2008年01月07日

伊勢・志摩旅行

                   明けまして
   
               今年もどうぞよろしくお願いします

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


正月は家族で伊勢・志摩に一泊プチ旅行に行ってきましたー♪

伊勢といえば、伊勢えび。えびえびぷりぷり。

もちろん、出発時の私の頭の中には、伊勢えびを食べるということしかありませんでした。朝家をでて昼には伊勢に着くのに、そこから旅館に着くまで何をするのかノーアイデア¬(´ー`)г

車が伊勢に近づいてきた頃、「何するー?」とお母さん&兄。

基本全体的にノープランのようです。

結局パルケエスパーニャに行くことになりました。

実家から電車で割りと簡単に行けるのに、初・パルケエスパーニャ☆

行くと、若い家族連れが多く、なななんか、うちらひとまわり年齢層が高いぞと思いつつ、はじめちょっとブラブラ。

すると前方に、超こわそうな絶叫マシンを発見!!!

ピレネー











                                          (写真:パルケHPより)

早速家族全員参加で順番待ち。

順番待ちも最前列になってきた頃、ジェットコースターの旅を終え、戻ってきた人の様子が見える。ほぼみんな到着後足がふらふらしていてまともに歩いていない。

ドキドキわくわく。

さて、自分たちの番がやってきて出発。

おかしいぞ。スタートの登りからして普通のジェットコースターよりも速い。

そっからは、心臓が飛び出るんちゃうかぐらいの大暴れで、私は目を開けていたらリアルに気を失いそうだったので、閉じました(><)

ところで、妹と兄は絶叫しているのに、隣の母はめちゃくちゃ静か。

もしかして・・・?と思って勇気をふりしぼり、目を開けて横をチラッと見てみると・・・


なんやねん、めっさ楽しんどるやんけ てゆうか一番余裕やんけ

さすが。

さてジェットコースターに話を戻しますが、やっとスピードが落ちて恐ろしい旅も終わりかと思ったら、

再加速。

どんだけ長いジェットコースターやねん(T_T)

後から聞くと、3分15秒もあるんだってーーーー。

絶叫系で心底怖い思いをしたのはこれが初めてです。

案の定、私もジェットコースターを降りてからしばらくは足がふらふらして階段を下りるのが精一杯でした。

もういいっすと言いたいところだけど、、また行ったら乗りたいです☆


さて、他の乗り物も乗り、ほっこりと歩きながら広場にさしかかったところで私たちが目にしたのは・・・。
はまったものー











分かるかな?2本の木の棒と棒がタコ糸でつないであって、写真の赤いつづらみたいなのをくるくる回す遊びです。
広場にこの遊びが置いてあって、自由に遊べるんだけど、私たちもちょっぴりやってみることに。そこでまったくひやかしの気分ではじめたつもりが、なかなか見たようにはうまくいかず、兄弟3人で必死こいていると、20分30分と時間が過ぎていました。
やっと基本のひもの上でつづらを回すというところまではいったけれど、技がなかなかおぼわらない。くっそーくやしい〜。
すると兄が目の前のショップに行き、つづらまわしを買っているではないか。
本気である。

広場に商品(つづらまわし)を置いて自由に遊べるようにしておいて、夢中になった頃に気がついたら目の前のショップで売っている・・・という戦略の一連の流れにあっさりとのっかってしまった私たちであるが、それはこの際どうでもいいのである。

以上、とびきり怖いジェットコースターと、つづらまわしが私のパルケ最大のハイライトでありました。


翌日は、鳥羽水族館に行きました☆
10歳のとき行って以来二度目の鳥羽水族館♪
いやーーー、めっさめっさおもろかったです☆
以下写真ばっかり載せます☆
くらげダンス




ランプのようなくらげちゃん

金魚っぽいさかな




金魚かな?

集団登校




集団登校

蒼い&赤い




あおとあか

集団会議




集団会議

出目金さん




カメラを見つけた出目金さん

出目金さん2




サービス精神に乾杯☆

おそうじマン









おそうじマン


気の向くままに写真をアップしてみました☆

もう書くの疲れましたので今日はここら辺でお開きにします(><)
鳥羽水族館は行ったことある水族館の中で一番おもしろい水族館でした。
PS目的の伊勢えびのこと書き忘れていました。めちゃくちゃうまかったっす。

ここまで読んでくれた人、おつかれさまでした!

ことしもよろしくおねがいします☆

kahorizm17 at 22:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年10月06日

かほりの知恵袋

こんにちは。ご無沙汰しています。

今日は数少ないかほりの知恵袋の中からおひとつみなさんに紹介します♪


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚「新しいビンのふたのあけ方」☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

pics2ジャムやマスタード、トマトソースなど、こんなビンに入っているとなかなかあかへん。

腹筋と根性だけでは自分の力でなかなか開かないから、コンロでフタの部分をあっためて金属を膨張させてみたり、とんかちでたたいてみたり・・・と色々面倒くさいです。





しかしあるとき、そんなことしても全然開いてくれないびんにかほりは出会います。


彼女がフランス留学中、土曜日の朝は野菜やチーズなどを買いによく市場に足をはこんでいました。
山積みになったやさいやくだものや人ごみのあいだに、カンパーニュ(田舎)の牧場からやってきたと思われるおばさんがブースを出していました。
パテやらスシソン(サラミみたいなん)などおいしそうなものが並んでいて、思わずうっとりしていると、おばさんが「これ全部私の手作りよ」と話しかけてきました。
どうやら、スシソンはおばちゃんちの暖炉で燻製したらしい。すごすぎる!!!
「すごいですね」と感心しながら色々見ていたら、あるものに目がとまりました。
トマトソースです。
トマトソースが、大きなビンや小さなビン、「ピクルス」やら「ジャム」やら「豆」・・・全部パッケージの違うビンに入っていたから、「これも手作りなんですか?」と聞いたら「そうだよ」とおばさん。


おいしそうだったのでおひとついただき、その日の昼ごはんにトマトパスタにしようと考えたかほり。

家に帰ってパスタを茹でて、あとはおばさんのトマトソースをのせるばっかり。
しかし・・・
想像できちゃってるかもしれないけど・・・







い。

フタをあっためても、たたいても、ぜーんぜん開かない。
男の子に依頼したけど、その子もおでこに血管つくって必死に開けようとしてくれたけどなかなか開かない。何分かたって、やっと開けてくれました。

やっとトマトソースをパスタにかけ、食べると・・・


   おいしーーーーーーい!!!!!


フタのことなんて忘れておいしいおいしい言いながら食べました☆


次の週も、おばちゃんのところへ行き、今度は前の週よりも大きなトマトソースを購入。

るんるん。土曜日のお昼はトマトパスタに限るよね♪

なーんて思いながら家に帰ってパスタの準備をすると、またフタが開かない!!!
おばちゃんはどんなばかぢからをもってしてこれを閉めているのか分からないが、これじゃぁ毎週誰かにフタをあけてもらうことになってしまう。



そこでかほりは考えました。
フタをあたためる作業、フタをたたく作業に共通する点・・・
それは・・・
フタの内部に「空気を入れる」作業だということに気づいたのです。

そこでかほりが持ち出したのは


sennnukisennnuki









「栓抜き」でございます。

ここが本日の本題、かほりの知恵袋です☆

これはワインオープナーですが、べつにねじねじの部分は使いません。
さきっちょの銀色の、鳥のくちばしみたいな、ごく一般的な栓抜きの部分だけが重要です。

これをつかって、ビールのビンを開ける要領でくちばしをフタに引っ掛けて少しおこします。
すると、プシュっと空気の抜ける音がします。(※しないときもあります。空気が入れば結果オーらい)

さぁ、再び開けてみてください!!!!!!!

赤ちゃんでも、握力11のあなたでも、開きます

すごくない??


これでかほりは、毎週自分の発見に惚れ惚れしながらおばちゃんのおいしいおいしいトマトソースを問題なく開けて食べることができたのでした☆
それにしても、おばちゃんはどんな方法であのフタをしめているのか・・もしかして素手であそこまで閉めているわけではあるまい。いや、あのおばちゃんならありえるかもしれない。なんて思いながらも疑問は疑問のままで残しておき、心にしまっておきました。



みんなも是非試してみてね

kahorizm17 at 14:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年08月23日

ただいま〜。

おかえり☆

タイ、3泊5日の旅に行ってきました〜

            ワットポー





















出発前にアップしたブログ、若干意味不明でしたね。。
とりあえず、夜出発だったんだけど、昼間からテンションがあがってきて〜
じっとしておられずカメラを持って庭に繰り出しちゃいました。
一応、二枚目の植木鉢の写真は、よ〜く見ると画面右上の葉っぱの間からカナブンみたいな物体がこっちむいて手を上げてバイバイってしてるようにみえるよ超ヒマな人はちぇけらしてみてください笑


さてさて、本題のタイ旅行。
尻上がりに良い旅でありました。

初日の午前中はチャムチャック市場(ウィークエンドマーケット)に行ってまず朝食。
バンコクに留学していた友達も、旅行でバンコクに行った友達も絶対おススメというから期待大!!買い物の腹ごしらえに食べたのは。。。。


breakfast














こちらでございます。確か日本円にすると100円くらい。
ごはんの上に豚肉の煮た様なやつがでんッってのってて、味は少々甘め。
大好きなパクチーなんかものっていて、後はテーブルの上の調味料や野菜を好みで加えるってかんじでした。甘かったけどおいしかったよぉ〜。

さぁさぁ、買い物♪
この市場はやばいぐらいでかかったです。自分の現在地を知る方法を知るのにしばし時間を要しました。広すぎるので路地に番号がふってありました。
ウィークエンドマーケットの中で世界一のデカさを誇っています。
けど写真はありません。ごめんね。
ここで彼氏と若干もめました笑
買い物が嫌いな彼氏と、「これよくない?」とかいいながら一緒に買い物を楽しみたい私。。。。笑
でも今回はお金もぎりぎりだったし足も疲れてきたので早々と切り上げ♪

しかし、バンコクは大都会ですな。
高架鉄道と地下鉄が街をほぼ網羅しているし、建設中のビルがあっちこっち。。
どこ行ってもどんだけってぐらい冷房がきつくてまいりましたが。

初日はショッピングで険悪な雰囲気になったものの、その後からは超よい一日でしたよ♪

全身マッサージ2時間 320バーツ
足裏マッサージ1時間 260バーツ
ニューハーフショー  800バーツ
バーのカクテル    90バーツ
彼氏といる時間    Priceless


ゲッ。
彼氏のがうつった。。。(T_T)



マッサージ、さいこぉ。
マッサージ師のおねぇさんが美しくて最初どきどきしたけど、きもちぃーぃ。
半ば寝ていました。
隣では彼氏がいびきをかく始末。。
彼氏のいびきをきっかけに、彼氏の担当の人と私の担当のマッサージ師の方とおしゃべりしました。英語はほとんどできないみたいだけど、日本語は片言話せるお姉さん方。英語はほとんどしゃべれない上にタイ語も挨拶程度しかできない私。
なかなか会話に苦戦しましたが、楽しい時間がすごせました。
なんと!!!彼氏のマッサージ師のおねぇさんは、実は三児の母でしたっΣ(・ω・ノ)ノ見た目的に25歳ぐらいかと思いきや36歳!
そしてなんと!!私の担当の美人のおねぇさんは、5歳の子供がいるってよぉ(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?17の時に懐妊したんだって〜。タイは早婚傾向なのかな。


夜はニューハーフショーに行きました☆( ´∀`)つ
ほんとに男だったの???!!!と疑いたくなるようなキレーな顔立ち、脚線美。。。
見入ってしまってあっという間に時間が過ぎたな〜。
そんな中、ステージから客席にやってきたニューハーフのおねぇさん(おにいさん?)に、彼氏が拉致られました笑
舞台の上で踊らされてた〜笑

thai1




















↑写真は、ショーが終わった後にエントランスで撮ったょん。
男相手に
鼻の下伸ばしてんじゃねーょ。
ほっぺにでっかいチュウされてました笑

thai2














↑私も記念に一枚☆
近くでみたけど、肌が超きれいでびっくりしました。



thai3














↑ショーの後にホテルの近くのバーで一杯。
屋外が好きな私は、街の風景を眺めながらのお酒がいつもよりおいしく感じました。

長文失礼しました。
予想以上に長くなったから旅れぽは気が向いたらまた日を改めて書くね〜。

kahorizm17 at 03:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年08月17日

いってきまーす

lets go to thai




















あこがれのタイへ☆

miokuri



kahorizm17 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月09日

アルバイト

こんばんは。
「ブログやめたん?」と心配してくれた人がいたので更新しマース♪

さて、待ちに待った夏が、夏休みが到来☆

今日まで短期のバイトで工場で働いていたよん。

エアコンの組立工場のラインでひたすら製品検査をする仕事でした。

4時半に起きて夕方までみっちり働きましたー。

工場で働くのは初めてだけど、いい経験になったかな。

ほんっとにずーっとおんなじ事して、自分が機械のように感じてくるん。やけどやってよかった。

こういう工場の仕事は外国人労働者がやるものなんだとか、自分がやることじゃないとか勘違いしちゃうもんね。

単純作業で、機械でもできるんちゃうて思ってたけど、実際は人の手や目を使ってやらなきゃ成り立たないものだったし、工場で働く人がいなければ社会がなりたっていかないよなって思ったー。

かっこいいとおもったのが、技術屋さんの人たち。私が、検査中にプラグを間違えて違う穴にさして機械をぶっ壊してしまったときに、「どれどれ」ってかんじで機械を解体して直してくれたおじいちゃんがいました。機械が故障するたびに来てくれて、あっという間に直してくれました。この人は何もなくてもその腕で生きていけると思いました。実際そうだけど。まじで、ただのおやじじゃないーかっこいいーって思った☆☆
かっこいいつながりで、もうひとつ!工場に、坂口憲二よりも男前の人がいました!!!工場ではちょっと有名でした笑

あと、エアコンを積んだりおろしたりしてすんごい体力使ったから、帰ってからおいしくビールが飲めてよかったです

そんなバイトも今日で終わり。

明日からは別のバイトです☆

バイトの使い道は、旅行です

彼氏とタイにいきまーす
親友と台湾にいきまーす
ゼミで白浜いきまーす

とりあえず、まだ夏らしいことはしてないけど、旅行に向けて今はアルバイトにはげみます♪

kahorizm17 at 00:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年06月14日

主観との葛藤

私の中で主観というのは、とっても扱いにくいやつです。

離れたくても絶対に離れられないというもどかしさ。
どんなときも必ずついてくる影みたいなやつ。

たとえば、ある事件の一連の経過を見たとする。
それを誰かに伝えるとき、客観的な事実だけを伝えたとしても、自分が見た‘どの’部分を相手に伝えるか。見たすべての客観的事実を伝えるのか何かに絞って伝えるのか。

たとえば、ある風景の写真を撮るとする。
何に焦点をあてて撮るのか。どうしてその風景を撮るのか。

そこには常に自分の主観というフィルターが存在する。

もっといえば、何かを見るときの自分の視線だって主観の働きによって動いているのかもしれない。

限りなく客観的になれたとしても、主観が100パーセントなくなることなんてないような気がする。

嫌いとか好きとか良いとか悪いとかじゃないんだけど…たまにうっとうしかったりもします笑。

よく分からない存在、主観!!!!!

kahorizm17 at 04:03|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2007年06月05日

冷や汗の誤解

こんばんは。
どうでもいい更新します。

キムタクが出ているカローラ兇裡達佑靴辰討襦?

「人生の本ありますか?」って訪ねてくるやつ。

私、見方によってはあれに似たことした事があります。

昔、紀○国屋書店で「自分自身をみつける本ありますか?」って聞いたら店員さんに「はぁ?」って顔されちゃった。高校2年ぐらいやったかな。
「自分自身をみつける本と言われましても人によって色々ありますんで・・・」って言われた。


まずい・・・私とおっちゃんの間に勘違いが生じている。このままじゃKYな(空気読めてへん)客にされてしまう。

ちゃうんや!!おっちゃん!!!聞いてくれ!!!

「いや、『自分自身をみつける本』ていう題名なんです!!」思わず声を大にしてしまった。

ようやく勘違いがほどけ、コンピューター検索してくれました。


―そうなんです。そういう題名の本を探していたことがありました。

よく読んでた雑誌のインタビューでYUKIちゃんが紹介してたやつ。
英語で「ALL ABOUT ME」という題名。
HOW TO本でも小説でもなく、自分で自分自身のことについて書き込む本。
「最近感動した本は?」とか「初めてキスしたのはいつ?」とか色々質問があって、それにひたすら答えるんだけど・・・今考えたら就活の自己分析にどこかにている。。。どこか。
まー、今の私やったらまず買わないジャンルの本ですけど当時はやってみたかったんでしょうねー。

その本のことを、キムタクのCMをみて思い出しすっぱい気持ちになりました笑。

kahorizm17 at 02:24|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年05月29日

濃い一週間

はろりん♪♪

書きたいことがたまっていて何から書いていいのか分からないかほりんです。

最近色々あったなぁ!!!

☆かほりのニュースフラッシュ〜起きた順番に〜☆

)員電車で初めて痴漢にあった(ー_ー)!!
▲后璽弔嚢をおろしたら、座ったところにガムが!ガムがスカートにこびりついた状態で落ち着かない半日を過ごす。
チャリに乗っているときに車と接触。チャリが下敷きになりガタガタに。
そ活で初めて交通費を出してもらって東京に面接にいく。
ィ慣遒ら東京で働いてる彼氏と1ヶ月ぶりのデートやっぱりたのすぃ♪
Γ韻椎下のいとこが結婚!!!!結婚式に静岡へ。

以上、かほりのニュースフラッシュでした。

まぁ 銑イ蓮暇なときにでも聞いたってください☆


一番よかったのは、Δ里い箸海侶觝Ъ阿任垢茵△修蠅磴,發Α


wedding


小さい頃から知っていて、長期休暇にはよくおじいちゃんちで遊んだいとこが結婚すると聞いたのは数ヶ月前。その時はたまげたなぁ!!

今回の結婚式が、私にとって初めて出席する結婚式。
やばかったっす!こんなに感動するとはつゆ知らず…。

チャペルでいとこがバージンロードを歩いて来た時にはっ!
幼い時のか弱いイメージがあっただけに、誓いの言葉に「誓います。」としっかり返事をしていたのを見た時にはっ!
今日からの旦那さんと一緒にロウソクに火をともしていたのを見たときにはっ!…
うっかり涙してしまいました。

てか、チャペルで牧師さんの「Kissing!!!」?という掛け声で新郎新婦が誓いのキスをした際、みんなハッピーになって拍手してたとき…
ふと部屋の脇を見ると、つい先ほど美しい賛美歌をうたってくれていた中年のおばちゃんが、「あっそ」ってかんじでテキトーに拍手していたのがおもしろかったです(>_<)きっと、いつもいつも結婚式のために賛美歌を歌いに来ていて、この場面も見慣れているんだろうな…。感動の瞬間なのにおばちゃんを見て笑いそうになりました。

いとこの晴れ姿がめちゃめちゃキュートでした(>_<)
なにより幸せオーラが満開でしたデジカメが壊れているのが残念!カメラ小僧したかった(笑)
誰かと一生生きていくって決めるなんて、一大決心だよね。勇気もいるだろうな。
しあわせになってほしーな

写真は、いとこと旦那さん。旦那さんは少しほろ酔いみたいですね(笑)

kahorizm17 at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月17日

行けば都

昨日は超久しぶりに学校に行きました

そしたらいい事がいっぱいおこりましたーーー♪♪

その
大好きな友達にばったり遭遇!!!!

この子と会うのは2年ぶり去年は私が1年留学していて今年は彼女が1年アメリカに留学していたから2年間遠距離だったのです!
ししししかも、彼女が帰ってくるのは7月ぐらいだと勝手に思い込んでいたため、学校で偶然その姿を見つけたときには、目から入ってくる情報と脳の回路がうまくコネクションできず0.1秒ぐらい頭をフル回転させ、やっとそれが○ちゃんだということが理解できました
嬉しさの余り1時間ぐらい外でしゃべってました(>_<)
全然太っていなくてちょっとがっかりしました\(-o-)/(笑)
いや〜ほんと嬉しかったです

その
ゼミの子が誕生日だった!!

うちのゼミはまじすごいです。めちゃ仲いいんです。
誰かが誕生日ってことでゼミの先生も3回生も4回生も集まってお祝い飲み会開催しちゃったりします。
昨日は4回生ゼミ長のバーズデーでした。
飲み会ではゼミの女の子が、みんなの書いたメッセージを集めて作ってくれたアルバムをプレゼントしていました☆
あったかいゼミですね〜。
ゼミの子らとGW以来久々に会ってすんごい楽しかった〜♪


そんぐらいかしら☆

学校にいっぱい行こうと思いました☆

kahorizm17 at 23:40|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2007年05月10日

Forever Friends



今日のタイトルは竹内まりあの歌の題名のパクリです。


小学校の4年生頃に車の中でずっと回っていたCDアルバムImpressionの中のお気に入りの一曲です。
大人の女が、彼が知らない自分を沢山知っている学生時代からの女友達はやっぱさいこーみたいなことを言っている曲。
まー、小い了笋この曲を大好きだったなんて、なんて嫌な小学生だったんでしょう(笑)雰囲気ですよ、雰囲気。

最近はこの曲に改めて共感しちゃったりしてます。
長年来の親友との電話一本で胸につかえていたものが不思議と和らいだり、馬鹿な話で嫌なこと忘れて笑ったり。落ちこんで周りが見えなくなったときにはさらっと客観的な目線を取り戻させてくれる。「かほちはかほちらしくいかな。」っていう言葉も素直に聞ける。
なんだか改めて女友達のありがたみを感じる今日この頃です。



kahorizm17 at 02:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!