10:29
こんにちは、TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきますね。
ウンパ・ルンパの最後のオチにやられたのは私だけでしょうか(笑)自分の記事ではなんだかんだ言ってますが(^^;わりと好きな映画です。
ところでスリーピー・ホロゥは凄くいいですよ?(笑)あとチョコボール(爆)虫が大っ嫌いな親友には内緒にしておきます…。
Posted by 皐月透 at 2006年02月22日 13:07
↑TB2回ほど送ったんですが反映されないようです。もし後でダブって反映されたりしてたら、申し訳ないですが処理してくださいませ。
Posted by 皐月透 at 2006年02月22日 13:12
トラックバックありがとうです〜。
わしの文章力の足りない感想とは大違いの、
すばらしい感想ですね!!
とても楽しく読ませていただきました〜。

ちなみにわしも白髪を発見したときの気持ちは、よ〜くわかります。
あのシーンはしみじみしてしまいましたわ(ほろり)。
Posted by マヤ at 2006年02月22日 16:26
初めまして。うちのサイトにご来訪してくださってありがとうございます。
○ーナチョコ、おいしいんで私も食べてますv
それにしてもあんなに大量のチョコ、さすがに食べらんないですね…
食べてみたいとは思いますが(笑)
ジョニー・デップの演技はほんとぴかいちですね。
細かい動作とか視線とか、原作のウィリー・ウォンカそのまんまでした。

それにしても、アーモンドボールのトリビア
にはかなり驚きましたよ!絶対80へえ以上いくと思います(力説)
なんだか、虫の体液かと思うと…ぞっとします。

ではでは、またお邪魔させていただけたらと思います。
Posted by 卯月李胡 at 2006年02月22日 17:14
トラックバックありがとうございます.
私もDVD、映画が好きで結構見ています.
子供が小さいので、なかなか映画館には足を運べません.
メジャーな映画だけでなく、B級映画も 良く観ています.
映画のコメント参考にして
まだ観ていない映画チェックさせていただきます.
Posted by TOMOちゃんズ at 2006年02月22日 18:50
カゴメさん、こんばんは(^-^)TBありがとうございます。
なんとも愉快な映画レビューで、思わず微笑んでしまいます。
私にもこんなユーモアがるといいのになぁ
さてさて、この映画、私も大好きな1本です。
とうより、ティム・バートン作品みんな好きです。
日常を離れ、絵本の世界に連れていってくれる感じがします。
これからもちょくちょく遊びに来ますね。
Posted by keita-ken at 2006年02月22日 22:15
TBありがとうございます☆
すごく面白く拝見いたしました・・・が
アーモンドボールの記述にはショック(涙)
ウンパルンパにはツボにはまってもう大爆笑でした。
パンパンのブルーベリーになるシーンでは
ロッ○のブルーベリーガムの匂いを思い出しました。
これからもよろしくお願いします!
Posted by Ren at 2006年02月22日 22:48
cafenoirさん、皐月透さん、マヤさん、卯月李胡さん、
TOMOちゃんズさん、keita-kenさん、Renさん、
おはよーございますー!!

>私的には、もう少しビターでもよろしいかなと思います。

懲らしめ方はもっと凄くてもいいかと。
あまり懲りていないようでしたしね(笑)。

>ところでスリーピー・ホロゥは凄くいいですよ?

ううむ、やっぱり早めに観なくちゃ、ですな。

>あのシーンはしみじみしてしまいましたわ(ほろり)。

カゴメもお風呂場で発見した時は、黄昏れたですよ…。
って、“下の方”じゃなくて?!
Posted by カゴメ at 2006年02月23日 08:46
(続き)

>○ーナチョコ、おいしいんで私も食べてますv

明○ミルクチョコも悪くないんですけど、
カゴメもミルキーでまったりしている○ーナの方が好きす♪

>ジョニー・デップの演技はほんとぴかいちですね。細かい動作とか視線とか、原作のウィリー・ウォンカそのまんまでした。

一瞬たりとて気を抜いてませんね、あの芝居は。
素晴らしい集中力だと思います。

>メジャーな映画だけでなく、B級映画も 良く観ています.

おお、是非今度、お奨めをばお教え下さい!!

>とうより、ティム・バートン作品みんな好きです。

独特な世界観のある人ですね、こんの監督は。
カゴメも一層、好きになったです♪♪

>ロッ○のブルーベリーガムの匂いを思い出しました。

おおー、何やら懐かしい(笑)。
カゴメはフラボノが似合う年になりました(泣)。
Posted by カゴメ at 2006年02月23日 08:53
カゴメさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。
お返事遅くてすみませぬ。。

>日本の子供も出して欲しかったですね。
それも「オタク」の(笑)。

そうですねぇ、何でもかんでもパシャパシャ写真に撮っちゃう日本のファミリーなんかがいても面白かったですね!
Posted by 映画好き@れんた at 2006年03月04日 23:03
れんたさん、いらっしゃいましー!!!

>何でもかんでもパシャパシャ写真に撮っちゃう日本のファミリーなんかがいても面白かったですね!

出っ歯で眼鏡掛けてチンチクリンで、
紙袋下げてアニメキャラのフィギィア持ってるのね(笑)。
汗拭き拭き、持ち込んだピザ食べてウォンカに怒られるとか(笑)。
東京(と思わしき街)で、
ウォンカチョコが取り合いになっているシーンがあって、
とてーも期待したんだけど、みんな白人の子だったですね。
Posted by カゴメ at 2006年03月05日 08:44
こんにちは☆
トラックバック&コメントありがとうございました。

個人的にはニコラス・ケイジのウォンカも見てみたかったな(笑)
もちろんヅラをかぶって演じるのだろうけど、ハゲウォンカもなかなかイケたかもしれませんね!!

それにしても・・・。
最後のトリビアは聞きたくなかったかも(汗)

アーモンドチョコが食べられなくなっちゃいました。
Posted by マイコ at 2006年04月06日 11:34
マイコさん、いらっしゃいませー!!

>個人的にはニコラス・ケイジのウォンカも見てみたかったな(笑)

カゴメもちょっと惹かれますね。ハゲウォンカ(笑)。
でも、肝心な白髪が生えないかも(笑)。

>アーモンドチョコが食べられなくなっちゃいました。

その分、カゴメが頂きま〜す♪
Posted by カゴメ at 2006年04月07日 08:40
This piece of writing ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★ is related to website programming is actually good in support of me as I am website developer. Thanks for sharing keep it up. louis vuitton replica bags http://itbag-louisvuitton.me.cc
Posted by louis vuitton replica bags at 2013年05月11日 09:35
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by michael kors bags at 2013年05月11日 14:34
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by diablo 3 gold at 2013年05月11日 14:34
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by coach outlet at 2013年05月11日 14:34
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by cheap oakley sunglasses at 2013年05月11日 14:35
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by cheap prom dresses at 2013年05月11日 23:54
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by cheap jordans at 2013年05月12日 13:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by lacoste outlet at 2013年05月12日 13:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by nike france at 2013年05月12日 13:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by jeremy scott adidas at 2013年05月12日 13:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by prada handbags at 2013年05月12日 17:53
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by burberry bags at 2013年05月12日 21:54
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by wow gold at 2013年05月12日 21:54
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by prada bags at 2013年05月13日 12:42
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Posted by longchamp bags at 2013年05月14日 12:06
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「チャーリーとチョコレート工場」、奇天烈!ビター&ミルキー♪★
Cheap Ugg Boots http://www.kingdomofnye.com
Posted by Cheap Ugg Boots at 2013年10月10日 16:34
これらのグレアは完全に安価な料金で提出することが起こる。 マッチ漁師は本当に本当に偉大な偏色合いを調査参加者を経験している。 これらのトライアスロンとても使いビームが日よけケベックを除外する。さらに、海洋環境と一目見ただけで乗り出し沖釣りは、あなたのメガネと共同で実行可能な場合があります。 これらのすべてのぎらつきだけでなく、より安価な太陽からの光のうち、実際のぎこちないプラス危険な効率。 したがって、素晴らしいヒントケースアクション、車速、いくつかの釣りをして、一緒にウィンドサーフィンを水activies飲料のようなスポーツの追求。
Posted by lv iPad ケース at 2014年02月17日 22:44
始めると、心に留めておくべき、100ダFeili、英語舌の略称は確かに、PPである。 100 Dafei Liは確かに理想的であること、世界中の確立され、任意の紫色の私たちの血の貴族を見て」と呼ぶ。インチPPは絶対に精巧なアクションや反射神経、時に最小限のカバーインレイとおそらくみんなの食事のテーブルに関するでもデザインプロセスを通じて素敵ではありません 貴重などんな宝石、および/または価値のある小石が、それは推奨される自己運動で、合理的に限られた建設PPは絶対的に資金が通常利用されていない、本質的に貴族の人格内で制御豪華さを持っています。国の100パーセント18Kイエロー金属石は4000万問題に関連した量の上昇に直面している 。 当然のことながら、そこに大量の詳細な手順は、実際には、それに加えて、時々、地球の最もよく知られている行動のセレブアーノルドヴィンテージ古典であったことをAPに助言しているようだ人。 シュワルツェネッガーAPは彼女の映画「ターミネーター3」の周りには、通常、ブランドの新しいAP特化によって配置されている大規模な、真の崇拝者の数は、これは、後ろに座ると見てオーダーメイドすることができた。
Posted by gaga 腕時計 at 2014年03月04日 16:17
しかし、1は追加の推奨事項を見つけることができ、さらにその、それはまだ、すべての地球上で最も有名なステージのスーパースター、アーノルド・ヴィンテージの古典となっていたAPを知らせた人。 シュワルツェネッガーAPは間違いなく、個人の映画「ターミネーター3」のためにそれは確かに新鮮なAPのユニークな自分専用のビューを経由して着用されているほぼすべての信頼性の愛好家、である。 ファッショナブルな腕時計、あなたがほとんどない、世界中のどこか別の場所に明らかにする必要がありますトップの時計を誰にも与えます。最後に、オーデマピゲ、AP。 時代を超越したモデルである、より高いユーザープロファイルだけでなく、勝利は6エッジが8月10日観賞用アンカーボルトになってしまったことを八角形昔ながら場合、関連付けられている法律と見られて「ロイヤルオーク」(RoyalOak)として際立っているあたり、そうです 特に過酷な、非常にマッチョ。 APの割合が高くなる可能性があり、通常は単にヘンドリーも数字ジュエリー割引は、「ロイヤルオーク」はステンレススチールメンズ々な費用78000元で知られています。
Posted by gaga 時計 at 2014年03月04日 16:18
当然、あなたはそれはまだすべてで最も高いの3G基地局のヴィンテージクラシック、最もよく知られているモーションセレブアーノルドが判明APに保証人、さらにその多くをより多くの勧告を見つけ、でしょう。 シュワルツェネッガーAPは、新鮮なAPの専門は、目を離さないオーダーメイドで個人の銀幕は、「ターミネーター3」が実際に破損しているだけで信頼性のある愛好家のかなりの数が含まれる。 ファッショナブルなデバイスを使用すると、ほとんど地球上の他のどこかを得るべきではない誰もが理想的な時計を提供しています。APの販売価格は、通常、基本的ヘンドリーや割引販売にしてもメールの魅力は、「ロイヤルオーク」はクロム鋼のメンズチェックリスト料78000元を組み込んで、大きな可能性があります。彼女の大規模な18K貴金属は、一般的に値が48に多数のファセットに関する改善直面している。 確かに、あなたもヴィンテージクラシック、おそらく実際の英国で最も有名なムーブセレブアーノルドしていたAPのそれを言ったことはもちろんのこと、さらに法律を発見するでしょう。
Posted by ガガ時計 レディース at 2014年03月04日 16:18
 
当ブログはコメント一回の文字数制限が400字です。

track feed