ブログアフィリエイトで日給8万円
2ヵ月後から月5万円を稼ぐノウハウ!ほったらかし物販系アフィリエイトの金字塔!

花粉症チェック

花粉症とは、主に植物の花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こしてしまうことで、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などを引き起こす病気です。

花粉症を起こす代表的な植物としてスギがありますが、そのほか、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ヨモギなども花粉症を起こします。花粉が飛ぶ時期が毎年決まっており、スギ花粉であれば2月末〜5月初めにさまざまな症状が出ます。いまや日本人の3人に1人が花粉症といわれているくらい、患者数が多い病気です。

ご自身の花粉症についてチェックしましょう。

チェックスタート!
□ 春または秋に、目がかゆくなる
□ 春または秋に、サラサラした鼻水が出る
□ 春または秋に、くしゃみが出る
□ 春または秋に、鼻がつまる
□ 春または秋に、鼻がかゆくなる
□ 春または秋に、のどがかゆくなる
□ 春または秋に、コンタクトレンズをつけるのがつらい
□ 春または秋に、涙が出やすい
□ 春または秋に、咳が出る
□ 周辺に森林がある
□ 何らかの動物アレルギーがある
□ 喘息にかかっている/かかったことがある
□ ハウスダストに対してアレルギーがある
□ 何らかの薬アレルギーがある
□ 家族にアレルギー体質の人がいる

いくつ当てはまったでしょうか?
結果は…

当てはまった数が「0〜2個」の人

花粉症である可能性【低】

現時点では花粉症の可能性はあまり高くありません。

ただし、「春または秋に、目がかゆくなる」、「春または秋に、サラサラした鼻水が出る」、「春または秋に、くしゃみが出る」という花粉症の三大症状のいずれかに当てはまる場合は、今後症状が悪化し、本格的な花粉症を発症する可能性があります。

当てはまった数が「3〜7個」の人

花粉症である可能性【中】

花粉症の疑いがあります。

特に、「春または秋に、目がかゆくなる」、「春または秋に、サラサラした鼻水が出る」、「春または秋に、くしゃみが出る」という花粉症の三大症状に当てはまる場合は、花粉症の可能性が非常に高いです。

春や秋の花粉症のシーズンには、マスクの着用、帰宅時の洗顔・うがいなど、症状を悪化させないような対策をしましょう。

当てはまった数が「8個以上」の人

花粉症である可能性【とても高い】

花粉症である可能性がとても高いです。

春や秋の花粉症のシーズンには、症状を悪化させないような対策をしましょう。たとえば、マスクを着用する、コンタクトレンズではなく眼鏡を使用する、外から帰ってきたら洗顔・うがいをする、家の中に入るときにコート・上着をよく払う、などをすると効果的です。

症状が強く、日常生活や仕事に支障が出る場合には、抗アレルギー薬の内服が必要になりますので、かかりつけの先生に相談しましょう。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11232213/

花粉症の人には、本当につらい時期ですね。




「くしゃみ」「鼻水」「目のかゆみ」が止まらない……。花粉症の人にとってマスクやメガネが手放せないつらい季節が目の前までやってきました。そんなつらい花粉症の症状を緩和させるためには、「食事」が重要なカギを握っていますよ。
そこで今回は、花粉症の対策として有効といわれる神フードを4つご紹介いたします。これらの食材を積極的にとり入れて、快適な毎日を送ることができれば幸いです。

■ヨーグルト
花粉症などのアレルギー症状は身体の免疫機能のバランスが崩れるために起こると考えられています。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には身体の免疫機能を正常な状態に整え、アレルギーを抑制する働きがあるといわれています。調理の必要がなく手軽にとることができるのも嬉しいですね。



■パープルフード
アントシアニンは紫外線やウィルスなどの外敵から植物が自らを守るためにつくりだした抗酸力が高い成分で、主にブルーベリーや紫イモ、ブドウなどの紫色の野菜(色素)に含まれています。
花粉症のアレルギー症状は、ヒスタミンが身体を守るために引き起こされるもので、アントシアニンにはこのヒスタミンを減少させる働きがあることからくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状を改善する働きがあると考えられています。ブルーベリーとヨーグルトの組み合わせなら料理が苦手な方でも簡単にできるのでオススメですよ。



■しそ
しそに含まれるベータカロテンは体内で必要に応じてビタミンAへと変化します。ビタミンAには皮膚や粘膜を丈夫にし、同時に免疫力も高めてくれる働きがあります。またしそに含まれているロズマリン酸には花粉症の症状を抑えてくれる働きもあるようです。



■レンコン
レンコンには抗アレルギー作用や、鼻の粘膜を覆う働きがあることから花粉症対策にも有効な食材の1つだといわれています。レンコンに含まれるタンニンには炎症を抑え粘膜を健康な状態にするなどの効果があるそうです。積極的に食事にとりいれたい食材ですね。


これらの食材のパフォーマンスを最大限発揮させるためにも、普段からバランスのよい食事を心がけたいものですね。


(生井 理恵)


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11226795/


参考にしてくださいね。



止まらない鼻水、くしゃみ、涙目……。花粉症の人にはツラい季節が始まります。今まで平気でも突然やってくる花粉症。今年は鼻のお手入れをマスターして乗り越えましょう。

1)もしかして鼻毛を切り過ぎていませんか?

鼻毛が飛び出ているなんて恥ずかしいし、身だしなみができていないと思われてしまいそう。だから念入りにチェックするのは大切なのですが……。

鼻毛は外部から体内に侵入しようとするホコリや花粉、ウイルスをシャットアウトしてくれる大切な存在。人間の体に無駄な部分などないのです。

はみ出さないよう最低限のお手入れはすべきですが、切り過ぎたりお手入れの際に傷つけてしまうと、鼻の中にはホコリや花粉が入り放題。花粉だけでなく、風邪にもかかりやすくなってしまいます。鼻毛のお手入れもほどほどに。

2)鼻垢(鼻くそ)を取り過ぎてない?

花粉やウイルスが侵入しようとすると鼻は粘液を出して絡め取って排出しようとします。これが鼻水やくしゃみ。鼻水が乾燥すると鼻垢(鼻くそ)になります。

この鼻垢は鼻の中で頑張って戦ってくれた残がいともいえます。戦った相手がウイルスならば黄色っぽくなり、汚染された空気なら黒っぽくなります。

鼻水をかむのは当たり前ですが、鼻垢を取り過ぎると鼻の粘膜が傷ついて弱くなってしまいます。すると弱った粘膜は花粉に勝てなくて花粉症が悪化する可能性も。指やティッシュでグリグリせずにやさしく拭ってあげましょう。

3)痛くない!医師もすすめる鼻うがいでスッキリ◎

この時期におススメしたいのが鼻うがい。鼻に水を入れるなんて痛そう……と思いますが、正しいやり方なら痛くありません。

一つはぬるま湯を使うこと、もう一つは生理食塩水で行うこと。生理食塩水は体液に近い浸透圧の水なので刺激が少なくツンとしないのです。

作り方はぬるま湯250ccに塩を2g溶かすだけ。用意した生理食塩水を注ぎ口のついたカップに入れ、注ぐ方の鼻を上にして首をやや傾けたら「え〜」と声を出しながらやさしく生理食塩水を注入しましょう。すると反対側(下になった鼻の穴)からツーっと注入した生理食塩水が流れ出てきます。

このとき喉に通したり唾を飲んでしまうと、喉や耳に水が通って炎症を起こすことがあるので、あくまで「え〜」と声を出しながら行うのがポイント。これを片鼻3回ずつ繰り返せし、鼻をかむと花粉やホコリが取れて、乾燥もせずスッキリ。

これらを試すだけで花粉の季節が楽になったという報告もあるので、ぜひ試してみてくださいね。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11234234/

これから数ヶ月、花粉症の人には、つらい時期ですね。

参考にして、なんとか乗り切ってください。




今年もスギ花粉が飛散しています。花粉症の人は早めの対策を!

全国的に花粉量が前年並みか前年よりやや多く、かつ例年並みか例年より少ない地域が多いと予想されています。

地域ごとに見てみると、前年比で50%程度と少ない地域から、1.5倍の地域まであります。ただ、全国的に平均としては前年よりやや多く、例年よりやや少ないという予想になります。それでは、北から地域ごとに見ていきましょう。

北海道:スギ・ヒノキはありません(シラカンバはありますが、前年よりやや少なく、例年より非常に少ない)

東北:前年の約80%で、例年よりやや多い

関東:前年の約100%で、例年よりやや少ない

東海・中部:前年の約80〜130%で、例年よりやや少ない

近畿:前年の約120%で、例年よりやや少ない

中国:前年の約90%で、例年より少ない

四国:前年の約150%で、例年より少ない

九州:前年の約160%で、例年より少ない

地域差はありますが、前年と比較すると、東日本ではやや少なく、西日本ではやや多く、例年と比較すると、東日本ではやや多く、西日本ではやや少ないとなっています。



マスク