2010年11月13日

コーヒーをおいしくするおまじない 「コピ・ルアク」

今回の夫のインドネシア出張でいただいたというおみやげはおしゃれな手下げ袋にはいっていたので、なにかなと期待が膨らみました。

       101113コピ・ルアク01

もっとも開ける前に「コーヒー。」と言われてしまいましたが・・・・・
そして「高いコーヒーらしい。」と。


手下げ袋の中の立派な箱を開けると、金色の紗の巾着袋に入ったコーヒーが出てきました。(この写真はwebページより)

101113コピ・ルアク02

さらに、アルミ袋を開けるとビニール袋に入った150gのコーヒーがようやく出てきました。
これだけ包装したら「高い」はず・・・・・

101113コピ・ルアク03

しかし、理由はそれだけではなく、このコーヒーはあの「コピ・ルアク」。

コピ・ルアク(インドネシア語 Kopi Luwak)とはジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。
「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。
独特の香りを持つが、産出量が少なく、高価である。(wikipediaより)

101113コピ・ルアク05
                  この写真はコーヒーのパンフレットより

これがあれのアレなのね・・・・・

初めてなので、正確にコーヒーに付いていたラベル通りに淹れて味わうことにしました。

極細挽きの粉10gにお湯が160cc。
カップに直接粉を入れてお湯を注げと書いてありました。

101113コピ・ルアク04

ベトナムコーヒーなどと同じ飲み方。
かき混ぜて、粉の沈むのを待つこと2分。

袋の封を切った時も、お湯を注いだ時にもどんなにいい香りがするかと期待したのですが、
フツー。
粉も沈み切らず、ざらざら感が邪魔なので、結局ペーパーで漉しました。
味も粉が10gにお湯が160ccなので、かなり濃い目のコーヒーという感じで、
フツー。

期待が大き過ぎました。

なんとタイミング良く、今日の朝日新聞朝刊10面「週刊アジア」に『食材』として紹介されていました。

101113コピ・ルアク06

「普通においしかった。」やっぱりね。

コーヒー豆は輸出品で高価なため、現地の生産者にとってもなかなか手が届かないものなのだとか。
そこで、貧しい人々は苦肉の策としてジャコウネコの糞から採れる豆を洗って焙煎したものを飲用していたそうです。
ジャコウネコは特においしい完熟のコーヒー豆を好んで食べ、お腹で発酵していい香りになり、それが世界中のコーヒー通をうならせてということなのですが・・・・・
う〜ん?! ←寒いギャグ?! 

なんでも都内のホテルで一杯5500円也で飲める(?)そうです。


2006年公開の映画「かもめ食堂」を見て「コピ・ルアク」の名を知りました。

かもめ食堂の前の店の持ち主だったマッティーから、「コーヒーをおいしくするおまじない」として「コピ・ルアック」と言いながらコーヒーを淹れるといいと教えてもらった場面。

101113かもめ食堂01


改めて見てみると、終盤にマッティーからプレゼントされた「コピ・ルアク」をみんなで飲んでいるシーンがありました。

101113かもめ食堂02



切れ切れの連写写真でちょっとぎくしゃくしていますが、GIFアニメでその様子をどうぞ。

       101113かもめ食堂03

「香りも特別でとてもおいしい。」と。

101113かもめ食堂04


やっぱりカリタで淹れたほうがいのかなぁ。
次回はカリタで試してみますね。

 


「コピ・ルアク」は2008年公開の映画「最高の人生の見つけ方」にも登場します。
余命数カ月と宣告を受けて入院した際も、コーヒーは「コピ・ルアク」しか飲まないという富豪役をジャック・ニコルソンが演じていました。
これも、録画したDVDがあるはずだと探したのですが、すぐには見つからず、残念と思っていたら、なんと

14日日曜日午後9時から、テレビ朝日 日曜洋画劇場で

       「最高の人生の見つけ方」の放映がある
ようです。

「コピ・ルアク」がキーワードとなっていますのでぜひ!



kaguyahimeko at 23:59│Comments(4)TrackBack(0) おいしいもの | 家族

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by テレーサ   2010年11月14日 18:12
う〜ん(ギャグお付き合いしました!ふふふ)
間に合った感じです!
今から、録画予約しますね〜
ありがとうございます。

フツーの味って〜どんな味なんでしょう?
2. Posted by ミサ   2010年11月15日 04:36
朝起きたときのあのコーヒーの香り、なんともいえませんね
私はコーヒーの味はあまり?なのですが、
休みの朝早起きした主人が落としているコーヒーの香りはなんともです。

かぐや姫さんも 相変わらず頑張ってることでしょう。

ところで、昨日の遼君でしたね。

ブライトンジョーンも、昨年北海道でしたっけ?例の野次もあったし、今回2位でよかった。
今田選手も日本凱旋で優勝させたいし
またまた新星15歳登場で、
遼君の賞金争いもまた面白い
ますます会が楽しみですね
今娘のところに来ていますが インターネットのニュース待ちきれず
昨夜遅く電話で結果を聞く始末、丁度18番でした。
3. Posted by かぐやひめ   2010年11月16日 01:03
☆テレーサさま☆
いつも「ながら」で、字幕で見ているのでかなりテキトーに見ていることが判明。
吹き替えで見て、セリフがよくわかりました。
結局エドワードは「ジャコウネコの○○」ということは知らなかったのね

深炒りの酸味と苦みの効いたアジアのコーヒーと言う感じ。
昨日、カリタでもう少しお湯を増やして淹れたら、粉に直接お湯を注ぐよりまろやかで美味しかったです。
でも・・・・・特別な香りは感じられませんでした。
4. Posted by かぐやひめ   2010年11月16日 01:16
☆ミサさま☆
遠くからコメントありがとうございます!
淹れたてのコーヒーの香りはわたしも大好きです。

遼くんはホントにすごかったですね。
パットが次々決まって、最後まで安心して見ることができました。
続々若手も出てきて、これからが楽しみですね。
私は相変わらず、練習もせずに月1ゴルフで上達もせず、ただ楽しんでいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔