2018年05月18日

人生の友 サッカー



鳥取の義母からの電話を、いつになく神妙に聞いていたオット。
義母のすぐ下の妹のK叔母さんの長女のご主人が亡くなられたとのお知らせでした。

オットが小さいころ、鳥取に帰省する度に一緒に遊んだいとこのkumiちゃんの旦那さんで、一家は千葉県にお住まい。

鳥取から遠いので高齢の叔母を含めて誰も来れず、我々が親戚を代表する形で葬儀に参列することになりました。

20180517お通夜01



お通夜に少し早めに伺ってkumiちゃんとゆっくりお話することができました。

実はここ数年、私たちが鳥取にお盆帰省した時にkumiちゃんも帰省していて私も何度か会ったことがあり、今回はまさかのことで驚いたとお伝えしました。

希望は持っていたけれど治癒は難しいとわかっていたので、自分の親にも言えなかったとのこと。
昨年も、お子さんたちに数日間看病を託しての帰省だったそうです。

ご本人にはお目にかかったことはなかったのですが、3年ほどの闘病で、心ゆくまで看病できたので思い残すことはないという言葉にホッとしました。
明るく「ワールドカップはあちらで楽しんでね〜」と。


ところで、私は久しぶりの斎場で、故人を偲ぶいまどきの(?)心のこもった飾りつけに驚きました。
中学生の時から高校、大学、就職先、最近ではシニアクラブと一貫してサッカーに親しみ、山を愛し、家族を愛したお人柄が伝わり心が和みました。

20180517お通夜06



     20180517お通夜04


20180517お通夜07



お通夜は仕事仲間、サッカー仲間の大勢の皆様の参列で奥さんのkumiちゃんも驚くほど盛大でした。
クルマゆえ精進落としは遠慮して、自宅近くの居酒屋さんでオットと献杯して故人を偲びました。


翌日の告別式の祭壇にもユニフォームとボールが飾られ、

20180517お通夜05



卒業した大学のサッカー部の旗も届き、サッカーを愛したyuさんらしい告別式になりました。

20180518告別式01


 
とはいっても、お通夜に比べて少し寂しいものになるのではないかという予想は大きく外れ、告別式も多くの参列者で盛大な式になりました。

kumiちゃんの兄で、いとこの中では年が近くオットが一番仲良しだったshuちゃんも大阪から駆けつけて、久々のいとこ談議の話題はリタイア後の仕事のこと。

帰宅後、義母や義姉たちに報告の電話をして思い出話などお聞きして偲びました。

yuさん安らかにお眠りください。



kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 生活 | 鳥取

2018年05月16日

カフェランチ



butaさんに誘われてひさびさのランチ会。
たったふたりなのに、お忙しいbutaさんと私の帰省などなかなか予定が合わなくてようやく実現しました。

連れていって下さったのは、西船橋から中山競馬場方面に少し歩いたところにある「アルカフェ (Arles Cafe) 」。

20180516アルカフェ01



20180516アルカフェ02


     20180516アルカフェ03


ちょっと見、「普通のお宅」だけど、小径を入ってお庭に回ると素敵なお店になっていました。

20180516アルカフェ04


     20180516アルカフェ05



前菜は「ソラマメのポタージュスープ」
天然酵母の自家製パンはもっちりとしておいしくてお替りをいただきました。

20180516アルカフェ07


メインは「チキンレモンクリームのパン粉焼」

20180516アルカフェ08


飲み物はコーヒー、デザートはカシスのシャーベットを選びました。

20180516アルカフェ09



落ち着いた雰囲気でおいしくいただき、久しぶりのおしゃべりで楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

20180516アルカフェ06


あとで知りましたが、建築士のご主人の設計でご自宅の一部を改装してレストランにされたとか。

お店を切り盛りされているのは、お料理好きの奥さまと接客得意の幼なじみのおふたりなんですって。

そして、ゆっくり気軽にくつろげる雰囲気を大切にしたいという思いから、1組で4人以上は受け付けていないそうです。


由来を知って、またいつか行きたいお店になりました。
butaさん、またよろしくです♪


追伸・ところであの日は暑いクルマでごめんなさい。
   エアコンの風を送るモーターが壊れていたということで修理しました。
   次回は快適に行けますので、ぜひ!(^^)!


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 食いしん坊 | 船橋

2018年05月13日

第86回 日本プロゴルフ選手権大会



本日最終日を迎える今年の「日本プロゴルフ選手権」は、ゴルフ同好会でよく行くゴルフ場が会場でした。

20180513日本プロゴルフ選手権01


会場に決まった(?)2年ほど前から、あちこち改修や修理が行われ、グリーンの芝生を育てるためかいつもより多く砂が撒かれて「これじゃ、グリーンじゃなくてバンカーだよ」なんて状態で、ラフは芝生を延ばして深く、へっぽこゴルファーには難度の高いコースになっていました。


しかし、テレビに映るゴルフ場が、よく知るゴルフ場だとなると、コースのあのあたりに観客が座るのねとか、見どころ満載でいつもと違って応援にも力が入りました。

 
このゴルフ場はシニア男性や女性の打つゴールドティーは18ホールで5685ヤード。
一般男性のレギュラーティーからは6296ヤード。
それに比べてツアーでは一番後ろのティーグラウンドから7324ヤードの距離でスコアが競われます。

第1ホールだけ見ても
ゴールド   370ヤード
レギュラー  400ヤード
ツアー    447ヤード

一般のゴルファーとこれだけの距離の差があって、しかもアンダーパーの世界だなんて凄すぎる。

20180513日本プロゴルフ選手権02



さて、最終日にトップに立ったのは−7の藤本 佳則で、谷口 徹ら4人がー5で追う形。

20180513日本プロゴルフ選手権03


とくにだれのファンという訳でもありませんが、優勝すれば最年長優勝記録更新という谷口に自然に声援を送っていたかも。


大雨の中、17番ホールで藤本がボギーで、谷口がパーの1打差に。


18番ホールで藤本がパーでしのいだけれど、谷口がバーディーで追い上げ、ー6でならびプレーオフにもつれ込みました。

20180513日本プロゴルフ選手権05


20180513日本プロゴルフ選手権06


あの途中のクリークでいつも苦労するこのコースの一番のみどころのパー5の18番ホール。

20180513日本プロゴルフ選手権07


20180513日本プロゴルフ選手権08


これを4打で入れるなんてさすがのプロだと、知っているコースなだけに感心しきりです。


ところで、18番の長いホールを、またティーグラウンドまで戻るのね〜と見ていたら、なんと見たことのないかわいいクルマが登場。

20180513日本プロゴルフ選手権09


このプレーオフのために新調した?
プレーオフが無かったら出番がなかった?など、違う意味で興味津々でしたね(笑)


そしてプレーオフ1ホール目は両者共に3オン2パットのパー。

プレーオフ2ホール目。
藤本は木の下のラフから。

20180513日本プロゴルフ選手権10


谷口はバンカーふちという両者共に難しい場面をしのいで3オン。

20180513日本プロゴルフ選手権11



藤本は長い距離からわずかに残して2パットのパーとなり

20180513日本プロゴルフ選手権12


20180513日本プロゴルフ選手権13


谷口はバーディーパットを沈めてガッツポーズ。

20180513日本プロゴルフ選手権14


20180513日本プロゴルフ選手権15



50歳92日の優勝は尾崎将司の持っていた49歳109日を上回り、国内メジャー最年長優勝記録を更新したそうです。

60歳代シニアから見たら50歳なんてまだまだ若いけれど、一日回ってもヘロヘロなときもあるのに、体力気力ギリギリの中、4日間続けて回って戦うなんてプロの世界はいかに厳しいか。

私の中ではいままでで一番記憶に残る日本プロゴルフ選手権大会となりました。
谷口 徹プロの今後のますますの活躍に期待したいと思います。

20180513日本プロゴルフ選手権16


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) ゴルフ 

2018年05月09日

だるまちゃん



5月2日、かこさとしさんがお亡くなりになりました。

あの「だるまちゃんとてんぐちゃん」「だるまちゃんとかみなりちゃん」など「だるまちゃん」シリーズを描いた絵本作家さん。

つい先日、机の引き出しの奥から、子供が小さいころにマンションの図書室で読み聞かせをしていたときの手書きのポスターが出て来て、よくまあ、いままで残っていたもんだとあまりの懐かしさに写真を撮って処分したところだったので、まさかのタイミングにちょっとびっくり!

     20180508かこさとし1986年01


子供会の活動のひとつで、毎週土曜日に交代で読み聞かせをしていたのですが、検索したら「7月12日」が「土曜日」だったのは1986年でしたね。

20180508かこさとし02

 
読み聞かせに選んだ「だるまちゃんとかみなりちゃん」「スーホの白い馬」、翌週の「花咲き山」「おすろだいすき」はどれも我が家の子供たちが大好きな本でした。

家でもなんどもなんども読まされたものでした。
なつかしーい!


   雨の日。
   だるまちゃんが外に遊びに行こうとしたら、
   「ぴかぴか ごろごろ がらがら どしん」
   空から落ちてきたのは、なんとかみなりちゃんと浮き輪・・・・・


すばらしい絵本をたくさんありがとうございました。
子供と一緒に本を読んだ、すてきな時間もありがとうございました。

神戸帰省中の留守の間に咲き始めていたアマリリス・ダンシングクイーンですが、さらに咲きすすんで満開になり、ベランダを華やかににぎわしてくれています。


     20180509アマリリス・ダンシングクイーン01



     20180509アマリリス・ダンシングクイーン02
 


晩御飯はもつ煮と酢豚風炒め物炒り卵入り。
帰省前に使いきれなかった生卵を炒り卵にして冷凍していたもの。
食品ロスにならずおいしくいただけてよかったわ♪

20180509アマリリス・ダンシングクイーン03




kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 生活 | 

2018年05月08日

オープンコンペ



今月はゴルフ同好会の第149回目となる例会ですが、今回に限り例会とはせず会員以外も参加できるオープンコンペとして、いつもと違うゴルフ場で開催されました。

     20180508同好会コンペ01
     

同好会設立から12年経ち、会員の高齢化に伴い、退会する方や体調不良で休会する方が増えてきたため、新会員募集のオープンコンペです。

同好会設立当初の自家用車での乗り合い方式から、バスでの送迎に切り替えて数年。

自家用車の時はマンションに戻ってから集会所で反省会していたのですが、バスならゴルフ場ですぐに反省会が開けます。

なによりプレー後にひと風呂浴びてすぐにビールをキューっとね!の快感が堪りません。

ところがバス利用には費用等の問題で「20人参加」が最低条件。

今後欠席者が多いと、「最低20人」がクリアできなくなる可能性大ということで新会員募集でした。

平日開催なので、お仕事現役の方はなかなか参加できず、今回は最近リタイアしたばかりというSさんがゲスト参加してくださいました。


たまたま同じ組で回ることになり、「初めまして」のご挨拶。
すると「このゴルフ場好きで、よく来るんですよ!」と、各ホール詳しい解説付き。
お陰で先が見えないときも、不安を感じることなく安心して回れました。

20180508同好会コンペ02


スコアに反映されなかったのが、ちと残念だけど・・・

昨日からの雨はなんとか止んだけれど、なぜか震え上がるほどの寒さ。
雨で濡れた時用に持って来た着替えを上に着込み、ウインドブレーカーを羽織ってもまだ寒い一日でした。

ヤマボウシが満開で、そこだけスポットライトが当たったように輝いていました。

20180508同好会コンペ03



20180508同好会コンペ04



かなり前にゴルフ教室に通っていたころ、先生に連れて来てもらったことや、女子会ゴルフで来たことのある多古カントリークラブ。

そうそうテラス席があるこのレストランは記憶にあります。

20180508同好会コンペ05


野菜がサラダバーで好きなだけよそうことができるのもうれしいのよね。

20180508同好会コンペ06



後半も雨こそ降らなかったけれど、寒さは相変わらず。
5月に「寒いねぇ」といいながらのプレーになるとは思いませんでしたね。

20180508同好会コンペ07


いつものハンデ戦ではなく、新ぺリア方式の成績で、優勝したのは女子会のKちゃん。
さすがの実力発揮でおめでとうございます!

20180508同好会コンペ08


ゲスト参加のSさんが準優勝で、腕もなかなかでしたが、やはり慣れて勝手知ったるゴルフ場では強いということかな。
めでたく同好会メンバーになってくださいました。


ところで反省会で出てきたパーティー料理。
いつもの調子で、最初に出てきたのは「前菜」かと思って、パクパクと食べちゃったら、なんと料理は「これだけ」でした〜(涙)

20180508同好会コンペ09


しかも飲み放題にワインもなくて、ちょっぴり物足りないパーティー料理だったので、Kちゃんゴチのアイスが、いつも以上においしく感じました(笑)

20180508同好会コンペ10


20180508同好会コンペ11




ウチに帰ってオットが「なんかない?」と冷蔵庫の残り物でビールを飲みつつテレビを付けたら、5月に15℃を下回るのは10年ぶりだったとか。
寒かったはずだわね〜

20180508同好会コンペ12



kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) ゴルフ | おいしいもの

2018年05月07日

アマリリス・ダンシングクイーン



朝から土砂降り。
昨日でなくてよかったぁ〜

20180507アマリリス・ダンシングクイーン01


神戸での予定のイベントを無事に終えて、帰路に着くべく三宮発の空港バスで大阪空港へ向かいました。

リニューアル工事が完成して、北ターミナル前の以前の場所にコンビニが帰って来ました。

20180507アマリリス・ダンシングクイーン02


お弁当も充実していてうれしいな〜

20180507アマリリス・ダンシングクイーン03


といいつつ、お目当ての幕の内っぽいのがなかったので、おにぎり弁当にしました(笑)

     20180507アマリリス・ダンシングクイーン04


20180507アマリリス・ダンシングクイーン05


操縦席だけ見たら、ずんぐりして新幹線より遅い感じしません?( *´艸`)

20180507アマリリス・ダンシングクイーン06


飛び立って3秒で雲の中。
着陸までまったく何も見えないフライトでした(涙)

20180507アマリリス・ダンシングクイーン07



羽田空港の手荷物受取りターンテーブル。

20180507アマリリス・ダンシングクイーン08


大阪空港も先月まではこの形だったけど、リニューアルで階下から上がってグルグルまわる方式になりました。
羽田もいつかそうなるのかなぁ?


いつもより到着が遅れて、津田沼行きのバスに間に合わなかったので、本日は西船橋行きに乗りました。

20180507アマリリス・ダンシングクイーン09


船橋も無情の大雨。

20180507アマリリス・ダンシングクイーン10



ウチに着いて、ベランダに出てびっくり!
例年にも増してアマリリス・ダンシングクイーンが多くの花芽を出し、豪勢に咲いておりました。

     20180507アマリリス・ダンシングクイーン11

 
今日みたいな大雨でも吹き込んで来ないベランダの奥にあって、約3週間、一滴の水ももらえてないのにほんと健気だねぇ。
球根の生命力恐るべしです。

20180507アマリリス・ダンシングクイーン12



一休みして買い出しに行き、昨日もステーキだったけれど、今日もステーキ(笑)
ハクサイの煮物は作ったけれど、お肉を焼いて、カツオたたき、あごちくわを切っただけの楽ちんメニューでした。

     20180507アマリリス・ダンシングクイーン13


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 船橋 | 

2018年05月06日

お宮参り



阪急今津線 宝塚駅に着く直前の武庫川の中州。

20180506お宮参り02


阪神・淡路大震災の記憶を伝える、祈りのメッセージ「記憶の中の『生』プロジェクト」

「街と人の心の再生」を願って武庫川の中州に石積みの巨大アートオブジェの「生」の字が描かれているのですがわかりますか?

台風などで武庫川が増水する度に流失しながら、市民ボランティアの力でなんども復活させているそうですが、今年も夏に積み上げ作業が予定されているようです。


阪急神戸線〜今津線〜宝塚線を乗り継いで中山観音駅へやって来ました。

20180506お宮参り01


息子夫妻と待ち合わせたのは駅前の写真館。

20180506お宮参り04


ベビくんのお宮参りの記念写真を撮りました。

     20180506お宮参り03

 
まだ生後25日のベビくん、大物ぶりを発揮して(?)おめかししたのにグースカ寝ていて、写真館の人が二人がかりでこちょこちょしてもびくとだにしない。
かなり時間をかけて、なんとか薄目を開けた写真が撮れたかな〜


聖徳太子の創建によるわが国最初の観音霊場といわれる中山寺。

安産祈願のお礼参りも兼ねた、ちょっと早めのお宮参りは、私たちの神戸滞在中に合わせて日にちを決めてくれたのですが、年に8日しかない大安の戌の日で日曜日、しかもGW最終日ということで、一年に一番参拝者が多い日だったかもしれない大混雑ぶりでした。

20180506お宮参り05



待つことしばし、祈祷殿で無病息災と健全な成長を願うご祈祷をしていただくことができました。
元気に大きくなあれ!

     20180506お宮参り06
 

      20180506お宮参り06-1


近くのステーキハウスでちょっと遅めのランチになりました。
ジュージュー熱々鉄板で出てきたステーキは特別おいしかった〜♪

20180506お宮参り07



ベビくんたちにバイバイして、オットと私は次女宅へ。
明日からしばらく会えないTaroくん、のんちゃん相手にひと遊び。

     20180506お宮参り09


晩御飯はから揚げとゴーヤチャンプルでした。

20180506お宮参り08


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 神戸 | 家族

2018年05月05日

端午の節句



午後から出かけて三宮をぶらり歩き。

     20180505端午の節句01



20180505端午の節句02



そのあとオットと待ち合わせてお墓参りに行きました。

20180505端午の節句03-1


早いもので18年。
明日が父の命日です。



昨日4日、今日5日と本住吉神社のだんじり祭りだったけれど、今年は見ることはできませんでした。
ざんね〜ん!

     20180505端午の節句04



20180505端午の節句05




晩御飯は牛肉のレタス巻とお土産のギョウザとシュウマイに助けられてたお手軽バージョン。

20180505端午の節句06


端午の節句で、兜の前で記念写真を撮ろうとするのに、こいのぼりがうれしくて走り回るTaroくん。

    20180505端午の節句09

 
無事に写真を撮って、柏餅を食べ、ちまきも食べてご機嫌でした。

20180505端午の節句07


     20180505端午の節句08



あ、そうそう、昨年はお風呂に異物はイヤだとばかり、大泣きした菖蒲湯ですが、今年は頭に巻いたりして大喜びだったそうです。
成長したね♪


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 神戸 | 家族

2018年05月04日

2018年4月30日〜5月4日 鳥取ミッション



2018年4月30日(月) ミッションその1


三宮発のバスは順調に走り、予定時間に米子に到着。
今日は義母がリハビリで午後まで不在なので、米子駅前のいつものお店でお昼ごはんを食べました。

20180430鳥取ミッション01


20180430鳥取ミッション02



牛すき焼き・白身魚の生姜焼き・桜海老のクリームコロッケなどなど

20180430鳥取ミッション03


さすがの私もお腹いっぱい。
おいしかった〜♪


列車は1両目がねこ娘号で2両目が鬼太郎号。

20180430鳥取ミッション04


20180430鳥取ミッション05


どちらも旧型で、なかなか新型には巡り合えませんね。


持参のお菓子をお仏壇に供えてご挨拶していたら、

     20180430鳥取ミッション06


「拝んだらお菓子持って、はよ来んさい〜」と呼ばれ、お下がりでさっそくのお茶タイム。

20180430鳥取ミッション06-1


今回のお菓子は前回評判がよかったケーニヒスクローネの「はちみつアルテナ・グリーンティー」。
お抹茶かぶりでしたが、はちみつのほのかな甘みがお茶にピッタリでした。


さてさて、のんびりはしておれません。
昨日まで帰省していた長姉からの申し送りミッションあり。


ミッションその1 「畑のランタナの根を掘り上げて始末する」


地上部は処分したけれど、根は掘り起こせなかったということで、オットとふたりでエンヤコラ!
なるほど想像以上に深く広く張った根を掘り起こすのに四苦八苦。

20180430鳥取ミッション07


個人的には畑の隅の邪魔にならないところだし、花は可愛いし、そのまま咲かせてもええんちゃう!?と思うのですが、なるほどこれでは義母がひとりで処分することはできないだろうと頑張りました。
ふ〜!

20180430鳥取ミッション08

次の燃えるごみの日にゴミステーションに持って行くまでがミッションです(笑)



昨年船橋から送ったジンジャーですが、やはり地上部は枯れていたものの、


     20180430鳥取ミッション09

 
次姉が菰をかけてくれたおかげさまで冬の寒さに耐えて、新芽が出てきていました。

20180430鳥取ミッション10



最後にこれもミッションのひとつの水遣りしたのは、イチゴと、植えたばかりのトマトやキュウリやナスの苗。

20180430鳥取ミッション11


ひ弱な苗が風でやられないための防風囲いですが、なんと紙袋。

20180430鳥取ミッション12


市民農園ではたいていが教科書通りに、みなさんビニール袋を使っていたので、これは目からウロコの園芸資材でしたね。

私もせっせと堆肥とか肥料とか腐葉土などの袋を、後生大事に保存して使っていたのですが「紙袋でもええんや〜!」

紙は雨に弱いとはいえ、ほんの2〜3週間のこと、破れたら取り替えたらおしまいだしね。

晩御飯には長姉が「植えて」次姉が「育てた」キヌサヤをの初生りを「いただき」ました。

     20180430鳥取ミッション14


おいしかった〜
ごちそうさま!

20180430鳥取ミッション13




2018年5月1日(火) ミッションその2 & のんちゃん1歳おめでとう!


朝ごはんのデザートに初生りのイチゴをいただきました。
これで何日寿命が延びたかな♪

20180501鳥取ミッション01



雨が降る前にと裏庭へ。
ミッションその2は裏庭の草取り。

20180501鳥取ミッション02


とくにわんさかはびこっているいるこのお花。

     20180501鳥取ミッション03
 
ヒメキンギョソウ(リナリア)

     20180501鳥取ミッション04

 
「はびこっている」というのがかわいそうなくらいかわいいのよね。

花もきれいだし、これも私的には別に置いといてもええんちゃう!?と思うのですが、ほって置いたら周りの空き地という空き地やお墓にまで進出するので、あまり生やすとご近所の手前、都合が悪いらしい。

這いつくばってすっかり抜き取り、ミッションその2コンプリート!

晩御飯のメインはオットが仕入れてきたハタハタの煮つけ。
実が柔らかいので折れました(汗)

     20180501鳥取ミッション05
 


ところで本日のんちゃんのお誕生日。
切迫早産の恐れありと言われて、早く生まれちゃったら大変とドキドキの毎日でしたが、お腹の中で頑張ってくれて、なんと予定日ピッタリに生まれたのんちゃんです。

早いものであの日から1年。

20180501鳥取ミッション06



一升餅を背負った動画が届きました。

     20180501鳥取ミッション07

10か月で歩き始めて、もうすっかりスタスタですが、さすがに一升餅は重かったらしく、このあと後ろにひっくり返りました。
1歳おめでとう!

20180501鳥取ミッション08



2018年5月2日(水) 花いっぱい


朝早く、玄関がガラガラと開いて、叔父が釣って来た魚を置いて帰りました。
あまりの早業にカメラを取りに行くヒマもなし(笑)
アジとカマスとあとはエノハかな。

20180502鳥取ミッション03



お昼ごはんは焼きそばだったけれど、いただいた魚を煮つけて、さっそくにいただきました。

20180502鳥取ミッション04


今日は雨が降ったりやんだりお天気が悪くて、一日家の中で義母とおしゃべり三昧でした。

雨の合間に庭の花をパチリ。


20180502鳥取ミッション01


これだけではない花のお世話をしているのもすごいですが、聞いた花の名前がスラスラ出てくるのもすごいです。
義母様おみごと!

上は手抜きのお花画像でしたが、よかったら4年前にUPした少し大きい画像も見てください。

     2014年5月1日 庭も畑も花いっぱい


晩御飯は餃子を作りました。

20180502鳥取ミッション02


肉が得意じゃない義母のためにわざわざ作った海老餃子が、ちょっと目を離したすきに語げちゃいました。
お肉の方も食べてもらう、いい口実になったかも(笑)


2018年5月3日(木) リハビリ効果


義母の週に2回のリハビリの日。
デイケアセンターの担当の方がクルマで迎えに来てくださったところ。


     20180503鳥取ミッション04


自転車漕ぎや結構ハードなこともするらしい。

昨年、のんちゃんが生まれるちょっと前に、家の中で転んで骨折はしなかったものの筋を傷めたらしく歩けなくなり入院しました。

それですっかり筋肉が落ちて、退院してもひとりで住めるか?と心配されたのですが、リハビリを頑張って見事に復活。

途中で皆さんでお昼も食べて、おしゃべりの方でもリハビリ効果があるのじゃないかと思います。


帰って来た義母とお茶の時間。
今日のお茶菓子は、義母の好きな叶匠寿庵の「あも」。
おいしゅうございました。

20180503鳥取ミッション05


晩御飯はカレイの煮つけとお刺身。
キヌサヤとアスパラガスは毎食食べ放題です(笑)

20180503鳥取ミッション06




2018年5月4日(金) 新型列車


早昼をいただいて、

20180504鳥取ミッション01


お墓に参り(家から1分だけど)、駅に向かいました。

20180504鳥取ミッション02


待つことしばし。
やって来た列車は新型の「砂かけばばあ号」でした。

20180504鳥取ミッション03


念願かなってようやく乗れた新型列車だったけれど、混んでいたのでうまく写真が撮れず。
それもそのはずGW真っただ中だもんね〜

米子に着いて、皆さん降りたところでささっとね。

1両目が「砂かけばばあ号」で、

20180504鳥取ミッション04


2両目が「こなきじじい号」。

20180504鳥取ミッション05



1月のリニューアル第一弾で運行開始した2両。
ばばあとじじいで連結なんてのも遊び心満点でした。

     20180504鳥取ミッション07



     20180504鳥取ミッション06



20180504鳥取ミッション08



20180504鳥取ミッション09



     20180504鳥取ミッション10



米子発のバスに乗り換えて、インターに入る前から大山もばっちり見えてラッキーでした。

20180504鳥取ミッション11



北側から見える富士山型から、西側に回ると台形に形がかわり、雄大な姿になるのも見応えがあります。

20180504鳥取ミッション12



GWの割には中国道はスイスイでした。
ところが神戸三田ICから六甲北有料道路に入った途端に大渋滞。

いったいこの先どれくらい時間がかかるのだろうと思っていたら、一般道に下りて渋滞回避。
ほんの短い区間だけ一般道を走って、高速に戻ったのですが渋滞はなくなっていました。

会社からの指示があるのでしょうが、さすがのプロの運転というか判断というか。
お陰でそんなに遅れないで三宮に着きました。


みんなはどこにいるかと電話をしたら、な〜んと! 
バスが着いたミントビルのパスタ屋さんに並んでいると。

え〜!着く時間が遅くなったらどうするつもりだった???

ほんの少し一緒に並んで席に付くことができました。
ピザとパスタの晩御飯になり、ひさびさの洋風の味を堪能できました♪

20180504鳥取ミッション13


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 鳥取 | 家族

2018年04月29日

こんにちは 赤ちゃん♪



4月11日に息子に無事赤ちゃん誕生。
私たちはすぐに行けなかったので、娘たちが病院に会いに行ってくれました。

のんちゃん、いつもと違う雰囲気にちょっと緊張気味だったみたい。

20180429ベビー誕生01



その後、息子宅が私たちが沖縄に行っている間にお引越し。

昨日、ママの実家にいたベビくんとママが引っ越してきて、家族3人の生活が始まりました。

そんなややこしい昨日の今日ですが、早速にみんなでベビくんに会いにやって来ました。


おめでとう!
こんにちは 赤ちゃん!


先日はなんだか見慣れないものを見たみたいに緊張していたのんちゃんですが、もうすっかりおねえちゃん気取りで「よしよし」。

    20180429ベビー誕生04

 
反対にTaroくんは壊れ物を触るように緊張していました。

    20180429ベビー誕生03

 
余ったパワーはのんちゃん相手にギューっとね(笑)

    20180429ベビー誕生05

 
息子が頑張って用意してくれたのは手巻き寿司。

20180429ベビー誕生06


ずいぶん手際もよくなって腕を上げました。
子育ても家事も「手伝う」意識じゃなく、正真正銘本物のイクメンとして頑張るのだよ!


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 家族 | おいしいもの

2018年04月27日

沖縄旅行 グラスボート〜おきなわワールド〜玉泉洞〜知念岬公園〜斎場御嶽



最終日の朝。
ちょっとずつのつもりがおいしいのでついつい取り過ぎる(汗)

20180427沖縄旅行01



高速道路を一路南下。
窓の外には沖縄の街中らしい造りの建物が続きます。

20180427沖縄旅行02


20180427沖縄旅行03



今までの訪問地はほぼ島の西側の東シナ海側。
美ら海水族館やホテルの前の海水浴した海もそう。

初めての太平洋側となる南城市へやってきました。

20180427沖縄旅行04


まずはグラスボートに乗りました。

20180427沖縄旅行05



20180427沖縄旅行06


太平洋だぁ!

20180427沖縄旅行07



予約なしでも30分置きに出航しているそうで、待つことしばし、ほかに誰も来なかったので、我が家6人貸切でしゅっぱーつ!

20180427沖縄旅行08


なんと「ジャパニーズ only」はとても珍しいそうで、久しぶり〜とのことでした。
そういえばほんとどこに行っても外国人観光客の多いこと多いこと。

大きなサンゴ礁を見たりしながら、少し沖に出て停まりました。


     20180427沖縄旅行09-1


あ、ウミヘビがいる!

   20180427沖縄旅行11

 
しばらくしたら来るわ来るわ!

20180427沖縄旅行10


わんさか魚が泳いでいるのが見えました。

    20180427沖縄旅行12
 

船頭さんが「サカナと契約してるからね!」と。
「契約=餌やり=集まってくる」らしい(笑)
ただし「イカは契約してくれない。」そうです(爆笑)


船を降りて、クルマで西に15分ほどのところにある「おきなわワールド」へ。

20180427沖縄旅行13


まずはサンゴ礁から生まれた沖縄最大の鍾乳洞「玉泉洞」に入りました。

20180427沖縄旅行14


入口を入ったら、いきなりの急階段でびっくり。

     20180427沖縄旅行16


地下30mに水流があるとかでさらに階段があり、ベビーカーをレンタルしていたので、結構大変。
平地もあるけどTaroくんおとなしくベビーカーには乗らず、たまには歩くけれど、ほとんど抱っこで大変でした〜婿殿がね(笑)

     20180427沖縄旅行17


     20180427沖縄旅行18


中は無数の大石筍が林立する見応えたっぷりの大迫力。

20180427沖縄旅行6


珍しいかたちの「黄金の盃」

20180427沖縄旅行19



かなり大きな空間もありました。

20180427沖縄旅行20



いつものように事前予習をしないものだから、沖縄に鍾乳洞があることを知らなかったのですが、離島など結構各地にあるのですね。

沖縄がアメリカ統治にあった1967年3月、愛媛大学学術探検部によって最初の探検・調査が行われて全貌が明らかになった玉泉洞。
国内最大級といわれる天然記念物の玉泉洞は、全長は5000メートルで現在890メートルが公開され、残りのエリアは研究用として保存されているそうです。


琉球王国の城下町を彷彿させる、赤瓦の街並みを見学したり、お土産を見たり、広場で演じられるエイサーを鑑賞したりしました。
エイサーはなぜか「撮影不可」だったので画像はナシ。

20180427沖縄旅行21



「おきなわワールド」からクルマですぐのところにかわいいカフェがあったので、ここでランチしようと寄りました。

20180427沖縄旅行22


中は昭和風のインテリア満載で、メニューはハンバーガーやロコモコなど。

20180427沖縄旅行23


私のタコライスもおいしかったよ〜

20180427沖縄旅行24



次はクルマで東に30分ほどの知念岬へ。

20180427沖縄旅行25


20180427沖縄旅行26



近くの物産館で「斎場御嶽」の入場券を購入して、

20180427沖縄旅行27


こんな道を入り口まで500m歩きました。

20180427沖縄旅行28



世界文化遺産「「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は琉球王国最高の聖地。

20180427沖縄旅行29


入口にある部屋で、短いビデオで説明と注意事項を聞いて、

20180427沖縄旅行30


聖地に向かって登り坂を上がっていきました。

    20180427沖縄旅行31
 

結構な勾配ですが、その昔、この道を馬や輿に乗った王族のみなさまが大勢の家臣を引き連れて参拝に訪れた道だと思うと厳かな気分になりました。

    20180427沖縄旅行31-1
 

途中の拝所は、聞得大君(きこえのおおきみ)が祈りを捧げたところ。

20180427沖縄旅行32


20180427沖縄旅行33



三角形の空間の突き当り部分は、琉球王国時代は重要な宗教儀式が行われていた三庫理(サングーイ)。

     20180427沖縄旅行33-1


     20180427沖縄旅行34


 
巨大な岩が三角形を描いてバランスを取っている不思議な光景は、まさに聖地と呼ばれるにふさわしい霊気を感じました。

20180427沖縄旅行34-1


20180427沖縄旅行35



斎場御嶽からクルマで走ってすぐに見つけたかき氷やさん。

20180427沖縄旅行36


迷わず停めて今日のおやつに。
Taroくんはイチゴ、ばばはマンゴー。
おいし〜♪

    20180427沖縄旅行37

 
那覇市内のレンタカー屋にクルマを返して、空港に行くバスの窓から沖縄唯一の鉄道「ゆいレール」が見えました。


20180427沖縄旅行38


今回は乗れなかったけれど、いつかまた来て乗ってみたいな。


空港でお土産を買ったり、

20180427沖縄旅行39


東シナ海に沈む夕日を眺めたり、

20180427沖縄旅行40


晩御飯は飽きずに沖縄料理。

20180427沖縄旅行41


私は「ボロボロジューシー定食」を。

20180427沖縄旅行42


ジューシーとは雑炊(おじや)とかの意味。
炊き込みご飯風のものはクファジューシー。
おかゆ状のものを、ボロボロジューシーと言うそうです。


これにて沖縄観光はおしまい。
シニアふたりで回るのと違う沖縄が楽しめました。

実はその昔、新婚旅行が「与論島」でした。
友人たちがみんな海外に行っていたので、私はどこがいいかなぁなんて妄想していたら、義両親から義姉はふたりとも国内(宮崎)だったといわれ、泣く泣く決めた与論島。
なんせボンビーダーリンは義父がスポンサーでしたから(汗)

なんとなく沖縄県だと思っていたら、まさかの鹿児島県でした(笑)
その後いつか沖縄に行きたいと思いつつ、ン十年。
娘夫妻が誘ってくれたおかげで、ようやく念願がかなった旅でした。


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(0) 沖縄旅行2018 | 家族

2018年04月26日

沖縄旅行 ビオスの丘〜海水浴



今日の朝ごはんはコンビニで仕入れたサンドイッチと沖縄限定おにぎりを部屋で食べました。

20180426沖縄旅行01




そして「ビオスの丘」へ。

20180426沖縄旅行02


沖縄県本島中部のうるま市の石川高原と呼ばれる高台にある「ビオスの丘」は、四季折々の沖縄の植物が生い茂る巨大な植物園でした。

「ビオス」とはギリシア語で「生命」という意味で、259種類もの植物が茂っているそうです。

ヘゴの木の群生やシダをはじめとした 亜熱帯特有の植物に囲まれた散策路はマイナスイオンたっぷりという感じ。

20180426沖縄旅行03


道のいたるところで華やかな色とりどりの蘭が眼を楽しませてくれました。

20180426沖縄旅行04


20180426沖縄旅行06



20180426沖縄旅行05


     20180426沖縄旅行07



道のわきにカエルさん発見!

     20180426沖縄旅行08
 

あ、こんなところにも!

20180426沖縄旅行09



大きな広っぱにはアスレチック遊具がたくさん。

20180426沖縄旅行10


てっぺんに登ったり、

     20180426沖縄旅行21
 
ブランコで遊んだり、


     20180426沖縄旅行20-1
 
ヤギさんとお散歩したり。

     20180426沖縄旅行11
 

そして湖水鑑賞舟で船旅を楽しみました。

20180426沖縄旅行12


湖畔に生息する亜熱帯特有の植物やらんの花などについて船頭さんが楽しくガイドしてくれるジャングルクルーズ。

20180426沖縄旅行13


樹上から垂れ下がる灰緑色の植物は「サルオガセモドキ」だとか。

20180426沖縄旅行16


必要な水や肥料などの全てを大気中から吸収することでまかなうエアープランツの一種でした。


わざわざ船を止めて「匂いを嗅いでみて」と言われた「シャリーベリー」。
なんとチョコレートの匂いがしました。

     20180426沖縄旅行17

 
途中の小屋では琉球舞のおもてなしがありました。

20180426沖縄旅行14


20180426沖縄旅行15



ここでも校外学習の小学生がわんさか。

20180426沖縄旅行20


水牛車や

20180426沖縄旅行18


ロードトレインの巡車(みぐいぐるま)も運行されていて、

20180426沖縄旅行19


まだまだいくらでも遊ぶことはできましたが、お腹も減ったしホテルへ戻りました。


今日は朝食バイキングをパスして、ホテルのランチバイキングへ。

20180426沖縄旅行21-1


朝食とも夕食とも異なったランチ限定メニューが並んで味の変化を楽しめました。

20180426沖縄旅行21-2




お昼から青い空、青い海、これぞ沖縄という景色の海で遊びました。

20180426沖縄旅行22


     20180426沖縄旅行23



パパとママが泳いでいる間に、

20180426沖縄旅行24
    
 
こんなに高いお山を作ったよ〜

     20180426沖縄旅行25
  
   
今日もプールでいっぱい泳いだね〜


     20180426沖縄旅行26
 

晩御飯は「居酒屋 恩納つばき」にて。

20180426沖縄旅行27


ラフテーや足ティビチなど沖縄料理をたらふく味わいました。

20180426沖縄旅行28


ただね、沖縄ではゴーヤより人気があると聞いて、いちばん食べたかった「ナーベラー(ヘチマ)チャンプル」はまだ季節が早くてヘチマの収穫時期じゃないということで食べることができませんでした。
ザンネ〜ン!!



ホテルに帰ると、先日は観られなかった琉球舞と、

20180426沖縄旅行29



おじいとおばあのコミカルな踊りの上演中。

20180426沖縄旅行30


今日も朝から夜まで沖縄を堪能できました。



kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) 沖縄旅行2018 | 家族

2018年04月25日

沖縄旅行 琉球村〜むら咲むら〜海水浴



よく遊び早寝早起き、今日も朝からごはんがおいしいよ(笑)

20180425沖縄旅行01


朝も9時スタートで「琉球村」へ。

20180425沖縄旅行02


移築した沖縄各地の古民家やアトラクションを見学して琉球を体験できるテーマパーク。

20180425沖縄旅行03



20180425沖縄旅行04



20180425沖縄旅行14



座敷での踊りを見た後、

20180425沖縄旅行05



広場で「道ジュネー(沖縄風芸能パレード)」を楽しみました。

20180425沖縄旅行06


まずは王様とお妃様に踊りを奉納。

20180425沖縄旅行07


コミカルな動きの獅子舞、

20180425沖縄旅行08


農民の踊り、

20180425沖縄旅行09


勇壮なエイサーなどなど盛り沢山でした。

20180425沖縄旅行10



これは「アダン」の樹と、

    20180425沖縄旅行12
 
実。


    20180425沖縄旅行13

 
ほかにもオウギバショウやタコノキやヤシなどの南国の植物がたくさん。


サーターヤー(砂糖屋)では牛がサトウキビを絞る作業を見ることができました。

20180425沖縄旅行17


陶芸工房では、

20180425沖縄旅行15


シーサーの由来がわかりました。

20180425沖縄旅行16



お昼を食べようとJAおきなわ ゆんた支店に入ったら、

20180425沖縄旅行18


開いていたのはこのお店。
「天ぷら屋」

20180425沖縄旅行18-1


家庭的で安いうまいお昼ごはんでした。

20180425沖縄旅行19


となりにあるゆんた市場で買い物したかったけれど、まだ帰るまで日にちがあるので見るだけに・・・ぐすん!

20180425沖縄旅行20


そのあと向かったのは大河ドラマ「琉球の風」の撮影に使われたオープンセットを利用した体験型テーマパーク「むら咲むら」。

20180425沖縄旅行21


20180425沖縄旅行22


32の工房で101の体験ができるそうで、校外学習らしき小中学生がたくさん来ていました。

20180425沖縄旅行23


20180425沖縄旅行23-1


こんなシーサー作りもできるらしい。

20180425沖縄旅行24



天気予報では今日は一日雨だったのに、いい方に外れてラッキーでした。
少し早めにホテルに戻って、海で遊ぶことにしました。
ホテルの真ん前が透き通ったきれいな海。

20180425沖縄旅行26


20180425沖縄旅行25


屋外プールでも遊び、

20180425沖縄旅行27


夕方まで屋内プールでいっぱい遊びました。

20180425沖縄旅行28


20180425沖縄旅行29


20180425沖縄旅行30




今夜の晩御飯はホテル内のレストランのひとつで。

20180425沖縄旅行31



3連泊すると夕食が一回付くのだそうで、朝とは違ったバイキングをあれもこれも目移りしながら堪能しました(#^^#)

20180425沖縄旅行32




kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) 沖縄旅行2018 | 家族

2018年04月24日

沖縄旅行 美ら海水族館〜古宇利オーシャンタワー〜ナゴパイナップルパーク



ホテルマハイナ隣接地の建設工事はホテルの増設かと思ったら、「やんばる海の駅」再開発工事でした。
今度来るときは(ないか!?)立派なショッピングモールができているのね。

20180424沖縄旅行02


朝ごはんを食べて、しゅっぱーつ!

20180424沖縄旅行01


クルマで2分で美ら海水族館へ。

20180424沖縄旅行03


沖縄の海のトロピカルな色のお魚を見て、Taroくんものんちゃんも大喜び♪

20180424沖縄旅行04


20180424沖縄旅行05


お目当てのジンベイザメが悠々と泳ぐところも、かぶりつきでのんびりと楽しむことができました。

20180424沖縄旅行06


20180424沖縄旅行07



海側から見た美ら海水族館。
大きいですね〜!

20180424沖縄旅行08


青い海をバックにイルカショーが繰り広げられるオキちゃん劇場。

20180424沖縄旅行09


20180424沖縄旅行10


20180424沖縄旅行11


海の向こうにそびえる山は9キロ沖に位置するという伊江島の標高172.2mの城山(ぐすくやま)。

20180424沖縄旅行12


まるで人工のテーマパークのように真ん中に来るように設計されたのかな?


遅めのお昼は古宇利大橋のたもとにある「美らテラス」にて。

20180424沖縄旅行13


広い中庭や、古宇利大橋を見渡せるテラスでお食事できますが、

20180424沖縄旅行15


ちょっと暑かったので冷房の効いた休憩所で「沖縄ワンプレート」をいただきました。
Taroくんは丸ごとピザを前にして超ご機嫌でした(^^♪

20180424沖縄旅行14



今帰仁村の古宇利島(こうりじま)と名護市の屋我地島(やがじしま)を結ぶ長さ1960mの古宇利大橋は平成17年2月8日に開通。

20180424沖縄旅行16


橋を渡って古宇利島にそびえる古宇利オーシャンタワーに向かいました。

20180424沖縄旅行17


島の中腹からゴルフ場にあるようなカートに乗って頂上を目指します。

20180424沖縄旅行18


自動運転だけれど、Taroくんすっかり運転手気分でちょっぴり緊張しながらも嬉しそうでした♪

    20180424沖縄旅行20

 
タワーのてっぺんから古宇利大橋を振り返ったところ。
「青い海に真っ直ぐな橋」という絵葉書のような景色が広がっていました。
右下に見える緑の道をジグザグとカートで上がってきました。


    20180424沖縄旅行19

 
お次は「ナゴパイナップルパーク」へ。

    20180424沖縄旅行21

 
まずはこんな絵本から抜け出したような「パイナップルトレイン」でパイナップル畑を一周。

20180424沖縄旅行22


20180424沖縄旅行23

 
そのあと、パイナップル号に乗り換えて、熱帯植物の繁る温室の遊歩道を走りました。

    20180424沖縄旅行24


お菓子やワインなど、パイナップルを余すところなく利用したお土産コーナーを巡り、最後にサービス券のパイナップルシャーベットをいただいて味わいました。

    20180424沖縄旅行25

 
今日からお宿はリザン・シーパークリゾート・タンチャベイ。
那覇市を走るモノレール「ゆいレール」以外に鉄道のない沖縄。
ツアーじゃない観光客はほぼレンタカーのさすがのレンタカー王国。
道を渡った向うにある広い駐車場はレンタカーで満杯でした。

20180424沖縄旅行26


今夜の晩御飯はクルマで少し走ったところの「おんなまつり」。

20180424沖縄旅行27


本日のおススメは沖縄産のお魚「ミーバイ」のから揚げ。
ビールがウマい!

20180424沖縄旅行28


食べてる間に、ざざーっと本降りに。
クルマに乗るときのほんの数歩でびしょ濡れになるほど。
だけど、沖縄滞在中に雨はこの時だけでラッキーでした!(^^)!


ホテルに戻ったら、にぎやかな音楽が聞こえてきて、音の方に向かって行ったらエイサーの上演中でした。

20180424沖縄旅行29


20180424沖縄旅行30


20180424沖縄旅行31




kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) 沖縄旅行2018 | 家族

2018年04月23日

沖縄旅行 首里城〜万座毛

 

神戸空港からあの飛行機に乗って、ぶぅ〜んと飛んで、

20180423沖縄旅行1日目01


沖縄に着いたよ〜

20180423沖縄旅行1日目02



まずは送迎バスでレンタカー屋さんへ。

20180423沖縄旅行1日目03


チャイルドシートを2つ付けてもらっていざいざGO♪

20180423沖縄旅行1日目04



那覇の国際通りを車中見学しながらお昼ご飯のお店に。

20180423沖縄旅行1日目05


予定のお店はあららの臨時休業だったけれど、こんなときも婿殿しっかりぬかりなく第2候補の沖縄そば屋「ゆうなみ」へ。

20180423沖縄旅行1日目06


さっぱりしているのにコクのあるお出汁のソーキそば。
お肉も柔らかくジューシーでおいしかったよー!

20180423沖縄旅行1日目07



最初の観光は首里城へ。

守礼門をくぐり、
20180423沖縄旅行1日目08


20180423沖縄旅行1日目09


門番さんに昔の装束で出迎えてもらって、心は一気に琉球王朝へ。

20180423沖縄旅行1日目10


首里城は丘の上。
坂や階段を結構登ります。

20180423沖縄旅行1日目11


階段下にひとが集まっているのはスタンプラリーのハンコがあるところ。
おかげでTaroくんも飽きずに見学できました(笑)


首里城は琉球王朝の王城で、戦前は正殿などが旧国宝に指定されていましたが、1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っているだけだったそうです。
1980年代末から本格的な復元が始まり、1992年(平成4年)に、旧来の遺構を埋め戻す形で正殿などが復元されました。

20180423沖縄旅行1日目12



遠目ではわかりませんが、ただいま正殿の漆の塗り直し工事中。

20180423沖縄旅行1日目13



がっかりしないように外観通りにペイントされた幕を張って、違和感のないようにしてありました。

20180423沖縄旅行1日目15


歴史博物館になっている正殿の中で、唯一「撮影可」だった玉座。

20180423沖縄旅行1日目14


この玉座にしろ、ジオラマで見た正殿前の臣下の並び方にしろ、まるで韓流ドラマを見ているようで、大和より距離的に近い朝鮮半島との結びつきの深さを感じました。

20180423沖縄旅行1日目16



かなり高い丘の上に築城されているので、町並みの向うに海も見渡せました。

20180423沖縄旅行1日目17



クルマに乗って走り出したとたんに、「あっ!アイス!」と誰かさん。

20180423沖縄旅行1日目18


アメリカ生まれ沖縄育ちの「ブルーシール」のアイスクリームは食べなくちゃと車を停めて。
ばばはシークワサー・シャーベット。
おいしいねー!

     20180423沖縄旅行1日目19




ここからしばらく高速道路をドライブして沖縄本島中部の恩納村へ。
「万座毛」は球王朝の時の王である尚敬王が、「一万人が座れる広い原っぱ(毛は原っぱのこと)」と評したことに由来していると言われています。
1万人どころか数万人座れそうな広い原っぱが続いていました。

20180423沖縄旅行1日目20


東シナ海に面した向うに見える海岸の絶壁が、象の鼻の形になっていました。

20180423沖縄旅行1日目21



さらに北上して、今夜のお宿のホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ(国頭郡本部町)へ。

20180423沖縄旅行1日目23


今夜の晩御飯は「お食事処 やまちゃん」

20180423沖縄旅行1日目24


ホテルから400mということで歩いて行こうとしましたが、いかんせんちびちゃん二人連れ。
途中で婿殿が車を取りに行ってくれました(笑)

わずかな街灯がともるだけの道を走り、こんななんにもないところのお店で大丈夫!?と半信半疑でしたが、お店に入ると有名人の写真がびっしり。

特にこの近くでキャンプがあったジャイアンツのみなさま御用達のお店だったようで、写真がわんさかでした.。

20180423沖縄旅行1日目25



まずはビールをキューっとね!

「家庭的な雰囲気で、沖縄料理を堪能できる、地元の人気店」のうたい文句にウソはなく、沖縄料理を堪能しました。

20180423沖縄旅行1日目26





kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) 沖縄旅行2018 | 家族

2018年04月22日

桜は後で、ジャーマンアイリスは先!?



娘のマンションの中庭にあるジャーマンアイリス。

     20180422ジャーマンアイリス01


船橋ではまだなのに、ここではもうすっかり満開。


     20180422ジャーマンアイリス02

 
桜は東京や千葉が早いけれど、ジャーマンアイリスはいつも神戸が早いのよね。
なんでだろう〜!?
ここだけ?

よく見ると「ワイルドだろ〜!」   

     20180422ジャーマンアイリス03


 
21日土曜日午前中はTaroくんのんちゃんのスイミングクラブだったので、午後から次女宅へ。

晩御飯は肉詰めピーマンと、クラゲとキュウリの和え物、ダイコン・ニンジン・豆腐のスープに残り物のナスグラタンでした。

20180422ジャーマンアイリス04



22日日曜日は婿殿が部活の練習で不在だったのでヘルプで朝から次女宅へ。

Taroくんから「おじいちゃんは?」と聞かれたので「おウチでお勉強」と答えました。
競馬に頭を使ってるハズ(笑)

その後、オットは最終レースを見届けて夕方遅くやって来ました。

晩御飯は酢豚、ニラとシメジの炒め物、イカと小松菜の炒め物でした。

20180422ジャーマンアイリス05


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) 神戸 | 

2018年04月20日

Taro生誕1000日目



連休の混雑が始まる前に、早めの神戸帰省。

20180420神戸へ02


それでもいつもの13:30の便は満席で、一便早い12:30発になり、早めのランチはいつものコンビニ弁当で。

20180420神戸へ01


定刻12:30にドアが閉まり、飛び立ったのは12:48。
12:53 横浜上空から西に向かって。

20180420神戸へ03


ほどなく富士山が見え始め、

20180420神戸へ04


真横を航行したのがちょうど13:00でした。

20180420神戸へ05



20180420神戸へ06



20180420神戸へ07



13:28 生駒山を越えたら大阪市内。

20180420神戸へ08


淀川を越えて、

20180420神戸へ09


新大阪駅上空が13:31。

20180420神戸へ10


20180420神戸へ11


13:33 伊丹空港に着陸しました。
時間は計ったわけじゃなく、写真の画像データからね(笑)



到着ロビーに向かう通路がいつもと違うと思ったら、

20180420神戸へ22


今まで1階にあった手荷物受け取り所が2階に新設されていました。

20180420神戸へ13



20180420神戸へ14



新しいターンテーブルは、海外の空港にあるような下から荷物が上がってきて、ベルトに滑り落ちて、ぐるぐる回る仕組みのものでした。

20180420神戸へ15



そう言えばニュースで見たけど、一昨日4月18日にリニューアル・オープンでしたね。
ただし、まだ工事は続いていて、全面リニューアルは2020年だそうです。

     20180420神戸へ19



いつもより1時間早く着いたので、余裕のよっちゃん♪
実は4月からのんちゃんが保育園児になったので、娘の付き添いでお迎えに。

残念ながらTaroくんと同じ保育園に入れず、別のところになったので送り迎えがまあ大変!
でも、ママは「ふたつの保育園の違いを楽しむ♪」と前向き思考で頑張っています。


    20180420神戸へ20
 

オニ(イ)ちゃんが先にお風呂に入っている間、おもちゃはぜ〜んぶアタチのものよ!(^^)!

20180420神戸へ17


     20180420神戸へ16



晩御飯はナスのグラタン、イカとコーンの炒め物、豚肉とタマネギとジャガイモの炒め物、エダマメにおいしいパン。

20180420神戸へ18


デザートは、Taroくんの芸術的センスでろうそくを立てたフルーツたっぷり特別ケーキ。

20180420神戸へ21


今日は「Taroくん生誕1000日記念日」なんだってー!
おめでとう!




ちなみにのんちゃんは生後354日目。
あと11日で1歳のお誕生日。
イチゴをもらって食べました。


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) 神戸 | 家族

2018年04月14日

ランチ会&明治生命館



1〜2年に一度は必ず集まっていた元社宅仲間のランチ会。
気づけば4年ぶりでした。

今回は昨年末にMさんから届いた喪中はがきがきっかけ。
なんと2年の闘病ののちご主人が力尽きて・・・でした。

みなさまそれぞれに関西に実家があり、親世代、子供、お孫ちゃんのお世話に忙しく、私もTaroくんやのんちゃん誕生ヘルプで留守が多かったせいで、ここ数年お年賀のやり取りだけになっていました。

2004年、上海赴任中に遊びに行き、無錫への小旅行もご一緒してくださったM氏の優しい笑顔が思い出されます。

はじめこそM氏を偲んでしんみりとでしたが、楽しい思い出話は尽きませんでした。

ウチのオットと背格好、顔の輪郭が似ていて、暗くなりかけの社宅の庭で帰宅したM氏をオットと勘違いなんてエピソードも懐かしい。


20180414ランチ会01


ランチ会場はIさんが予約して下さった東京駅グランルーフの「福寿園 フレンチ茶懐石」

20180414ランチ会02



お茶の香り高い料理を楽しみました。


水出し玉露

20180414ランチ会03


煎茶で炊いた一文字ご飯
季節のポタージュ(エビ)
煎茶のプチキッシュ

20180414ランチ会04


飲み物は煎茶を注文

20180414ランチ会10


抹茶塩もいろいろと

20180414ランチ会11


スモークサーモンのショーフロア 煎茶の香りと

20180414ランチ会05


仔牛ロース肉のステーキ マデラ酒のソース

20180414ランチ会06


お茶を使ったプチパン、バケット

20180414ランチ会09



和菓子と洋菓子の盛り合わせ

20180414ランチ会07


薄茶でおもてなし

20180414ランチ会08

おいしかった〜♪



20180414ランチ会12


さて、どこに行きましょうということになり、Tさんの提案で丸の内へ。



20180414ランチ会13



昭和9(1934)年竣工、平成9(1997)年に重要文化財指定の「明治生命館」の見学ができるのだとか。

     20180414ランチ会14


     20180414ランチ会15


20180414ランチ会16


水・木・金曜は会社の営業時間外の16:30〜19:30のみ、一部しか見学できないところ、土・日曜に限り11:00〜17:00で1〜2階の見学ができるそうで、みんなの都合の合う日がなくてランチ会が土曜日の今日になりましたが、思いがけなく普段立ち寄れないところに行けて、かえってよかったかも。

20180414ランチ会17




激動の昭和を生き抜き、平成に至っていまだ現役のビル。

この1階のホールも平日昼間は来客用のラウンジや店頭営業室として使用されているところ。

20180414ランチ会18


20180414ランチ会19


20180414ランチ会19-1



     20180414ランチ会20


20180414ランチ会21


外観はもとより、内装も家具調度品も格調高い。

働く人の仕事に対する意気込みが違ってくるのではと思いました。

20180414ランチ会24



なだらかなカーブが美しい食堂。

20180414ランチ会23


小さなエレベーターで調理室からランチが上がって来たそうです。

20180414ランチ会22



これは各階から郵便物を直接投函することのできる「メールシュート」。

    20180414ランチ会25

 
社宅仲間でもあり、なおかつもと同僚のみなさまから同時に「なつかし〜い!」の声。

    20180414ランチ会26

 
私たちが働いていたビルに似たような仕組みのモノがあって、カプセルに書類を入れて行先にダイヤルを合わせると、空気の力でビル内のどこの部署にでも送れるという「エアシューター」。

たまに「〇〇階の会議室でただいま〇〇のセールあり」なんて情報が来たりして(笑)


7人のお孫ちゃんの成長を楽しみに、「私は元気!」というMさんに一安心。
近いうちの再会を約束して解散しました。

20180414ランチ会27




お昼にステーキ食べたけど、ちゃんとお腹は減るのよね。
駅前スーパーでオットの好物のおいしいお肉を仕入れて、焼肉ディナーとなりました。
20180414ランチ会28


20180414ランチ会29



kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) 食いしん坊 | 職場

2018年04月10日

ゴルフ同好会4月コンペ



春風微風の青空のもと、絶好のゴルフ日和。
同好会4月コンペは千葉県長生郡睦沢町のゴルフクラブにて。

      20180410同好会コンペ02


一般的に、ゴルフ場は第9ホールから始まる「INスタート 」の最終ホールである第18ホールに見せ場を作るレイアウトになっていることが多いので、第1ホールから回る「OUTスタート」が人気で予約の際もそちらから埋まっていきます。

我が同好会の場合、毎月だいたい5〜7組の参加となり、「OUTスタート」と「INスタート」半々でそれぞれ同じ時間のスタートとなるように幹事さんが予約してくれています。

今日はたまたまだけれど、「OUTスタート」で第1ホールからプレー開始。
やったね! 
と、言いたいところだけれど、私のようなへっぽこゴルファーにはほんとのところカンケーネー(汗)
だけど、第18ホールで終了となったほうが満足感というか達成感が大きいかもしれない。

このゴルフ場にはスタート地点にこんなプレートでコース案内があります。

     20180410同好会コンペ03


手元用には以前は印刷したものが多かったけれど、今ではカートに取り付けられたタブレットで見ることができるゴルフ場も増えてきました。

20180410同好会コンペ04


こんな感じにね。

20180410同好会コンペ05


大きく赤字で「203」とあるのは、前の組のカートの位置で、203ヤード離れたところにいるということ。
だいたいそのあたりにプレーヤーがいるはずなので、自分の組が打ち始めていいかどうかの目安にします。
私は絶対届かない距離だけど、男性はまだちょっと打つのは早いと待っているところですね。

カートが動いて離れたので、いざスタート!
同好会実力NO.1のIさん、ナイスショット!

20180410同好会コンペ01



穏やかな春の日。

20180410同好会コンペ06


八重桜がきれいでした。

20180410同好会コンペ07



前半終って食堂に行くと「かぐちゃんは弁当だよねー」と、席に着く前に注文して下さっていました(笑)

20180410同好会コンペ08


ほらね〜
天麩羅、刺身、茶わん蒸し、煮物、鰻巻き、冷しゃぶ。
おいしそうでしょう(^^♪

20180410同好会コンペ09



後半も気持ちのいいお天気で、

20180410同好会コンペ10


雲一つない青空になりました。

20180410同好会コンペ11


パーティー料理も豪華でうれしいなー♪

20180410同好会コンペ12


優勝は同組で回ったNさん。

20180410同好会コンペ13


ただいま同好会最高齢の80歳。
同好会ルールでレギュラーティーより前にあるシニアティーより打てる年齢(男性は75歳以上)でしたが、「男が廃る」と敬遠。
しかし、シニアティーから打つ人も増えてきて、最近になって宗旨替えされたところ俄然スコアアップ。

今日もベテランの実力を発揮して、大きなミスもなく絶好調でした。
同じくシニアティーから打つ女性軍には強力なライバル登場です(笑)

「アイスおごるで〜」

20180410同好会コンペ14


優勝者ごちソフトクリーム、おいしくいただきました(^^♪

20180410同好会コンペ15


kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2) ゴルフ | 食いしん坊

2018年04月09日

普賢象



なんとなくですが「ソメイヨシノは4月第1週目」そして「八重桜は4月中旬以降」というのが私の中の暦。
神戸でも船橋でも長年大体そんな感じでした。

「入学式にはソメイヨシノ」も然りです。

ところが、地球温暖化のせいか年々開花が早くなる傾向にあるという。

ソメイヨシノのお花見は3月中じゃなくては間に合わず、八重桜も3月終わりごろには咲き始める。
今年も家の近くの八重桜「普賢象」が満開を迎えて、葉桜になったソメイヨシノの主役の座を主張していました。

     20180407普賢象05


     20180407普賢象03


   「普賢象」

   つぼみから咲き始めは淡紅色で、開花が進むにつれて白色に変化する。
   30〜50枚の花弁が重なった美しく気品のある5センチくらいもある
   大輪の花は存在感たっぷりです。
   2 つある雌しべは細長い葉っぱのように変化しています(葉化雌ずい)。
   普賢象とは、二本ある葉化した雌しべが、まるで普賢菩薩が象(象の牙)に
   乗っているように見えることから名がついたといわれています。



風が強くてゆらゆら揺れて「象の牙」が上手に写真が撮れませんでした。
しかも下から撮るので写真が暗い(涙)

    20180407普賢象04

 
毎年同じことを言っている気がしますが、ブログを見返したら2009年4月15日に撮ったこの写真が一番「象の牙」がよくわかるかも(汗)
カメラの性能はよくなっているけれど、腕はちっとも上がらない(大汗)


20180407普賢象09




午後からゴルフの練習に。

20180407普賢象06


強風のため、ネットが下げられて「ドライバー使用禁止」でした。
私なんぞどんなに頑張っても届きやしませんて〜

お陰でアイアンの感触をゆっくり確認できたかな〜なんちゃってね(笑)

20180407普賢象07



晩御飯はサバの味噌煮メインに和風で。

20180407普賢象08




kaguyahimeko at 23:59|PermalinkComments(2)  | ゴルフ