アクセス解析

2006年03月16日

★「戦国自衛隊1549」、日本の恥だな・・・★

a9724bab.jpg

「戦国自衛隊1549」 
(2005) 日本

監督:手塚昌明
製作:黒井和男
プロデューサー:鍋島壽夫 土川勉
貝原正行
製作補:佐藤直樹 秋葉千晴
原作:福井晴敏『戦国自衛隊1549』
原案:半村良
脚本:竹内清人 松浦靖
撮影:藤石修
美術:清水剛
出演:江口洋介 鈴木京香 鹿賀丈史
北村一輝 綾瀬はるか 生瀬勝久
嶋大輔 的場浩司 宅麻伸 中尾明慶
伊武雅刀 他、

いつもながら、ネタばればれなのでご注意!

本当は、
こんな映画のレビュー書いてる暇じゃないんだけどね。
現在9回の表で、韓国が2点リード。
まさに崖っぷちの王ジャパン。
あの大誤審の後、「もう見るもんか!糞WBCなんて」
と、思ってたものの、いざ始まったら見ちゃうね(笑)。
つーことで、観戦しながら書くということで・・・。

さて、
いわゆる福井晴敏三部作をこれで全部観た事になる訳だけど、
いや〜、物の見事に全部ハズレでしたねぇぇ。
こうなるといっそ、さっぱり爽やかな位だ(失笑)。
まぁ、怒りは全部、あの「ローレライ」で吐き出しちゃってるので、
「亡国のイージス」では肩竦めて苦笑、
この「戦国自衛隊1549」では、
もはや怒る気もがっかりする気も無くなり、
ただただもう、坦々と観てしまったですよ・・・。


出来という意味で言えば、
正味この作品が、三本の中で一番“だらしがない”ですね。
もはや映画
(ああー!ここで西岡ソロホームランじゃー!
いけーーーっ、ジャパーーーンっっ!!)

んぐぁぁー、ま、負けたぁぁ〜・・・。
と、
えーと、どこまで行ったっけ・・・。
何だかどーでも良くなってきたなぁ、これ(笑)。

さて、気を取り直して、



もはや映画という形を成していませんな。
物語としても不成立だし、アクションも凡庸。
スペクタクルと呼ぶにはスケールが卑小だし、
キャラも全然立っていない。ほんに、魅力ゼロ。
全編書割のような立体感やリアル感の無さ。
「ローレライ」が少年ジャンプのレベルで、
「亡国のイージス」はヤング・ジャンプのレベルだとしたら、
この「戦国自衛隊1549」はコロコロコミックスの水準だね。

劇中の舞台となる時代は表題に1549とある様に西暦1549年。
史実ではこの年は、薩摩にフランシスコ・ザビエルが訪れて、
キリスト教が伝来した年とされている。
織田信長はこの年、若干15歳。
尾張の北の美濃を治める斎藤道三の娘濃姫を娶った年だ。
斎藤道三は55歳前後。蜂須賀小六正勝は23歳。
豊臣秀吉は13歳。
徳川家康に至ってはまだ童形の9歳で、
駿河の今川家へ半ば拉致されるように人質となった年でもある。
年代的にも、この作品のプロットは矛盾ありありなんだけど、
一番拙いのは、舞台となる場所が、
富士山を間近に臨む御殿場近辺だと言う事(苦笑)。
的場一佐の率いる第3特別実験中隊が最初ワープした時、
いきなり当時の武者達との戦闘に巻き込まれる訳だが、
なぜかそこに、
斎藤道三配下の飯沼七兵衛なる人物が参加している。
もうここで、史学科卒のカゴメは激しい頭痛に襲われるのだ。
何故にどーして、美濃(岐阜県)は斎藤家の家臣が、
こんな見当ハズレの場所をうろついてるのだ!!
それだけではない。
話が先に進むと、
実験中隊を救助する為にやって来た鹿島に的場一佐が、
「偶然織田信長を殺してしまい(だったっけ?)、
自分が信長に成り代わる事になってしまった」
と語る場面が出て来る。
(こめかみ押さえつつ)
おいおいおい、なんじゃそりゃ!?
どーやったら若干15歳の信長に、
鹿賀丈史演じるおっちゃんが成り代われるんじゃ?!
織田家に代々使える家臣達が文句一つ言わずに、
易々として、どこの馬の骨とも判らぬ未来人に従ったりするか?
それと、何故、
この頃はまだ尾張(愛知県)半国の領主でしかなかった信長が、
遠く離れた富士山の近くに大規模な築城ができるのだ?
当時その辺りは、
宿敵の今川か北条、もしくは武田の領分だったはず。
どー考えても、自領から遠く離れたあんなところに、
織田の本拠を移せるはずがないだろうに!
まったくの荒唐無稽で、有り様はずのない話である。



クライマックス近くになると、もっと不可解な事が平気で起きる。
的場信長を征討する大義名分を得る為、
たぶん鹿島の意を受けたのだろう藤介が、
ヘリに乗って“ひとっ走り”、
京の帝から征討の勅状を戴いて来ちゃうのだ。

おいっ! おまいら、エエ加減にせいよっ!
タダのガキ一匹が何の伝手もなく、どうやって禁裏に出向いて、
天皇に拝謁し大層な勅許を得られるんじゃ?
あんまりにも軽々しくないか、これ??!!
挙句に、それっとばかりに、
甲斐の武田信玄(この当時はまだ晴信か?)やら、
駿河の今川義元の軍勢が反信長として加勢して来る。
さっき貰ったばっかりの勅許の事が、
どーしてそんなに早く近隣の大名に伝わって、
どーやってそんなに早く軍勢を押し立てて馳せ付けられるのか?
(それに、尾張の野武士に過ぎない蜂須賀小六が、
なぜ今川勢を引き連れてるのか?)
もう、カゴメはヘドモド、目を白黒するばかりだったぞ。
この際、はっきり断言しておこう。
この馬鹿げた作品に関わった屑映画人どもは、
揃いも揃って自国の歴史をまったく知らない低脳である。
どころか自国の地理も判っていない愚物である。
中学生程度の一般教養も持ち合わせずして、
映画を作ろうなんざ、百年早かろう。
頼む!土下座してお願いしますから、

小学校教育から受け直してくれ、10年間くらい(哀訴)。

大体、筋立てからして間抜けているのだ。
プロットが完璧に破綻しているのだ。
物事と物事の因果関係に全然必然性が無い。
合理的な解釈が悉く不能なので、
どういう感慨も浮かび様が無いほどである。
思いつく限り列記してみようか。

1.なぜ、的場似非信長は富士を噴火させねばならないのか?
その合理的な理由が不明だ。
ただもう自暴自棄になってるか、
誇大妄想的になっている様にしか見受けられぬ。
「関八州を根拠地に、新しい日本を建築する」って、
別に大災害をもたらさなくったって出来るじゃないの(苦笑)。



2.「こんな世界、消えてしまえばいい・・・」
とまで言っていた鹿島(江口洋介)が、
なぜこのミッションに参加したのか?
動機が薄弱にしか見えないし、
ラストで「未来に責任を持って生きる」
と、頓悟するに至る劇的な心理転換の根拠も理解しかねる。
観ていて、さっぱりその重みが伝わらんのだが?
そもそも、こんな重大かつ、
何があっても秘匿せねばならない隠密作戦に、
退役した元自衛官に参加を呼びかける事自体が不思議極まる。

3.実験中隊に過ぎないのだから、実包にしても燃料にしても、
それほどの量は携行していなかったはず。

なのになぜ、的場隊はあんな権力を掌握出来たのか?
納得出来る説明がぜんぜん施されていない。

4.日本を救う大作戦にしては、率いる森三佐にしても、
配下の部下にしてもダメダメ過ぎないか?
あんなに簡単に当時の兵にやられた
んじゃ、
幾らなんでも話が成り立たんだろうに?

5.神崎ニ尉が女性というのはまだ良い。
実際に女性自衛官も増えている事だし。
しかしだ、この神埼(鈴木京香)が的場に対して、
一体どういう感情を持っているのかが不鮮明だ。
というか、思わせぶりに、
「恋愛感情」を持っているかの如くに匂わせているのが
まったく余計だし邪道だ。
折角キーマンになりそうな人物なのに、見事に薄っぺらい。
「パトレイバー2」の南雲さんの方が、
余程情感に厚みがある描写がされていてマシだったぞ!

6.的場配下の自衛官武将の人物描写が浅薄で、
またく理解不能である。
連中だって、元の時代に家族もいるだろうし、
大切な恋人や友人がいただろうに、
その辺りの苦悩や葛藤が丸っきり匂って来ない。
哀しいほどにうすっぺら。
「代りに生きてくれっ」言われても、嬉しくも何ともないぞっ!

7.原油を運ぶシーンや、製油工場なども出て来るが、
わずか2年で、
どーやってボウリングし、精製設備を造れるのだ?
昨今の自衛隊はそんなことまで教えてるのかいな?

8.濃姫の寝室に藤介が忍び込むシーンがあるが、
あの後、両者の間にどんな談合があったのか?
たかが扇子一枚書かせる為に忍んだのだろうか?
だとしたら、費用(リスク)対効果が低く過ぎないかね?
そんな暇があったら、誘拐しろ(狂言でも良し)。
その方が話が早いだろうが、バカめ!

9.そもそも、あれでは歴史は修復されんだろう。
あの後の事もその前の事もバッチリと記録に残っちゃうんだろうし。
なのに帰って来たら待ちうけている自衛隊員の諸君に、
総出でお出迎えされていやがる。
オカシイだろうが、それ!!

俳優連も物の見事にはずしまくりだね。
江口洋介も線が弱い。戦闘のプロにも見えない。
あの敬礼の酷さは目を覆いたくなるぞ。



鈴木京香演じる婦人自衛官も、幾らデスクワーク専門の設定でも、
作戦行動時は髪をまとめておくぐらいの事は普通にして欲しい。
第一、顔も老けてて浮腫んでいて、見ていて痛々しいのだ。
アクション物は無理だろ、やっぱり。
飯沼七兵衛の北村一輝も好かない(個人的に)。
あんな三白眼で狡猾な顔付きしてるヤツがマトモな訳ない。
生瀬勝久の森三佐も無理が多いな。
タイムワープするまでは理知的で頭脳派のように見えるが、
ワープした後はてんで頼りにならない無能ぶりを発揮する。
大体、生瀬さんにシリアスな役柄をやらせるのが無体だろ。
あんなコミカルな台詞を突然吐かせて死なすぐらいなら、
最初から端役で出して、コミカルさを発揮させてやれよ。
伊武雅刀の道三も黙ってれば良いのだが、
まかり間違っても芝居させてはいけません。
どーしたってコミカルになっちゃうんだからさぁ(笑)。
ちょっと緊迫した空気を和らげる為なら良いが、
失笑しか催さない使い方では、ひたすら寒々しくなるだけだ。
藤介も濃姫も演じた役者は良く知らんが、
どーみても学芸会レベルの力量だ。観ていて気恥ずかしい。
(にしても、なんで戦国時代のガキが、
装甲車のような特殊車両を易々と運転できるのだ??)

ロケーションもセットもなっちゃいない。
きっと自衛隊の協力を得る為に、
ロケを演習場に限定しなくてはならない縛りがあったのだろうが、
それでストーリー自体を無理な設定にせざる得なかったとしたら、
それこそ噴飯物の本末転倒ぶりだろう。
どこの世界に、ロケ地が先にありきで、
重要な話の筋立てが変わってしまうような映画が有り得るだろうか?
黒澤様が生きておわせば、たちまち映画界を追放されてるぞ。
真面目に映画を作っているとは思われん。
あのセットにしても酷過ぎないか?
戦国時代の城塞というものはもちっとマシなものだぞ。
天守閣に訳の判らないチャチなデザインが、
無闇にゴテゴテと付いていたが、
なにか?ハウルの城にでも対抗するつもりか?(哄笑)
ロメオ隊の部隊マークもヒドイな、あれ。
まるで地球防衛隊のノリだ。恥ずかしいわ・・・。



兎に角、
どこをどう見ても誉め得るところが皆無の作品。
こんな映画を撮るのに、
15億円(昨今の邦画平均の3.5倍だそうだ 泣)の制作費を費やし、
あの天母城のオープンセットには2.2億円も掛けてるらしい。
カゴメは月々12万の月給を貰う為に、毎晩忙しく働いておるが、
こんなクソ映画を観る為に、
血と汗の12万円から200円も出したのかと思うと、
正しく切歯扼腕、腹立ちを抑え切れぬ思いがするわいっ!

15億もの無駄金使って戦争ごっこするくらいなら、
頼むから福祉事業に寄付してくれっ。
お年寄りのオムツ代にでも使った方が、
なんぼか世の為人の為になる。
クソ映画作るくらいなら、
クソの処理に使わせてくれっ!!

尤もこれ、
『角川グループ創立60周年記念作品』
らしいから、その点に於いては、

充分にふさわしい作品、

だけどね(爆笑)

あ、そうそう。
韓国チーム、WBC準決勝進出おめでとう!!
敵ながら天晴れ! たいしたもんだ。
あれだけ正々堂々とやられたら文句も出ないわ。
この上はどーか日本の代りに、
アメリカチームをコテンコテンにやっつけて下さい。


Posted by カゴメ at 18:05 
この記事をクリップ! コメントを見るコメント(26)トラックバック(6)          
SEO対策

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
鑑賞日:2006/3/30 監督:手塚昌明 出演:江口洋介(鹿島勇祐)    鈴木京香(神崎怜2尉)    鹿賀丈史(的場毅/織田信長) 概要 2年前、的場率いる自衛隊が、事故により過去へ行ってしまった。その影響で、現代に歪がおき始めた。 このままでは、人類が消...
戦国自衛隊1549【福の神 映画のすすめ】at 2006年04月04日 15:12
出演:江口洋介, 鈴木京香, 鹿賀丈史, 北村一輝, 他監督:手塚昌明製作年/製作国:2005年/日本 半村良さんの小説を 原案とした、福井晴敏さんの原作を映画化。 半村良さんのものと福井晴敏さんのものは、ストーリーが違います。 原案の方も映画化されています。 あらすじ....
「戦国自衛隊1549」自衛隊が戦国時代にタイムスリップ。【ブログで映画の感想文。】at 2006年04月04日 18:22
出演:江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、生瀬勝久、    的場浩司、嶋大輔、伊武雅刀、北村一輝、    綾瀬はるか 監督:手塚昌明 原作: 福井晴敏 2005年製作の日本映画です。 戦国自衛隊と言えば、1979年の最初の映画化作品がインパクトが強かったですね。この...
【映画】 戦国自衛隊1549【REAL LIFE】at 2006年04月09日 21:53
戦国自衛隊1549をみた。 ストーリーは、 何かの実験中、過去にタイムスリップした仲間を助けに?いくのだが、 いざ行って見ると、目的の仲間たちが変化していた。 細かい内容は公式サイトで。 http://www.sengoku1549.com/pc/ 歴史を扱う作品は、やっぱり難しい...
戦国自衛隊1549【WHITE ROOM】at 2006年04月12日 20:09
 やっぱり僕はほとんど日本映画しか見てないですね〜。。。この映画はその昔に千葉真一率いるJAC(ジャパンアクションクラブ)が作った超B級映画(注:褒め言葉)『戦国自衛隊』を『亡国のイージス』や『終戦のローレライ』の福井晴敏が原作を書き直し映画化したしろも...
『戦国自衛隊1549』(2005・日本映画)【ボンゴレ木下の通勤読書日記】at 2006年04月20日 02:19
今日のお題はDVD発売からちょっと?遅れたが・・・「戦国自衛隊1549」(角川映画)である(以後「新版」と呼ぶ)。当店では始めての邦画か。要はこの映画、1979年製作の「戦国自衛隊」の焼き直しである(以後「元祖」と呼ぶ)。この元祖は半村良原作、あの若き日...
映画DVD「戦国自衛隊1549」【時評親爺】at 2006年04月23日 23:35
この記事へのコメント
これ…うちのバイト先のインターネットカフェにも有るんですよねぇf^_^;
やっぱり酷い出来ですか(笑)
あずみ2にもガッカリしたんですが…最近の邦画はガッカリする事が多すぎ(^_^;)
その中でも暴走が止まらない方々が…
ヒットした作品をインスパイヤして(笑)
駄作を連発♪
黒澤監督も大泣きでしょうねぇ…(ToT)
才能の無い人が才能の有る人のマネをしても駄作しか出来ないッス
努力をお願いします♪努力をお願いしま
Posted by matsu at 2006年03月16日 21:16
matsuさん、いらっしゃいましー♪♪♪

>やっぱり酷い出来ですか(笑)

予想を上回るヒドイ出来でありました(泣笑)。
でも、一度は観ておくべき作品ですね。
人としての許容度の幅が、いやが上にも広がる事請け合いです。

>黒澤監督も大泣きでしょうねぇ…(ToT)

怒りの余りその場で昏倒、悶絶でしょうなぁぁ…。

>努力をお願いします♪

99%の努力があっても、
1%の才能が無ければ時間の無駄でしょう…。
Posted by カゴメ at 2006年03月17日 13:45
よっぽどの出来なんですね(・_・;)
これは見てみないと(^O^)
かえって興味が出ました(笑)


それはおいといて…
日本♪王JAPAN♪準決勝進出おめでとう(*^_^*)
ですねぇ♪
Posted by matsu at 2006年03月17日 17:44
福井晴敏なんてガンダムで歴史勉強してるからダメダメなんだ!>『嫌オタク流』の受け売りです。
Posted by tetsu at 2006年03月18日 08:10
カゴメさん、こんばんは!
私は本作を観てないのですが、
レビュー興味深く読ませて頂きました。

それにしても…ひ、酷すぎる!!。・゚・(ノД`)・゚・。
信長13歳のとき、間違って(?)殺害しちゃったら
そんな意味不明な未来人に家督を継がせたら、
家臣も弟の信行も黙ってないですよ〜。

うう…この手のタイムトラベル系ってあまり好きではないけど
舞台が戦国だからほんの少しだけ興味があったけど…。
精神衛生上悪そうなので見ないことにします…(o_ _)o
先にカゴメさんのレビュー読んでよかったです(笑)
Posted by かの at 2006年03月19日 02:08
matsuさん、tetsuさん、かのさん、おはよーございますー♪♪♪

>これは見てみないと(^O^)かえって興味が出ました(笑)

是非観てみてくらさい。して、歎いてくらさい(涙)

>日本♪王JAPAN♪準決勝進出おめでとう(*^_^*)

ほんに死ぬ気でやって欲しいですね。
優勝したらついでにあのバカ審判を血祭りに挙げて、
大手振って凱旋して欲しいもんです。

>福井晴敏なんてガンダムで歴史勉強してるからダメダメなんだ!

どーりでなぁぁ(合点)。
原作がマシなら、それを元にした映画だって、も少しマシなはず。
それがこの有様では、「推して測るべし」ですな。
Posted by カゴメ at 2006年03月19日 08:58
(続きです)

>家臣も弟の信行も黙ってないですよ〜。

まったくです。
この作品に出て来る人物はどーも薄っぺらい。
人間という物を良く知らないスタッフが、
適当に作ったとしか思えません。

>精神衛生上悪そうなので見ないことにします…(o_ _)o

歴史の好きな人間が観たら、ムカツキまくりですよ。
精神衛生上とてもの事、お奨めできんとです。
Posted by カゴメ at 2006年03月19日 09:01
怒りまくりですなー。
ま、気持ちよーくわかります。言えないもんね。どこが良かった?って聞かれても。
ついでにキャストに意外性も何もない2時間ドラマにも劣る出来でした。
「金返せ」運動起こしますか?
Posted by T−800 at 2006年03月25日 23:04
T−800さん、おはよーございまーす♪♪♪

>言えないもんね。どこが良かった?って聞かれても。ついでにキャストに意外性も何もない2時間ドラマにも劣る出来でした。

うーん、良いところ、良いところ…。
軽薄な角川らしいところかな?! 「良く」はないけど(笑)。
実際のところ、
2時間ドラマでもこんなに陳腐なものはよー作らんですね。

>「金返せ」運動起こしますか?

200円、返せーーッ!!
(この作品に比べれば大金じゃっ!)
Posted by カゴメ at 2006年03月26日 09:11
始めまして。TBありがとうございました。
また、逆TBさせていただきました。

福井晴敏3部作、私は、ローレライをまだ見てないのですが、どれも巷の評判は、芳しくないですね。
前評判聞いて、覚悟してみたので、それほどでも無かったです。
Posted by リッチフィッシュ at 2006年04月04日 15:14
TBとコメントありがとうございました。
こちらからもTBさせてください。
Posted by SoLo at 2006年04月04日 18:21
こんばんは。
先日はTBありがとうございました。同時にお返事が遅くなってすみませんです。
私は人から借りて見た映画だったので、実質的な損害は無いのですけど、素直に思うことは「買わなくて良かった」でした。元作品の強烈なインパクトがあったせいで注目していただけに、自衛隊の全面協力があっただけに勿体無いな〜と感じた作品でした。1549の原作はもっと面白いのかもしれませんけど、福井作品って映画になるとイマイチというかダメになっちゃうのでしょうか?残念です。
Posted by REALLIFE at 2006年04月09日 21:58
リッチフィッシュ、SoLoさん、REALLIFEさん、いらっしゃいませ!!

>前評判聞いて、覚悟してみたので、それほどでも無かったです。

三本とも前評判は出来る限り耳にしない様にして観ましたか、
やっぱり酷かったです(苦笑)。

>自衛隊の全面協力があっただけに勿体無いな〜と感じた作品でした。

たぶん、自衛隊の全面協力のせいで、
色んな意味で幅の狭い作品になっちゃったと思うですよ。
旧作の方は、もっと隊員の生々しさが出てたですし、
装備は今一でしたが、目一杯やりたい事をやってましたもんね。

>福井作品って映画になるとイマイチというかダメになっちゃうのでしょうか?残念です。

本当に優れた原作なら、ここまで酷くなるかなぁぁ、普通…。
ま、読んでもいないし、読むつもりも失せたので確言出来ないけど…。
Posted by カゴメ at 2006年04月09日 22:12
遠いところからTB感謝です♪
ぼろくそに言ってますね(笑)
確かに、内容は突っ込みどころ満載でしたが。
亡国のイージスと、ローレライも同じ監督だったんですね。
まあ、映画だし(笑)
たまによらせていただきます。
Posted by てる at 2006年04月12日 20:13
てるさん、いらっしゃいませー!!

>亡国のイージスと、ローレライも同じ監督だったんですね。

「ローレライ」は樋口監督、
「亡国のイージス」は阪本監督で別な人です。
原作者はどちらも福井晴敏ですが…。

>まあ、映画だし(笑)

いえいえ、映画ではなく“映画もどき”です(笑)。

>たまによらせていただきます。

どうぞどうぞ、いつでもお越し下さいませ♪
Posted by カゴメ at 2006年04月13日 08:01
カゴメさん、こんばんは。ご訪問ありがとうございました!

>邦画平均の3.5倍

知りませんでした。それだけのお金かけるなら、同じ駄作でも、もっとドンパチやってほしかったですね〜。

私は史学にうといので、カゴメさんのレビュー勉強になりました。
そこまでひどいとすごいですね。
エンターテイメント・・・と割り切れないものがありますね。
それ以外の感想も同感です。江口のミッション参加の動機とか・・・。
Posted by rappiko at 2006年05月02日 18:39
rappikoさん、いらっしゃいませー!!

>同じ駄作でも、もっとドンパチやってほしかったですね〜。

仰る通りであります。金の使い道を間違ってますね、これ。

>エンターテイメント・・・と割り切れないものがありますね。

エンターティメントなら面白きゃ良い、というのは、
まぁ全て悪いとは言わないけど、
この作品は脇が甘過ぎましたねぇぇ。
そもそも、さほど面白くもないし(苦笑)…
Posted by カゴメ at 2006年05月04日 07:45
明るい空の月を思わせる??ダイヤモンド時間マーカーコピー時計、表面の中央にロゼット秒針。
Posted by シャネルコピー at 2013年06月03日 11:51
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「戦国自衛隊1549」、日本の恥だな・・・★ uk louis vuitton bags http://www.tavernco.co.uk/UkLouisVuitton.html
Posted by uk louis vuitton bags at 2013年06月10日 07:21
果然是近广州的,?天就到了!挺合?的!可能是灯光效果?,??看起来?色深一点!
Posted by 女装推荐 at 2013年07月12日 00:27
果然是近广州的,?天就到了!挺合?的!可能是灯光效果?,??看起来?色深一点!
Posted by ?尚女装 at 2013年07月16日 02:57
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「戦国自衛隊1549」、日本の恥だな・・・★
hollister casquette http://www.usedpigs4sale.com/tag/hollister-casquette/
Posted by hollister casquette at 2013年09月23日 06:47
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「戦国自衛隊1549」、日本の恥だな・・・★
Roger Vivier Sale http://www.desktopnotice.com
Posted by Roger Vivier Sale at 2014年04月04日 05:24
Je ne crois que beaucoup de gens n'ach猫tent pas autant en g茅n茅ral bien. Si vous avez vu 10 articles dans un panier personne, ils auraient probablement achet茅 20 articles si l'茅conomie 茅tait mieux. J'ai 茅t茅 moi-achats de No毛l chez Walmart, Target, et le Dollar Tree cette ann茅e. J'ai achet茅 la m?me quantit茅 d'articles que je l'aurais achet茅 dans le pass茅, mais je 茅conomis茅 de l'argent depuis j'ai attendu pour les ventes ou all茅 au magasin ? un dollar au lieu du centre commercial.
Posted by tee shirt homme abercrombie at 2014年04月09日 11:24
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「戦国自衛隊1549」、日本の恥だな・・・★
World Cup Soccer Jerseys http://www.brandthatname.com
Posted by World Cup Soccer Jerseys at 2014年04月09日 20:29
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「戦国自衛隊1549」、日本の恥だな・・・★
http://www.rogervivier-paris.com http://www.rogervivier-paris.com
Posted by http://www.rogervivier-paris.com at 2014年04月13日 11:06
 
当ブログはコメント一回の文字数制限が400字です。

track feed