2009年09月02日

定休日二日め。

クルマで走っていると、まわりの風景などほとんど見ていないのに等しい。助手席の五分の一、歩いている場合の二十分の一程度か。むなしい移動手段である。
最近、良く通る茅野市から長和町に抜ける「大門街道」に、全然気が付かなかったが、「仏岩」という奇巌があるらしい。標高も1,300メートルほど、帰りには少し足を延ばせば温泉がいくらでもあるし、ということで出かけてみる。

「仏岩」は確かに奇巌だが、妙義山のようにイヤでも目に入るという山容ではない。ふだん通り慣れている人でもかなり見逃しているのではないか。国道沿いの登山道入り口から、三十分ほど歩くと、仏岩の真下に出る。ここからは、アルミ梯子をいくつか登って、頂上に立つようなのだが、情けないことに梯子をふたつ登ったところで、あきらめてしまった。ネットで探した登攀者の写真から、登り方をかなり学習していったつもりなのだが、最後の登攀口の梯子の位置が良くわからなかった。もっとも、あの岩場で、仏岩に抱きつきながら回り込むという作業は、恐ろしくてとてもできなかっただろう。どうも頂上には、鎌倉期に建立されたという「宝篋印塔」があるようなのだが、したがってこれは拝めなかった。写真で見る限り、結構な大きさだが、これを運び上げた人の信仰心にはただ恐れ入る。

往復一時間ほどの上り下りでかなり汗(半分は冷や汗)をかいたので、次は風呂という算段だが、足を延ばして佐久まで行って見ることにした。大門街道から少し中山道に入ったあたりに、「笠取峠」という峠がある。ここを抜けると、眼前に佐久の平野が開ける。この景色を見るのは初めてだが、たぶん中山道を歩いた江戸の旅人と同じ感覚を味わった、と感じた。山ばかりを見慣れたまなこに、ぱっと広がる開放感、これは気持ちがいい。街道沿いの「穂の香乃湯」という温泉に浸かり、帰宅。

P9021234
▲大門街道から見える「仏岩」。「宝篋印塔」はいちばん左端の岩の頂上にあるように見える

P9021239
▲登山道入口はうっかりすると通り過ぎそうだが、この看板が目印

P9021248
▲登山道の脇には、こうした溶岩質の岩がごろごろ鎮座している。甘党には、和菓子の黄身しぐれに見えないか

P9021254
▲これが仏岩の下の最初の梯子

P9021256
▲続いて、左側に見える二番目の梯子を登る

P9021265
▲真ん中にうっすら見えるのが国道だが、今日はガスっていて視界は良くない

P9021262
▲真横に見える仏岩。これを登れってか、違うか

P9021264
▲下の方、結構キレツが入っているんですけど

P9021280
▲帰りがけ、岩の上に鎮座する石仏を発見。と思って良く見たら、単なる石塊だった。それにしても良く似ているなあ

P9021285
▲「穂の香乃湯」、入湯料350円也、シャンプー常備(ただしボディ用のみ)、良心的。露天風呂には演歌が流れているし、内風呂では爺さん数人が口角泡とばして、先ほどの選挙の総括をしているし(大声だが何を喋っているのか聞き取れず)、よろし

kaguradon at 23:04コメント(4)トラックバック(0) 

2009年09月01日

P8181040
8月29日(土)・30日(日)は臨時休業とさせていただきましたが、この両日、遠方からご来店いただいた方々がおられたようでした。ご来店いただいた方々には深くお詫び申し上げます。
当店サイト、ブログには告知しておりましたが、十分に行き届かず、ご迷惑をおかけいたしました。

また、「なぜ高遠ブックフェスティバルの開催時にわざわざ休むのか」というご指摘もいただきました。当店はこの催しに参加いたしておりませんが、ここ一ヶ月ほど、たびたび「なぜ古本屋なのに参加しないのか」という質問を受けるようになりました。参加しない理由を表明する義務はないと考えますが、これはかなり苦痛なことでもありました。したがいまして、同じ質問を数多く受けるであろう開催日は休業とし、遠方に「逃避」いたしました。来店者が何組かおられたことも、人づてに聞いた次第です。誠に勝手ながら、このあたりのご事情をお酌み取りいただくと幸いです。

定休日一日め。

先日、すぐ近くで仰ぎ見た「仙水峠」の「摩利支天」だが、誰から聞いたのか忘れてしまったが、長谷の「非持」の集落の高台の方で、この「摩利支天」が拝めるところがあるらしい。昔から信仰の対象とされているということだが、確かにあの白い巨魁を毎日眺めやれば、手を合わせたくもなる、というものだ。ぜひその場所を訪ねてみたいと思い、あてずっぽうでクルマを走らせたが、結局良くわからなかった。山あいの集落というのは、ムカデの足みたいに、何本も道が這いだしているのだが、たどってみると途中で行き止まりになってしまうことが多い。今回もそんな感じで、徒労だった。今度はしっかり場所を調べてから、訪ねるつもり。

ついでと言っては何だが、長谷のもう少し奥、「馬越(まごし)」の集落にクルマを停め、散歩する。確か「北馬越」の集落だったと思うが、長いダラダラ坂を登っていると、途中で座って休憩しているご夫婦がいたので、ご挨拶。「この坂を自分たち以外で歩いている人に会ったのは初めて」と言われてしまった。確かに、山あいの人は、意外と歩かない。それに加えて、ここの集落も空き家が多く、住人もまばらだそうだ。

※冒頭の写真は、少しだけ遠くから見た「摩利支天」

kaguradon at 23:56 

2009年08月30日

P8301194
一泊で、少し遠出をする。一日目は、岐阜県多治見に泊まった。特に目的もなかったが、土岐・多治見・瀬戸といった陶芸の町とはいかがなものか、といった興味から。着いたのが夕方、翌日出発したのも早朝ということで、結局陶芸とは無縁に過ごしただけだった。ただし、宿泊した施設が傑作で、あまり安物買い自慢はしたくないのだけれど、ビジネスホテル風のところで、料金は何と1K。これに駐車場代0.3Kが付いて、合計1.3K。セルフ・サービスの朝食も付く。寝具等もシンプルだが清潔、部屋にはTVもあり、ネット接続も可。地下には24時間入れる浴場もある。キャンペーン期間中ということだが、ふだんでも極力ムダを省いて、3K程度らしい。

翌日は、今回の目的地、愛知県豊田市の足助(あすけ)へ。宿場町だが、かつてはここの塩問屋の塩が、はるばる伊那谷まで運ばれたそうだから、恩義のある町でもある。予想以上に町並みがよく保存されていて、また現役で使われている建物も多く、訪れた甲斐があった。そこからは、ひたすら「三州街道(国道153号線)」を北進して帰ってくる。

P8301127
▲愛知県豊田市「勘八峡」。足助に入る少し手前にある峡谷。ボートの練習に最適なのか、次々にクルーが通り過ぎる

P8301139
▲ここから足助の町並みに。幕末に建てられたという旅籠「旅館 玉田屋」

P8301144
▲「風外饅頭」の「御菓子司 風外」

P8301146
▲蔵を改造した新刊書店「マンリン書店」。児童書、人文書、本まわりのグッズなどが、品良く陳列されていた。奥には、喫茶+ケーキもできる「蔵の中ギャラリー」がある

P8301153
▲「商家 田口家」。軒が低い「平入り」(もうひとつが「妻入り」)のつくり

P8301157
▲「旅籠 三嶋館」。現在は営業していない模様

P8301163
▲甘味処「加東家」。天保の「加茂一揆」の際には造り酒屋であったため、標的にされ、今でも柱に鉈の跡が残る、とか

P8301171
▲「名古屋牛乳」。もとは250年続いた老舗の薬屋「藤屋」。安政四年建築

P8301183
▲「お釜稲荷」。小さな穴から撮ったのでわかりづらいと思うが、直径2メートルの大釜のなかに祠が祭ってある。「ここにお参りすれば、一生食いっぱぐれることがない」とあったので、私の後生、安泰である

P8301199
▲山牛蒡漬「元祖 スズマン本舗」と履物屋「下駄萬」が軒を連ねる

P8301208
▲足助川沿いの好みの家並。真ん中の家など、瓦が落ち、壁が崩れている

P8301133
▲紅葉で有名な「香嵐渓」。巴川は涼を求める人で、ごったかえしていた

P8301217
▲白鳳年間創建という「足助八幡宮」。文正年間再建という本殿は、国の重要文化財

P8301219
▲帰りがけ、豊田市武節町にある「稲武温泉 どんぐりの湯」で一風呂あびる

P8301228
▲愛知県と長野県の境、下伊那郡「根羽村(ねばむら)」のあたり。山が深い。三州街道はひたすら登ったあと、下り続ける道である

kaguradon at 23:11コメント(9)トラックバック(0) 

2009年08月26日

P8261125
定休日二日め。

長谷の「みらい塾」で開催されたコンサート「アミーゴな午後」に出かける。
まず、ケーナほかの笛とパラグアイ・ハープのデュオ・グループ「あるみかん」による演奏が一時間ほどあり、そのあと皆で歓談しながら「Cafe Britt」の珈琲と、女将手作りのケーキをいただいた。

観客は二十人ちょっとだったか、ほとんど告知もしていないと思うのにこれだけ動員できるのは「みらい塾」の力だろうか。伊那ケーブルテレビの女性が収録に見えており、放映もされたようだ。
見回すと女性、それも少しお年を召した方が多いように見受けられたので、「アミーゴ」というより「アネーゴ」という文字が頭がよぎった(他意はないのであしからず)。

最初に演奏をした「あるみかん」というデュオは、ネタバラシをすれば、「みらい塾」の女将の娘さん、美香さんとその旦那、有さんの夫婦デュオ。「(有)ある」と「(美香)みか」で「あるみかん」なそうな。演奏はCDで音としては聴き知っていたが、実演で耳にするのは初めて。「コンドルは飛んでいく」「ダニーボーイ」などの曲が披露された。旦那の有さんの方は、ピンで自作楽器による「コミカル・バンド」みたいなことも得意にしているようで、最近はこちらのほうでも、お呼びがあります、とのことだった。有さんの軽妙な語りと、変化に富む笛の音色、それを支える美香さんのハープの優雅な響きと確実な技巧に、集まった方々は熱心に耳を傾けていた。女将がいつものキリッとした風情ではなくて、娘とその旦那を見守る、母親のやさしい背中になっているのが、少し可笑しかった。もっとも、コンサートが終了し、珈琲とケーキの時間になると、いつものねじりはちまき、八面六臂の女将に戻っていたが。

※演奏風景は、どんなに小さな演奏会でもフラッシュを焚かない、というルールを遵守したため、私の暗いレンズではすべてボケボケで、載せられるものがなかった。冒頭の写真は、「ポニポニ・マーケット」という、「みらい塾」で採れた野菜・果物の即売会の様子を写したもの

kaguradon at 23:44コメント(2)トラックバック(0) 

2009年08月25日

定休日一日め。

伊那市富県(とみがた)にある「金鳳寺はいいですよ」と「信濃屋中米商店」Sさんに吹聴していたら、「そんなに言うんだったら、連れてってくれ」と仰せつかったので、お連れすることにする。せっかくなので、その先にある「中沢」の集落と「四徳」の集落跡にも。交代で運転して行ったのだが、お互いに、助手席に座ると、途端に運転手に命令口調になるのが可笑しかった。オヤジなんてそんなもんか。それよりも、ひとりで走っているときには見落としてしまったり、億劫で寄らなかったりする「ひっそりとしたお宝」を発見したのが、収穫であった。今回の日帰り弥次喜多でいうと、火山峠(ひやまとうげ)の「芭蕉の松」、中沢集落の「香花社」「蔵沢寺」、四徳の「紅葉橋の下の滝」などであろうか。

P8251069
▲「金鳳寺」の境内にある高木のさるすべり。風はもう秋の気配だ

P8251078
▲いつ来ても、何を考え込んでおられるのだか

P8251079
▲火山峠にある「芭蕉の松」。樹下に芭蕉の句碑と井月の句碑が建っている。しかし、どちらも、直接この松と関係のあるものではない。松そのものは、枝振りといい、樹勢といい、実に立派なもの

P8251086
▲駒ヶ根市中沢の集落にある「香花社」

P8251084
▲その神社の入り口にある石仏。何か幼児が棒きれを振り回しているように見えて可笑しい

P8251088
▲手前の舞楽殿(?)の屋根にある獅子は、逆立ちしているように見える

P8251093
▲同じく中沢の集落にある「蔵澤寺」の山門

P8251095

P8251096
▲この寺は、桜の名所でもあるそうだ。曹洞宗の寺だが、ネットで拾うと「隠れキリシタン」との関係を疑うサイトもあったりする。そういう目で見てしまうと、裏の墓地で見つけたどちらの石仏も何だか怪しい気がしてくる

P8251102
▲四徳温泉の少し先、紅葉橋のすぐ下にある滝。滝が落ちる手前に少し広い岩盤があって、足を踏み入れることもできる(危険につき、要注意)

P8251105
▲中川村あたりの鉄橋から望む天竜川

kaguradon at 23:39コメント(8)トラックバック(0) 

2009年08月24日

8月29日(土)・30日(日)は勝手ながら臨時休業とさせていただきます。
※お問い合わせを多くいただきますが、当店は同日開催の「高遠ブックフェスティバル」には参加いたしておりません

kaguradon at 23:52 

2009年08月23日

今日は、何やら不思議な「えにし」の日であった。どうも皆さん、現在当店で開催中の「ヒロシマを忘れない たった一枚のポスター展」を見に来ていただいたようなのだが、まず最初にご来店いただいたのは、伊那の酒&食料品店「酒文化 いたや」のご夫妻と娘さん。そのうちに、長谷の道の駅で、雑穀&地元野菜レストランを営む「野のもの」の奥さんYさんとその娘さん。奥さんどおしはお知り合いのようで、「あらまあ」ということで会話が始まった。そのうちに岡谷でオーガニック食材&商品を扱う「CAMBIO」のご夫妻がご来店。私がそれぞれに仲を取り持つと、互いの店に行ったことがある、とか。さらに、知り合いのお客さんという方がたまたまご来店されたりして、何か賑やかなことになっていた。奥様(と飼い犬)に締め出されたらしい「信濃屋中米商店」のSさんも夕方に来店されて、話の輪に加わった。

いま、紹介したそれぞれの店の方々は、形態の違いこそあれ、「食」を提供する、ということでは共通している。さらに言えば、私の知る限り、どなたも距離の遠近こそあれ、地元出身者ではなく、みなヨソから移住してきた方々である。つまり、中南信という地域にあって、「食を供する」とはどういうことか、ということを、移住者の目で模索している方々である。かつ、それらを学術的に研究しているわけではなく、日々の「生活の糧」との折り合いを計りながら、格闘している方々である。たぶん、こういう姿勢こそがそれぞれに根強いファンを持つみなもとなのであろう。

都会で店を開いていれば、そこはマーケティング一色の世界である。均一性の高さゆえに、参考となる本もあれば、コンサルタントもウヨウヨいる。しかし、この中南信という「食料自給率」の極めて高い、過疎の地域で、かつ自らの情報のアンテナを降ろしてしまえば、とめどなく旧来世界に安住できてしまえるような風土のなかで、こうした店を維持していく、というのは並大抵のことではないだろう。
と、白旗寸前の店主は感じたのであった。

酒文化「いたや」

野のもの

CAMBIO

※店主の人柄をよくあらわしている思われる最新のブログの一部から

(前略)ボクは静かな山に人があふれることは望んでいません。ただ、あまたの虫たちに殺虫剤をふりながらホタルだけは大切にしようというアンバランスな自然観(注・店主は辰野町にお住まい)と、高さや姿ばかりに目を奪われて富士山に登ろうという意図の間に、ひとつの共通点があるように思えるのです。

信濃屋中米商店

kaguradon at 23:17コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月19日

P8221052
定休日二日め。

前から店の前を通るものの、一度もお邪魔したことのなかった伊那の「酒文化 いたや」へ。当店でお客さんにお出ししているコスタリカ珈琲の「カフェ・ブリット」を置いている店であり、輸入元の「信濃屋中米商店」Sさんから、一度行ってみたら、と言われていた。

中に入ると、清潔な店内に、吟味された商品がほどよく陳列されている。八割がたは酒だと思うが、そのほかに輸入食材、自然志向食材などが、ご夫妻の目利きで選ばれている感じだった。私は酒を全く飲めないので良くわからないが、酒店というのは歴史はあるのだろうが、何か空気が淀んでいるような店か、その反対で商品やPOPが自己主張しきりで、目がチカチカするような店に大分できるような気がする。この「いたや」のように、両方がうまくバランスされ、品のある店はなかなか少ないのではあるまいか。
下戸の買い物は難しいのだが、冒頭の写真がその戦利品。奥の酒瓶は、左が奈良県葛城市産「梅乃宿の梅酒720ml」1,050円、右が地元「宮島酒店」の「信濃錦 純正甘酒300ml」420円、隣の袋は広島県福山市産、純黒糖の手作り飴「島路 黒飴27個」294円、手前の四角いものはライ麦とひまわりの種がブレンドされたドイツの黒パン「ゾンネンブルーメン」378円也。このブログを読んでくださっているそうな奥様の「まめみき」さんがいらしたので、少し立ち話。

酒文化「いたや」

kaguradon at 23:24コメント(7)トラックバック(0) 

2009年08月18日

P8181046
定休日一日め。

きょうは「信濃屋中米商店」Sさんのお誘いで、乗鞍岳に行くことになっていたのだが、前日の打ち合わせで、「午前10時のバスに乗りますから、9時に来てください」と言われた。きちんと行程を把握していたわけではないが、たしか松本の先あたりからバスに乗るはず、1時間足らずで到着するのかしらん、と少し早めにSさんのお宅に到着した。クルマに自分の荷物を詰め替えつつ、予定を聞くと、どうも長谷の「仙流荘」から南アルプス林道を通るバスに乗り、甲斐駒ヶ岳方面に向かうらしい。そ、そうなの?まあ、どっちでもいいけれど。

ということで、行き慣れた「仙流荘」の前から、南アルプス号に乗って、終点、「北沢峠」まで。南アルプス林道は、一般車の通行が禁止されているため、ほんの少しの工事車両と、観光バスしか通らない。到着までの乗車時間が1時間ほど、標高差で1,200メートルくらいの行程だから、鋸岳やら仙丈岳やら甲斐駒ヶ岳やら峨々たる山並みが近くに見えるのと同時に、深い深い谷底も眼下に「聳える」。さすがに風景のダイナミクスは見事で、山好きの乗客は歓声しきり、解説しきりであったが、最初からお疲れ気味の二人の中年のオッサンは、しきりと舟を漕いでいたのであった。

北沢峠に到着すると、そこは標高2,000メートルの世界、やはり店の裏の栗田林道とは景色がちがう。ここから、仙水峠までを徒歩で往復し、午後3時のバスで「仙流荘」に戻る、といいうのが今日のスケジュールとのこと。ペース配分も何もわからないので、あとはSさんにおまかせ、ひたすら歩く。
先週、霧ヶ峰やら車山に行ったりしたので、あれらの山に多少岩場が張り付いた程度の山歩きを想像していたのだが、実際はかなり異なっていた。よく聞くとSさんは、このコースをもう十数回も踏破しているらしい。確かに、この山道はそれほど体に負担がかからないわりには、風景に変化があって、楽しい。特に樹林帯を抜けると津波のような瓦礫の山が現れるポイント、その瓦礫の山を抜けると神々しいばかりの摩利支天が出現するポイントは、この山道のハイライトであろう。
長谷の「仙流荘」にバスで戻ってきたあと、どうにも熱い珈琲が飲みたくなり、「仙流荘」の裏庭にあたるほどに近い「みらい塾」に寄る。珈琲のほかにデザートやら飲物をいろいろいただいたうえ、採れたて野菜・フルーツのお土産を頂戴してしまった。おかみのお孫さんの茜ちゃんからは、先日の絵本のお礼にと、手作りの「ドコモダケ」ペンダントをもらう。その写真は、また後日。

P8181017
▲スタートからしばらくは、こうした渓流沿いの林間を歩く。隅に見えるのは、常に休んでいる人

P8181020
▲渓流の水は澄んでいるうえに、とても冷たい

P8181022
▲途中にある宿泊施設「仙水小屋」。小屋の前に、水飲場があり、多くの登山客が喉を潤していく

P8181024
▲樹林帯を抜けると、いきなりこの瓦礫が目の前に現れる。高低差があるので崩れてきたら、と思うと少々怖い

P8181027
▲瓦礫帯は足場が悪いので、常に休んでいる人

P8181034
▲しばらく歩くと、両脇の斜面も瓦礫の光景になる

P8181049
▲ところどころにケルンというらしいが、積み石(罪石?)がある

P8181039
▲そして、仙水峠にたどり着く直前、いきなり左手に海坊主のように「摩利支天」が現れる。これは確かに驚く。「摩利支天」とは、威光・陽炎を神格化した古代インドの女神「マーリーチー」に由来するそうだが、そのとおり、陽光があたったときの岩肌は神々しい

kaguradon at 23:26コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月16日

いくら暑くても、練習をサボれば途端に(塗炭に)指は動かなくなるので、毎日ポツ ポツリとピアノに向かっている。そんななか、バイエルの教則CDを中古盤で見つけたので、購入した。演奏者は、東京芸大の名誉教授で、小山実稚恵ほかのピアニストを育てた、名伯楽「田村 宏」。バイエルにはじまり、ソナタ・アルバムあたりまで、ピアノの初・中級者向けの教則本のすべてを田村 宏は録音している。「ピアノのおけいこ」は練習した成果を先生に聴いてチェックしてもらう、という形式なので、予習する曲がどんな音楽かを知るのに、CDは便利である。いま学んでいる段階あたりでは、別にCDを聴かなくても、どんな音楽かは鍵盤を押さえていれば自然とわかるが、それでもCDを聴くようにしている。

いま、バイエルを練習していて、音盤が必要な人のほとんどはこの名盤を聴いていることと思うが、さてその前にどんな音盤があったのか気になって調べていたら、ある盤に行き当たった。クラシック・ファンなら名前をご存じかと思うが、故・豊増 昇(小沢征爾のピアノ家庭教師でもあった)が、「朝日ソノラマ」に録音している。「バイエル全曲模範演奏(上・下)」というタイトルで、16枚組でリリースされたようだ。いずれにせよ、「朝日ソノラマ」だから、ソノシートである。この大胆な企画を立案し、豊増 昇に交渉したのは、駆け出しの頃の菅野沖彦(オーディオ評論家)だったようだ。著作「僕のオーディオ人生」のなかに、すでにバッハ演奏、ベートーヴェン演奏の大家であった豊増に、バイエルの録音を依頼するくだりがあるが、実にスリリングで楽しい。また、それを超多忙のなかで受けて立った豊増も立派であった。この「朝日ソノラマ」は大ヒットしたようで、50万部も売れた、という。「朝日ソノラマ」は大量に出回っていたくせに、古書価はどれもソコソコなのだが、今度どこかで見つけたら、ぜひ所有することにしよう。

しかし、50万部も売れた「バイエル」教則録音なのだから、この音盤に懸命に耳を傾け、熱心に練習した方も多いとは思うのだが、このソノシートの録音に関する評価をあまり目にしないのはどうしてか。あの時代、誰もがピアノを所有できるわけではなかっただろう。もしかして、その多くは、紙鍵盤で練習していたのか。あるいは、ピアノの代替えとして、親が子どもにこのソノシートを買い与えたのだろうか。


kaguradon at 21:20コメント(0)トラックバック(0) 
Profile

書肆月影(しょしつ...

livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ