アクセス解析

2009年11月23日

★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆

153_img_1_b「崖の上のポニョ」
(2008) 日本 PONYO

監督:宮崎駿 
プロデューサー:鈴木敏夫 
原作:宮崎駿 
脚本:宮崎駿 
作画監督:近藤勝也 
美術監督:吉田昇 
色彩設計:保田道世 
音楽:久石譲 
映像演出:奥井敦 
声の出演:山口智子 長嶋一茂 天海祐希
所ジョージ 土井洋輝 奈良柚莉愛
吉行和子 奈良岡朋子 左時枝 他、

いつもながらネタばればれなのでご注意!

「崖の上のポニョ」は神話なり。

そう腹を括って観てしまえば、なんや知らん、
劇中で不可思議に感ずる事々も納得が行き易い。しかしながら、
古今東西古くからある種々雑多な神話とこの物語が大きに違う点は、
子供が楽しんで見られる多幸感ありきのお伽噺へと変換すべく、
本来の神話的プロットが持つ“意味合い”逆位相して、
ある種、唖然とさせられる様な、ほのぼのハッピーな結末をば導いてる、

とまぁ、そこんところな訳であります。
,任盻劼戮泙靴燭、
「ポニョ」の血統上の親に当たる「人魚姫」も「ルサルカ」も、
そして、かの「ニーベルングの指輪」にしても、
これらは本来、血涙振り絞らんばかりの、はたまた、
暗澹たる無常感に囚われちまうばかりの、
純粋無垢な見紛う事無き純然たる悲劇なのでありますが、が、
ほぼ力技とも言える監督の豪腕によって、
一転突破のメデタ話へと早変わりさせられているですね。
うん、まぁ、アレだ。
宮崎駿というオジさんは、まさしくバケモンですわ
(笑)。
率直に言い放てば、終生変わらぬ反骨レジスタンスであり、
臍の曲がった頑固モンであり、かの家康も目を剥くような、
アニメ界きっての策士にして大御所ダヌキでありましょう、きっと。
(こんな人が上に居っては、さぞ若い人等も遣り難かろうとぞ思う。苦笑)
で、そんな恐いもんとて一人もいなくなった宮崎御大と言えど、
かつて長きに渡り、一指だに出来なかった御人が居られた。
そうでし。
それがかの巨星・手塚治虫大先生でありますねぇ。
しかるに、
この「崖の上のポニョ」の冒頭に現れるフジモトのキャラ造詣を見て、
而して又、
えらく巨大なポニョの母親・グランマンマーレをば見るに付け、
カゴメは「これはしたり!」
もしくは、「さもありなんっ!」と頓悟したとです。
だって、どう見たってこれ、
手塚印の手塚キャラそのまんまじゃんっ!!(笑)
何故どーして、
この期に及んで手塚風味のキャラデザインなのであろうや?

カゴメが思うにこれは、
手塚に対する改めての袂別の辞か、もしくは愛憎半ばする勝利宣言か、
はたまた、遅ればせながらの宮崎流弔辞に当たるか・・・、
多分、その全てを含むコンプレックスの成せる業なのではあるまいか、
とまぁ、考える次第でありますよ。

20091115-180819


6a00e398ce1f6b00010110183402ab860f-500pi

なぜそう考えるのか?と問われれば、
この2人の登場人物、
つまり“ポニョの両親”の2人が果す役割とは何ぞや、
ちゅー事に思いを馳せれば、「自ずと答えが出る」
そう答える他ありませぬ。
仮に“ポニョ”“宗介”宮崎監督本人、
もしくは宮崎が目指す、または目指して来たアニメそのもの
と置けば、
その
母にして父は、まさに手塚治虫である。
と言う他ないでありましょう。
後塵を拝する追随者を庇護し導く、
その歴然として強大な母親像(もしくは土壌)としての手塚。
はたまた、
未開の野を開拓した先駆者でありながらも同時に、
既存の古いマスメディアの秩序や因習を破壊し続けた、
手前勝手で迷惑な先人(苦笑)であり、トリックスターでもあった手塚。
彼を苗床としてその上に育ちながらも、宮崎を始めとする後進たちは、
いずれは越えねばならない偉大な障壁としての彼を仰ぎ見ていた・・・。
現今の人間支配による自然秩序をば覆滅せんと欲するフジモト。
万物の命を育む大洋を、大いなる慈愛を持って統べるグランマンマーレ。
実は両者は、2人で1人のパーソナリティーを現してると思うね。
そう、それこそは、かの手塚治虫その人なのでありますよ。

PDVD_066

最初、フジモトはポニョを無理くり押し留めようとするですね。
掌中の珠として愛でて、
あくまでも籠の中の鳥か箱入り娘よろしく玩弄し続けようとする。
が、進化し続ける事と自我とに目覚めたポニョは、
そんな姑息な束縛からは何の躊躇いもなく脱してしまう
です。
で、グランマンマーレは怒る事もせず目を細め、
苛立つフジモトに「若い頃は私たちだって・・・」とか宣まって、
実にすんなりと宗介とポニョの異種聖婚を認めるですね。
最早、この世に亡き“古生代の遺物”は、
新時代の幕開けを担ったポニョと宗介の2人に将来を託し、
その輝かるべき未来を寿ぐ他ない、と言わんばかりの鮮やかさで(笑)。
ここまで見届けて、カゴメは膝打ち頓悟した訳でありますよ、はい。
何故、
フジモトとグランマンマーレの2人が敢えて手塚風キャラなのか?
その答えはもう、こりで明らかでありましょ。

PDVD_253

てな訳で、軽〜いコケオドシでこの稿を始めてみた訳ですが(苦笑)、
ここから先が本来書きたかった本題(?)でありますよ。

この「崖の上のポニョ」には,能劼戮唇奮阿砲癲
まだまだ神話的要素やプロットが満載でありまして、
例えば、先にもチラッと書きましたが、“異種聖婚”ね。これは、
“異類婚姻譚”とも呼ばれる各地の伝承に共通する説話類型の一種ですが、
多くは、人間の夫と動物の妻、
もしくは、人間の夫に神属の妻(ジークフリートとブリュンヒルデなど)、
という形態を取るです。
無論、この「ポニョ」の場合は、得体の知れん半魚人のポニョと、
細かい事は気にしない天然人・宗介のツープラトンカップルですね(笑)。
で、この“異種聖婚”が物語として成立する場合、
常々用意されるプロットが、およそ3つあるですよ。
そりが、「異界における食べもんによる自動成約」と、
「本性を見ちゃった禁忌破りの法則」、
そして、「冥界巡り(もしくは妻問いの旅)の試練」であります。
勘の良い貴方なら、もうピィ〜ンと来たでしょう?

PDVD_276

さて、まず最初は「異界における食べもんによる自動成約」。
「ダ・ヴィンチ・コード」のレヴューでも書きましたが、
ギリシア神話に登場するペルセポネと冥府の神ハデスの婚儀でも、
冥界の食べ物であるザクロを口にしたペルセポネは、
ハデスの妻として冥界に留まらざる得なくなる
ですね。
で、他の神話にも似た説話が沢山ある訳ですが、
大概、これらは“冥界訪問譚”と結び付いてて、
「あの世の食べ物を食べちゃったから、もう現世には戻れませーん」
という事になっとる。例えば、
後段でも引き合いに出すつもりの伊邪那岐命による黄泉国訪問、ね。
記紀神話では、迦具土神という火神を産んだ際に、
うっかりオマンコ焼いて死んでしまった(迂闊だ。笑)伊邪那美命が、
あの世の黄泉国で既に黄泉戸喫(よもつへぐひ)を食べちゃってたんで、
夫の伊邪那岐命が妻恋しさのあまりに迎えに来ても戻れなかった、
なんて事になってます。

img_1724177_38397598_3

で、肝腎の「崖の上のポニョ」はどーなっとるかと言うと、驚くなかれ!
またしても、これがソックリそのまま逆転しとる訳ね。
ポニョと来た日にゃ、欠食児童よろしく、
ハムに噛み付くわ、ミルクぐびぐび飲むわ、インスタントラーメンかっ喰うわ、
手当たり次第に闇雲に食い散らしまくっとる。
いつからピラニア娘に成り下がったんだお前はっ!(笑)
で、この場合、彼女が口にした食物は当然、現世の食物であって、
彼女が生まれ育った海底の冥府のソレとはまるで別種の食物であり、
何の躊躇もなく食いまくった事によって自動的に、
彼女の新たに帰属すべき世界が確定してしまったのであります。
つまり、通常の神話や説話での「死が確定した」のとは真逆に、
「蘇生もしくは転生」の意へと巧妙にすり替わっちゃってるのね。

PDVD_035
PDVD_213
PDVD_220

魚肉ソーセージならぬ地上由来の極めて生臭さっぽいハム。
こりまた牛さんの血から生成された筈のミルク。
更には、人間界でしか作り様のない象徴たるインスタントラーメンと、
考えるだにもぅ、完っっ璧なセレクションでありましょ?
うーむ、むむ・・・、恐るべしは宮崎っ!
(「ルサルカ」における“生き血の成約”と、
ちょうど意味が逆転してるあの「傷の血をペロリ」の描写。
それと併せて考えると、尚更凄みが増すですね)

PDVD_187

次に「本性を見ちゃった禁忌破りの法則」ですが、
これはアレだコレだと例を引っ張り出すまでもなく、
皆様良くご存知の「鶴女房(鶴の恩返し)」や、フランスの「妖精メリュジーヌ」
もしくはヨーロッパ各地に伝わる人魚にまつわる伝承、
お隣の国・韓国の建国神話に登場する始祖龍女伝説、
そして、「ポニョ」に最も近しいモチーフとして挙げるなら、
山幸彦と豊玉毘売神なんかが想起されるですね。
で、一応、
山幸彦と豊玉毘売神とのラブストーリーを解説すると以下の通り。

天孫族出身で、火と穂を象徴する神・山幸彦(ホオリ)さんがある時、
兄の海幸彦(ホデリ)さんと面白半分に互いの道具を交換したは良いものの、
迂闊にも、その兄の大事にしてた釣り針を失くすですね。
で、そんなスットコドッコイなホオリさんが、
すっかりしょげ返って海辺でシクシク泣いてると、
やけに親切な塩椎神という爺様がやって来て、
「そりはお前が悪い! この薄ら馬鹿もんめがっ!
そんな悪い子のお前は、すぐさま海の底の綿津見神のお屋敷に下って、
何とかして欲しいと土下座して頼んで来るが良いのさ、アホっ
とか何とか、散々に言われ放題に言われたもんだから、
チッ!と聞こえないように小声で舌打ちしたホオリさんは、
ヤケのヤンパチで小船ばこさえて、綿津見神の元へと向ったですね。
で、宮殿前に到着したのは良いものの、
そこは礼儀も何も身に付いてない脳足らずのホオリさんの事ですから、
どう挨拶していいもんかも判らんで、ただただ右往左往しておりますと、
都合良く宮殿から、豊玉毘売神(タマちゃん)に仕える侍女が出て来おった。
img_6989_822689_3そのほっそりした肢体を眺めてシメシメとほくそ笑むホオリさん。
早速、「水くれネーチャン!」と胴間声で声掛けたね(笑)。
で、「水中にいるのに『水くれ』なんぞと言ってる馬鹿は誰?」
と思った侍女が振り返ると、
そこに立っていたのが肉食系男子剥き出しなホオリさん。
ちょっとクールじゃな〜い? 良く見ると高貴そうな顔立ちだしぃ〜
と思ったか思わぬか、侍女さんが恭しく水を入れた器を差し出すと、
何を考えたか粗忽なホオリが差し出された器に向かい、
クチャクチャ噛んでたガムをば、
「ガァーッ、ベッ!」と吐き捨てやがった(ええーっ??)。
ど、どこまでワイルドなんだよ、お前はっ!?
あまりに突飛な展開に仰天した侍女は、慌てて宮殿に取って返して、
ガムのこびり付いた器をタマちゃんに見せたね。
「きゅ、宮殿の外に、
と、とんでもなくヤンチャなヤンキーが来てますぅ〜(涙)」

すこぶる平穏無事な海底宮殿で悶々と、
若い身空を持て余してた令嬢タマちゃん、
「そんな荒々しい武骨な殿方ってどんな人かしらん」と興味津々、
そぉっと戸口から覗いて見てみると、当のホオリさんは体が冷えたのか、
宮殿の門に向ってシャーシャーと放尿遊ばされてたからさぁ大変だ。
「・・・まっ!」 思わず袂で顔を覆うタマちゃん。
テラテラと先端光った男根の、目を見張らんばかりの禍々しさが、
強烈な残像となってタマちゃんの脳裏に刻印され、
想いが直截な形を取って、そのふくよかな唇から漏れいずる。
「ああん・・・好いたらしい殿方・・・(溜息)」
ホオリさんも度し難いおアホウなら、
対するタマちゃんもまた底なしか? イイ勝負だぞ、ご両人っ!
この後、タマちゃんの贔屓で綿津見神と意気投合したホオリさん、
「天孫族と縁結びしとけば、きっと後々オイシイ事が・・・」
と企む綿津見神の粋な計らいで、
トントン拍子にタマちゃんのお婿さんへと納まっちゃたね。
タマちゃんの腰に乗って、こりがホントの逆玉の輿だ(笑)。ついでに、
可愛い婿さんを人がましい地位に就けたいと望む舅の意のままに、
な〜んも悪くない兄のホデリを謀り、虐めて懲らしめて、
とうとう配下にしてしまう暴虐非道なホオリ(山幸彦さん)でありました・・・。
めでたしめでたし。(な、納得いかーーんっ!)
と、
ここまでが、日本古来から伝わる「ウミヒコ・ヤマヒコ」のあらましですが、
後編として、
「古代バカップルのヤンママ・ヤンパパ編」というのがありまして(笑)。

20_crwy_8

賑々しく結婚したホオリさんとタマちゃん、活気溢れる若夫婦ですから、
当然、成すべき事を成せば御懐妊されますね。
で、海生まれの海育ち、海神の娘であるタマちゃんと言えど、
異種の稀人であるホオリさんの子供を産むに際しては、
海中で生む事は出来ず、陸に上がって産まねばならなくなる。

而して、浜辺に産屋を建て、「さぁ産む」というその段に彼女は、
夫・ホオリさんにこう宣言しますよ。
「私が子供を産む時は絶対に中を覗かないで。約束よ!
無理。絶対に無理。
だってホオリさんは我慢下手でDQNなヤンキーだもん
(笑)。
案の定、「嫁の正体や如何に」とスケベ心を兆したホオリさんが、
禁断の産屋を覗くとそこに、
黒々とした図体さらす鰐(八尋和邇)が一匹横たわっておりましたそーな。
血も凍るほどに吃驚するホオリと、
あられもない正体を知られて憤怒するタマちゃんワニ。
「もぉタマはドタマにきたワニ〜っ!」
かくして、タマちゃん(豊玉毘売神)は夫の馬鹿っぶりに呆れ果て、
早々に実家の海底へと帰って行きました・・・。
めでたしめでたし。(なんだかなぁ〜。苦笑)

densyo-pic-big041

こんな馬鹿夫婦の間に生まれた子の子孫が後の神武天皇なので、
ヤンママ・ヤンパパの馬鹿夫婦はこれ、
日本の古式床しい風俗なのですが、それは一先ず置いといて(笑)・・・、
要するに言いたいのは、こうした異種聖婚の場合、
異種の異種たる証である正体は、「見てはならぬもの」であり、
それを見てしまった場合は決定的な破局が訪れる、
とまぁ、その点なのであります。(話が長くなってスマン)

然るに、この「ポニョ」ではどうかと言うと、
むむっ!? 最初から正体バレバレじゃありませんかっ!!
魚→半魚人→人間へと、途中経過も明け透けに見えまくり(笑)。
なーんも隠そうとせんし、どころか、それを目の前に見てても、
当の宗介は全っ然ビビっとらんし。ザイル並みの神経かよ?(苦笑)
で、仔細に眺むれば、これまた通常の神話(説話)とは真逆に、
宗介以外の他の登場人物が、
異種の正体について鋭く、かつ、恐怖感剥き出しで指摘してますね。
例えば、特養老人ホームに住んでるトキ婆さん。
ポニョを一目見るなり、
「ギャーッ、人面魚! 津波が来るぅ〜っ」と大騒ぎして恐がります。
しかし、宗介はまったく動じないね(明らかにホオリさんよりも大人だ)。

PDVD_050

次いで物語のクライマックス。
ポニョと宗介の異種聖婚を前にグランマンマーレが、
「ポニョは半魚人なのです」などと“今更ながらの念押し”をしてはる。


知ってるちゅーねんっっ!!(大苦笑)

無論、宗介はまったく動じない。坦々と「うん。好きだよ」とか言ってる。

PDVD_360

まぁ、何ということでしょう。(←ここ、「ビフォー・アフター」風に読め)
つまりは、
「本性を見ちゃった禁忌破りの法則」なんて、完っ全に無視っ!!
なのである。
ワザワザそれ風に設えておきながらのウッチャリ無視、なのである。
勿論、“判ってて敢えてやってる”宮崎監督の力技であろう。


51vAKHhvPSL

い、いかん! またまた興が乗って長文になってしまった・・・。
ちゅー事で、,罵醜陲靴拭
「どしてトンネルが恐いのか?」
「えらくデカイ母親・グランマンマーレとユングの説く元型との関連性」
「あの不可思議な、脳天気母子とポニョの対話場面に付いての解釈」

そして、今回書きそびれた「冥界巡り(もしくは妻問いの旅)の試練」
等などに付いては、次稿に引き続き書こうと思うです。

追伸:
とうとう懸案の液晶テレビば買いましたよぉぉ(歓喜)。
買ったのは結局、アクオスDS6の42型と32型です。
(その間の顛末は、その内に雑記として書くですね)
届くのは12/1、ワクワクですわぁぁ。ふふふ。

↓ 「崖の上のポニョ」の予告編です(米国版)

Posted by カゴメ at 22:05 
この記事をクリップ! コメントを見るコメント(9)トラックバック(9)          
SEO対策

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
prada bags【prada bags】at 2013年05月11日 14:42
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
lacoste outlet【lacoste outlet】at 2013年05月11日 14:42
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
longchamp bags【longchamp bags】at 2013年05月11日 18:46
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
pig【pig】at 2013年05月12日 04:58
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
louis vuitton bags【louis vuitton bags】at 2013年05月12日 17:59
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
michael kors bags【michael kors bags】at 2013年05月12日 17:59
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
Cheap Jordans【Cheap Jordans】at 2013年05月13日 08:32
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
prada handbags【prada handbags】at 2013年05月13日 08:32
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
cheap ray ban sunglasses,fake ray ban sunglasses,replica ray ban sunglasses【cheap ray ban sunglasses,fake ray ban sunglasses,replica ray ban sunglasses】at 2013年05月20日 10:49
この記事へのコメント
each time i used to read smaller content ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆ that as well clear their motive, and that is also happening with this post which I am reading at this place. hermes fake http://replicaitbag.me.c
Posted by hermes fake at 2013年05月11日 10:24
明るい空の月を思わせる??ダイヤモンド時間マーカースーパーコピー、表面の中央にロゼット秒針。
Posted by ルイ・ヴィトン財布コピー at 2013年06月01日 23:04
htkrhdyzz ★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆ burberry outlet http://WindSportItaly.it/
Posted by burberry outlet at 2013年08月30日 07:23
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
Ugg Boots UK http://www.kingdomofnye.com
Posted by Ugg Boots UK at 2013年10月11日 14:56
Se, folk forst氓r resultatet av 氓 gj?re et kj?p beslutning, men er ofte uvitende om den interne oppskrift som f氓r dem der.
Posted by nike air max at 2013年11月12日 03:05
Tenk p氓 det som 氓 smi en ny vei gjennom penselen. Den gamle stien vokser over mangel p氓 bruk.
Posted by nike free run 3 at 2013年11月12日 03:06
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
Roger Vivier Sale http://www.desktopnotice.com
Posted by Roger Vivier Sale at 2014年04月06日 03:30
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
http://www.rogervivier-paris.com http://www.rogervivier-paris.com
Posted by http://www.rogervivier-paris.com at 2014年04月19日 13:33
★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”:★「崖の上のポニョ」、童話の皮を被った神話◆
http://www.isikhi.com/css/RogerVivier.aspx http://www.isikhi.com/css/RogerVivier.aspx
Posted by http://www.isikhi.com/css/RogerVivier.aspx at 2014年04月19日 13:33
 
当ブログはコメント一回の文字数制限が400字です。

track feed