アクセス解析

2007年02月22日

★「ウルトラヴァイオレット」、危険なドラミちゃんのオイタ?★

542a6d73.jpg

「ウルトラヴァイオレット」
(2006) 米 ULTRAVIOLET

監督:カート・ウィマー  
製作:ジョン・バルデッチ  ルーカス・フォスター  
製作総指揮:スー・ジェット  チャールズ・ワン  
 トニー・マーク  
脚本:カート・ウィマー  
撮影:アーサー・ウォン  ジミー・ウォン  
プロダクションデザイン:チュー・サンポン  
衣装デザイン:ジョセフ・ポロ  
音楽:クラウス・バデルト  
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ  キャメロン・ブライト
ニック・チンランド  ウィリアム・フィクトナー 他、


いつもながら、ネタばればれなのでご注意!

済みませんなぁぁ、こんな映画で(苦笑)。

主演のミラ・ジョヴォヴィッチは、
相変わらずのビッチぶりに益々拍車が掛かったような活躍で、
とても三十路越えした女優とは思えませんね。
如何にエフェクトかけてるとはいえ、
シミ一つ無いお肌に均整の取れた肢体、研ぎ澄まされたご面相で、
あんなエロカッコいいキメポーズとられた日にゃ、
見ているこっちも思わず奮い立つというものであります(笑)。
尤も、あんなお転婆が相手じゃあ、奮い立った途端に、
回し蹴り一発で股間の物をへし折られそうですが(苦笑)。

以前、「バイオハザード」のDVDを音声解説で観ていたら、
共演してるミシェル・ロドリゲスが、
「ミラったら本当に粗暴で、
人を蹴ったり殴ったりするのが大好きなの・・・」

と涙声で語っておりましたが(笑)、
もうここまで来ると彼女を止められる者は居ませんな。
アンジョリvsジョヴォヴィッチの、
(不毛な)アクションレースがいつまで続くか、
興味がそこに集中しそうな勢いであります。
両者ともに75年生まれの同い年。
どっちが先にへたばるのか? 興味が尽きませんなぁぁ(笑)。




と、のっけから小面憎い事を書いてるものの、
世の大方の諸氏と同様、
カゴメもジョヴォヴィッチ嬢の事は憎からず思っておりますよ。
まず、美人過ぎないところが良い。
個性的でヴァイオレンスな猛々しい風貌が良い。
バストがさほど豊かではない所がまたご愛嬌。
しかも、こちらが頼んでもいないのに、
チョコチョコとお脱ぎ遊ばすサービス精神も旺盛だ(笑)。
そんな彼女が、この「ウルトラヴァイオレット」で、
本性剥き出しの狂戦士ぶりを発揮するのだから堪りません。
如何わしいSMクラブで、
冷たい床に全裸で座らされてる気分を味わえるですよ。
M属性のないカゴメには、
ちょっと面食らう性質の魅力に富んでますね(苦笑)。



いやぁぁもぉぉ、お強いことお強いこと!!
舞うは飛ぶは跳ねるは殴るは蹴るはの大活躍だ。
周りをグルリと敵兵に取り囲まれても全然平気。
腕に付けたブレスレットに手をかざせば、
瞬時に出て来る禍々しい凶器の数々。
それを手にして目にも止まらぬ挙動一閃、
一拍おいて取り囲んだ敵は声を挙げる間も無く倒れますな。
凄いなぁぁ、カッチョコいいなぁぁ〜。
見事過ぎて一寸笑けちゃうところが、ドリフのコントみたい(笑)。



衣装がまた鮮烈で色っぽいぞ!! もう体の線が丸判り。
黒、白、赤、紫と、
瞬時に早変わりする衣装のどれもこれもが、
エロモン芬々としてて目の毒・気の毒、だ。
「臍出し当然、ケツ勝負♫」の気合に満ちてはります。
だもんで、折角脱いでくれても「いつ脱いだの?」てな感じ(苦笑)。
そもそもあれだけテクノロジーが発達してて、
二重三重の予防措置を取ってるのにも関わらず、
最後の最後に全裸にしてボディチェックって、
逆にS嬢を虐めてる様な妖しい倒錯シーンになってるですね。



まずいなぁ、如何にもまずいっ。
そんな事したら、
生まれ付いてのド・Sのジョヴォヴィッチを怒らせるだけだぞ!
と思ってたら、案の定の展開だ(笑)。
後、その時の状況や感情の変化に合わせて(?)、
髪の色が様々に変わるのも見てて楽しいね。
カゴメ的には黒髪のジョヴォヴィッチが一番お好みだな。
女性は黒髪が一番色っぽいもん。



さて、
物語の設定やら背景やらに付いては、
書きようがありません。
と言うより、書かねばならぬ何事も見出せません。
敢えて書くなら、
「マトリックス」と「バイオハザード」と「イーオンフラックス」と、
「アンターワールド」と「X−MEN」とを足し、
100(! 苦笑)で割っておいて、
「レオン」と「グロリア」の匂いを添加したような筋立てという感じ。
ちなみに、
劇中、「グロリア」の名場面を彷彿とさせるシーンがあって吃驚。
これって、剽窃なのかオマージュなのか?
(ま、有名なシーンだからオマージュかな・・・)



主人公であるヴァイオレットは、
特殊なウイルスに感染した“ファージ”と呼称される新人類で、
彼らを殲滅しようとしてる政府機関と戦っているという設定。
そこに登場するのが、
彼らファージを全滅させる因子を植え込まれてる少年だ。
ヴァイオレットは、ファージのリーダーの指示を受け、
この究極兵器(少年)を奪取する為に政府の研究所に潜入し、
斬った張ったの大活躍の末に誘拐に成功するのだが・・・。
(あっ! うっかり書いちゃったよ。苦笑)



とまあ、
既に味わい尽くして飽き飽きしてるプロットで、
正直、「ご勘弁を・・・」という気もして来る。
しかも、その世界観や状況説明のほとんどが、
ナレーションによる意味深だけど要領の得ない解説だけ、
となると、勢い興趣が削がれると言うか、
丸投げされても困ると言うか(苦笑)・・・。

確かに、今時使い古されたテーマとプロットだから、
「判るでしょ? アレよアレッ!!」
てな具合で一任されてもじゃんじぇん困らないんだけど、
にしても、
「テロに脅える時代は終わり感染に脅える時代となった。
血液戦争・・・そう、ここは理解を超えた世界
ってのは、如何に何でも露骨な“努力の放棄”では?(苦笑)。
アメコミ原作物じゃないバリバリのオリジナルな癖に、
あの劇画調なオープニングのタイトルバックからして、
「漫画よ漫画。漫画なのよ、これ」と言いたげで。
なんだかなぁ〜。
explanation
じゃ全然なくて、
あからさまにexcuseなんだよなぁぁ(苦笑)。
でもさ、そこはそれ。
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のアクション作品ですから、
「頭イイ訳がない」のは百万も承知で観るべきなんでしょうな。



とどのつまり、素直に言っちゃえば、
端整なジョヴォヴィッチをエロビューティーに見せる為、
流麗で獰猛で不可思議な殺陣を鮮やかに見せる為、

その事に全てを収斂させたプロモーション作品だ
設定も物語のテーマも、ついでに脇役・敵役も(苦笑)、
全部が彼女の邪魔にならないように、
最小限の足場しか与えられてないですね。



敵のボスキャラにしたって全然怖そうじゃない。
なんだい、あの妙チクリンな鼻栓は??
ウイルス感染を恐れて付けてるんだろうけど、
あんな奇妙丸出しな鼻栓に、
それほどの防止効果があるとは思えんぞ!

大体あんた、
戦う時や台詞喋る時は明らかに酸素不足になってるやん(笑)。
それとも、鼻血防止用のツッペなんだろうか?
エロティカル・ジョヴォヴィッチ対策の?
(苦笑)
ヴァイオレットが終始守ろうとする少年にしたって、
呆れるほど可愛さに欠けてるんで困ってしまうぞ。
演じてるキャメロン・ブライト君は、
映画出演4度目にして受賞歴もあるやり手の子役らしいが、
カゴメの目には、
ただの薄ボンヤリした小太りなガキにしか見えんかったですよ。



ヴァイオレットを要所要所で襲う兵士達にしても、
大迷作「ケルベロス 地獄の番犬」(押井守)に出て来る兵士みたいで、
木偶人形のようにバッサバッサと打ち倒されるだけ。
ヴァイオレットが何せ滅法強くて、
しかも素の戦闘能力だけじゃ飽き足らず、
重力の方向を変えられる“グラヴィティレベラー”だの、
四次元ポケットみたいな“次元圧縮装置”だのを、
ここぞとばかりに駆使し情け容赦も無く暴れまくるもんだから、
まったくと言って良いほどスリルも危機感も感じられず、
敵を葬り去っても、
ほとんど達成感やカタルシスが伝わって来ない。
もちっと強い敵を持って来ないと、
ハラハラもドキドキ出来んぞ、ゴラッ!!(怒)



監督はカート・ウィマーという人で、
「リベリオン」という作品がコアなファンにはとても有名らしい。
残念ながらカゴメは未観なんですが、
例の“ガン=カタ”のお噂はかねがね聞き及んでおります。
で、この作品でジョヴォヴィッチが披露してる格闘技が、
その“ガン=カタ”なんですよね?(及び腰)
なるほど、確かに鮮やかで強烈で美しいです。
特に、周りを取り囲んだヤクザどもが、
手に手に持った拳銃を発砲する絶体絶命の窮地の中、
雨霰の銃弾を悉く外しまくるシーンは圧巻だった。



何だか「マトリックス」の連中が、
お遊戯してる幼稚園児並みに思えるほど凄い。
でもねぇぇ・・・、よっっく冷静になって考えてみると、
飛び道具持ってる連中が360度グルリと取り囲み、
同士討ちも予測出来ずに発砲するもんだろうか??(苦笑)
古今東西どこに行っても、
やっぱ、ヤクザって馬鹿ばっかなんだなぁぁ(感心至極)。

他にも突っ込み所が満載ですよ。
ベルトのバックルを仮面ライダーみたいにクルクル回し、
重力に逆らってビルの壁面をバイクで疾駆するは、



毎分6,000発を発射するガトリングガンを避け切って、
飛んでるヘリをただの一撃で粉砕するは、
秒読みしながら敵を斬りまくり(でも血は出ません。苦笑)、
井戸に投げ落とされる少年を着水寸前に救ってみせるは、
(このシーンは、
「子連れ狼 三途の川の乳母車」という邦画からの引用らしい。
1972年公開 東宝 若山富三郎主演)
敵を片付けた後のキメのポーズに、
ハラハラと舞う紙吹雪が降り掛かるは(笑)・・・。



何ともスタイリッシュでケレンに満ちた艶やかさは、
歌舞伎の様式美にも相通じるものがあるです。
 一言で言っちゃえば、
「獰猛スリムなドラミちゃんの、
近未来型歌舞伎調アクションbyジョヴォヴィッチ」
だ。
かなわんな、そりゃああ、かなわんですとも(笑)。

ディテールも変なところで凝ってますね。
紙タイプの使い捨てケイタイを使う場面とか、
マシンガンの銃身を連射で加熱し、
それを傷に押し当てて応急処置をするところとか。
(あれだけ無数の凶器を仕舞っておけるんなら、
最初っから傷薬くらい持っとけ、君っ! 苦笑)
でも、なんだなぁ、こんな余計なところに凝るなら、
「もちっとCGに時間と金をかけろ」
とも正直言いたいところだな(笑)。



最後に、小ネタのエピソードをお一つ。
『リハーサル中、カート・ウィマー監督は、
ミラ・ジョヴォヴィッチに自分を殴るように頼んだ。
これはアクションシーンの強さを実際に感じ取るためだったが、
その後、数日間は目の周りを真っ黒にして監督したそうな』
(「映画の森 てんこ森」より。いつもお世話になってます)

やっぱり、ね(爆)。
かねてより彼女のファンだったというウィマー監督。
ジョヴォヴィッチが真正のなら、
監督もモノホンなド・Mだった
訳ね。
という事は・・・。
アンジョリと結婚したブラッド・ピットも、
夜な夜な、なの? (想像したくないけど。笑)


Posted by カゴメ at 18:21 
この記事をクリップ! コメントを見るコメント(14)トラックバック(5)          
SEO対策

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
監督 カート・ウィマー 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2006年 アメリカ映画 87分 アクション 採点★★ 東洋武術とガンアクションを融合させた“ガン=カタ”満載の『リベリオン』。主演のクリスチャン・ベイルとガン=カタの相性の良さも手伝って、物語の薄味さをも忘れるカ....
ウルトラヴァイオレット (Ultraviolet)【Subterranean サブタレイニアン】at 2007年02月23日 22:48
ウルトラヴァイオレット2006年度・米・87分 ULTRAVIOLET ■監督:カート・ウィマー ■出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド/ウィリアム・フィクトナー ULTRAVIOLETって・・・。 紫外線? 最近アメコミが原作の映画が多....
ウルトラヴァイオレット【シェイクで乾杯!】at 2007年02月27日 00:28
【ULTRAVIOLET】2006年/アメリカ 監督:カート・ウィマー  出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド、ウィリアム・フィクトナー 最強の女戦士ヴァイオレット!強ーーい!! 女一
ウルトラヴァイオレット【BLACK&WHITE】at 2007年03月04日 15:57
http://www.sonypictures.jp/movies/ultraviolet/予告だけでおもしろそうと思って見に来ました。アクションなどは結構おもしろいと思うのですが世界観がどう??.
ウルトラヴァイオレット【単館系】at 2010年08月20日 00:26
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「ウルトラヴァイオレット」、危険なドラミちゃんのオイタ?★
MhQKXkIP【MhQKXkIP】at 2013年05月21日 15:46
この記事へのコメント
こんばんは〜♪
ご無沙汰ついでのまとめ打ちで失礼をいたします^^;
まぁ、ミラのウェスト以外はどんな映画だったかスッカリ忘れてしまいましたが、内容はともかくミラのウェストは良かったはずだったとw
Posted by たお at 2007年02月23日 22:50
ご無沙汰しちゃっててスミマセン。
これは劇場公開中に観て、30分で爆睡してしまった映画です。
あ〜、でもレビューを読む限り、寝ても惜しくない作品っぽいですね(笑)。ミラジョボのプロモ映画かあ…。
『リベリオン』の女性版?と思って行ったのですが、どうしても入り込むことができず。
ミラの肢体のみは見所ありそうですね♪
Posted by リュカ at 2007年02月26日 08:18
ボスの鼻栓は、一体なんだったのでしょうねぇ。
鼻栓しても口がすっかり無防備状態ってのはいかがなものかと・・・。しかもアレつかっていたのは、ヤツだけだったような。
とにかく最初から最後まで意味不明だったもので、レビューを書くときに鼻栓のつっこみすら忘れてましたが、さすがはカゴメさん、外してませんね〜(笑)
Posted by shake at 2007年02月27日 00:16
たおさん、リュカさん、skhakeさん、いらっしゃいましー♪♪♪

>ご無沙汰ついでのまとめ打ちで失礼をいたします^^;

ありかとーございますー♪

>内容はともかくミラのウェストは良かったはずだったとw

昔に比べると、若干の劣化は見て取れますけどね(笑)。

>これは劇場公開中に観て、30分で爆睡してしまった映画です。

確かに、途中で「これは無くても良いなぁ」というシーンはありましたね。
アクションシーンも割りと一辺倒だし・・・。

>『リベリオン』の女性版?と思って行ったのですが、

カゴメはまだ「リベリオン」は観てないんですが、
相当評判が良いですね。今度是非観てみようと思ってます。

>ボスの鼻栓は、一体なんだったのでしょうねぇ。

多分、花粉症なんでしょう(苦笑)。

>とにかく最初から最後まで意味不明だったもので、

ストーリーはあくまでも“脇役”ですから、これは(笑)。
Posted by カゴメ at 2007年03月01日 13:50
絶対倒されるはずのない超人ヴァイオレットなので
そういう意味では面白みに欠けるんですけど
まぁ、きれいだし、姿見ているだけでもOK、
これはこれでいいんだろうなぁと思いました。
撮影技術とは言えシワ一つないスベスベ滑らかなお肌のミラは
それはもう本当に美しかったですね。
Posted by ジュン at 2007年03月04日 16:02
ジュンさん、いらっしゃいましー♪♪♪

>絶対倒されるはずのない超人ヴァイオレットなのでそういう意味では面白みに欠けるんですけど

そうですねぇ、絶対絶命って感じはなかったですね。

>まぁ、きれいだし、姿見ているだけでもOK、

ピロEKさんの御説によれば、あれも武器の一種なんだそうです。
(エロティックな服装と肢体で男を惑わす。苦笑)

>撮影技術とは言えシワ一つないスベスベ滑らかなお肌のミラは
それはもう本当に美しかったですね。

まぁ、ぶっちゃけ言って、八割方は加工ですわなぁ(笑)
Posted by カゴメ at 2007年03月09日 09:26
DRもアイアンもキャロからタイトリストに買換えました。キャディバックも揃えようと思っていますが、最安価っていくらぐらいですか?とにかくカッコ良いので欲しいのですが、今のバック購入して5ヶ月ぐらいなので、できるだけ安く購入したく思っています!(交渉するときの参考として)
Posted by モンブラン スターウォーカー at 2013年05月21日 14:29
何も入れてない状態でしたら、しっかり立ってはいるのですが、アイアン等重くなると自立は厳しいかもです。こしがあればありがたいですよね%a
Posted by フェラガモバッグ at 2013年05月23日 17:03
お手入れも難しくはありませんので、トリーバーチを長持ちさせるため、定期的なお手入れをオススメします。
Posted by トリーバーチ バッグ at 2013年05月24日 23:19
元来、木版画とは、仕事の受注・発注をする「版元」、図案を起こす「絵師」、図案に添って版木を彫る「彫師」、完成した版木を使って紙に摺る「摺師」の3者分業で行われるもの。しかし「アダチ版画研究所」では、より良いものづくりと若手の育成のため、版元の役割をはじめ彫師と摺師が同じ場所で制作をする工房スタイルを採用しています。
Posted by グッチ ネックレス at 2013年06月22日 05:12
まず、トリーバーチはここから始まったといっても過言ではないREVA。
Posted by トリーバーチ at 2013年07月15日 16:30
木の板に設計図をひき、釘を打った約20センチ四方の編み台は、このティーストレーナーのためのオリジナル。新しい商品の場合、これを作るところから、辻さんの仕事は始まります。ひっかけて、ねじってのくり返しで、中央から放射状に、銅線を花の模様を編み出す「菊出し」は、京金網ならではの伝統技。
Posted by グッチアウトレット at 2013年07月31日 21:08
到了那山村,常山才??,?上的人都?山村的人大部分都逃走了,可??上,山村的人?然都很恐惧,可是,并没有一人因?恐惧而??村子。
www.christianlouboutinmagic.com/boke/default.asp http://www.christianlouboutinmagic.com/boke/default.asp
Posted by www.christianlouboutinmagic.com/boke/default.asp at 2014年04月08日 04:21
Les vacances approchent ? la h芒te. Halloween est juste autour du coin, et apr猫s qui vient de Thanksgiving, la porte d'entr茅e de la saison des achats. Lors de magasinage des F?tes de cette ann茅e, les d茅taillants de la saison sont tenus de pr?ter attention aux habitudes d'achat de l'adolescence. Une r茅cente 茅tude de Piper Jaffray Co. a r茅v茅l茅 ce qui pourrait ?tre des 茅l茅ments populaires que les adolescents sont ? la recherche pour cette saison de vacances en fonction de leurs habitudes de d茅penses. Certains secteurs o? les d茅penses de l'adolescence a baiss茅 pourraient vous surprendre. Les r茅sultats de cette enqu?te ont 茅t茅 publi茅s dans un r茅cent communiqu茅 de presse de Piper Jaffrey Co. L'茅tude a 茅t茅 appel茅 芦Bilan avec les adolescents", et a 茅t茅 men茅e l'enqu?te nationale habitudes de consommation chez les adolescentes et leurs perceptions des enseignes. L'enqu?te a 茅t茅 men茅e dans 10 villes ? travers le pays et pr猫s de 980 茅tudiants ont 茅t茅 utilis茅s comme sujets. L'茅tude a analys茅 les adolescents, leurs habitudes dans des domaines tels que la mode (marques et distributeurs), de beaut茅 et produits de soins personnels, de l'ameublement, des jeux vid茅o, du divertissement num茅rique et ? manger.
Posted by abercrombie and fitch france soldes at 2014年04月09日 09:49
 
当ブログはコメント一回の文字数制限が400字です。

track feed