マガジン

雑誌創刊情報

月マガから新増刊誌、月刊少年マガジン+が10月に誕生
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110906-00000032-nataliec-ent

<注目リリース>角川書店、月刊コミック誌「ニュータイプエース」を発売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110907-00000008-mantan-ent

「進撃の巨人」や「おジャ魔女」の16歳編がラノベで登場
http://natalie.mu/comic/news/56121


・月マガ+
「6月に休刊したマガジンイーノからの移籍連載を軸に、
 幅広いジャンルを展開する」

新装開店って感じなのか。
傾向を変えて、人気のあった連載陣を残し、
新雑誌として消費者にアピールする、と。
人気が無かった作家のリストラ効果もあるんだろうな。。。


・ニュータイプエース

一般少年誌:少年エース
一般幼年誌:ケロケロエース
男性向け :ヤングエース
女性向け :ビーンズエース
ガンダム :ガンダムエース

で、アニヲタ向けのニュータイプエースというわけか。
雑誌として凄い棲み分けができてるな。


・講談社ラノベ文庫
「講談社は12月2日にライトノベルの新レーベル・
 講談社ラノベ文庫を創設する。
 その創刊ラインナップとして、
 「進撃の巨人」や「おジャ魔女どれみ」の小説版が
 発表される。」

16歳になった、おジャ魔女メンバーのアフターストーリーが
気になりすぎるw
ラノベは今は読まないので他はあまり興味なし。

<講談社>55万円賠償命令 「モデル」男性を侮辱

<講談社>55万円賠償命令 「モデル」男性を侮辱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000096-mai-soci

うーん、相手が悪かったのかなぁ。
まぁ、読んでないからどんな感じに描かれてたのか
わかんないんだけど。

似てる人物が出る漫画っていうとか結構色々あって、

アクションなら、バキとかタフもそうでしょ。

 ワ ン ピ ー ス も ア レ は 

  大 丈 夫 な ん ? w

名前だけなら、ろくでなしブルースも出てたし、

ギャグなら浦安鉄筋家族とか、昔コロコロで「わーお!ケンちゃん」
とかいう下品ギャグの漫画あったし、ギャグに関しちゃ、

 訴 え ら れ て も 文 句 言 え な い 

  レ ベ ル の 内 容 多 い 気 が す る

身内(漫画家ネタ)で言えば幕張もそうだなw

許可を取る取らないっていうのは難しい問題だよな。
まぁ、とりあえず伺い立てるってのが無難な気もするけど。

あとは内容次第?

サンデーマガジン50周年

sm2sm1

 

 

 


50周年号を同時発刊ってことで買ってみた。
裏表紙はゲームのサンデーVSマガジンの広告になっていて、

サンデーにマガジンキャラでの広告
マガジンにサンデーキャラでの広告

が載せられている。

んで、50周年がどうというより「あだち留美子漫画」が
目的だったのでマガジンは余計っぽかったけど、
「井上雄彦が描くバリバリ伝説ポスター」が
ついていたから、まぁ良しとするか。

もう読まなくて長いから連載漫画は話解らんし。

sm3










ちなみに、肝心の合作だけど、リレー形式の
内容の自伝漫画って感じかな。
最後の2ページは一緒に描いてる。

高橋先生のパートでは劇画村塾にも触れてます。


んで、ついでに。

「サンデー」「マガジン」50歳の誕生日で「大同窓会」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000052-zdn_n-sci

『マガジン』『サンデー』創刊50周年で大同窓会
 2誌の攻防を描く特番放送も決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090317-00000006-oric-ent

<サンデーvsマガジン>編集者の激闘史がNHKドラマに
 伊藤淳史、成宮寛貴がW主演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000013-maiall-ent

朝のニュースでも特集組んでたりしてた。
そこで、釣りキチ三平の矢口高雄先生がコメントされてて、

「私の漫画がウケたのは、当時公害が酷く、川なんか
 酷く汚れていて、釣りなんて遠くまで行かないとできなかった。
 そこで、釣りをどんどんするドラマを描いたらみんな喜ぶ
 んじゃなかいと思って描いたからです。

 時代が求めている物を描くのが必要なんだと思います」

というような事を言っていた。
上の記事でも、

「漫画文化に大きく貢献してきた両誌だが、マガジンは現在177万部、サンデーは87万部と、それぞれピーク時から3分の1近くに部数を減らしている。「釣りキチ三平」の矢口高雄さんは「100周年の時、それが紙媒体かどうかは考えなければならない」と話していた。」

と書かれているし、やはり雑誌の将来を色々考えてるみたい。


超ついでに「釣りキチ三平」の映画化だけど、このタイトルって
現代において問題ないんかな?
チビクロサンボと同じ気がするんだけど。
「釣りキチ」ってあだ名っぽいし、誰も「釣りキチガイ」なんて
解釈はしないだろうってこと?
もし、単に「不快感を与えないから良い」って単純な理由なら
・巨人の星の「日本一の日雇い人夫」
・ガラスの仮面の「キチガイだわ」
・あしたのジョーの「拳闘キチガイ」
も伏せなくていいじゃん。

って思った。


もいっこ。
ジャンプ記念号は買いそびれた。

サンデーVSマガジン

<サンデーVSマガジン>一歩とジョー 時代を越えて夢の対決 PSPゲームが26日発売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000023-maiall-game
sm2sm1




ついでにちょっと古い記事。
こっちはDS。

上杉達也と星飛雄馬が対決――「サンデー×マガジン 熱闘! ドリームナイン」
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0902/27/news055.html
sm3













サンデー×マガジン企画として色々試してるけど、
まぁ、ゲームが出るのも当然と言えば当然なんだけどさ、
こういうお祭りゲーって、簡単に売り上げを出せそうだけど、
実際に作るのって1つの漫画をゲームにするのの何倍も
難しいと思うんだよね。
本気で作るなら。

DSも「なんで野球?」って思ったけど、それぞれに代表的な
野球キャラがいるし、コナミだからパワプロのノウハウ
あるからゲームとしてはそれなりに作れるかなとも思う。
(開発が外注ならどうか判らんけど)

PSPの方は2D格闘(キャラ自体は3D)。
野球以上に敷居が高い気がする。
ってか、漫画原作の格ゲーって大概ク(略
コナミの2D格ゲーのノウハウって

 マ ー シ ャ ル チ ャ ン ピ オ ン

  し か 浮 か ば な い

大丈夫なんかいな?
こっちは外注だろうなぁ。

なんでこんな事を思うかってと、ゲームシステム云々は
置いといても、まず「キャラの扱いが難しい」ってのがある。
全員主人公級だから。

スマブラのこの人のも難しいって言ってるし。
http://www.inside-games.jp/news/273/27308.html
「『スマブラ』シリーズは任天堂のフランチャイズ・キャラクターが多数登場し、一つのフィールド内で大乱闘を繰り広げる人気アクションゲームです。しかし、もともと異なるゲーム向けにデザインされたキャラクターを、一つのゲームシステムの中で遊ばせるわけですから、そのままでは差異が際だってしまい、おもしろいゲームになりません。」


野球とか格闘とか、特定のキャラが目立つようなジャンルで
作るのは難しいんじゃないかってのが第一印象だった。
ってか、専門外のキャラをどう扱うの?ってのもある。

パーティ系ハチャメチャゲーならキャラの個性が出しやすい
ってか、このジャンルでないとアクションは厳しいと思う。
スマブラもそうだけど、ジャンプオールスターズもこの系。
ジャンプ〜は売れたんだっけ?


もしくは、

 ま っ た く の 別 ジ ャ ン ル で 作 る

別ジャンルっていうか、専門的な物が関わらないジャンル。
まぁ、何かってと

 ナ ム コ × カ プ コ ン

http://namco-ch.net/namco_x_capcom/index.php
色んなジャンルのキャラが集まってるからどのジャンルにしても
偏るのは必至で、だからこそシミュレーションってジャンルを
取ったのかもしれない。
もしくは

  D a y s   o f   M e m o r i e s

とか。
まさかのSNKキャラ恋愛ゲー。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20070417/dom.htm
まぁ、アドベンチャーでもいいんかな。
それ以前にSNKには「カードファイター」があるわけですが。
個人的にはパワーストーン形式も違和感ないと思う。
個人的に好きなのもあるけど。


まだ出てないのでなんとなく印象だけで言ってるから、
実際面白いかもしれないし、尾も白くないかもしれない。

ただ、この不況を乗り切るための数ある戦略の1つだと思うけど、
安易な売り上げ主義で作ってないことを祈ってます。
livedoor プロフィール

神楽坂信二

QRコード
QRコード
楽天市場
記事検索
  • ライブドアブログ