2005年08月30日

衆議院選挙…八代英太さん

いよいよ衆議院選挙が公示されましたが…
東京12区から八代英太さんが立候補されるとの事。
私は政治の事も…あまり分かってませんが、
八代さんには是非とも当選して欲しいと願ってます。
郵政民営化が必要がどうかだけの為に、
国会議員を選ぶ…と言うのは、全く理解できません。

自公の連立にも納得できないです。
自民党に在籍していて、郵政民営化にだけ反対した議員と公明党の議員と…
どちらが自民党的な考えの持ち主なのか?
私には、選挙に勝つために公明党の組織票が欲しいだけとしか思えないです。
宗教と政治は、別のものでなければいけないはずなのに・・。

今回の選挙は、みんなが投票に行って欲しいです。
投票率が、半分行かない選挙って、無効じゃないでしょうか?
国民の意見とかいっても、半分に満たない人の
そのまた半分の人がいいって言えば通ってしまうって・・。
おかしいと思いませんか?
だから、組織票が大きな顔してのさばってしまうと思います。
違うでしょう!・・?

選挙権があることの素晴らしさをもっともっと教えて欲しいですね。
全ての国民に対して・・。



この記事へのトラックバックURL