一日目の疲れもあり、ホテルに15時過ぎにチェックインすると、18時過ぎには眠ってしまいました。



そして気が付けば日付が変わって午前3時。

ぐっすり眠れたので体力もばっちり回復。

さっそく荷物をまとめてバイクの元へ。
東横インはこんな感じで屋根付きの場所にバイクを停めさせてくれるところが多くてありがたいです。

IMG_6723


しかも何時にチェックアウトしても文句を言われないので行程が好きなように組めます!

暑さの厳しい日中に長距離を移動するより、涼しい早朝に移動する方が格段に疲れが少ないですし、道も空いているし、朝日も拝めるし、いいことずくめですね。



というわけで、バイクに手早く荷物をくくり付け、真っ暗な富山市を南下して、岐阜と長野をつなぐ峠、安房峠へ向かいます。

FullSizeRender


路肩の気温計は18度。
それが走行風でさらに冷え、体感10~12度くらいに感じます。


昨日の日中はあんなに暑かったのに…

FullSizeRender


メッシュジャケット一枚では凍える寒さに感じてきたので、モンベルのストームクルーザーを羽織りました。


登山用品なだけあってコンパクトに収納でき、機能性も耐久性も抜群で重宝しています。

風が遮られるだけで身震いするような寒さも感じなくなり、体の震えも止まりました。


そのまま順調に進み、安房峠に差し掛かります。

この峠は山越えの旧ルートと山をぶち抜く有料トンネルの2つのルートがあり、今回もトンネルルートを選択しました。

FullSizeRender


5年前のゴールデンウィークに原付でこの峠にさしかかり、旧峠道を超えようとしたら雪崩で通行止めで、トンネルルートは自動車専用道路なので125㏄以下通行不可…。

泣く泣く引き返すしかないという絶望を味わったのもいい思い出です、、


今回はMT-07なので胸を張って自動車専用道路が走れます(*´-`)

しかもETCで快適に通過〜!

二輪車は通行料金440円でした。
岐阜県側からトンネルを抜けた先の国道158号は深い谷底を走るような道です。


道路の幅員も狭くて、古いトンネルも多いのに、上高地へ向かう観光バスや峠越えの車でいつ通っても交通量が多い道。

まだ朝6時台だというのに…

FullSizeRender


一人で走っていると心細くなりますが、松本方面は空いていてスイスイ距離が稼げました。

松本市内をスルーして裏ビーナスを目指します。

FullSizeRender


しかし、登るにつれて曇り空が続き、嫌な予感が…。


FullSizeRender


ここのところ、裏ビーナスに来るたびに霧やら雨続きなので、そろそろ晴天の絶景が見たいと思っているのですが…。


おっ!!青空が見えてきた…!

FullSizeRender


期待に胸を膨らませ、最終カーブを抜けるとその先は…!!






曇天濃霧で視界不良…!!


FullSizeRender

なんか前回もこんな景色だった気がする!( ;∀;)


しかも寒い!!

FullSizeRender


でも、これだけ風が強ければ雲も流れるのでは?という淡い期待を抱き、しばらく散策しながら待つことにしました。



僕のほかにも何人か撮りに来ている人がいましたが、また一人、また一人と諦めて早々に帰る人たちも。

そういう人を見るたびにこのまま晴れ間なんてこないんじゃないかという気持ちがどんどん大きくなってきます。



そんな感じで待つこと1時間。

ついに…!
ようやく一筋の光明が!!

IMG_6625


雲の合間から光が!!


FullSizeRender


風が強いので刻々と変わる雲の表情がとても豊かで、その合間から差し込む太陽の光に神々しさを感じずにはいられません。

FullSizeRender


僕と同じく、ずっと粘っていたおじいさんがもう一人。

突然動き出した情景に興奮した様子でカメラを構えていました。

太陽の位置が高くなり、雲と光の動きが落ち着いたところで声を掛けてみました。

FullSizeRender


「こんにちは。よく来られるんですか?」

「もう何千回と来ているよ!数えきれないぐらいね」

おじいさんの車のナンバーを見ると地元の方のようでした。

「今日は凄かったね〜、面白い日だった。けど、昔はもっと一面花で埋め尽くされていて綺麗だったんだよ。」

FullSizeRender


おじいさん曰く、温暖化の影響で鹿が増え、暖冬によって越冬できる数も増え、高原植物を食い荒らしてしまうとのこと。

「あの世に行く前に、もう一度あの景色が見たいと思うんだが…。この調子じゃ死んでからもまた来なきゃならんなぁ〜!笑」と豪快に笑っておられました。

FullSizeRender



「じゃ、気を付けてね。ライダーさん、楽しかったよ。」

「おじいさんも。お話できて嬉しかったです」



僕のことを「ライダーさん」と呼ぶおじいさんは、最後にはクシャっと笑って大きく手を振ってくれました。

FullSizeRender


おじいさんとお別れし、何度かこの絶景区間を往復してこの特別な景色を満喫した後、また林道へ下りていきます。


本当に晴れて良かったなぁ〜!

FullSizeRender

日本離れした、ヨーロッパみたいな景色ですよね!
写真もたくさん撮れて良かった(*´-`)


名残惜しいですが、そろそろビーナスラインへ向かいます。

すると少し標高が下がったところで、今度は急に霧に包まれました。

FullSizeRender


もしかして雲の中かな?と思っていたら見事なエンジェルラダーが…!!

ヘルメットの中で思わず叫び、急きょ路肩に停車!

バイクを飛び下り、ヘルメットも脱がず撮りまくります。

FullSizeRender

なんて神秘的なんだろう…

FullSizeRender

エンジェルラダー

直訳すると天使の梯子ですね

FullSizeRender

美しい…!
そんな月並みな言葉しか出てきません…!笑

FullSizeRender

IMG_6626

IMG_6627

FullSizeRender


しかし、5分も経たないうちに霧が晴れ、それに伴いエンジェルラダーも消えてしまいました。

FullSizeRender


本当に一瞬。

FullSizeRender


すべてタイミングが良かったから出会えた景色ですね。



来て良かった…!(*´∀`)


いいもの見れてウキウキ気分のまま林道を抜け、ビーナスラインの終点の美ヶ原高原美術館へ到着。

IMG_6455

こちら側はまた霧に包まれていました。



休憩もそこそこに、混雑する前にビーナスラインを下って行きます。

少し降れば霧も晴れ、ビーナスラインは相変わらずの絶景快走路!

FullSizeRender


10時~11時くらいですが、メッシュジャケットで寒くもなく、暑くもなく、さわやかで心地よい気温でした。

FullSizeRender


IMG_6717


FullSizeRender

これぞまさにライダーの聖地…!!
止まって撮影できるようなスポットは軒並み混雑していたので、ノンストップで下りきり、疲れが出ないうちに早めに帰路に着きました。


下界に降りてくると押し寄せてくる熱風…

IMG_6461

こまめな水分補給と休憩が本当に大事ですね…!

FullSizeRender

その後も高速でスイスイ距離を稼ぎ

15時には自宅に着き、無事に一泊二日の旅が終わりました。


荷ほどきをし、シャワーを浴びて、冷たいアイスを頬張りながら旅の思い出を整理する時間…
ここまで含めて夏のツーリングは楽しいですよね!!笑

こちらが今日のルート

FullSizeRender

二日間で大体1200kmくらいのロングツーリングになりましたが、MT07のおかげで終始楽しく、快適に旅を楽しむことができました。

旅の相棒にはピッタリのバイクですね!

FullSizeRender

長旅お疲れ様、07!

FullSizeRender

お盆休みの後半は台風の影響で出かけられなさそうですが、今までのツーリングの思い出をじっくり振り返りながらのんびり過ごしたいと思います(*´-`)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!