2009年11月

2009年11月30日

PB291834
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
本来なら閉店後は、このブログを閉じるべきでしょうが、いまだ閉店をご存じない方もいらっしゃって、メールやらハガキやらをいただいております。もうしばらく残しておいたのち、撤去いたしたく思います。

「書肆月影」の活動は、新しいブログを立ち上げました。

伊那谷 ブラリひょうたんから駒

当ブログ同様、ご愛読いただけると幸いです

kaguradon at 21:06 

2009年11月06日

唐突に思われる向きもあるかも知れませんが、諸般の事情により、「高遠 長藤文庫」は、今月11月23日(月・祝)を持ちまして、閉店いたします。いままで弊店を支えていただいた方、弊店に足を運んでいただいた方には、深く感謝いたします。ありがとうございました。
弊店は、私「書肆月影」大塚と「れいど・ばっく」平野の共同経営にて、運営してまいりましたが、両者でよく協議した結果、上記の結論にあいなりました。

閉店後の予定ですが、私「書肆月影」は中信南信にて、本にかかわる新業態の運営を、仲間数名とともに始める予定でおります。これについては、近々またご報告できることがあるかと思います。

「れいど・ばっく」平野さんは、地元神奈川にて、従来どおり、古本販売を継続していく予定です。

コメント欄には書き込みができませんので、ご連絡等がございましたら、それぞれの店主宛にメールでお寄せいただけますでしょうか。

書肆月影 大塚清夫 kaguradon@yahoo.co.jp
れいど・ばっく 平野廣之 laidback@themis.ocn.ne.jp

※なお、閉店までこのブログの更新はありませんので、ご了承願います。

「高遠 本の家」の名称の時期を含めても、二年半ほどという短い期間ではありましたが、本当にありがとうございました。また、どこかで皆さまとお会いできることを願って、最後のご挨拶とさせていただきます。

kaguradon at 23:32 

2009年11月04日

定休日二日め。

このところの寒さはもう晩秋を通り越して、冬という感じである。杖突峠は一昨日あたり雪が舞ったそうだし、庭のメダカがいる漬け物樽も、朝には氷が張っていた。
冬の準備はいろいろあるが、今日はとりあえずクルマ関係のことを、スタッドレス・タイヤへの交換、クーラント液の交換、ついでにエンジン・オイルも交換しておいた。これで、もういつ積雪しても安心である。

長谷の「みらい塾」へ本を一箱届けに行ったのだが、電話をして行かなかったので、女将さんはお留守だった。途中、ふと「桑田薬師堂」という看板が目に留まって、気になったのでクルマから降りてみる。なかなか味のあるお堂であった。大きなイチョウの木が聳え、銀杏が大量に落ちている。だれも採集している気配がないので、少しお裾分けをしてもらった。ただし、もちろん匂いのオマケ付きで、クルマの暖房と相俟って、途中少し気分が悪くなる。

PB041663
▲おっとあぶない、子どもが飛び出すぞ

PB041649
▲いつもは見落としていた看板(毎日のように珈琲配達をしている野笹住人も、このあたりでは金勘定でうわの空のはず)

PB041652
▲手前の枯れた樹は枝垂れ桜、そのむこうが銀杏、右側にかやぶき屋根のお堂が見える

PB041654
▲枝垂れ桜は、推定樹齢千年とか。樹勢は瀕死の状態に見えるが、それでも毎年花が咲くそうだ

PB041656
▲ここは長谷溝口という地籍だが、いまだ地元の方の信仰を集めている気配がする

kaguradon at 23:47コメント(6)トラックバック(0) 
Profile

書肆月影(しょしつ...

livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ